『THE HEAD』第6話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!アキの死の真相。南極に隠された“最も冷たい真実”とは?

『THE HEAD』第6話

出典:『THE HEAD』公式Twitter

山下智久やさん出演の海外ドラマ『THE HEAD』の7月17日(金)に最終回となる第6話が公開されました。

最終話では、ストレートに謎が解明されて少し物足りなさを感じていましたが、ラスト5分、やってくれましたね!

恐怖の中にも切なさが残り、山下智久さんの存在感も光る素晴らしいラストでした!

それでは『THE HEAD』第6話(最終回)もネタバレありでレビューしていきます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

【ネタバレ】『THE HEAD』第6話(最終回)あらすじ・感想

▼詳しいキャストを知りたい方はこちら▼

サラの死の真相

第5話のラストで、アニカにサラの死の真相について尋ねたマギー。

アーサーから逃げながら「ここで死ぬならせめて理由を教えて欲しい」とアニカに懇願します。

YUKIYUKI

アニカが話したサラの死の真相はこうでした。

あの日、ポラリス5ではパーティーが行われ、皆お酒を飲んだりダンスをしたり楽しく時を過ごしていました。

その時、マイルズに「電話が入っている」と呼ばれたサラが席を外すと、パーティー会場に姿を見せていなかったアーサーがサラを待ち構えていたのです。

サラに無理やり関係を迫ったアーサー。

「今の君を作ったのは私だ。元に戻すこともできる」とキスを拒み、部屋から出ようとするサラを脅します。

再びキスを迫るアーサーから逃れようとしたサラは、アーサーから押されて転び、机の角で後頭部を強打し死亡してしまうのでした。

部屋の外から一部始終を見ていたのはアニカ。

サラの死後、一度は取り乱しアーサーを激しく非難するも、この件で研究や支援者を失うことは出来ないと、サラの死を隠ぺいしようと考えます。

他のメンバーにサラの死を伝え、事故死を偽装することを提案するも誰も首を縦に振りません。

それから任務が終了する3週間の間ずっと仲間を説得し続けたアニカ。

どうしてもアーサーの殺人を隠ぺいするため、隊員それぞれの秘密を武器に脅し始めます。

YUKIYUKI

エリックとエバの不倫や、ニルスの娘や売人の死、ラモンの携帯の中身。第4話で自殺した元隊員は、医師だったようで、知人に処方箋ナシで薬を販売していたことをネタに脅されます。

こうして、全員をほぼ強制的に言いくるめたアニカは研究を守り、ポラリス5に火を放つのでした。

この時、炎で氷にヒビが入り、ポラリス5はいったんはサラの遺体もろとも氷に飲み込まれますが、8年の時を経て再び地上に現れてしまいます。

『THE HEAD』第6話

出典:IMDb

YUKIYUKI

ヨハンの知っているアニカは素晴らしい人でしたが、それがすべてではなかった。地球上の命を救う重要な研究をしていたのは事実ですが、自分の名声や保身がなかったと言えば嘘になると思います。

マギーからここまで聞くと、ヨハンはアニカのしたことが受け入れられず取り乱したように部屋から出ていき…アニカの部屋で見つけたヨハン宛ての手紙を燃やします。

YUKIYUKI

アニカの手紙には、「許されないことをしてごめんなさい。私の手は血で汚れた。業火に値する罪よ」と書かれていました。これを燃やすということはアニカへの罪をヨハンもまた隠ぺいしようとしたのでしょうね。

マギーから、「アニカは雪上車に乗ってアルゼンチン基地に行こうとしたものの、吹雪がひどく、急遽目的地を変更しカナダ基地へ向かった」と聞いたヨハンは捜索隊をカナダ基地の方角へ変更します。

アニカ発見。安否は…。

その後、ヨハンはアーサーに会い、サラの死の真相について問い詰めますが、アーサーは「アニカが自分を貶めようとしてついた嘘だ。マギーの証言は全て伝聞証拠に過ぎない」と否定します。

アーサーに罪を認めさせるには証拠が必要だと判断したヨハンは、アニカがポラリス5から出ていった後の出来事をマギーから聞き出します。

アニカが出ていってすぐ、アーサーが銃を持って現れマギーを脅します。

そこに現れたアキ。アーサーともみ合いになり倒れたアキ。

マギーはその場から逃げ出します。

アーサーを保守用トンネルに誘い込み、鍵をかけて閉じ込め、自分もヨハン達から発見されるまで身を潜めていた、と話します。

その時、アニカの乗った雪上車が発見され、ヨハンも現場へ。

そこで変わり果てたアニカの姿を発見します。

雪上車の燃料ホースは切断されていました。そのせいで雪の中燃料切れになったアニカは立ち往生し、凍死もしくは餓死してしまったようです。

アーサーに詰め寄るも、アーサーは燃料ホースの切断の件についても否定。

しかしアニカの遺体のそばにはアーサーがサラを殺した日に来ていた血まみれのセーターがあったのです。

YUKIYUKI

アーサーがサラを殺した証拠が手に入りました!

