『マンダロリアン』あらすじ・キャスト・キャラ情報まとめ!Disney+の『スター・ウォーズ』実写ドラマを解説!

『マンダロリアン』

出典:Disney+

2020年6月11日に日本でサービスが開始された「Disney+ (ディズニープラス)」。

マンダロリアン』は、『スター・ウォーズ』シリーズ初の配信オリジナル作品として、ディズニー・デラックス時代から注目を集めていました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンダロリアン』目当てでDisney+ (ディズニープラス)に加入する方も少なくないでしょう!
ポイント
  • SFウエスタン&日本の時代劇を組み合わせたような新しい主人公の物語
  • スター・ウォーズ』本編との絡みなしで初心者も大歓迎!
  • 豪華キャスト&スタッフが勢揃い

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事ではDisney+で配信されている『マンダロリアン』のあらすじ、キャスト、登場人物、超豪華なスタッフについての情報をご紹介します。

『マンダロリアン』あらすじ


ダース・ベイダー率いる銀河帝国が崩壊してから5年後の物語。

中央政府が存在せず、新たに始まったばかりの「新共和国」による法は銀河の辺境の地までは届きません。

そんな土地で人々は自分の身は自分で守るしかなく、無法者たちは独自のルールで生きていました。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

バウンティ・ハンターとして一匹狼で活躍するマンダロリアン(ペドロ・パスカル)はある日、帝国とつながる人物・クライアント(ヴェルナー・ヘルツォーク)から「50歳の獲物」を捕獲する依頼を受けます。

惑星アルバラーにてクイール(ニック・ノルティ)の助けを借り、たどり着いた先に居た「獲物」は、ヨーダと同じ種族のザ・チャイルドでした。

依頼を達成したマンダロリアンは高額な報酬を受け取りますが、ザ・チャイルドの行く末が気になり、賞金稼ぎの掟を破ってザ・チャイルドを連れ出したのです!

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンダロリアンとザ・チャイルドが繰り広げる逃亡劇は、まるで時代劇の『子連れ狼』さながら。

ドラマ『マンダロリアン』は、『スター・ウォーズ』シリーズ本編とは全く絡みを見せないところでストーリーが進んでいくので、初心者さんも大歓迎です!

『マンダロリアン』キャスト・登場キャラクター情報

スター・ウォーズ』本編とは絡みがないものの、『マンダロリアン』の世界観は本編から多く引き継いでいることは間違いありません。

ここでは、魅力的なキャラクターやドロイドが登場する『マンダロリアン』のキャストや登場人物についてご紹介します。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

今や人気者の”あの”映画監督も、重要な役どころで声の出演をしていますよ!

ペドロ・パスカル / 役:マンダロリアン

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • マンダロリアンという種族のバウンティ・ハンター(賞金稼ぎ)で通称「マンドー」
  • 獲物であったはずのザ・チャイルドに愛情を抱き、掟に反して救い出す

今作の主人公であるマンダロリアン。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンダロリアンというのは、マンダロア星出身か、その生き方に賛同する者たちから構成された集団のことです。

高い戦闘技術を持っており、賞金稼ぎや傭兵を生業にするマンダロリアンが多いようです。

マンダロリアンたちは、ブラスター銃を跳ね返すことができる「ベスカー」という鉱物を重要視しており、彼らの鎧はこのベスカーで作られています。

また、頭の鎧は一切外してはいけないという一族の掟があるため、今作ではマンドーの素顔をほとんど見ることができません。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみに『スター・ウォーズ』シリーズに登場する賞金稼ぎボバ・フェットは、マンダロリアンの鎧を着けているだけで、マンダロリアンではありません。

今作の主人公、マンドーを演じているのはペドロ・パスカル

テレビドラマを中心に活躍している俳優で、『ゲーム・オブ・スローンズ』のオベリン・マーテル役や、『ナルコス』のハビエル・ペーニャ役で覚えている方も多いでしょう。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

