『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)ネタバレ感想!衝撃すぎるラスト…これは誰も予想できない

出典:『トレース~科捜研の男~』公式ページ

錦戸亮が主演している月9ドラマ『トレース~科捜研の男~』がついに最終回を迎えました。

真野(錦戸亮)は真実に辿り着けるのか?壇刑事部長(千原ジュニア)の狙いは?

警察組織vs科捜研の結末は?

ついに真野の過去である武蔵野一家殺人事件の真相が明らかになります。

それでは第11話(最終回)のレビューをしていきたいと思います。

『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)あらすじ

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。

ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。

『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)あらすじ①

真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。

つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)あらすじ②

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。

新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。
出典:『トレース~科捜研の男~』公式ページ

『トレース~科捜研の男~』の見逃し動画情報

『トレース~科捜研の男~』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて全話配信されています。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年3月19日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)の感想

俺を臨場させてください

真野さん(錦戸亮)の兄のいじめの主犯である佐保(袴田吉彦)は、イベント会場で何者かにガス爆発によって殺害されてしまいました。

真野さんは第一発見者なので、捜査に入ることはできません。

「あれは絶対に事故じゃない」

真野さんや虎丸さん(船越英一郎)はそう確信していました。

これで、ホームレスの新妻に続きいじめの犯人は二人とも殺されたことになります。

まずは、虎丸さん(船越英一郎)が持ち込んだ佐保の心臓の血で、武蔵野一家殺人事件の遺留品である軍手のDNAの親子鑑定を行いましたが、父子関係は認められませんでした。

真野さんは虎丸さんに現場を臨場させてくれと頼み、虎丸さんとノンナさんとで現場に向かいます。

そこで、真野さんは導かれるようにひとつのボンベのところへ向かい、手袋の布のようなものがついているのを見つけました。

「犯人の残した痕跡だと思います」

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

姉が交際していたのは誰?

布の破片はやはり手袋で、内側にDNAが検出され、それは軍手のDNAと一致しました。

つまり、真野さんの姉・仁美さんを妊娠させた相手であり、真野さんの家族を殺した人物だということです。

虎丸さんたちは姉の交友関係を捜索範囲を広げて徹底的に洗うことにしました。すると、事件の10日前仁美さんが別の高校の男子と歩いているのを見たという証言が出ました。

その高校の卒業アルバムを入手して一人一人問い合わせていきます。

すると、真野さんが再び何かひらめいて卒業アルバムの中に、ある名前を発見しました。

壇浩輝。

あの怪しげな警視庁刑事部長の名前です!科捜研の中に戦慄が走ります。

まさか壇刑事部長(千原ジュニア)が真犯人なのでしょうか?だとしたらベタすぎでは?

壇刑事部長の父親は25年前、警視総監についていました。

その時に事件を起こしてなかったことにされているとしても不思議ではありません。

しかも、本人も泣く子も黙る警視庁刑事部長なのです。

「そうだとしたら手も足もでねぇ。全部握りつぶされて終わりだ!」

科捜研の中に虎丸さんの声が響きます。一同に重苦しい空気が立ち込めます。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

壇刑事部長(千原ジュニア)見参

打つ手がなくお先真っ暗な雰囲気の中、なんと壇刑事部長自ら科捜研にやってきます。

視察だということですが、今までそんなことはなく異例中の異例のことでした。真野さんに怪しげな視線を向ける刑事部長。

出されたコーヒーカップに口をつけたものの、ハンカチでぬぐった壇刑事部長。

用心深いな……と誰もが思ったのもつかの間、壇刑事部長はDNA検査キットを見て自分もやってみたいと言い出します。

頬の裏を4~5回こするのだと説明を受けた壇刑事部長は、キットで頬の裏を必要以上にこすり、口から血を流しながら血のついたキットを真野さんに渡します。怖い!

「源礼二くんですよね。武蔵野一家殺人事件の生き残りの」

ざわつく科捜研。

真野さんがずっと隠し通してきたものを、やすやすと人前で暴露するとはなんて嫌な人なのでしょうか。

「どうぞ。これが欲しかったんでしょう?」

固まる真野さんの耳元で「記念にもらっていきますよ」と囁いて、ペンを取って刑事部長は去って行きました。

色々と気になることはたくさんありますが、何はなくともまずは父子鑑定です。

しかし、結果は0%。壇浩輝は父親、すなわち犯人ではありませんでした。

ではなぜ壇刑事部長は、あそこまで真野さんに執着しているのでしょうか?

