『ザ・ボーイズ シーズン2』第8話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!頭爆破の犯人が判明、驚愕ラスト!

出典:IMDb

ザ・ボーイズ シーズン2』最終話の第8話が10月9日(金)に公開!

YUKIYUKI

いや~予想全て外れました(笑)ここまで外れて、まさかの展開に驚かされると逆に嬉しい!

シーズン3へ続く多くの疑問は残りましたが、最終話にふさわしい大盛り上がりでしたね。

ポイント
  • やっぱりクズなの?ライアン奪還作戦のブッチャーの裏作戦がヒドい
  • ストームフロントとの戦いはガールズパワーが凄い!
  • 公聴会の犯人は、予想を裏切るまさかのアノ人!

それでは『ザ・ボーイズ シーズン2』第8話もネタバレありでレビューしていきます!

『ザ・ボーイズ シーズン2』を無料で見れる配信サービスは?

【ネタバレ】『ザ・ボーイズ シーズン2』第8話(最終回)あらすじ・感想


コンパウンドVの一般販売

公聴会で議長を含む多くの人の頭が次々と爆破された事件から少し経ち。

この事件もスーパーヴィランの仕業に仕立て上げたヴォートは、世間に対して恐怖心を煽り、スーパーヒーローの重要性とコンパウンドVの一般販売に漕ぎ出そうとしています。

ボーイズたちは、ヴォートとの全面戦争をしようと対セブンの武器を大量に用意し始め、そこまですることに疑問を持ったヒューイとスターライトはメイヴのもとに協力を求めることに。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

しかし、エレナに振られたメイヴは何もかもが自暴自棄。

「協力はしない」とふたりは追い返されてしまいます。

一方、共同教会の教祖アレステア・アダナとヴォート社長エドガーは密会し、アダナはディープとAトレインのセブン再加入を打診。

スーパーヴィランに狙われている今、「ふたりは優良資産だ」と説得しますが、エドガーはAトレインの再加入はストームフロントの存在がネックになっていると難色を示します。

「ストームフロントは君の祖父の信奉者だった」と言うエドガー。

YUKIYUKI

有色人種を差別するストームフロントを気にしているエドガー。アダナの祖父はナチスと関りがあったのでしょうか?

Aトレインは自分の再加入にはストームフロントが邪魔な存在であると、ストームフロントにまつわる秘密をヒューイとスターライトに託します。

その頃、ボーイズのアジトには、ライアンをホームランダーとストームフロントから奪われたベッカがブッチャーに助けを求めに現れます。

まさかの展開にブッチャーはもう二度とベッカを手放すもんかとひどすぎる悪知恵を働かせるのです…。

ブッチャーが連絡したのは、ヴォートの社長エドガー。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

ホームランダーの息子を何が何でも手放したくないはずのヴォートになぜ電話をしたのかと言うと、交換条件でライアンを引き渡すため。

ベッカには「ホームランダーからライアンを守るためにはコレしかないと言っておけばいい」とやっぱりライアンが邪魔なブッチャー。

ライアン奪還作戦

ヴォート社の中で匿われていたライアンは、ベッカが恋しくなりグズり始めます。

そんなライアンを外に連れ出したホームランダーとストームフロント。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

この危機的な状況にふたりの人気は再燃していたため、ふたりはファンにあっという間に取り囲まれ、握手や写真を求められます。

しかし、ライアンはたくさんの人間に囲まれたことでパニックに陥り、そんなライアンをホームランダーは人気のない森の中の家に連れて行きます。

そして子供の頃の孤独をライアンに打ち明けるのでした。

ホームランダーの周りの大人たちはみんなホームランダーに怯えていたこと、さらにホームランダーに力の使い方を誰も教えられなかったこと。

しかし、ライアンには自分がいる。

「同じ思いはさせない、正しい力の使い方を教えてやる」と優しく説き伏せるホームランダー。

YUKIYUKI

この時のホームランダーからは、確かに父の愛を感じましたね~。そしてライアンもホームランダーのことを信用しふたりの距離は縮まったよう。

ストームフロントも合流し、スーパーパワーの練習中、ストームフロントの秘密が世間にリークされたことに気付いたストームフロントはふたりのもとを飛び去ります。

ヒューイとスターライトがAトレインから貰ったのはストームフロントとナチスとのつながりが分かる写真や、ヴォート創設者フレデリック・ヴォートとの結婚式の写真。

ストームフロントの正体は世間にあっという間に広まり、ストームフロント批判の投稿がSNSを埋め尽くします。

YUKIYUKI

都合のいいところで頼ったり、手のひら返して批判したり。セブンもそうですが一般人も勝手ですよね。

ホームランダーとストームフロントからライアンを引き離すことに成功したボーイズたちはライアンを奪還することに成功します。

ブッチャーはライアンとベッカをふたりでマロリーのもとへ行かせようとします。

ヴォートにライアンを引き渡す約束を反故にし、ふたりで行かせることに考え直したブッチャー。

女性ヒーロー4人のバトル

ふたりの乗った車に追いついたストームフロント。車を吹っ飛ばし行く手を阻みます!

