『エール』第14週67話あらすじ・ネタバレ感想!弟子というより下僕となった五郎に、梅はイライラ!

『エール』第14週67話あらすじ・ネタバレ感想!弟子というより下僕となった五郎に、梅はイライラ!

出典:『エール』公式ページ

裕一(窪田正孝)の弟子となった五郎(岡部大)ですが、作曲をしようにもうまく曲を作ることができません。

いつの間にか華(田中乃愛)の遊び相手になるのですが、あまりにも騒がしいために梅(森七菜)はイライラしっぱなしです。

どうも仲良くなれない五郎と梅。

そこで裕一たちは五郎の歓迎会を鉄男(中村蒼)のおでん屋でやるのですが、ここであのプリンス・佐藤久志(山崎育三郎)が…!

そして、新人賞受賞会見の際、梅はかつての友と再会するのですが、ここで予想だにしない事態が梅を襲うのでした。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第14週66話のあらすじと振り返り

裕一(窪田正孝)の曲に感銘を受け、奉公先での務めを頑張って乗り切って来た田ノ上五郎(岡部大)は、自分も裕一のように作曲家になりたいと思い、弟子入りを志願。

裕一は弟子を取る余裕はないと渋々断るも、五郎は毎日のように古山家を訪れて頭を下げます。

根負けした裕一は五郎の弟子入りを受け入れるのですが、ここでなんと梅(森七菜)も居候することに。

文学で新人賞を獲った梅は、執筆活動に専念するため古山家の二階を使うのですが、五郎の存在になんだか落ち着かない様子。

裕一と音(二階堂ふみ)は2人にもしものことがあったらなどと考えますが、なんだかんだ大丈夫だろうという結論に至ります。

音はたくさんのご飯を作り、裕一はしっかりと作曲で稼がねばと、気を引き締めるのでした。

【ネタバレ】『エール』第14週67話あらすじ・感想

曲が降りてこない五郎(岡部大)はいつの間にか華(田中乃愛)のお馬さんとなり、梅(森七菜)を怒らせる

裕一(窪田正孝)から作曲について学ぶ五郎(岡部大)。

しかし裕一のやり方は、しばらく考え、そこからバーッと書いていくもの。

こんな感じと言われても、五郎はいまいちコツをつかむことができません。

KAMUIKAMUI

申し訳ないですが、これが才能の有無の具体例ですよね。

五郎もグッと考え込み作曲をしてみますが、裕一にはすでに世に出ている曲に似ているものだと言われ、なかなかオリジナリティを出すことができません。

しばらくすると、五郎は華(田中乃愛)の遊び相手をすることに。

ガタイが大きいため、小さな華を背中に乗せてお馬さんごっこをして遊ぶうちに五郎は弟子というより華の下僕となるのでした。

しかし、五郎と華がこうして昼間から古山家で賑やかにしているので、次の作品を執筆せねばと奮闘する梅(森七菜)は集中を削がれ、ついには2人に対して「うるさい!」と怒鳴ります。

さらに梅はご飯前におやつを食べようとする華を止めようと怒りますが、華は言うことを聞いてくれません。

しかし、五郎は上手に華の心を掴んで言うことを聞かせているのです。

自分はうまくできないことを五郎ができることで、また梅は苛立つのでした。

KAMUIKAMUI

音(二階堂ふみ)や裕一は恋心が芽生えたりしてなんて思ったりもしましたが…そんなことはなさそうです。今のところは!

2人の仲を深めるために五郎(岡部大)の歓迎会を開催

五郎と梅の中がイマイチ良くないこの状況はマズいと思った裕一と音は、五郎の歓迎会をして2人に仲良くなってもらおうと考えます。

そうして開催された五郎の歓迎会。

鉄男(中村蒼)のおでん屋で開催をされるのですが…。

五郎は友好的に振る舞うも、梅の方が五郎を遠ざけて、結局ギクシャクした関係のままです。

そこに賑やかし役の久志(山崎育三郎)がやっとやって来たのですが、プリンスは梅を見るなり即アプローチ!

何度も何度もウインクをして落とそうとするのですが、「目にゴミでもはいりましたか?」と返されてしまいます。

自分の魅力に梅が落ちない!そのせいで久志は梅に本気になってしまうのでした。

KAMUIKAMUI

久志、あんたスゴイよ…姉の音の前でアプローチ仕掛けるんですもの。いい度胸だよ。

受賞会見で醜い女の闘いを目の当たりにした五郎(岡部大)は「笑うな」と叫ぶ!

小説家としてデビューを果たし、次の作品を書こうと頑張る梅。

そんな中、受賞会見が行われ、梅が登壇します。

五郎は裕一と音の代わりにその一部始終を動画で収めるように言われて同行していました。

カメラの音がパシャパシャと鳴る中、緊張しながらインタビューに答えていく梅。

そこに現れたのは女流作家・幸文子(森田想)。

お祝いといって花束を持ってきた彼女は他の誰でもありません、梅の幼いころの友であり、先に新人賞を受賞した結だったのです。

久しぶりに再会をしたことで、梅は最初こそ喜びました。

しかし、文子は梅の手を引き「私はいいと思わない。この場所を譲るつもりはないから」と小声で言い放ちます。

「結ちゃん」と梅が本名で呼ぶと、彼女は間髪入れず「その名前は捨てたの。二度と呼ばないで」と返し、2人は記念撮影を撮ることになりました。

KAMUIKAMUI

笑顔ですが、明らかに怖い!

文子は作家としてすでに落ち目気味。

梅という可愛らしい新人作家がデビューしたことで、文子は彼女を潰しに来たと人々はささやきます。

この不穏な雰囲気は、五郎からも笑顔を奪いました。

この場所に耐えられない。

写真を撮ってすぐに梅は逃げようと出口を目指しますが、鼻緒が切れてしまい転倒。

すると文子は声を上げて笑い出します。

そんな文子に対し、五郎は一言「笑うな!」と言い梅を助けますが、梅は「ほっといて」と言って五郎を残して去っていくのでした。

KAMUIKAMUI

目立つのが苦手な上にこんな恥…これは耐えられない。なによりも親友が親友じゃなくなっていたショック。辛い。

『エール』第14週67話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

受賞会見によってさらにスランプに陥った五郎と梅。

お互いがお互いになんらかの影響を与えていくのだろうということは見えてきました。

が!予想外なのは久志です。

五郎が頭を抱えている時、梅は久志から受賞祝いといってプレゼントをもらってます。

しかも2人きりで!

お祝いだから!と久志は言いますが、完全にアプローチですね!

プリンス佐藤久志が本気に!

これで失恋でもしようものなら、もしかして久志も歌手としてなにか一歩成長するのかも…。

そんな期待もしてしまいます。

そして今週の裕一と音はあまりメインに出てこないかな?脇役的なポジションで、成長する彼らを存分に支えてほしいなと思います。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第14週68話も続けて読む▼