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

早川先生(萩原聖人)の正体

真野さんはいつもの喫茶店で、早川先生(萩原聖人)に壇刑事部長のことなどこれまでの捜査でわかったことを報告します。

壇と姉の仁美さんが事件の10日前に会っていたとしても、交際していたとは限りません。

そんな話をしていると、早川先生がつぶやきます。

「妊娠3ヶ月なら9月か……相手は別の男の可能性もあるかもしれない」

真野さんは目を見開き早川先生を見つめます。

早川先生は慌てて「無神経なことを言ってごめん」と謝り、気まずそうにそそくさと店を出て行ってしまいました。

席に1人残された真野さん。一点を見つめるその先には、早川先生が使っていたストローがありました。

真野さんは手袋を取り出し、そのストローを保存袋に入れました。

その様子を、早川先生は外からじっと見ていたのでした。

自分の生徒のこととはいえ、随分と事件についてご執心なことと、わざわざ萩原聖人さんがキャスティングされているということで、ずっと怪しい存在だった早川先生。やはりここに来て容疑者に浮上しました。

真野さんは、早川先生に対して姉・仁美さんが妊娠していたということは伝えていましたが、“妊娠3ヶ月”だということは伝えていなかったのです。

それにも関わらず、早川先生は「妊娠3ヶ月」と言いました。鑑定の結果、父親は早川でした。

真野さんと虎丸さんは急いで学校に早川を訪ねますが、2ヶ月前に退職しているといいます。

自宅に行ってみると、人気はなく遺書が置いてありました。

「本当にごめんなさい。死んでお詫びをします」

遺書は、真野さんの兄・義一さんが残したものと同じ文面でした。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

科捜研のペン

遺書の筆跡鑑定をしてみると、それは間違いなく早川が書いたものでした。

しかし、真野さんはあることに気がつき、あるものの鑑定をします。

そして、警視庁に行って壇刑事部長に会いに行き、2人で話しがしたいと言います。

「なんのことですか?」

ととぼける壇刑事部長。

そこで真野さんはナイフを取り出します。

警視庁の中でそんなもの出してはダメですよ真野さん!

真野さんは早川の遺書に使われたペンのインクが科捜研でしか使われていない特殊なインクのペンで書かれていていることを突き止めていました。

壇刑事部長が“視察”の時に持って行ったペンです。

「お前が早川に書かせたんだな」

「さすが科捜研。だが、なんのために?」

「俺を呼ぶためのメッセージだ」

壇刑事部長はまどろっこしい方法で真野さんにヒントを与え、自分のところに来るように仕向けていたのでした。

目的がまったく見えず、不気味さは増すばかりです。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

軽井沢にて

真野さんと壇刑事部長は2人で軽井沢に向かいます。

その頃、真野さんが出勤していないことで、虎丸さんとノンナさん(新木優子)ら科捜研メンバーは真野さんを捜し始めます。

真野さんが最後に何を調べていたかを調べてみると、筆跡鑑定とインクの成分分析をしていることがわかりました。

そして、警視庁の防犯カメラに壇刑事部長と二人でいるところが映っていました。

「復讐するつもりか?」

虎丸さんとノンナさんは急いで真野さんのGPSを頼りに後を追いかけます。

着いた先は軽井沢の壇刑事部長の別荘でした。ドアは鍵がかかっています。

虎丸さんはドアのガラスを割り、無理やり中に入りますが、中には誰もいませんでした。

どうやら別荘はトラップで、2人はどこかで車を乗り換えていたのです。

その頃、真野さんと壇刑事部長は古い映画館跡にいました。

「お前の目的はなんだ」

真野さんは壇刑事部長を問い詰めます。

「俺が何をどう仕組んだのか検討がついているんだろう?ぜひ聞かせてほしい。君の主観と憶測を」

壇刑事部長は不敵な笑みを浮かべながら答えます。

一方、虎丸さんたちは必死に真野さんを探します。

虎丸さんは一課長に2人が乗り換えた場所が特定できるかもしれないNシステムのデータを見せてくれるように懇願します。

一課長は相手が刑事部長なだけにダメの一点張りですが、虎丸さんはこれまでの真野さんと行動することで、真相を突き止めることが被害者と被害者遺族の救いになるということ、そんな簡単なことに気づかせてもらったと涙ながらに語ります。