ヨハンは「これで君のキャリアも名声も、人生も終わりだ」と部屋を出ていきます。

警察が来る前に死のうとしたアーサーはネクタイで首を吊りますが、死ぬ前に発見され助けられ、警察に無事に連行されるのでした。

全てが終わり、「もう南極には戻らない」と言うマギー。

T3症候群の症状が激しく出ており、自分で靴を履くことができず、ヨハンが手伝います。

「良い人生を」

そう言ってふたりは別れ、マギーは帰りのヘリに乗り込むのでした。

ラスト5分で明かされた真相

全ての犯行がアーサのサラへの欲情が原因だった、ということで無事解決!かと思いましたが、隠れていたもうひとつの真実

YUKIYUKI

ヨハンと別れたマギー。T3症候群がかなりひどく、医師の診断では「演技では有り得ない」と言われていましたが、すっかり騙されました。

ひとりになってパソコンで妹に電話をかけると、妹は「オリヴィア。終わった?」と。

ヘリに乗り込むとすぐにふるえは止まり、マギーの顔には笑みが。

『THE HEAD』第6話

出典:IMDb

オリヴィアとはサラの娘の名前。そしてマギーの本名…!

そこにアキの幻影が現れます。

「オリヴィア・ジャクソン。いい名前だ。マギーの方が好きだけど」

「君に迷いはあった?あの時、後悔した?」

YUKIYUKI

そうマギーに問いかけるアキの顔はとても穏やかで優しい…。

アキはマギーがアニカの乗る雪上車の燃料ホースを切断しているのを見てしまったのです。

あの時…「ごめんなさい、ごめんなさい」と涙を流しながらアキを殺したマギー。

YUKIYUKI

マギーがアキに恋していたのはきっと真実。それでも果たさなければならない、深い深い母への想いを貫いたんですね。

マギーが母であるサラの死の真相を知った理由は、第5話で自殺した元隊員の医師が、マギーと妹を呼び出し、アーサーの来ていたセーターを渡し真相を話したからでした。

医師は罪の意識に耐え兼ねて、ふたりに真実を打ち明けて自殺。

その後、姉妹はこの復讐計画を練り、もともと超冬隊に決まっていた医師を車で轢き殺し、基地へやってきました。

YUKIYUKI

最後にマギーが静かに微笑みながら流した鼻血…。この意味をずっと考えていました。

これはもしかしたらマギーは病気、それもガンに侵されているのかもしれないな、と思います。

YUKIYUKI

以前インタビューで「ガンの母のために願いを叶えたい」と言っていました。

サラの娘は2人いて、母親の復讐をひとりで背負ったのがなぜマギーだったのかというと長女だから、とも考えられますが、それよりもマギーにも死期が迫っていたからのほうがしっくりきます。

一番目の被害者のマイルズから、ニルス、エバ、ラモン、アニカ、そしてアキを殺したのもマギー。

最後に捜索隊がアニカの雪上車の燃料ホースの切断に気付いていますが、これからマギーに辿り着くころにはもう…マギーはこの世にいないのかも知れません。

そして、アキが見えたのもその前兆だったり…。

YUKIYUKI

マギーがアキを殺害したシーンから、マギーがアキを殺したのは完全なるハプニングで、アキに犯行がバレなければ殺すつもりはなかったことを思うと切ないですね。

最終回を終えて…みんなの感想まとめ!

THE HEAD』公式サイトの“あやしいランキング”では、マギーは2位!

YUKIYUKI

予想が大当たりの方も多いのかも知れませんね!

最終回を終えてみんなの感想を集めてみました。

YUKIYUKI

そして私がずっと気になっていた“ラモンの携帯にあったモノ、一体何だった?”の件も、多数ツイートされていました!

ストーリーの本筋とは関係なかったのでカットされてしまったのでしょうかね。

YUKIYUKI

だけど第1話からラモンの怪しさをプンプン匂わせたのが、携帯の中身…。最後の最後まで引っ張って…結局教えてくれなかった~!もどかしい!
『THE HEAD』第6話

出典:IMDb

『THE HEAD』第6話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『THE HEAD』第6話

出典:IMDb

山下智久さんが出演するということで、公開前から話題となっていたHuluオリジナルドラマ『THE HEAD』が最終回を迎えました。

第1話山下さんの死から、チョイ役で終わってしまうんではないかな~と正直不安もありましたが、最終回を終えて蓋を開けてみると、超・重要な役で、すごく嬉しかったです!

山下さんの英語力も演技力も存分に味わえた作品でした。

YUKIYUKI

また別の海外ドラマ出演も期待しています!

▼動画の無料視聴はこちら▼