『エール』第8週39話あらすじ・ネタバレ感想!不器用な男・田中の愚直な想いが裕一を動かす

『エール』第8週39話

出典:『エール』公式ページ

音(二階堂ふみ)が実家に帰ってしまい、焦る裕一(窪田正孝)は久志(山崎育三郎)に連絡。

音を取り戻すためには応援歌を書けばいいんだと言われてしまいます。

一方、豊橋に帰った音は、そこで吟(松井玲奈)と鏑木(奥野瑛太)にも再開。

家族全員に悩みを相談すると、鏑木は軍人としての自分は人のために闘っていると言います。

すると音は東京に戻り、田中(三浦貴大)に自分の想いを全部ぶつけて、裕一の気持ちを動かしてと力強く訴えるのです。

どうしてそんなにまでして早稲田大学野球部を勝たせたいか、応援歌が必要なのか。

田中は自身の過去を涙ながらに…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第8週38話のあらすじと振り返り

自分の才能をアピールしようと作った交響曲「反逆の詩」を小山田(志村けん)に見せたところ、「で?」の一言で返されてしまった裕一(窪田正孝)は自暴自棄になり、またもふさぎ込んでしまいました。

どうやっても応援歌なんて書けない裕一は、ついには「応援歌って勝ち負けに関係あるの?」と言い出し、応援団からの依頼を断ります。

このままでは裕一がダメになると思った音(二階堂ふみ)は、突然豊橋に帰ります。

その置手紙を見た裕一は大慌て。

さぁ、ここからどうなっていくのでしょうか。

【ネタバレ】『エール』第8週39話あらすじ・感想

仕事は違えど思うことは同じ

音(二階堂ふみ)が実家の豊橋に戻ると、順調にお付き合いをしている吟(松井玲奈)と鏑木(奥野瑛太)がいました。

吟の実家に挨拶をしに来た形のところに、音は裕一(窪田正孝)の話をします。

大丈夫だろうと梅(森七菜)は言いますが、音はそんなことを言っている場合ではないと話します。

契約金はいわば借金。何よりもこのままだと裕一が裕一でなくなってしまうと音は言います。

そして彼女は、軍人である鏑木にどう思うか尋ねるのです。

軍人の鏑木は音楽のことはよくわかりません。しかし、自分は人のために闘うと言います。

「裕一くんはどうだろうか。」

鏑木は音に投げかけました。

KAMUIKAMUI

作曲家でも、軍人でも、喫茶店の店主でも、仕事に対する向き合い方はみんな同じなのかもしれません。

久しぶりに豊橋に帰って来た音は、馬具に触れて懐かしみます。

懐かしいと思うのは音の心が離れたからだと、光子(薬師丸ひろ子)は言います。

梅も東京に行きたいらしいからよろしくと言われると、音は光子が寂しくないのか心配に。

しかし母は、娘たちが元気で愛する人と元気なら良いと言うのでした。

「できるだけ帰ってくるね」

「帰ってくるなら、孫を連れてきてね」

KAMUIKAMUI

そう言えば第1週1話のオリンピック開会式前のシーンでは、子供の存在を感じませんでした。2人に子どもって…どうなんでしょ。

久志(山崎育三郎)は「反逆の詩」の譜面を見て…

音が豊橋に帰ったことで、裕一は大慌て。

久志(山崎育三郎)を呼び出し、どうしたらいいかと騒ぎ出します。

豊橋に行くとも言いましたが、応援歌の締め切りまであと1日の今行ってはマズいということに…。

KAMUIKAMUI

よく考えたらそうですよね。

「原因は何だ」

裕一が応援歌を断ったことです。

「なぜ書かない」

書かないのではなく書けないと言う裕一。

自分は西洋音楽なら書けると言って、久志に「反逆の詩」の譜面を見せます。

これを見せたら小山田先生(志村けん)に「で?」って言われ、ふて腐れたことまで裕一は話しますが、久志は「そこまで悪くない」と言うのでした。

KAMUIKAMUI

というかですね!小山田先生は西洋音楽も書けば応援歌も書きます。才能があると思っていると分かっているなら気づけ!と言いたくなってしまいました。

「そして久志の見解は、応援歌が原因なら書くしかない。彼女を取り戻すためには!」

そう言われて、裕一はまた眉をひそめます。

不器用な男・田中(三浦大貴)の魂の訴え

豊橋から戻って来た音は、その足で早稲田大学の田中(三浦貴大)を訪ねました。

裕一に作曲を断られて落ち込んでいた田中に、音は「あなたのために作ってもらうの」と言います。

「今の裕一には心を動かす言葉が必要」

「口下手でもいい。あの人の気持ちを動かして」

「凝り固まった頭を吹っ飛ばして!」

さらに音は続けます。

「早稲田の勝利、古山家の未来、古山裕一の音楽家としての未来は、あなたの双肩にかかっている。頑張って」

KAMUIKAMUI

音の熱意が田中を動かした!このまま裕一も動かせ!と応援したくなりますね。

田中は、再び裕一の元を訪ねます。

しかし、試合は翌日。もう諦めてと裕一は言いますが、田中は譲りません。

なぜそんなに応援歌が必要なのか。田中は、自分の過去話を始めます。

九州の片田舎で育った田中は、甲子園に行けるかもしれないと期待をされていました。

原動力は、幼いころから一緒にバッテリーを組んでいた清水誠二(田邊和也)という男です。

ある日、練習がない日に公園でキャッチボールをしていた時のことです。

田中がわざとフライを投げると、清水はそれを取ろうとしたことで、足に深い傷を負ってしまったのです。

急いで手術をするも、麻酔が上手く効かず、清水は叫び声をあげながら苦しみました。

「何か欲しいものはないか」と、田中が聞くと「ラジオ」と答える清水。

早慶戦を聞いて、手術に耐えました。

しかし、その足は元に戻ることはなく、清水は学校も辞めてしまったのです。

しばらくして清水に会ったとき、田中は「俺にできることはないか」と聞きます。

「別にないけど、強いて言うなら早稲田を勝たせてくれや。それが一番の楽しみやけん」

野球のラジオを聞いて頑張れる人がいる。頑張ることは繋がることだと気づいた田中。

そして自分にできることはないか、野球に対してできることはないかと考えた時、田中は「選手が活躍するために応援すること」という答えに辿り着いたのです。

しかし、自分たちがどれだけ応援しても、慶応に全く勝てない。

清水に申し訳ないという気持ちでいっぱいになり、裕一もこれを聞いてうつむきます。

「なんで僕なんですか?」

「俺は器用な奴は好かん。先生は…不器用やんけ」

「なんだ、賞を獲ったからじゃないんですか」

「先生…書いてください。清水のために」

「明日までだね」

「はい!」

「はい」

裕一が改めて応援歌の作曲をすることを受け、玄関でこの会話を聞いていた音は少しホッとするのでした。

KAMUIKAMUI

慶応に勝つんだという執念で歌を求めたわけじゃなかったんだ…こんなこと聞いたら書くしかないですよね。

『エール』第8週39話まとめ

選手が活躍するために応援する。そのための歌が「応援歌」。

裕一の中で、やっと誰かのために曲を作ることの大切さがわかったのではないかと思ったのではないでしょうか?

翌日には試合。もしかして、練習する時間はなし?

裕一も早稲田大学応援団も間に合うのでしょうか!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第40話も続けて読む▼