『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話あらすじ・ネタバレ感想!前半戦ラストはまさかの展開に!

『ウォーキング・デッド』シーズン10第8話

出典:amc.com

『ウォーキング・デッド』シーズン10もいよいよ、第8話で前半ラスト回を迎えました。

ダンテは本当に「囁く者」のスパイなのか、セディクは本当に死んでしまったのか…!?

そしてガンマの情報を得たダリルたちは、アルファがウォーカーを隠している場所を探しに再び国境を超えます。

ポイント
  • セディクとダンテの行末
  • ミショーンとジュディスが出会った男
  • アルファの罠

それではさっそく、緊張の展開を迎える『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話「取引」をネタバレありでレビューします!

▼動画の無料視聴はこちら▼

【ネタバレ】『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話あらすじ・感想


気になる!セディクとダンテの顛末

シーズン10第7話のラストでダンテがセディクに歩み寄り、自ら囁く者のスパイであることを打ち明けます

『ウォーキング・デッド』シーズン10第8話

出典:amc.com

2人のもみ合いの末、セディクが床に倒れてしまうところまでが放送されました。

マルコヤマモト

この時点ではセディクの生死については微妙なところでしたが、残念ながらセディクは命を落としてしまったようです…。

ダンテの過去の回想シーンでは、アルファからアレクサンドリアに入り込みその街の様子を探って報告するだけでなく、中からじわじわと壊していけと命令される様子が映し出されます。

アルファに特別な地位を与えられることを約束にアレクサンドリアに入り込み、飲料水をダメにしたのも、病気の老婆を窒息死させたのも、すべてダンテの仕業だったのです。

ダンテがその場を去ろうとした時、運悪くその場にココを抱いたロジータが現れてセディクが死んだことを知られてしまいます!

ココをバスタブの中においてダンテに飛びかかるロジータ。

しかし!ウォーカー化したセディクが起き上がり、バスタブの中のココへ近づきます!

ロジータはダンテの持っていたナイフを奪い肩付近を刺し、ウォーカーになったセディクの頭になんの躊躇もなくナイフを突き立てました。

ダンテは捕らえられ、委員会の中でも問題になります。

セディクの葬儀が終わり、ロジータはアレクサンドリア付近に現れたウォーカーを発見し退治しようとしますが、今まで通りうまく戦えず、ヒルトップから葬儀に参列していたユージーンに助けられます。

ロジータはユージーンに心の拠り所を求めるのですが、ユージーンから「ヒルトップが今後自分の居住地である」という決意を聞くと少し残念に思いました。

ゲイブリエルは問題の解決に忙しくロジータにうまくかまってやれず、2人の間に心の溝が生まれてしまいます。

ゲイブリエルもまた自分の臆病さでロジータとココを守れなかったことで、自分を責めていたのです。

ゲイブリエルはダンテが捕らえられている牢屋へ行き、ダンテをめった刺しにして殺します…。

ダンテの遺体はゲイブリエルとロジータによって火葬されました。

ミショーンとジュディスが出会った男は誰!?

ミショーン、ジュディス、ルークたちオーシャンサイドへ向かうメンバーの様子が久しぶりに描かれます。

ルークはジュディスが本を読むことが必要だとし、道中にある図書館へ寄ることを提案します。

図書館で各自本を探していると、ルークがウォーカーに襲われてしまいます!

