ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ・ネタバレ感想!ついに本部と激突!日本橋支店に隠された裏を暴く

ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『集団左遷!!』公式ページ

日本橋支店には何かある。

片岡(福山雅治)たちは、横山専務(三上博史)が持つ秘密を暴こうと動き出します。

銀行員として正しいことをするために。

隅田常務(別所哲也)の指示で真山(香川照之)と共に日本橋支店の闇に調査に乗り出し、ついに下剋上成功なるかという時にとんでもない大どんでん返しが待っていました。

手に汗を握る第8話です!

ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ

新たにリストアップされた廃店一覧表を眺めてため息をつく片岡(福山雅治)。

元蒲田支店の面々たちの動向が気になる一方で、日本橋支店をめぐる横山(三上博史)の動きに不穏な空気を感じていた。

ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ①

そんな折、片岡は隅田(別所哲也)から、近々上場を控えているレジーナホームズに不正融資の疑いがあることを知らされる。

しかも、レジーナホームズを日本橋支店に紹介し、積極的な支援を促したのは横山だった。

ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ②

隅田から極秘で調査を命じられた片岡は真山(香川照之)と連絡を取り、動き始める。

そこには、驚くべき真実が…

そして物語は驚愕の結末を迎える。
出典:『集団左遷!!』公式ページ

ドラマ『集団左遷!!』を視聴できる動画配信サービス

『集団左遷!!』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて全話配信されています。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月11日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレあり】ドラマ『集団左遷!!』第8話の感想

日本橋支店には何かある

横山専務(三上博史)が日本橋支店に何かを隠しているのではないかと目をつけた片岡(福山雅治)と真山(香川照之)。

そんな折、横山専務が猛プッシュする企業「レジーナホームズ」の上場を、三友銀行が支援するという話が持ち上がりました。

しかし、そのレジーナホームズには不正融資の疑いがもたれていました。

売上の規模に比べて、多すぎる融資を受けているというのです。

窓口は日本橋支店。横

山さんの息がかかっている企業ということで、やはり日本橋支店には何かがあるようです。

三友銀行の役員たちは日本橋支店の歴代支店長が大勢いますが、藤田頭取(市村正親)もその一人。

しかし、頭取は三友銀行が吸収合併した大昭和銀行系の人なので、いろいろと引き継がれなかったことが多く怪しんでいる側の人物で、隅田常務(別所哲也)を通じて片岡に日本橋支店の調査依頼が来ました。

>>【30日間無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

レジーナホームズの実態

日本橋支店の副支店長である真山の協力のもと、レジーナホームズの業務実績を調べてみると、書類とネット上の会社の評価に大きな差があることがわかりました。

これは、業績を偽装している疑いがあります。

さっそく片岡は、真山と共にレジーナホームズに出向き、本物の実績報告書を手に入れます。

すると、実際は表向きの書類の半分しか実績がありませんでした。

レジーナホームズへの不正融資が明らかになったことで、日本橋支店の金村支店長(川原和久)は辞職し、代わりに横山専務の右腕である鮫島(小手伸也)が支店長の座につくことになりました。

これは一筋縄ではいかなそうです。

頭取が「不正に気づかずに融資してしまった」と会見する準備もできているということで、あまりに早すぎる対応に横山さんがこうなるように仕向けたのでは?と疑う片岡。

実際、この対応により日本橋支店に調査の手が伸びることは阻止することができました。

横山専務が何かを隠しているのだとしたら、三友の未来にとって正しいことのなのか?

片岡は真実を必ず突き止めると誓います。

さらに調査を進めると、レジーナホームズは違法建築も繰り返していました。

それに横山さんが気がつかないはずはなく、それも融資を続けていたということは何かメリットがあるのではないかと考えられます。

「裏金ってことですか」

その実態について知っているのは元日本橋支店の金村さんしかいません。

しかし、金村さんは「知らない」の一点張り。

もちろんそれは、横山さんに次の就職先をチラつかせられているから答えられないだけです。

>>【30日間無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

キレイごとでは家族は守れない

裏金の証拠をつかむために、日本橋支店の口座情報が必要です。

それを入手するには、支店統括部の協力が必要でした。

片岡は支店統括部部長である同期の梅原(尾美としのり)に協力を求めますが、横山派になっている梅原はそれを断ります。

「悪いことは言わない。日本橋支店に首を突っ込むな。これ以上歯向かっているとリストラされるぞ」

一度出向されている梅原にとって、本部にしがみつきたい気持ちは人一倍強いのです。

「キレイごとでは家族は守れない」

調査に動き出していることを横山さんに知られている片岡は、膨大な量の資料整理を押し付けられたり、係長の新堂(馬場徹)に監視されたりとあからさまないじめに遭っていました。

片岡の監視を命じられた新堂は、無謀なことをしている片岡に忠告します。

「本当にクビになりますよ。はっきり言ってリストラの最有力候補だと思います」

しかし片岡は、たとえクビになるとしても、自分自身が納得できればそれでいいといいます。

「自分が思う正義ってやつを信じたい」

どこまでもまっすぐな銀行員、それが片岡さんです。

>>【30日間無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

私たちはまだ銀行員です!