映画では『キングスマン:ゴールデン・サークル』のウィスキー役として出演しており、今作では鎧を着けていながらも、隙のない演技力で存在感を放っています。

しかし、第4話のみ他の出演舞台のリハーサルに参加していたという理由で、スタントダブルと代役の2人が演じています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

声はペドロ・パスカル自身のものです。

第4話の監督を務めたブライス・ダラス・ハワードは、ペドロ・パスカルと会うことができずに残念がったとか。

ザ・チャイルド

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • マンダロリアンの獲物だったはずの50歳の赤ちゃん
  • ヨーダと同じ種族で強いフォースをつかさどる

マンダロリアン』の情報解禁になった時点で「ベビー・ヨーダ」と呼ばれていたザ・チャイルド。

マルコヤマモトマルコヤマモト

そのため、「ヨーダが赤ちゃんの頃の話なの?」という憶測も飛び交いました。

ですが、『マンダロリアン』は『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』と『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の間の出来事になるので、ザ・チャイルドとヨーダは別物になります。

ヨーダと同じ種族であったりフォースを使うことから、赤ん坊だとしてもなかなか侮れない存在です。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

しかし、仕草や行動、発する言葉は赤ん坊そのもので、観ている人の母性が爆発します!

マルコヤマモトマルコヤマモト

ザ・チャイルドのあまりの可愛さに、テレビに向かって赤ちゃん言葉で話しかけてしまうことでしょう…。

カール・ウェザース / 役:グリーフ・カルガ

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 賞金稼ぎギルドのリーダー
  • マンドーにザ・チャイルド案件の仕事を振った超本人
  • ギルドの掟を重視している

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンドーたち賞金稼ぎに仕事を渡している、いわば元締め。

マンドーの腕を買っており、彼を信用していますが、獲物であるザ・チャイルドを巡って思わぬ争いに発展してしまいます。

演じているのは元アメフト選手で『ロッキー4/炎の友情』『プレデター』のカール・ウェザース

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

もう70歳を超えていますが、まさかこんな大作ドラマで観ることができて嬉しい!

ジーナ・カラーノ / 役:キャラ・デューン

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 元反乱軍のショック・トルーパーで、マンドーの仲間になる
  • 銀河内戦を生き抜いた百戦錬磨の戦闘員

第4話「楽園」に登場する元ショック・トルーパーの女性。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ショック・トルーパーは新共和国に仕えた特殊歩兵で、銀河内戦時に活躍し、内戦後は帝国軍の残党狩りを行っていました。

新共和国での仕事に嫌気が差したキャラ・デューンはショック・トルーパーを辞め、現在は傭兵として活動しています。

キャラ・デューンを演じているのは、ムエタイ出身の女優ジーナ・カラーノ

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

格闘技の世界でも好成績を収め、2011年に公開された『エージェント・マロリー』で女優進出を果たしました。

ヴェルナー・ヘルツォーク/役:クライアント

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 「獲物」捕獲の依頼主
  • ストームトルーパーを従えており帝国とつながりがある事がわかる

ザ・チャイルド捕獲の依頼主で、帝国とつながりがあるため、隠れ家に潜んでいます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

クライアントの仲間、ドクター・パーシングとストームトルーパーを従えている名前や正体が不明の存在。

演じているのは、ドイツの映画監督であり脚本家、オペラ演出家のヴェルナー・ヘルツォークです。

長編映画やドキュメンタリー作品ほか、宮崎駿監督の『風立ちぬ』で英語版吹き替え声優としても活躍しています。

ニック・ノルティ / 役:クイール

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 惑星アグノートに住む農民
  • 平和で静穏な暮らしを望んでいるが、マンダロリアンの登場に力を貸すことに
  • マンドーのことを気に入り色々と手助けしてくれる

マルコヤマモトマルコヤマモト

クイールは、ザ・チャイルドの案件で惑星アグノートに訪れたマンドーが最初に出会う人物です。

現地に暮らす農民で、平和な生活を望んでいましたがマンドーの依頼に協力し、ザ・チャイルドが囚われている場所まで案内をすることに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

