『浦安鉄筋家族』第7話あらすじ・ネタバレ感想!ビンのフタ開けチャレンジ!大沢木家から世界へ拡散!

『浦安鉄筋家族』第7話

出典:『浦安鉄筋家族』公式ページ

あのラジカルで底抜けに楽しい家族がクールをまたいで帰ってきた!

待ちに待った7発目のタイトルは「小田誉あけナイト」。

笑いがパワーアップした大沢木家に乞うご期待。

世にも不思議な物体が時空をまたいじゃうストーリー!?

今回も清々しい奇想天外さで、現実を面白おかしく忘れさせてくれます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『浦安鉄筋家族』前回第6話のあらすじと振り返り

大鉄(佐藤二朗)と妻の順子(水野美紀)がランチデートにやってきたのは路地裏の胡散臭い中華料理屋!

その店は大食い王が完食した“巨大チャーハン”で有名なお店らしい。

有無を言わさず、店主(松尾諭)が巨大チャーハンを大鉄の目前へ。

「成功で賞金1万円!残したら罰金1万円!」

売られた喧嘩を買って、少食な大鉄の無謀なチャレンジ開始!

順子の味変など、家族総出で試行錯誤するも大苦戦。

大鉄はとうとう食べることに疲れトイレへ逃亡。

でも、なぜかすぐ宇宙っぽい効果音と共に反対側のお店入り口から現れます!

戻ると、人が変わったようにバクバク食べはじめ…7発目へと続く異次元感じる衝撃の結末へ!

【ネタバレ】『浦安鉄筋家族』第7話あらすじ・感想


激レアなエラーコイン発見!そして、大沢木夫婦の結婚記念日騒動勃発!

「これ見て!」

興奮気味に桜(岸井ゆきの)が食卓へと置いたのはコンビニでお釣りで貰ったという10円玉。

何事かと大鉄(佐藤二朗)と順子(水野美紀)と小鉄(斉藤汰鷹)がその10円玉を覗き込みます。

「これは、刻印するときに他のコインと重なっちゃって逆に刻印されちゃったってやつ。」

なんとその10円玉、文字が反転している不良品コインでした。

sat0330sat0330

エラーコインってやつで、マニアの間で高値で取引きされているらしい!

嬉しそうに話す桜の説明を、興味深げに家族が耳を傾けます。

そこへ話を聞きつけてやってきた晴郎(本多力)が「これはエラーコインではない!高次元を通ったことによって左右反転した可能性が高い!」と持論を展開。

晴郎は“ワームホールを物体が通ると、その物体は高次元にいく”と熱弁するも家族に完全スルーされますw

sat0330sat0330

晴郎、いつもスルーされがちwでもこれ、実は大事なことだったんです!

「今日何の日か知ってる?」という順子の唐突な問いに、心当たりのない大鉄。

大鉄は動揺しながらも何の日なのか導き出そうとしますが、すっかり忘れている様子…待ちきれなくなった順子が「正解は結婚記念日!」と発表します。

すると順子はニコニコしながら、この日のために用意していたとっておきの高そうな日本酒“山田誉”を出します。

「たまには2人でしっぽり晩酌しましょう!」

粋な妻の計らいに大鉄もノリノリ。

さっそく酒瓶のフタを開封しようとします。

しかし、渾身の力を入れても全くビクともしないフタ。

大鉄は「不良品だ…今日はやめよう」と早々に諦めモード。

順子は「一緒に飲むのを楽しみにしていたから諦めたくない」と目を潤ませます。

妻の切実な想いを受けて、大鉄が記念日酒の開封のために奔走します。

晴郎(本多力)の珍発明再び…祝い酒のフタ開けミッション!

かなり期待値は低いけど、一応ということで…大鉄たちが向かったのは晴郎の部屋。

「絶対無理だと思うけど、フタ開けて!」

「なんだその期待値の低さは!僕ちんの発明で、そのビンとあなた方の見る目をかっぴらいてやる!」

いつになく頼もしい感じで、晴郎は自身の発明品“パワードギブス・鬼のわんりょくん”を出してきます。

sat0330sat0330

毎度ユニークすぎる晴郎の残念な発明品。腕力を10倍に増幅するという鬼のわんりょくん…性能はいかに!

