『ワンダヴィジョン』第6話あらすじ・ネタバレ感想!不気味なハロウィンの夜にヴィジョンが壁の外へ

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

前回第5話ではなんと、フェイズ4の幕開けにしてなんとMCU全体を揺るがす大事件が発生しました!

魔女のワンダと人造人間のヴィジョンの幸せな結婚生活を描いた物語のはずだったのですが…!?

ポイント
  • ワンダとヴィジョンに双子の男の子が誕生!
  • ドラマの世界を作り出したワンダが現実世界と対立
  • ウルトロンに殺されたはずのワンダの双子の兄・ピエトロが生きていた!?

マルコヤマモト

物語がさらにヒートアップする『ワンダヴィジョン』第6話をネタバレありでレビューします。
\\『ワンダヴィジョン』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

『ワンダヴィジョン』前回第5話のあらすじと振り返り

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

ワンダ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)に待望の双子の男の子、トミーとジミーが誕生。

しかし、息子たちの成長速度はとてつもなく早く、2人は驚きを隠せません。

現実世界ではモニカ・ランボー(テヨナ・パリス)とS.W.O.R.D.の長官であるヘイワード(ジョシュ・スタンバーグ)が、再びワンダへドローンを介しての接触を試みるものの、ヘイワードがドローンに無断でミサイルを積んでおり、ワンダに対して攻撃を仕掛けたことからワンダは激昂。

現実世界に現れたワンダは、モニカたちに対して最後の警告をし、再び六角形の中の世界へ戻って行きました。

そんな中、自分がいる世界に異変を感じたヴィジョンは、会社に届いたS.W.O.R.D.の極秘メールや同僚・ノーム(アシフ・アリ)の思考を通して、ワンダがこの世界を作り出し全てをコントロールしていることに気づきます。

ヴィジョンがワンダを問い詰めて2人が対立する中、ワンダの死んだはずの双子の兄・ピエトロ(エヴァン・ピーターズ)が現れて…!?

マルコヤマモト

なんと同じマーベルコミックの人気シリーズ『X-MEN』のキャラクターが同じキャストで登場するという大事件が発生。兼ねてから噂されていた『アベンジャーズ』と『X-MEN』のマルチバースが実現した衝撃の「問題回」でした。

【ネタバレ】『ワンダヴィジョン』第6話あらすじ・感想

楽しいハロウィンのはじまり!

第6話は1990年代のシットコム風のオープニング。

マルコヤマモト

ビデオカメラを動かす子供たちの主観で捉えられた映像で、ワンダやヴィジョン、アグネスとピエトロも登場し、演出も1990年代〜2000年代にかけての子供が活躍するドラマ仕立てに変わっています。

ハロウィンの日、すっかり家に居着いたピエトロおじさんと仲良く遊ぶ子供達。

しかし、ワンダはかつてのピエトロと外見が違うことと、幼い頃の記憶に多少の違いがあることが気になっていました。

そして、ハロウィンのコスプレをしたヴィジョンが街の見回りに出かけるという、ワンダにとっては想定外の出来事が起こります。

マルコヤマモト

原作コミック版の衣装で登場するワンダとヴィジョンにファン歓喜!ドラマの中ではワンダはソコヴィアの占い師、ヴィジョンはメキシコのプロレスラーのコスプレであると説明していますが、ヴィジョンはピエトロに「トウモロコシのコスプレ」と言われる始末…。
『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

「子供たちの面倒は俺が見る」とピエトロにたしなめられたワンダは、ヴィジョンを1人で外出させますが、ビリーは最近の両親の様子がおかしいことに気づいていました。

現実世界では、モニカとヘイワードがワンダに対する処遇で揉めていました。

ワンダの苦しみを知るモニカは何とかしてワンダを助けたいと思っていましたが、ヘイワードはワンダを抹殺することしか考えておらず、モニカ、ウー捜査官、ダーシーを研究所から追放。

マルコヤマモト

その際にヘイワードはモニカに対して「いつも能力者の味方をしている」「キャロル・ダンヴァース(キャプテン・マーベル)と仲が良かった」「消滅していた奴は気楽でいいな」など暴言を吐いていました。