また、マンドーの宇宙船の部品がジャワ族に持ち帰られた際は進んで交渉を買って出るなど、マンドーのことを気に入っているようです。

演じているのは、これまでにアカデミー賞に2度ノミネートされたことがあるニック・ノルティ

2019年公開の『エンド・オブ・ステイツ』では、主人公バニングの父で通称「爆弾ジジイ」を演じ、80歳近くでもまだまだ現役で活躍する俳優です。

ジャンカルロ・エスポジート / 役:モフ・ギデオン

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 旧銀河帝国の将校で、帝国崩壊後も残存勢力の1つを指揮している
  • マンドーの本名を知っている
  • タイ・ファイターを操縦し、黒いライトセイバーのような「ダークセーバー」を所持している

旧銀河帝国の残党であり、将校のモフ・ギデオン。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンダロリアン』では7話からと、だいぶ後半になってから登場するキャラクターです。

マンドーの本名を知っていたり、「ダークセーバー」を所持することから、シーズン2以降で注意すべき人物になるでしょう。

演じているのは『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』『ウエストワールド』などの海外ドラマで圧倒的な存在感を見せる、ジャンカルロ・エスポジート

『マンダロリアン』

出典:IMDB

死んだ目の悪役顔がとても上手いと、ファンたちからも評判の存在で、これからの活躍も期待大!

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみに武器の扱いが苦手で、ダークセーバーをすでに3度も壊してしまったとか…。

タイカ・ワイティティ / 役:IG-11

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • 暗殺ドロイドのバウンティ・ハンター
  • ザ・チャイルドの案件で一時マンドーと手を組むが、ザ・チャイルドを殺そうとしてマンドーに破壊される
  • その後、プログラムを再構成され復帰し、再びマンドーの仲間になる

見た目がカカシのようでヒョロヒョロとしている、ドロイド型のバウンティ・ハンター、IG-11。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ドロイドだからこその怖いもの知らずさを武器に、敵陣にどんどん突っ込んでいく姿がカッコイイ!

初めてマンドーと出会った時は敵対するものの、後に再会した際、マンドーにとって良き仲間になります。

声の出演は、大人気の映画監督タイカ・ワイティティ

『マンダロリアン』

出典:IMDB

自身の監督作『マイティ・ソー/バトルロイヤル』の成功でその才能を世界中に知らしめました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

タイカ・ワイティティ監督は、『マンダロリアン』シーズン1のクライマックスである、第8話の監督も努めています。

エミリー・スワロー / 役:アーマラー

『マンダロリアン』

出典:IMDB

  • マンダロリアンの武器を作る職人
  • マンダロリアンが重視している鉱物「ベスカー」から、鎧や武器を作っている

マンダロリアンの武器職人で、マンドーが賞金稼ぎで得た報酬「ベスカー」を使って、必要な部品や武器を作ります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マンダロリアンなので素顔は見えませんが、声からすると女性のようで、しかもマンダロリアンをまとめる力の持ち主であることもわかります。

演じているのは、アメリカの女優エミリー・スワローで、『メンタリスト』『スーパーナチュラル』などの海外ドラマで活躍しています。

『マンダロリアン』の監督・スタッフ

マルコヤマモトマルコヤマモト

スター・ウォーズ』シリーズ初の実写ドラマということで、集められたスタッフ陣も一流揃い!
『マンダロリアン』

出典:IMDB

ここでは『マンダロリアン』の製作に携わったスタッフ情報について、ご紹介します。

製作総指揮・脚本 / ジョン・ファヴロー

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の出発点となった『アイアンマン』では監督と、主人公トニー・スタークの運転手であるハッピー・ホーガン役を務めたジョン・ファヴロー

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

俳優・映画監督・映画プロデューサーとマルチな才能の持ち主です。

『アイアンマン』が成功したことでその才能を買われ、ディズニー作品では『ジャングル・ブック』や『ライオン・キング』の超実写版など最新技術を駆使して動物たちの細かいところまで再現!

