『エール』第11週54話あらすじ・ネタバレ感想!余命が短いことを察した三郎は裕一と神社へ…

『エール』第11週54話

出典:『エール』公式ページ

父・三郎(唐沢寿明)が胃がんだと知らされた裕一(窪田正孝)。

すでに末期で、立って歩けることさえおかしいと言われる状況にある三郎に、何か欲しいものはないかと聞くと、彼は懐かしい話を持ちだします。

三郎の前では笑顔を見せるまさ(菊池桃子)の不安げな表情を見た音(二階堂ふみ)も、自分たちにできることを探そうとするのですが、ここでもまた浩二(佐久本宝)に突っぱねられてしまいます。

そんな状況下、三郎は裕一に「飲みに行くぞ」と言い出す事態。2人が行った先は…。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『エール』前回第11週53話のあらすじと振り返り

凱旋祝いの最中に弟・浩二(佐久本宝)が帰宅。

兄弟は久々に再開するも、浩二は裕一(窪田正孝)に対し、「よくヘラヘラと帰って来れたな」と言って突っぱねます。

そして三郎(唐沢寿明)の異変に気づいた音(二階堂ふみ)がまさ(菊池桃子)に何があったのか聞くと、胃潰瘍だと言われます。

両親のことが心配になった裕一と音は、しばらく福島に滞在することを決意。

滞在費を渡そうとするのですが、浩二がこれを拒否。

そして裕一は、浩二を追いかけて何があったのか問い詰めると、三郎は胃潰瘍ではなく末期の胃がんだと聞かされるのでした。

【ネタバレ】『エール』第11週54話あらすじ・感想

手術ができないほどに末期。三郎(唐沢寿明)の前では笑顔でふるまうまさ(菊池桃子)だが…

宴会の翌日、三郎(唐沢寿明)は翌日医師から「酒は厳禁」「絶対安静」「食事は消化の良いものを食べるように」と言われます。

手術はできないのかと裕一(窪田正孝)が聞くも、手の施しようがなく、立って歩けることすら不思議だと言われてしまいます。

三郎に対し、「何か食べたいものとかねぇの?」と聞く裕一。

すると、父は「ハーモニカ」と答えます。

裕一が商業学校時代に作った曲がなかなか良かったと語る三郎。

そして、大作曲家はハーモニカがなくても作曲ができるなと笑います。

まさ(菊池桃子)は、音(二階堂ふみ)と共にうどんを作って三郎と裕一に持っていき、笑顔で振る舞います。

しかし、居間で音と2人きりになると、彼女は本当はツラい、怖いという思いを吐き出すのでした。

「怖いの。いつお父さんがって思ったら…すごく怖いの。川俣のことで苦労をかけて来たからかなぁとか…どうしてもっと早く気づいてあげられなかったのかな。同じことばっかし、頭の中でぐるぐるしてるの」

口を押えて鳴き声を出さないよう悲しむまさに、音はそっと手を添えました。

KAMUIKAMUI

「なんとかなる」とか「俺に任せろ」と明るく言う三郎ですが、大変なことばかりでしたからね。まさも責任を感じずにはいられないのかもしれません。

製糸業を辞めてりんごを作ろう。浩二(佐久本宝)に声をかけても、引き合いに出される兄・裕一(窪田正孝)の話

浩二(佐久本宝)は仕事で製糸業を営む人たちの家をまわり、リンゴを作りませんかと説明をして回ります。

福島であれば、青森よりも3週間早くリンゴの花が咲き、年の暮れまで営めると説明をしますが、絵空事だと言われてしまいます。

うまくいかなければ責任を取れるのかと言われ、浩二は何も言い返すことができません。

その上「来るんだったら兄のレコードくらい持ってこい」と言われ、浩二の中に苛立ちが沸き上がるのでした。

KAMUIKAMUI

福島のリンゴは今では青森と並ぶ有名さ。完熟して美味しいですけど…ここが始まりになるのでしょうか。

家へ帰ってくると、裕一がまた母・まさに滞在費と言ってお金を手渡している光景を目撃。

すると浩二は、「兄さんの手助けはいらない」とまた突っぱねます。

頼りたくないのはわかるが…と裕一は言い返そうとしますが、「兄さんはもうとっくに家族じゃない」と浩二は言い放つのでした。

KAMUIKAMUI

家族じゃないって思ってるのは浩二だけなんだよなぁ。

もう長くないことに気づいている三郎(唐沢寿明)は裕一(窪田正孝)に対し「飲みに行くぞ」と言って連れ出す

浩二が大声を上げていると、三郎が目を覚まして起きてきました。

すると彼は、裕一に「飲みに行くぞ」と言って連れ出そうとします。

またお酒を飲もうとしている三郎を浩二が止めようとしますが、三郎は「裕一に大事な話があるんだよ」と言って出ていくのでした。

まさは心配しますが、「裕一さんがついているから」と音は言います。

向かった先は飲み屋ではなく神社。

賽銭を入れて手を合わせると、三郎はこう言うのです。

「裕一、俺はもうダメだ。みんな必死にごまかしているけどそれくらいわかる」

特に裕一はすぐに顔に出ます。

ちっとも変わらない息子の姿を見て、三郎は少し笑います。

そして彼は裕一に言うのです。

「おめぇに承諾してもらいたいことがあるんだ」

KAMUIKAMUI

え、ここで終了?え!?承諾してほしいことって何!?

『エール』第11週54話まとめ

昔はガンの宣告は本人には告げられませんでしたが、周囲の言動でうすうす分かった三郎。

中でも裕一が一番わかりやすいと言えるでしょう。

そんな裕一に、自分がもうダメだと思う頃に戻って来た息子に、三郎は一体何を承諾してほしいのでしょうか。

三郎が本当になくなるということを考えると、そろそろハンカチ片手に見ないといけないんですかね?

第11週「家族のうた」は次回で最後。どんな結末になるのでしょうか!?

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第55話も続けて読む▼