ヘイワードが何か企んでいることに気づいたモニカたちはS.W.O.R.D.の兵隊たちを上手くかわし、独自で問題を解決するために動き始めます。

街の人々の異変に気づくヴィジョン

初めてのハロウィンを楽しむ双子のビリーとトミー。

ワンダは、まだピエトロが「本物」だと信じられず、過去にあった出来事についてあれこれ質問をして確かめようとします。

しかし、ピエトロに「それはお前が過去を思い出したくないからだ」と切り返されてしまいました。

フランケンシュタインのコスプレをした隣人のハーブに出会ったワンダは、ヴィジョンが見回りに出ていないことを知って一気に不安に襲われます。

一方、街の外側へ向けて歩いていたヴィジョンは、街の人々の動きがおかしいことに気づいていました。

マルコヤマモト

街の外側に行くにつれて、街の人々の動きがゆっくりになったり静止しているのです。

そして、今まではドラマに登場しなかった子供たちの姿もありました。

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

ここでいつものCMが流れます。

無人島で助けを求める少年の元にサメが現れ「ヨーマジック」というヨーグルトを渡すクレイアニメ風の演出なのですが、なぜか少年はヨーグルトの蓋を開けられず、飢えた挙句に骸骨の姿になってしまいます。

「ヨーマジックで生き延びな!」

マルコヤマモト

第6話のCMは、かつてのCMのようにワンダの記憶に関する内容やMCU作品からのオマージュは皆無でした…。とすると、この一連のCMは何か他のものに対する例えなのかもしれません。

再び、ワンダとピエトロの会話。

記憶の違いに関する話を続ける2人でしたが、ピエトロは「(ウルトロンに)蜂の巣にされた後、お前の声が聞こえてここにいた」と答えます。

マルコヤマモト

外見は違うようですが、どうやら記憶はMCUのピエトロのものを引き継いでいるようです。ちなみに『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に登場したピエトロはこちら。戦いの場に取り残された子供を拘束移動で助けた後に、ウルトロンからの攻撃に遭い命を落とします。
『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

ハロウィンの広場で能力を開花させたトミーは大はしゃぎ。

マルコヤマモト

トミーはピエトロのような高速移動を手に入れましたが、ジミーにはこの時点で能力開花の様子はなし。

エキサイティングして遊びに行こうとする子供達に対し、ワンダは「エリス街を越えないように」と念を押しました。

六角形の中に入ったモニカにも異変が…

街の人々の様子に異常があることに気づいたヴィジョンが元の姿に戻って上空から街を見下ろすと、街の外れで立ち往生している車を発見。

車の中で訳のわからないことを呟いていたアグネスを見つけたヴィジョンは、能力を使って彼女を正気に戻します。

正気に戻ったアグネスはヴィジョンのことを見るなり、「あなたアベンジャーズのヴィジョンね!助けに来てくれたの!?」と喜ぶものの、死んだはずのヴィジョンが生きていることに対して、自分も死んだのではないかと訝しがります。

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

そして、ヴィジョンに対して「あなた死んでるから…」ととんでもない事実を告げたのでした。

マルコヤマモト

ピエトロとは逆に、アベンジャーズに関する記憶が全く残っていないヴィジョンはアグネスの言葉を聞いて驚愕。

街の外の人々と連絡を取りたいと言うヴィジョンに対して、アグネスは「この町から出ることはワンダが許さない」と、この世界の真実を告げたのです。

突然笑い出したアグネスに「必ず助けるから」と言って元の姿に戻します。

ヴィジョンが立っていた場所は、ワンダが子供達に越えてはいけないという約束をしていたエリス街でした。

街の外側に壁があることを見つけたヴィジョンは、ついに外の世界へ足踏み出します…。

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

現実世界では何者かからの連絡を受けたモニカが六角形の中に戻ろうとしていましたが、すでに2度も六角形の中に入ったモニカの血液細胞が変化していることに気づいたダーシーは危険だと言って引き止めます。

しかし、モニカのワンダを救いたいという気持ちが強く、モニカとウーは車を奪って基地の外へ向かうことに。

ダーシーは基地に残ってヘイワードが隠している秘密のファイルを探り、後に合流する約束をして別れます。

マルコヤマモト

コミックスでは2代目キャプテン・マーベル→スペクトラムというヒーローとしての活躍が描かれるモニカ。この時点でモニカの血液細胞に変化が起きているということは、六角形の中に入ったモニカがワンダの力の影響を受けてスーパーパワーを得た可能性も考えられます。

ヴィジョンがついに壁の外へ…!?