「せめて、アイツの力になってあげたいんです!」

しかし一課長は首を縦に振りません。虎丸さんたちは仕方なく足で探すことにしました。

ところが、課長はこっそりとデータを送ってくれたのです。

科捜研のメンバーはそのデータを解析して2人が乗り換えたであろう車を割り出しました。

2人は軽井沢ではなく上田市に行っていました。

上田市は兄・義一さんがアーチェリーの試合で訪れた場所でした。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

衝撃の真実

真野さんはまず新妻殺しと佐保殺しの主観と憶測を述べます。

壇刑事部長の指示で早川が新妻を殺し、真野さんに接触させて監視をしつつ捜査情報を得て、その後ガス爆発の仕掛けをして佐保を殺したというのです。

ではなぜ早川が壇刑事部長の言うことを聞いていたのか。

それは、真野さんの家族殺しを、警視総監である壇刑事部長の父親にもみ消してもらったからです。

「さすが、よくそこまでたどり着いたね」

壇刑事部長は満足そうです。

壇刑事部長は早川に言うことを聞けば、自由にしてやると言っていました。

そしてその早川はどこか海外に高飛びしているといいます。

しかし、壇刑事部長にとって想定外だったのは、前科捜研科長が捜査資料を写したノートを、姉・仁美さんの解剖医が胎児のじゅう毛を残していたことでした。

そのことで計画を早めなければならなかったと言います。

計画とは、真野さんを真実に辿り着かせることでした。

「事件につながる人間は俺以外にはいなくなった。さぁどうする?」

そう言いながらも、壇刑事部長は自ら語り始めます。

実は、壇刑事部長と関係があったのは姉の仁美さんではなく、兄の義一さんの方でした。

高校生の頃、この映画館で義一さんを一目見た瞬間、壇刑事部長は義一さんのことが頭から離れなくなりました。

「あの笑顔を踏みにじってやりたい、苦痛に歪む顔を見てみたい……今までに味わったことのない強烈な衝動だったよ」

ここで全国がひっくり返ったことでしょう。

事件の真犯人が早川だったことも、その黒幕が壇刑事部長だったことも“ベタ”な展開だと思っていましたが、その裏にある真実はとんでもないものでした。絶対に予想がつかない衝撃的な動機です!

壇刑事部長は、義一さんと同じ高校の新妻と佐保に窃盗事件をもみ消す代わりに、源義一をいじめてほしいと依頼しました。

新妻と佐保は喜んでそれを実行しました。壇刑事部長にとってはその様子を見ることが至福の瞬間でした。

そして義一さんは不登校になってしまいます。

「義一の苦しんでいる顔が見られなくなるなんて、寂しくて耐えられなかった」

「お前、何言ってるんだよ!」

真野さんは怒鳴ります。本当にその通りです。何を言っているのかさっぱり理解が出来ません。

事件の10日前に姉・仁美さんと一緒にいたのは、仁美さんから壇刑事部長に接触を図ってきたのでした。

なんと、不倫していた早川に妊娠がわかった途端に捨てられたことを恨んで、早川を破滅させて欲しいと頼んできたのです。

「嘘だ。そんな作り話信じるか!」

真野さんはとても辛そうです。こんな話、信じようといって信じられるものではありません。

そこで壇刑事部長は証拠があると動画を流します。スクリーンに映し出された姉の姿。

早川を二度と立ち直れないくらいにいじめてほしいと語っています。

壇刑事部長は「俺はお前の兄貴をいじめたんだぞ」と言うと、

「別に関係ないよ。お兄ちゃんのことなんてどうでもいい」

「嘘だ!嘘だよ!」

真野さんは泣き崩れます。気の毒過ぎて見ていられません。

虎丸さん、早く真野さんを見つけてあげて!

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

虎丸(船越英一郎)「俺の勘だ」

虎丸さんとノンナさんは町内を探し回り、虎丸さんはある映画館を差し、

「ここに行くぞ」

「なんでですか?」

「俺の勘だ!」

その勘は当たり、Nシステムで割り出した車が置いてありました。

壇刑事部長の独白は続きます。

新妻と佐保はとことん早川をいじめ、早川はどんどん追い詰められていきました。

そして仕上げとして壇刑事部長が早川に会い、早く手を打たないと取り返しがつかないことになると脅します。

どうすればいいのかと聞く早川に、壇刑事部長はこう答えます。

「殺しちゃえば?」

追い詰められた早川は仁美さんと両親を殺します。

その様子を新妻と佐保に監視させていた壇刑事部長は、事が終わると源家に駆けつけ、父親に頼んで事件は無理心中として処理してもらい、義一に罪をかぶってもらおうと持ちかけます。

