『魔術士オーフェン はぐれ旅』第8話あらすじ・ネタバレ感想!オーフェンに瓜二つの亡霊が現る

『魔術士オーフェン はぐれ旅』第8話

出典:『魔術士オーフェン はぐれ旅』公式ページ

タフレムの町までやって来たオーフェン一行。すると突如として馬車が襲撃され、オーフェンは謎の暗殺者と対峙することとなります。

牙の塔の魔術師であり、アザリー同様にオーフェンと同じ孤児院で育ったレティシアによって暗殺者は一時的に身を引きますが、その顔は牙の塔にいた頃のオーフェンに瓜二つでした。

牙の塔ではこの暗殺者に幾人もの魔術師が殺されていることで調査が急がれている中、フォルテはチャイルドマンの行方を捜し、すべてはオーフェンがやったことではないかと疑います。

アザリーの件を含め、すべてを話さねばとオーフェンは思いますが…。

『魔術士オーフェン はぐれ旅』前回第7話のあらすじと振り返り

キムラック教会に属していたマクドガルは、大陸全土が終わってしまうと言われるほどのものを見て以来、強大な力が必要と考えるようになり、ドラゴン信仰の集落「偉大なる心臓」を作り上げました。

そして、更なる力を得るために聖域へと足を踏み入れようと準備をしていたのですが、オーフェンが足止めに入り、魔力を受けた銃弾の引き金を引いて死亡。

すると住民はマクドガルの意思を受け継ぎ、聖域へと行こうと言い出し、情報を知っているオーフェンを捕らえようと動き出します。

禁忌を侵す人間に腹を立てたディープ・ドラゴンは、集落を滅ぼすことを決めるも、オーフェンやマジク、そして自身が蘇生させたフィエナによって阻止され、最後にはクリーオウが拾ったディープ・ドラゴンの子供の魔法により消滅するのでした。

一件落着したオーフェン一行は旅を続けるのですが、ここでクリーオウがディープ・ドラゴンの子供に「レキ」という名前を連れ、パーティーを増やすのでした。

寄り賑やかになったオーフェン一行。

はてさて、次はどんなことが待ち受けているのでしょうか。

『魔術士オーフェン はぐれ旅』第7話あらすじ・ネタバレ感想!集落を消し飛ばそうとするディープ・ドラゴン!

【ネタバレ】『魔術士オーフェン はぐれ旅』第8話あらすじ・感想

タフレムに到着したオーフェン。すると、謎の暗殺者に命を狙われる!

タフレムに到着し、牙の塔が見えて来たオーフェン一行。

牙の塔が見えてきたことで、マジクの心は踊り出します。

あともう少しというところでひと騒動。

マジクがクリーオウの作ったご飯をマズいと言ったことにより、彼女はレキの魔法を使って大爆発を起こします。

本来ならば政府に報告をしなければならない事態ですが、パーティーに牙の塔の魔術師がいることでお咎めなし。

しかし、オーフェンが振り返った時、役人は殺され「後継者は誰だ」という手紙が残されていました。

先を急ごうとオーフェンは馬の手入れをしますが、今度は馬車が強力な魔法に襲撃。

目の前には黒ずくめの暗殺者が現れ、オーフェンたちの命を狙うのでした。

最初こそはローブをかぶっていましたが、その顔は牙の塔で訓練をしていたオーフェンに瓜二つで、彼は「キリランシェロ」と名乗るのでした。

KAMUIKAMUI

幻影なのか、ドッペルゲンガーなのか、誰かの魔術なのか、謎は深まりますがとにかく強い!オーフェンよりも強いです。暗殺者と互角にやり合えるのはレキだけというこの状況。主人公の立場がなくなってしまいますが、この暗殺者が本当に何者なの!?という疑問が拭えませんでした。結局、牙の塔の魔術師のレティシアが介入したことによってキリランシェロは去りましたが…。というか説明が非常にめんどくさくなる奴だという気持ちにもなりました(笑)

牙の塔でも問題視される暗殺者の存在。容疑者はオーフェン

レティシアに危機を救われたオーフェン一行は、一旦彼女の家へ共に足をは運ぶ間、牙の塔でも暗殺者の存在が深刻な問題になっていることを聞かされます。

牙の塔の魔術師の中でも長老と呼ばれる人たちが殺され、レティシアやフォルテは犯人探しに力を注ぎます。

しかしフォルテは、暗殺者探しをするかたわらでハーティアと共にチャイルドマンの行方を探すのですが、そこでオーフェンの存在が浮上していきました。

この状況を聞いたオーフェンは、アザリーとチャイルドマンにあったことを話さなくてはならないと思いつつ、言うタイミングをうかがっていました。

KAMUIKAMUI

これをレティシアに言うと怒り狂うだろうな…とオーフェンは言うのですが…え、なんか三角関係かなぁなんて思えているんですね。暗殺者も、キムラック教会からの差し金かみたいな予想も出ていますが、明らかに違いますよねぇー。本当に謎です。

クリーオウとマジクは幼いオーフェンを見て楽しみ、オーフェンの前にはまたも過去の亡霊が!

レティシアは、オーフェンやアザリーと同じ孤児院で育ち、一緒に牙の塔で魔術の修業をした仲で、オーフェンからは「ティッシ」と呼ばれています。

それだけ親しい仲であるがゆえに、彼女の家には幼い頃のオーフェンの写真がたくさんあり、クリーオウとマジクは楽しみます。

カワイイカワイイと言われ続け、耳を塞ぎたくなったオーフェンはひとり中庭へ。

するとまたもオーフェンの前に、キリランシェロと名乗る暗殺者が現れました。

目の前に現れた自分は過去の亡霊、そんな暗殺者とオーフェンが再び衝突しようとするのでした。

KAMUIKAMUI

今回はここで終了!またも続きものです!小さい頃のオーフェンの写真がたくさん見られて眼福といえばそうだったんですけど、同時に牙の塔の厳しさも教えられました。歯が抜けている写真があると、それは両手を縛られた状態で殴られる特訓だったとか…。マジク、本当にここに来てよかったのか?と改めて聞きたくなる瞬間でした。

『魔術士オーフェン はぐれ旅』第8話まとめ

過去の亡霊がいう「後継者」とは、チャイルドマンの後継者が誰かということなんでしょうね。

オーフェンとなった彼は、牙の塔で鍛錬を積んでいた頃のキリランシェロよりも明らかに弱くなっているという象徴なのだろうと思うのですが…。

ならばオーフェンに勝ち目はあるのでしょうか?

アザリーの話も終わったと思いましたが、まだまだ続くようです。

今後の展開がまた楽しみですね。

※『魔術士オーフェン はぐれ旅』次回第9話も続けて読みたい方はこちら

『魔術士オーフェン はぐれ旅』第9話あらすじ・ネタバレ感想!暗殺者の正体は誰もが望んだ鋼の後継