『スパイの妻』あらすじ・キャスト・感想!NHKドラマの劇場版でヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞の話題作!

『スパイの妻』あらすじ・キャスト・感想!NHKドラマを映画化しヴェネチア国際映画祭監督賞受賞の話題作!

出典:『スパイの妻』公式Twitter

NHKにて2020年の6月に放映されたのちに劇場公開が決定した黒沢清監督最新作。

2020年のヴェネチア国際映画祭で2003年の北野武監督『座頭市』以来17年ぶりに日本人として銀獅子賞(監督賞)を受賞した話題作です。

タイトルロールでもあるヒロインには蒼井優、彼女を挟む形で対照的なキャラクターを高橋一生東出昌大が演じています。

戦争の足音が確実に近づく1940年の神戸を舞台に様々な思惑を抱える男女のドラマが繰り広げられます。

村松 健太郎村松 健太郎

今回、一足先にマスコミ試写で作品を見る機会がありましたので、『スパイの妻』の作品紹介&レビューとしてネタバレなしでまとめていきたいと思います。

『スパイの妻』作品情報

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

作品名 スパイの妻
公開日 2020年10月16日
上映時間 115分
監督 黒沢清
脚本 溝口竜介
野原位
黒沢清
出演者 蒼井優
高橋一生
東出昌大
坂東龍汰
恒松祐里
みのすけ
玄理
笹野高史
音楽 長岡亮介

『スパイの妻』あらすじ【ネタバレなし】


物語の始まり

1940年の神戸生糸検査所、憲兵たちに両腕を掴まれ、恰幅の良い外国人男性が連れ出されます。

「容疑は?彼は生糸を買い付けに来ただけです!」と通訳の竹下文雄は抗議しますが、男はそのまま連行されてしまいます。

文雄は走り去る車を呆然と見送ることしかできません。

その後、福原優作が経営する神戸の貿易会社・福原物産に憲兵隊分隊長に任命された津森泰治がやってきます。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

泰治は再会の挨拶もそこそこに話の口火を切ります。

優作の仕事仲間でもあるドラモンド(冒頭の人物)が、諜報員の疑いがかけられて逮捕されたのでした。

村松 健太郎村松 健太郎

甥の文雄から話を聞いていた優作は笑い飛ばしますが、泰治は自身の幼馴染でもある優作の妻・聡子のためにも人付き合いを考え直すように勧めます。

社会が戦争への道を歩み始めた中でも優作は妻を主演に映画を撮り、ウィスキーをたしなむ余裕を見せ続ける人でした。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

優作、大陸へ

後日、罰金を払いドラモンドを釈放させた優作はドラモンドが上海へ渡るという話を聞くと、自身も「本当に危なくなる前に大陸を見ておきたい」と満州への渡航を決めました。

村松 健太郎村松 健太郎

優作は大陸でも映画を撮ると言って、文雄と共に撮影機材を持って満州へと渡っていきます。
スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

優作の帰りを心待ちにする聡子のもとに優作から二週間、帰国を遅らせるという電報が届きます。

主のいない福原邸では聡子と泰治がグラスを傾けます。

福原家は女中や執事までもが洋装で、ウィスキーは海外からの舶来品という暮らしぶりに世間は厳しい目をむけるようになるだろうと泰治は言います。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

船着き場、待望の帰国を果たした優作に抱き着く聡子、その脇を思い詰めた表情の文雄と草薙弘子が通り過ぎていきます。

村松 健太郎村松 健太郎

二人と目が合った優作は何かを目で合図します。

優作の決意

福原物産の忘年会、優作は自分が監督した映画を披露し、ささやかな食事と貴重品となっていた砂糖を配って回ります。

その会の終わりに、文雄は社を辞め、念願の長編小説の執筆を取り組むことを報告します。

忘年会が終わり、片づけを終えた聡子に優作はアメリカに行くかもしれないと伝えます。

村松 健太郎村松 健太郎

アメリカとの戦争は時間の問題という状況での発言に聡子は驚きを隠せません。

数日後、女性の遺体が発見されます。

村松 健太郎村松 健太郎

女性は草薙弘子、優作と共に日本にやって来て、文雄が小説執筆をしている旅館“たちばな”で仲居として働いていた女性でした。

弘子と優作の関係を疑う聡子は優作に「やましいことは何もない、僕を信じるのか?信じないのか?」と逆に問い詰められてしまいます。

旅館“たちばな”を訪ねた聡子に対して文雄は「あなたは何もわかっていない」と突き放すように言います。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

そして、英訳は終わったという言葉と共に優作宛の茶封筒を聡子に預けます。

村松 健太郎村松 健太郎

その旅館の様子を遠くから憲兵が監視していました。

福原物産で事の真意を訪ねる聡子に対して、優作は人体図と解説が記されたノートを見せ、満州での経験を語り始めます。

医薬品の便宜を図るために関東軍の研究施設へ向かった優作はペストによる死体の山を見ます。

その施設の看護師だった弘子から細菌兵器の人体事件の事実を聞かされた優作は、ノートを証拠にして、国際政治の場で告発すること(=スパイ行為)を決意したのでした。

村松 健太郎村松 健太郎

聡子は自分が「“スパイの妻”として蔑まされることをどう思うのか?」と尋ねますが、「不正義の上に成り立つ幸福は受け入れられない」と優作は決意を変えません。

聡子の決意

優作の決意が揺るがないと知った聡子は、優作の目を盗んで証拠を取り出し、泰治に元に向かいます。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

聡子はノートを差し出し、満州から持ち込まれたことを伝えます。

文雄は連行され、取り調べという名の拷問を受け、スパイ行為を認めます。

優作を憲兵分隊本部に連行してきた泰治は文雄の自白を告げ、心を入れ替えるようにと言い放ちます。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