「それしか、あんたが助かる道はないよ」

なんという鬼畜の所業。胸がムカムカしてきます。

しかし、さらにムカムカする展開に。

家の中にいた義一さんは新妻たちに連れられて遺体と対面させられます。

そして壇刑事部長は遺書を書いて自殺しろと言います。しかし義一さんはそれを拒みます。

「別にいいじゃん。生きる意味なんてないだろ」

「弟を、礼二を置いて死ぬわけにはいかない」

胸が締めつけられます。

こんなことを25年後に聞かされなければいけない真野さん。不憫でなりません。

結局、壇刑事部長は弟を殺すと脅して義一さんをおとなしくさせ、新妻・佐保が手を下したのでした。

「君は今から家族殺しの罪を背負って死んでいくんだよ」

そう言い残した壇刑事部長。

こちらは言ってはいけない言葉を吐いてしまいそうです。

「殺す……殺してやる!」

真野さんはナイフを出します。

そう言いたくなる気持ちは痛いほどわかります。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

真実に辿り着かせたかった理由

壇刑事部長は銃を真野さんに向けます。

「君は義一を同じ目をしている」

だからありとあらゆる手段で痛めつけてやりたくなると。

壇刑事部長は義一さんと同じ感情を真野さんにも抱いていたのでした。

それが、こんなまどろっこしいやり方で真実に辿り着かせたかった理由でした。はっきり言って気持ちが悪いです!

そして、自分は一切手を下していないので、真実に辿り着いたところで何もできることはない。

義一さんは家族殺しの汚名を着せられたままだとドヤ顔です。

「俺が憎いか?殺せよ。殺すしかないよ」

壇刑事部長は銃を真野さんに渡します。

涙を流し、震えながら銃口を壇に向ける真野さん。

気持ちはわかりますが、引き金を引いてほしくはないのが正直なところです。どうする真野さん!?

「お前の完敗だ!ざまぁみろ!」

そう壇刑事部長が叫んだ瞬間、何者かが壇刑事部長を包丁で刺しました。

刺したのは海外に行っているはずの早川でした。

壇刑事部長の身体を何度も刺し、真野さんの顔を見て自分の首を刺そうとしますが、それを躊躇した瞬間、真野さんは早川さんに飛びかかってそれを止めました。

そこにやっと虎丸さんとノンナさんが駆けつけます。

「どうして……俺は君の家族を殺したんだぞ」

「わかんねぇよ!もううんざりなんだよ……俺は前に進みたい。そのために真実を探してきたんだ。お前らみたいには絶対ならない。お前らとは違うんだ!」

真野さんの強い気持ちが伝わってきます。

何はともあれ、真野さんがダークサイドに落ちなかったのでホッと一安心です。

早川は逮捕され、壇刑事部長も一命をとり止めたものの昏睡状態で目を覚ますかはわからないという状態でした。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

真野さん(錦戸亮)は来ます

事件後、真野さんは連絡が取れない状態に。

しかし、真野さんは虎丸さんの前に現れます。

虎丸さんは、なぜあの2人を助けたのか聞きます。

真野さんは、家族を失ったあの日からずっと暗闇にいた。

進むべき方向がわからず立ち止まっているのは何より怖い。

なんとしても真実を見つけ出して遺族に伝えてあげたかったのだと語ります。

「自分の真実を知った時、2人を殺したら二度と暗闇から抜け出せない。俺は前に進みたい。そう思ったんです」

虎丸さんと真野さんは初めて握手を交わします。真野さんはすっきりとした表情でした。

科捜研では真野さんがこのまま辞めてしまうのではないかと心配されていました。

しかし、ノンナさんだけは真野さんが来ると信じていました。

「真野さんは来ます。だから大丈夫です」

すると、ドアが開き真野さんが出勤してきました。

ホッと胸をなでおろすメンバー。科捜研の仕事が始まりました。

サポートに入ったノンナさんの顔を見て、笑顔になる真野さん。

2人の明るい未来が見えるラストシーンでした。

しかし、本当のラストは、昏睡状態の壇が目を開けるという場面でした。戦慄のラストです。

>>【31日間無料】FODプレミアムで『トレース~科捜研の男~』を視聴する

『トレース~科捜研の男~』第11話(最終回)まとめ

もしや、映画化などの続きがあるかもしれない?というような終わり方でした。

とても面白い作品だったので、またどこかで真野さん達を見られたら嬉しいですね!

『トレース~科捜研の男~』を視聴できるVODは?

u-next
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能
TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『トレース~科捜研の男~』他話のネタバレ記事一覧