「パワー・オン…アンド・レッツ・オープン!」

威勢よくフタに手を懸けた晴郎でしたが、鬼のわんりょくんが思い通りに動かず。

フタを開封するどころか腕があらぬ方向へ曲がり悶絶…ジャスト期待通りの展開に大鉄たちも呆れます。

そこへ、騒がしいのが気になって様子を見に来た桜。

「開けられたら小遣いあげるけど、何かいい知恵ない?」

順子から報酬をチラつかされ、ヤル気になった桜は豪快にトンカチで割ろうとします。

sat0330sat0330

咄嗟にビンだけを守った順子。桜の振りかざしたトンカチは晴郎にクリーンヒット!

「正攻法で開けなくちゃ意味がない!ちゃんと開けるのがルール…開けた人には小遣い2,000円を支給します!」

今度は、母の宣言を聞きつけた小鉄が「俺には秘策がある!」と意気揚々と参戦。

ガスコンロに火をつけた小鉄は、晴郎の宝物であるセーラープーン人形をその上にかざし「兄ちゃん、火事場の馬鹿力だー!」と命令。

人質にとられた人形を救うため、晴郎は奮闘しますが駄目で…人形は燃えてしまいます。

sat0330sat0330

まさかの晴郎の馬鹿力頼りw大鉄が「よい子は真似しちゃダメだぜ」とカメラ目線で注意喚起。

小知恵から非科学的な奇策まで…みんなで試行錯誤。果たしてフタは開くのか!?

「母ちゃんもう諦めよう。」

「今夜じゃなきゃ意味がない…飲むんです!こうなったら徹底的に試すわよ!」

順子の号令で、大沢木家一同が考え得るすべての方法を試します。

母は湯銭、小鉄は輪ゴムでフタをグルグル巻きに。

万策尽きると非科学的な奇策に走り…桜はピラミッドパワーを頼り、晴郎は魔術開封を試みます。

最後は大沢木家みんなで“大きなカブ作戦”へ。

「うんとこしょ!どっこいしょ!」

大鉄を筆頭にみんなで掛け声をかけ気合いを入れますが、これもうまくいきません。

sat0330sat0330

このまま結婚記念日の祝い酒は飲むことができないのか…この後、意外すぎる人物たちが次々と登場!

「呼んだ?」

茶の間に突然現れたのは、小鉄の同級生の菊池あかね(土屋希乃)。

大沢木家の騒動の話を聞くと、涼しい顔で「2,000円じゃ土地も買えない…開かないなら新しいのを買えばいい」と処刑される王妃のようなことをサラッと言います。

sat0330sat0330

あかねは、小鉄の「開かねぇー!」という叫び声を通りすがりに聞き、呼ばれたと勘違いしたみたい。ちなみにあかねの家は超お金持ち。

あかねの言い草に大人たちが絶句。

まったく気にすることなく、あかねは1万円を「これあげる…それで新しいの買って」と小鉄に手渡し、颯爽と去っていきます。

あかねの1万円は懸賞金にまわされ、再びフタ開けチャレンジ開始!

今度は大沢木家の盛り塩をこっそり舐めに来ていた小鉄の同級生の仁(細井鼓太)と仁ママ(宍戸美和公)が、賞金のことを聞きつけて参戦しに現れます。

sat0330sat0330

それにしても小鉄の同級生は個性派揃いで楽しい!

真っ黒な手のままで仁ママがビンに手をかけようとしますが、順子がチャレンジを拒みます。

拒まれた仁ママは悔しそうに去っていくのでした。

世界中に拡散!強敵・山田誉に挑んだ最強挑戦者たちが凄すぎ!