しかし、見知らぬ男がルークを助け、自分の荷物を置いたまま逃げていったのです。

オーシャンサイドへ到着したミショーンたちのもとに、先ほどの男が捕らえられてやってきます。

ヨットの帆を盗もうとしていたその男こそ、図書館でルークを助けた男でした。

男は自分の正体を明かさず、ただ「家に帰りたいだけなんだ」と言い続けましたが、オーシャンサイド付近にウォーカーが現れ騒ぎに乗じて男は逃げ出します。

ジュディスが刀で足を切りつけ、男は再び捕らえられました。

ミショーンが尋問している最中に男が発した言葉で、セディクが言った「情けは怒りにも増す」という言葉を思い出し、男を信じることにします。

男は次第に心を開き、自分はオーシャンサイドから2日間航海した先にある海軍基地がある島に住んでいるということを話しました。

そして、ミショーンたちが「囁く者」と戦っていることを知ると、自分を解放する代わりに武器を提供すると申し出たのです。

翌日ミショーンはジュディスと別れ、ようやく名前を明かしたバージルという男とともに海軍基地のある島へ出かけていきました。

アルファの罠にハマったダリルたち

アーロンは「囁く者」のガンマと境界付近で会い続けていました。

そして、ガンマからアールのもとで育てられている男の子が自分の甥であることを打ち明けられます。

ガンマは甥に会いたいという願いから、交換条件でアーロンに大量のウォーカーの隠し場所を教えたのです。

アーロンはガンマのことを信じ、ダリル、キャロル、ヒルトップから合流したジェリーやマグナたちとともにガンマに教えられた場所へ向かいました。

ガンマが教えた国有林近くのくぼんだ土地には、ウォーカーの姿を見ることができませんでした。

やはり出任せだったかとダリルが行方不明になったリディア探しを始めようとした時、キャロルが目線の先にアルファを発見したのです。

真っ先にアルファを追うキャロル。ダリルたちもキャロルを追います。

ウォーカーを退治し遅れたダリルは洞穴の入り口にたどり着き、真っ暗な中を進んでいきました。

すると、足元が突然崩れ落ちたのです!

ダリルは無事キャロルたちと合流できたのですが、彼らの目下には大量のウォーカーが手を伸ばしていました

マルコヤマモト

これはアルファが仕掛けた罠だったのか…!?

ここで物語は終わります。

『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話の感想

ここへきて意外な展開を見せてくれた『ウォーキング・デッド』シーズン10第8話でした。

原作では人気キャラクターと言われていたダンテがまさかの退場

シーズン8でせっかくカールが命を助けたセディクでしたが、まさかここで命を落とすという結果になってしまいました。

マルコヤマモト

セディクがPTSDである描写を案外引っ張っていた割には案外簡単に殺されちゃったのね…という残念な気持ちも残りました。

また、ロジータの男はみんな死んでしまうやないかい…という悲しさ。

ロジータはさすが『ウォーキング・デッド』の誇るファム・ファタールですね!

ただ、娘のココを守るために自分は行き続けなければならないという母親としての使命感も出てきて戸惑っている様子も描かれていたのが良かったです。

さらにアルファの罠にハマってしまったダリルたちは、大量のウォーカーに囲まれるという絶体絶命の状況に!

マルコヤマモト

すでに出ている第9話の予告編を見ると、ジェリーあたりが危なそうな予感です。ジェリーはとてもお気に入りのキャラなので万が一のことが発生したら大変…!

とはいえ、久々にゾンビ満載の『ウォーキング・デッド』を観ることができそうで、それはそれで楽しみになりました。

バージルとともに旅立ったミショーンも第9話以降で再登場するようなので安心してください。

マルコヤマモト

ドラマは一旦中休みに入りますが、気になる場面等は動画配信サービスでチェックし直したいと思います!

『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話まとめ

『ウォーキング・デッド』シーズン10第8話

出典:amc.com

以上、『ウォーキング・デッド シーズン10』第8話についてネタバレありでレビューしました。

YouTubeやInstagramでは、すでに第9話の予告編までアップされています!

シーズン10の後半戦に引きずっている気になる点をまとめてみました。

要点まとめ
  • ミショーンとバージルの行方が気になる!
  • ウォーカーに囲まれたダリルたちが気になる!
  • 登場しなかったけどニーガンが何しているのかが気になる!

マルコヤマモト

シーズン10後半の予告編で個人的に気になるシーンは、ユージーンとロジータがくっつくのか!?ということでしたがどうなるのでしょう!

『ウォーキング・デッド シーズン10』後半の放送は2020年2月です。

ファンのみなさん、一緒に気長に待ちましょうね!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼

▼次回第9話も続けて読む▼