聡子の裏切りに怒りを募らせた優作ですが、聡子は英訳したノートと人体実験のフィルムはまだ手元に残していたことを伝えます。

そして、二人でアメリカへ渡ることを提案します。

村松 健太郎村松 健太郎

密かに亡命の準備を進める二人、聡子の目はいつになくキラキラと輝いて見えました…。

『スパイの妻』キャスト情報

蒼井優 / 役:福原聡子

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

  • 貿易会社・福原物産社長の福原優作の妻。
  • 洋装・舶来品に対して厳しい目が集まるようになっても愛用し続ける活発な一面がある。

村松 健太郎村松 健太郎

タイトルロール=スパイの妻を演じる蒼井優。時代の流れに翻弄されながらも逞しく生きるヒロインを熱演しています。

高橋一生 / 役:福原優作

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

  • 貿易会社・福原物産社長。
  • 戦争とは距離を置き海外との交流も続けるリベラルな思想の持ち主。
  • 満州である秘密を知り、国際舞台への告発を画策する。

村松 健太郎村松 健太郎

ロマンスドール』に続いて、蒼井優と夫婦役となった高橋一生。独特の二面性を持つキャラクターがはまっています。

東出昌大 / 役:津森泰治

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

  • 神戸の憲兵隊・分隊長で、任務に忠実な人間。
  • 聡子とは幼馴染でもあり、優作とも以前から交流がある。

村松 健太郎村松 健太郎

その演技の硬さが気になる時もある東出昌大ですが、今回は憲兵隊の分隊長という役柄と言うこともあって、はまり役になっています。

坂東龍汰 / 役:竹下文雄

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

  • 福原優作の甥で、福原物産では優作の秘書のような立場にある。
  • 貿易会社の社員ということもあって英語に堪能で、通訳をすることも。

村松 健太郎村松 健太郎

犬鳴村』『弱虫ペダル』と話題作が続く坂東龍汰が使命感に突き動かされる青年を演じています。
スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

村松 健太郎村松 健太郎

このほかにカギを握る女性・草薙弘子役で玄理、福原家の女中役で恒松祐里、聡子を助ける医師役で笹野高史などが出演しています。

『スパイの妻』感想

黒沢清監督のこれまで

黒澤清監督は80年代に8㎜フィルムの自主製作映画からキャリアを始め、1997年の『CURE』で国内外で高い評価を浴び、以降2002年の『回路』でカンヌ国際祭・国際批評家連盟賞を、2008年の『トウキョウソナタ』でカンヌ国際映画祭・ある視点部門審査員賞、2015年の『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭・ある視点部門監督賞を受賞と着々と成功を積み重ねてきました。

その実績から、海外では“もう一人のクロサワ”と呼ばれる黒沢清監督が2020年のヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞・監督賞を受賞したのが本作『スパイの妻』です。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

最近の黒沢清監督作品はどれもヒロインがとても逞しい映画が続いています。

WOWOWのドラマで後に劇場公開もされた2012年の『贖罪』あたりから、それまでは脇に回りがちだった女性が物語の前面に出て、映画を牽引していきます。

村松 健太郎村松 健太郎

湊かなえ原作の同題小説を映像化したこの映画ではメインキャストの一人に蒼井優も名前を連ねています。

この『贖罪』以降、黒沢清監督作品のヒロインの存在感が増していきます。

スパイの妻=蒼井優が魅力を発揮

今回の『スパイの妻』ではとうとうヒロインの存在がタイトルになりました。

村松 健太郎村松 健太郎

2016年の『タゲレオタイプの女』に続いて二回目です。

物語としてはタイトル通り“スパイの妻”の物語になっていて、イコール蒼井優の映画となっています。

スパイの妻

(C) 2020 NHK, NEP, Incline, C&I

ヒロインの聡子はもともと貿易商の社長夫人で開明的で活発な女性でしたが、ある事柄を知ったのちには独特の逞しさを見せてきます。

状況によって変身していくさまを蒼井優が繊細に演じ分けていて、最後に迎える強烈なラストが非常に際立って見えます。

蒼井優は激情型というか、熱量の多いキャラクターや演技を見せることが多いのですが、実はこのくらいリラックスして肩の力を抜いた方が活き活きとしているように感じます。

蒼井優を挟んで対立する役どころの高橋一生東出昌大もそれぞれ持ち味を出しています。

村松 健太郎村松 健太郎

蒼井優を挟んだことでキャラクターの対照的な部分が色濃く出ていて、とても効果的になっています。

登場人物の少ない映画ですが、それぞれのキャラクターが有機的に繋がっていて物語に厚みを出しています。

『スパイの妻』あらすじ・キャスト・感想まとめ

映画『スパイの妻』は込められたメッセージ性などが強い一方で、旬なキャストを集めたメロドラマでもあり、思ったよりももっとリラックスして見ることができます。

戦争に関わる物語ですが、敢えてその描写は控えめになっていて、それが逆にこちらのイマジネーションを刺激します。

時代物(非現代劇)初挑戦となった黒沢監督ですが、とてもこのジャンルが合っているなと感じました。

村松 健太郎村松 健太郎

この路線でまた作品が見たいところです、江戸川乱歩原作作品などははまるかもしれません。『黒蜥蜴』などはヒロインモノですので見てみたくもあります。

黒沢清監督作品はどちらかというとコアな映画ファンが見る作品が多く、そこまで大きな規模で公開されないことも少なくありませんでした。

しかし、今回のヴェネチア国際映画祭・監督賞受賞という実績が加わったこともあってか、『スパイの妻』は公開規模の面でも過去の作品と比べて大きなものになりました。

このタイミングでぜひ、黒澤清監督の世界に触れてみてはいかがでしょうか?