ワンダとピエトロはウエストビューがとてもいい町だと賞賛していましたが、ここで良い雰囲気が一変。

マルコヤマモト

ピエトロはこの世界が全てワンダによって作られたものだと見透かしていたのです。

「一体どうやっているのか?」と質問するピエトロでしたが、深い悲しみと孤独を感じたこと以外は、ワンダにも自分がどうやってこの世界を作ったのかはまだわかっていないようです。

ワンダはウルトロンに殺されたピエトロの幻影を一瞬見て怯えますが、次の瞬間ピエトロは元の姿に戻っていました。

その頃、現実世界ではダーシーが「白目作戦」というヘイワードの隠しファイルを発見し、ウー宛に送信します。

そしてついに、ヴィジョンの姿が境界の外に現れ始めました。

ヴィジョンが壁の外側に出ようとすると身体がぼろぼろと崩れ始めます。

しかし、「みんなを助けなきゃ…」と呟いており、高潔な性格は失われていませんでした。

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

身体が崩れるヴィジョンの姿を見たダーシーが思わず助けに入りますが、ヘイワードの部下に拘束されてしまいます。

その頃、突然開花した能力によってヴィジョンの声を察知したビリーがワンダに父親の危機を知らせます。

頭の中でヴィジョンの死にそうな姿と兵隊の姿を確認したビリーがその様子をワンダに伝えると、ワンダはすぐにヴィジョンが壁を越えたこととヘイワードの企みを察知し、ドラマの中の時間を全て静止させました。

そして、再び能力を使って六角形の世界を拡張し始めたのです…!

マルコヤマモト

どうやらビリーにはコミックに登場するウィッカンというキャラクターと同じ「現実改変能力」が備わっているようです。ウィッカンはスピードと双子で、コミックでもワンダとヴィジョンの子供という設定です。このことから子供たちも今後のMCU作品に登場するのではないか?と噂されています。
『YOUNG AVENGERS』

出典:Amazon.com

すでにウエストビューから外側へ向かっていたモニカとウーは、異変が起きていることに気づきます。

しかし、六角形はどんどん大きくなり、ヴィジョンとダーシーが飲み込まれてしまいました。

『ワンダヴィジョン』

出典:IMDB

間一髪で逃げ出したヘイワードを残して六角形に飲み込まれたS.W.O.R.D.の兵士たちはピエロに、基地はサーカスのテントへ変化して消滅。

マルコヤマモト

ワンダの瞳に赤い光が宿ったところで物語は終わります。

『ワンダヴィジョン』第6話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

マルコヤマモト

『ワンダヴィジョン』第6話について、ネタバレありでご紹介しました!
要点まとめ
  • ピエトロはワンダの脚本を知っている!?
  • ヘイワードが企む「白目作戦」とは?
  • ワンダが六角形の世界を拡張、飲み込まれてしまったダーシーの運命やいかに

さらに強大化していくワンダの力と拡張された六角形の世界。

モニカとウーが向かった先は!?

ヘイワードが企む「白目作戦」とは…!?

そして、六角形の世界に飲み込まれてしまったダーシーは、ローライズジーンズを穿かされるのか…!?

あと3話を残して最終回に迫った『ワンダヴィジョン』は、果たしてどのような結末を迎えるのでしょうか。

マルコヤマモト

さらに謎が深まる&絶対に面白くなること間違いなしな『ワンダヴィジョン』、次回第7話を楽しみに待ちたいと思います!
\\『ワンダヴィジョン』を見るならここ!!//

31日間無料のディズニープラスで見る

▼次回第7話も続けて読む▼