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

ストームフロントにスターライトとキミコが対峙。

するとストームフロントは「みんなが私に賛同して、私を信じてる。ナチって言葉が嫌いなだけ」と言います。

YUKIYUKI

これは今の世を皮肉ってはいるもののグサリと刺さる言葉ですよね~。ナチは人種差別をした許されない過去の歴史として忌み嫌われていますが、今だって人種差別は根強く残っているということですね。
ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

スターライトとキミコが応戦しているにも関わらず、ストームフロントの力は歴然。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

圧倒的な力を前に成す術もないところ、「そこのドイツ人」と現れたのはメイヴ!!

YUKIYUKI

ちなみに、私はストームフロントはユダヤ人じゃないかと思っていたのですが、ここでストームフロントがドイツ人だということがハッキリ分かりました。

3対1で圧倒的に有利になった3人はストームフロントをボコボコに。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

女性4人の肉弾戦。ヒューイ、MM、フレンチーは武器いっぱい持って見てるだけって構図が面白い。

たまらずストームフロントは逃げ出し、勝利!

この時、森の中の家にはホームランダーが。

ヴォートがライアンを奪還するためによこした軍隊を全て殺したホームランダーはベッカとライアンを追いかけます。

ベッカの死

森へ逃げたブッチャー、ベッカ、ライアンの前に降り立ったストームフロント。

ベッカの首を絞めて殺そうとしたストームフロントを見て、ライアンの目が赤く光り始めます…!

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

前にライアンが力を発揮したのも、ベッカが危険だと思った時でした。

しかし、ライアンの目から出た光線はストームフロントだけではなく、その先にいたベッカにまで致命傷を負わせてしまいます。

「あなたのせいじゃないって伝えて」

ベッカはブッチャーの腕の中で死にます。

そこに現れたホームランダーはライアンを連れて飛び立とうとしますが、ライアンの前にはブッチャーが立ちはだかります。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

やっぱり最後にはこのふたり。シーズン1のラストもふたりの戦いで終了しました。

そこに現れたのはまたまたメイヴ。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

メイヴはあの飛行機事故の動画を世間に公表すると脅します。

「全てを破壊する」とホームランダー言うものの「そんなことをすれば再び愛されることはない」とメイヴに言われ、ふたりを見逃すのでした。

YUKIYUKI

人に愛されること、必要とされることが自分の存在意義であるホームランダー。メイヴの動画はココで役に立つんですね~!

シーズン2衝撃のラスト

今回の一連の事件は、ストームフロントの仕業だったとして片付けられました。

コンパウンドVの一般販売はお流れに。

セブンにはメイヴもスターライトも戻ってきます。

そして、セブンの開いた空席はAトレインのものに。

YUKIYUKI

同じくディープもセブンに戻れると思っていましたが、ディープは戻ることは許されず。全財産が入った講座も共同教会へ寄付していたようで共同教会への怒りを露にします。この件で洗脳は解けたようです。

ボーイズ全員の指名手配は解除され、ボーイズは解散します。

MMは恋しい我が家に帰り、対セブンのために出来た新しい部署にブッチャーを誘います。

フレンチーとキミコは一緒にアジトを旅立っていきました。

そして最大の衝撃のラスト。

共同教会の教祖アステレア・アダナと電話をしていたのは、ニューマン議員。

この時、アステレア・アダナはヴォート社長「エドガーに致命的な情報を持っている」と言い、他の能力者の不利になる情報をネタに共同教会の非課税申請を早めてくれるように頼んでいました。

この電話の後、アステレア・アダナの頭は爆破!!

