『エール』第8週40話あらすじ・ネタバレ感想!今でも使われる早稲田応援歌「紺碧の空」ついに完成

『エール』第8週40話

出典:『エール』公式ページ

田中(三浦貴大)の話を聞き、裕一(窪田正孝)は早稲田大学野球部を応援する人たちのための応援歌を完成。

学校では、小山田(志村けん)に作曲をお願いする運びになってはいましたが、彼らは職員を部室に縛り付け、ラジオをそばに置いて野球会場へ。

早稲田大学vs慶応義塾大学の試合が始まります。

この経験により、裕一の音楽への考えは変わっていきます。

そして、音(二階堂ふみ)も…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第8週39話のあらすじと振り返り

実家の豊橋に帰った音(二階堂ふみ)は家族に裕一(窪田正孝)のことを相談します。

吟(松井玲奈)とお付き合いをしている鏑木(奥野瑛太)の口から「自分は人のために闘っている」と聞くと、音はその足で早稲田大学にいる田中(三浦貴大)の元へ。

裕一を変えられるのは今あなただけ、凝り固まった頭を吹っ飛ばしてと力強く訴えました。

そして、音が実家に帰ったことで慌てた裕一は久志(山崎育三郎)を呼ぶも、「彼女を取り戻すためには応援歌を作るしかない」と言われてしまいます。

裕一の元を訪れた田中は、かつてバッテリーを組み、足を怪我してしまった旧友が早稲田大学の勝利を願っている話、田中にできることは応援をすることだという話、応援歌によって人は繋がることができると言い、再び曲を作ってほしいと訴えました。

田中の話に心を動かされた裕一は、もう一度曲を作ることを承諾するのでした。

【ネタバレ】『エール』第8週40話あらすじ・感想

早慶戦で『紺碧の空』を歌う早稲田大学応援部。その結果は…

早慶戦当日、寝ずに作曲をした裕一(窪田正孝)は朝になって曲を完成。

近くで雑魚寝していた応援部たちは大喜びします。

KAMUIKAMUI

ここにきて「紺碧の空」を「紺壁の空」と書き間違える裕一。裕一のちょっと抜けてる部分がクスッと笑えるウエハース効果に!

学校ではすでに、小山田(志村けん)にお願いをしたと言われますが、彼らはその教師を部室の柱に縛り付け、ラジオをそばに置いて会場へと向かいます。

野球の試合と共に始まる応援合戦。

初戦は1-2で敗北。しかし、2戦目で勝利します。

そして、最終戦を前に裕一が応援団に合唱指導をし、音(二階堂ふみ)と共に最終戦を見守ります。

結果、早稲田大学は見事い慶応義塾大学に勝利。

会場はもちろん沸き上がり、これをラジオで聞いた人たちも盛り上がります。

KAMUIKAMUI

バンブーでは久志(山崎育三郎)が、別の場所では作業着に身を包んだ清水誠二(田邊和也)が…願いが叶いましたね。

裕一が作った応援歌は、今では第1応援歌となり、今でも歌い継がれていくのでした。

音楽に対する考え方が変わった裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)

早稲田大学の勝利に喜ぶ裕一は、この思いを音と共に分かち合うとともに、自分を変えるために行動を起こしてくれた彼女をさらに好きになります。

ラブラブな雰囲気を醸し出すふたりの元に応援団がやってくると、彼らは早稲田大学が救われたとお礼を。

裕一自身も目を覚まさせてもらったと言い、応援団に頭を下げます。

ここで応援団から裕一にお礼としてエールを送り、裕一と音のために心を込めて「紺碧の空」を歌ってくれました。

KAMUIKAMUI

野球の間に歌われませんでしたが、ここでしっかり熱唱!しかし、「全く曲が採用されない古山裕一にエールを!」って…本当のことですが傷つきそう(笑)

気持ちを新たにコロンブスレコードへと出社した裕一。

そこで見たものは木枯(野田洋次郎)の曲が再販されるというポスター。

最初はB面の曲だったのに今になって認められ、A面での発表が決まったのです。

KAMUIKAMUI

画家の絵が死んでから有名になるみたいに、すぐに認められるものじゃないってことですね。

裕一のことを心配していた木枯は、彼が元気だったことに安堵します。

そして、裕一は木枯に曲を書けなくなった経験はあるか?と聞きます。

木枯の場合は、ギターを持っちゃえば何かしら浮かんできます。

そして、頭の中はかわいい女の子のことでいっぱいだと言う木枯に対し、裕一は自分のことでいっぱいだったと反省するのでした。

KAMUIKAMUI

木枯さん、結構おんな遊びする感じ?いやしかし、あのルックスなら仕方がないですね。

裕一の話を聞いた木枯は、改めて彼が天才だと気づきます。

裕一自身もそんなことはとっくに気づいていると言いますが、天才だから気づかないと返します。

KAMUIKAMUI

個人的な見解ですが、才能を持つ天才は人間的にどこか欠けてしまっている感。裕一もそれに当てはまる気がしました。

その頃、音は先週学校を休んだことで、夏目(小南満佑子)にオーディションを諦めたのかと言われます。

技量はどうやっても夏目の方が上。

今は夏目を超すことは無理だ、と音は言います。

しかし、音楽は技量だけじゃない、心から生まれるものだと知ることができた音。

だから彼女は、夏目に面と向かって言うのでした。

「ヴィオレッタ、本気で勝ち取りに行きます。よろしくお願いします」

KAMUIKAMUI

音がいるから裕一は作曲家になれる。音も裕一のそばで色々な刺激をもらい、歌手になるのかなぁって思えました。

今の裕一(窪田正孝)に必要なものは何か。ついに幼馴染が集合!

もう一度流行歌を頑張って作ってみようと決心した裕一。

しかし、考えてもすぐに曲は降ってきません。

すると木枯は、目を閉じて誰か思い浮かばないか?と言うのです。

しばらく目を閉じる裕一。すると、1人の顔が浮かんだのでしょう。

これに気づくと、裕一は「僕にはこれが足りなかったんだ!」と言って、会社を出て行ってしまいました。

KAMUIKAMUI

外から廿日市(古田新太)が必死に呼んでいましたが無視!裕一の方から無視です(笑)

そして裕一は、福島から鉄男(中村蒼)を呼び出し、そろそろ夢を一緒に追いかけようよと声をかけます。

作詞は鉄男、作曲は裕一、そして歌を歌うのは久志。

ここに、福島三羽烏が集合するのでした。

KAMUIKAMUI

と言いつつも、久志と鉄男にそんな接点があっただろうか…。

『エール』第8週40話まとめ

第8週のラストは大いに盛り上がった気がします。

裕一が応援歌を書きあげ、早稲田大学が優勝。

小山田の応援歌は第6なのに対し、裕一のものは第1に!これはすごいことじゃないでしょうか!?

そして、西洋音楽しか書けないのではなく、裕一が求めたのは鉄男の詩ということですね。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第41話も続けて読む▼