ディズニー作品での大成功を納めたジョン・ファヴローは、今やディズニーが信頼をおいているクリエイターの1人と考えて良いでしょう。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マンダロリアン』では、原案・脚本(1話、2話、3話、4話、7話、8話)・製作総指揮を務めています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

脚本は第5話をデイブ・フィローニが監督兼脚本、第6話をクリストファー・ヨスト&リック・ファミュイワが手掛けました。

大作映画を手掛けた有名監督が各話の監督を担当!

マンダロリアン』では各話ごとに監督が異なり、普段は長編映画を撮るような監督もエピソード作りに加わっています。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

こちらが各エピソードと監督の一覧です。
第1話「マンダロリアン」 デイブ・フィローニ
第2話「ザ・チャイルド」 リック・ファミュイワ
第3話「罪」 デボラ・チョウ
第4話「楽園」 ブライス・ダラス・ハワード
第5話「ガンファイター」 デイブ・フィローニ
第6話「囚人」 リックファミュイワ
第7話「罰」 デボラ・チョウ
第8話「贖罪」 タイカ・ワイティティ

第1話と第5話の監督を務めたデイブ・フィローニは、アニメーション監督としてのキャリアが有名で『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の劇場映画や『スター・ウォーズ/反乱者たち』を手掛けました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、ルーカス・フィルムにおけるアニメーションプロジェクトに関するすべての作品で監督を務めることを受諾しています。

第2話と第6話の監督を務めたリック・ファミュイワは、映画監督や脚本家として活躍しており『マイ・ファミリー・ウェディング』(日本未公開)などを製作しました。

第3話と第7話の監督、デボラ・チョウはカナダ出身の女性の映画監督・脚本家です。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マーベルの配信シリーズ『ジェシカ・ジョーンズ』のシーズン2に監督で参加しているほか、『マンダロリアン』でも第6話にカメオ出演をしています。

第4話の監督を務めたのは、『ジュラシック・ワールド』シリーズにも出演している女優、ブライス・ダラス・ハワード

『マンダロリアン』

出典:IMDB

女優としての活躍が目立ちますが、『マンダロリアン』で、ドラマ監督初挑戦となりました。

第8話監督は、ドロイド型バウンティ・ハンター、IG-11として声の出演も果たしているニュージーランド出身のタイカ・ワイティティ

『タイカ・ワイティティ』

出典:IMDB

その才能はやはり『マンダロリアン』の中でも、存分に生かされています!

マルコヤマモトマルコヤマモト

Disney+では、『マンダロリアン』制作の裏側を知ることができる、ドキュメンタリーも配信中です!

『ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン』では、ジョン・ファヴローがホストとなり、各監督が円卓を囲んで、『マンダロリアン』制作にまつわる裏話を未公開映像を交えてトークを繰り広げます。

『マンダロリアン』あらすじ・キャスト情報まとめ

マルコヤマモトマルコヤマモト

Disney+ (ディズニープラス)で配信されているドラマ『マンダロリアン』のあらすじやキャスト・スタッフ情報についてご紹介しました。

2019年からディズニーデラックスで先行配信されていたものの、2020年6月にDisney+ (ディズニープラス)がサービス開始になり「やっと見れるぞ!」という人も多いはず!

もちろん、「これだけを楽しみにしていた!」という『スター・ウォーズ』シリーズのファンの期待にも応えられる名作です。

『マンダロリアン』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

さらに、1作が長くて40分程度と見やすい!イッキ見するも良し!お昼休憩中にちょちょいと楽しめてしまう気軽さも魅力です。

そして『マンダロリアン』シーズン2の配信が2020年10月に決定しています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

スター・ウォーズ』シリーズの隠れた名作となるか!?『マンダロリアン』についてはこれからも情報をチェックしていきたいと思います!

▼あわせて読みたい!▼