共同教会の塀の外には、ニューマン議員の姿が。

これまで、スーザンや公聴会での頭の爆発。これは全て、このニューマン議員の能力だったのです。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

そして、ニューマン議員の事務所には仕事を求めてヒューイがやってきて、ニューマン議員は温かく迎え入れます…。

シーズン2終了で残る疑問点

YUKIYUKI

というワケでシーズン2が終了しました~。

もともとベッカの失踪から始まったボーイズだったので、ベッカの死をもって一応事実上の解散をしました。

マロリーにライアンを引き渡し、ひとりで去っていったブッチャーですが、ブッチャーがシーズン3以降に活躍するとすれば、もうあとはライアンのピンチ位しかないでしょうね。

ベッカが死ぬ前にライアンを守ると約束してましたから。

さらに、ホームランダーがかけつけた時にはストームフロントは死にかけてはいたものの、ドイツ語?でブツブツとうわ言を言っていました。

ストームフロントはあのまま死んだのか、それとも両手両足が千切れ、身体中焼けただれた状態からでも再生可能なのかというところ。

YUKIYUKI

生きているんだとしたら、なんかもうすっごいヒドイ絵しか想像できず…。

そして、ラストで明かされたニューマン議員がこれまでの頭爆発の犯人だったこと。

これまでずっとこれまでの頭爆発はシンディだと信じて疑わなかった私ですが、シンディは第6話でセージグローブ・センターを脱出したきり、登場しませんでした。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

シーズン3ではシンディは登場するのでしょうか。

ニューマン議員の犠牲となったのは、CIAのスーザン、ホームランダーの生みの親ヴォーゲルバーム博士、共同教会の教祖アステレア・アダナと被害者はヴォートにとって危険視される人間でした。

表向きは反ヴォートとして、ホームランダーのデモ活動も精力的に行っていたニューマン議員ですが、実はヴォートの味方?

YUKIYUKI

公聴会で次々と殺される人たちの中で、この公聴会を開いた張本人であるニューマン議員の頭はなぜ無事だったのか、ずっと気になっていました。

一番に吹っ飛んでもいいハズな人物なのですが、フッ飛ばしていた張本人であれば話は別です。

ではなぜ、ニューマン議員は公聴会を開いたのか。

それはヴォートにとって危険視される人物、その証拠や証言を持っている人物を公聴会という名目で一同に集め、一度に根絶やしにする作戦だったのでしょうね。

ニューマン議員とヴォートの新の関係とは何なのか、これがシーズン3に大きく絡んできそうです。

そんなヒューマン議員のもとで働くことにしたヒューイが巻き込まれることが必死。

ヒューイと言えばシーズン1で降板していますが、父親役にはサイモン・ペッグが起用され、セブンに復讐を誓う息子を必死に止めていた温和で事なかれ主義の父。

ザ・ボーイズ シーズン2

出典:IMDb

YUKIYUKI

何ならシーズン1公開当時はサイモン・ペッグ以外誰も知らないな~と思っていましたが。

一度も描かれなかった母親については死んだとばかり思っていましたが、6歳の時に「何も言わずに家を突然出ていった」とスターライトに明かしました。

母が好きだった曲と言って流れた曲はビリー・ジョエル。

ニューマン議員の事務所に現れた時にも同じ曲が流れ、そのままエンディング…シーズン3でヒューイの母の登場がある?と彷彿させるラストでした。

『ザ・ボーイズ シーズン2』SNSのみんなの感想

YUKIYUKI

大盛り上がりだったシーズン2。リアタイで見ていた視聴者の感想をピックアップ!

シーズン1よりもシーズン2の方が好きだという意見が圧倒的に多かったです。

YUKIYUKI

ホームランダーのことが好きな人が多いのも面白いですよね。最低最悪なのに、なぜか嫌いになれない!

『ザ・ボーイズ シーズン2』第8話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想まとめ

全8話で終了したシーズン2はあっという間に終了しました。

様々な疑問を残しつつも、着地点はすっきりとしていたように思います。

ザ・ボーイズ』はシーズン1では公開開始から2週間で“もっともダウンロード数の多かったドラマ”となったことでも有名ですが、シーズン2ではシーズン1の時のさらに倍の視聴者が見たとして大成功を収めました。

ザ・ボーイズ』のショーランナー、エリック・クリプキはシーズン3について4話までの脚本が完成していると明かしています。

シーズン3には、ジェンセン・アクレスがスーパーヒーロー役で登場することが明らかになっており、さらにジェフリー・ディーン・モーガンも出演の可能性が0ではなさそう。

来シーズンの撮影は2021年1月から予定されてるようで、2021年内には公開されるのではないでしょうか?

YUKIYUKI

私もシーズン3公開が待ち遠しい!
『ザ・ボーイズ シーズン2』を無料で見れる配信サービスは?