「絶対開けたい!」という思いが強くなった桜は、自らのエラーコインも懸賞金にしてもいいと差し出します。

順子は「浦安中から…いや世界中からこの山田誉をパッカーンいわせるチャレンジャーを募るのよ!」と晴郎に“ビンのフタチャレンジ”のSNS拡散指令を出します。

<急募!ビンのフタ開けチャレンジャー募集!賞金12,000円+超希少エラーコイン、フタの穴あけ禁止!チャレンジは1組1回まで>

このメッセージが拡散される中…大鉄は1人、そそくさと散歩に出かけていきます。

大鉄が向かったのはファミレス。

いつものメンバーと「記念日の重要性」について語り、意外にも家族の記念日をみんな大切にしていると知ります。

「いつもドリンクバー注文のみであとはタバコだけ…あんたたちは客じゃない。タバコ・バカ・スペシャル…略してTBSよ。あんたたちはスタッフの間で改名されたの!」

店長・麻岡ゆみ(松井玲奈)がそう告げてきます。

バカにされた大鉄はハイボールを注文して、動揺する店長を見て高笑いするのでした。

sat0330sat0330

この酒が…大変な事態を巻き起こすことに!

その頃、大沢木家にはSNSを見たチャレンジャーが続々と集結!

晴郎が司会を務め、熱い挑戦の模様が流れます。

ビンのフタ開けチャレンジャーたち
  1. 柳梅(藤田朋子)
  2. 2発目にも登場した柳梅は、インスタグラムのボトルキャップチャレンジで2万いいねを獲得してバズッたらしい。男勝りな女・川村(唐橋充)も登場し、またも夫婦共演が話題に!

  3. 大日本プロレスチャンピオンの破壊王こと橋友信也(橋本大地)
  4. 橋友選手がきたときは、なぜかフタ開けそっちのけで順子vs橋友のガチプロレス試合勃発!

  5. 武井壮
  6. 「こんなのイージーでしょ!」とチャレンジしますが、山田誉の守りの固さに撃沈。順子から強烈な鉄槌を食らいます。

  7. 葉加瀬マイ
  8. 葉加瀬さんのヴィーナスボディに晴郎が鼻血を出してタジタジ。軟体を活かしたフタ開けも不発。

  9. サンボマスター

しきりに「家変わった?」と質問を投げかけ、結局チャレンジせずに去って行った彼ら。

猛者たちは山田誉のフタに屈し、何かしらの置き土産をしていきます。

そのため、挑戦者が現れる度に懸賞品が増えていき…大変な量に!

sat0330sat0330

果たして、このフタを開けられる人物はいるのか!?

ついに開いた…猛者たちも惜敗したフタに勝ったのは一体誰!?

長い散歩から帰ってきた大鉄。

頑張ってフタを開けようと奮闘していたのに、酔って帰ってきた大鉄を見た順子は「ひどい…」と机につっぷします。

大鉄は「一緒に飲みたかったんだよ?」と言いながら山田誉を何気なく開封。

「…開いたよ。割とツルッて開いた。」

大鉄の言葉に順子が顔を上げます。

フタを持つ手元を見てびっくり!

大鉄は特大のオナラをかまして「ツルッと開いてブッと出た!」とひと言。

視線を合わせた2人は、思わず吹き出して笑います。

sat0330sat0330

「この夫婦いいな~」と心から思うシーン!

お酒を酌み交わし、大鉄は「結婚記念日もちゃんとやるといいものだな!」と上機嫌です。

順子は「これからも宜しくお願いします」とかしこまって一礼すると、大鉄は「おうよ!」とぶっきらぼうに返します。

それを順子にたしなめられ、大鉄は小声&早口で「これからも宜しくお願いします」と照れ臭そうに言うのでした。

sat0330sat0330

なんと…フタの右回しと左回しが逆だった!

フタが開いたことを知った晴郎が興奮気味に語り出します。

「10円玉と同じ。これはワームホールの手がかりだ!高次元空間を通って物体そのものが左右反転した可能性が高い…ラベルまで反転してるなり!」

必死に両親に説くも、ほろ酔いの2人には通じず。

晴郎は「家も何か違う!」と大騒ぎしますが、大鉄にビンタされてしまうのでした。

sat0330sat0330

紆余曲折あって、7発目から大沢木家は変わっています…そこを弄り倒すのがこのドラマらしいw

『浦安鉄筋家族』第7話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

<ビンのフタと、非日常への入り口は…案外あっさり開くものなのかも>

いつも深いラストの言葉、今回も沁みました。

8発目は“地縛霊にとりつかれる系”。

残暑厳しいこの季節にピッタリの背筋がスッとなりそうなストーリー!

BiSHや稲川淳二さんなど鳥肌ものの豪華ゲスト出演予定、これは見逃せません!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第8話も続けて読む▼