『サイレント・トーキョー』あらすじ・感想!『アンフェア』の原作者が贈るサスペンス!聖夜の渋谷が大惨事に

『サイレント・トーキョー』あらすじ・感想!『アンフェア』の原作者が贈るサスペンス!聖夜の渋谷が大惨事に

出典:『サイレント・トーキョー』公式ページ

『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子と『SP』シリーズの波多野貴文監督が組んだサスペンスアクション。

完全再現された渋谷駅前のオープンセットで起こる大爆破は強烈な印象を残します。

一本勝負を狙った波多野監督の宣言通り上映時間は99分と短く、一気に駆け抜けるような感覚を味わえる作品です。

ポイント
  • 佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、勝地涼といった豪華キャストが集結
  • 『アンフェア』×『SP』とも言うべきミステリーとアクションの絡み合ったサスペンス映画に仕上がっています。
  • 中盤に起こる渋谷駅前大爆発の迫力は圧倒的です。

それでは『サイレント・トーキョー』をネタバレなしでレビューします。

『サイレント・トーキョー』作品情報

『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

作品名 サイレント・トーキョー
公開日 2020年12月4日
上映時間 99分
監督 波多野貴文
脚本 山浦雅大
原作 秦建日子
出演者 佐藤浩市
石田ゆり子
西島秀俊
中村倫也
広瀬アリス
井之脇海
勝地涼
音楽 大間々昂

『サイレント・トーキョー』あらすじ・感想【ネタバレ】


12月24日の東京、クリスマスムードがあふれる中、KXテレビに恵比寿に爆弾を仕掛けたという電話が入ります。

いたずらだとは思いつつ中継に向かった契約社員の来栖が現地に着くと、そこには夫へのプレゼントを買いに来た主婦・アイコの姿が。

アイコは爆弾が設置されていたベンチに座っていて身動きが取れない状態にありました。

その後、アイコと来栖が避難を呼びかけようと警備員室に駆け込んだ12時ちょうど、爆発が起きます。

幸いにも実際の爆弾ではなく音と光だけのものでしたが、その場は大混乱となりました。

パニックに陥る人々をおいて、爆弾を仕掛けた何者かの指令で次の行動に移るアイコと来栖の二人は重要参考人として警察に追われることになってしまいます。

『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

その様子を遠くから初老の男・朝比奈が静かに眺めていました。

IT会社の若手社長・須永は恵比寿の事件を知り、驚愕の表情を隠せません。

午後3時。

次なる犯行予告が動画サイトにアップされます。

次なる標的は渋谷・ハチ公前広場。

予告犯の要求はタカ派の首相との生対談でした。

しかし、首相はテロリストの要求は一切受けないという態度を崩しません。

警察は威信をかけて一帯の封鎖を始めますが、クリスマスでにぎわう渋谷の駅前と言うこともあってやじ馬でごった返してしまいます。

一方、刑事の世田と泉のコンビは関係者周りの聞き込みの中で須永と出会いました。

予告の時間が迫る渋谷。

異様な興奮状態になったハチ公前広場では警察のコントロールも機能せず、規制線を破って人々がなだれ込みます。

応援に駆け付けた世田たちはそこで須永の姿を見かけ驚きます。

『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

午後6時。

一瞬の静寂を見て安心した人々を爆風が襲います。

多数の死傷者を出したこの爆弾テロは日本中を大混乱に陥れました。

相棒の泉も負傷してしまった世田は単独で須永を追い、やがて朝比奈仁という男にたどり着きます。

その頃届く新たな犯行予告。

午前10時、東京のどこかというその内容に警察は渋谷のような惨劇を二度と起こさないために“これは戦争だ”と言いきる犯人を追って都内中を駆けまわります。

『サイレント・トーキョー』感想

強烈なインパクト、渋谷の大惨劇

村松 健太郎村松 健太郎

まずはなんと言っても『サイレント・トーキョー』の見どころである、中盤に描かれる渋谷ハチ公前広場で起きる大惨劇について触れないわけにはいかないでしょう。
『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

足利市で今までにない規模で作られた渋谷駅前のオープンセット(今作やNetflixドラマ『今際の国のアリス』などと併用を前提に共同出資で作られたそうです)は寸分たがわず、一瞬しか映らないような細かい部分まで見事に再現されていました。

人気ユーチューバー・みきおだを含めた多くのエキストラを動員(コロナ禍直前だからこそできた大量動員)したこのシーンはワールドカップの後やハロウィンの時にニュース映像などで見る“あの渋谷の喧騒と混乱”を見事に再現。

そのために今までにない臨場感を感じさせ、襲い掛かる爆弾テロの脅威と被害をリアルに感じることができます。

サスペンスアクションのヒットメイカーコンビ

このタイムリミットサスペンスアクション『サイレント・トーキョー』の原作者・秦建日子は篠原涼子主演で大ヒットした『アンフェア』シリーズの原作者です。

そんな秦がジョン・レノンのクリスマスソング「Happy Xmas(War Is Over)」からアイデアを練った小説が「サイレント・トーキョー」です。

村松 健太郎村松 健太郎

当初のタイトルは『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』というタイトルで、より原曲が分かるようになっていました。

エンディングも国際的に活躍する女性シンガーAwichによるカバーバージョンの「Happy Xmas(War Is Over)」が採用されています。

この原作を基に映画『サイレント・トーキョー』を仕上げたのが波多野貴文。

『踊る大捜査線』シリーズに関わり、岡田准一主演の『SP』シリーズや小栗旬のドラマ『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』を手掛けたサスペンス、アクションに定評のある監督です。

村松 健太郎村松 健太郎

今回波多野監督は”アクション映画の肝はスピード感”という信念のもと、東京全土に及ぶスケール感のある物語をハイテンポに進め、クリスマスイブの12時から24時までの出来事を99分という短くも濃密な時間で語り切りました。

豪華キャストがサスペンスを盛り上げる

“99分一本勝負”と語る波多野監督による『サイレント・トーキョー』。

テンポを意識した上に、人物描写に関して意図的に削っている部分がありますが、これを埋めたのが豪華なキャスト。

村松 健太郎村松 健太郎

カギを握る朝比奈仁役には2020年俳優生活40周年となる佐藤浩市、2020年で還暦を迎えるというので驚きですが、相変わらず多数の作品に出演し、主演から脇役まで物語に重厚感を与えてくれています。
『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

彼を追う刑事の世田役に西島秀俊。

佐藤浩市との共演歴もあり、また『MOZU』や『ストロベリーナイト』シリーズなどで巧みなアクションも見せてきた彼が朝比奈と爆弾の行方を追います。

事件に巻き込まれる主婦・アイコを演じるのは佐藤浩市、西島秀俊との共演歴も多い石田ゆり子。

今回も大きな役割を担いました。

さらに中村倫也、広瀬アリス、勝地涼、井之脇海といった若手キャストが各所でストーリーを盛り上げます。

『サイレント・トーキョー』

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

村松 健太郎村松 健太郎

一人一人が有機的に繋がり、一つの結末へと向かっていくのも注目です。

『サイレント・トーキョー』あらすじ・感想まとめ

以上、ここまで『サイレント・トーキョー』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • 東京を舞台にした爆弾テロを巡るサスペンスですが、終盤二転三転する謎解きにも注目です。
  • 佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊と言った説得力のある実力派が揃いました。
  • 原作がある作品ですが、そこからまたアレンジされている部分があり発見が多い映画です。
  • カギを握る役として出演している中村倫也、広瀬アリス、勝地涼、井之脇海と言った若手組の好演も見逃し厳禁。