横山専務のリストラ計画は勢いを増し、新たに50支店の廃店が決定しました。

その中には、かつて蒲田支店の課長であった横溝さん(迫田孝也)が異動した町田支店もありました。

横溝さんは出向になってしまいました。

落ち込む片岡に対して真山が活を入れます。

「私たちはまだ銀行員です。だから、銀行員として正しいことをやりましょうよ。銀行員として思いきりやりましょう!」

「横山さんと三友銀行が正しくないなら正しくないと言ってやりましょう。銀行員として」

片岡にとって真山は本当に心強い味方ですね。

片岡たちは気を取り直して、日本橋支店の調査に戻ります。

実は、真山は鮫島支店長の手帳から銀行口座と思われる数字が羅列されたメモを入手していました。

裏金の証拠につながりそうな気配があります。

片岡は再び金村さんに数字のことを知っているか聞いてみると、やはり「知らない」の一点張り。

「それで納得できているんですか?会社の都合だけで金村さんの人生を簡単に変えていいわけじゃない。それは正しいことなんでしょうか?」

片岡は金村さんを説得しますが、金村さんは頑として首を縦に振りません。

>>【30日間無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

裏金の証拠

片岡がなかなか手に入れることができなかった日本橋支店の口座情報。

それは、クールですが頼りになる新堂さんが裏の手を使って入手してくれました。

そして真山が見つけた数字の羅列は海外口座ではないかと照会をしてみたところ、その口座の会社名と大口融資先として記されていた日本橋支店の口座情報と完全に一致しました。

しかし、これだけでは裏金の証拠にはなりません。より確固たる証拠が必要です。

そんな時に、金村さんが片岡に連絡してきて「横山さんの不正のことを全部話すことにした」と。

金村さんは知っている情報をすべて話し、金の受け渡しに関するメモを片岡に託します。

そのメモには横山さんをはじめとする7名の役員が裏金を受け取っていることがハッキリとわかる内容が書かれていました。

これで横山専務を追い詰めることができるかもしれません。

「でもどうして?」

「自分が納得したかっただけだ。これが、俺の正義だ」

片岡のまっすぐな訴えが金村さんの心に響いていたのです。

それと、もうひとつ理由がありました。

金村さんが横山専務に会った日、直後に横山専務は大手ネット系通販会社の「ダイバーサーチジャパン」のCEOと会っているのを目撃したのです。

ダイバーサーチは銀行を取り込んで、さらに事業を拡大しようとしていると噂の勢いのある会社です。

「1年もせずに三友銀行はなくなる。お前の正義で今の三友をひっくり返すこともできる。頼んだぞ!」

金村さんの想いと共に、片岡は藤田頭取と隅田常務にメモのことを報告します。

このことを翌日の役員会議で発表しようということになりました。

「このメモの原本は私が預かっておく」

原本は預かっておく。あまり良い響きの言葉ではありません。

この言葉が出るときは、大抵その原本がどうにかされてしまう気がします。

翌日、運命の役員会議で、片岡がいよいよ下剋上を成功させられるかと思った瞬間、片岡が出した画像には横山専務の名前だけが抜けていました。

知らん顔をする藤田頭取。

一体どういうことなのでしょうか?

2人は共謀しているのでしょうか。一体なんのために?

役員が裏金を受け取っていることを受けて、金融庁から業務改善命令が出されてしまいました。

三友銀行は創業以来の危機に陥っていると言います。

その危機から脱する方法がひとつだけある、と横山専務は提案します。

それは、ダイバーサーチジャパンとの業務提携です。

これによって、三友銀行は消滅してしまうかもしれません。

横山専務は一体なにをしようとしているのでしょうか?

>>【30日間無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

ドラマ『集団左遷!!』第8話まとめ

蒲田支店時代、あれだけ「頑張る」と言っていた片岡も、すっかり頑張ろうと言わなくなっています。

事態の大きさに頑張るだけではどうにもならないからでしょう。

それでも、頑張れ!片岡部長!と応援したくなります。

次回も目が離せません!

ドラマ『集団左遷!!』を視聴できるVODは?

u-next
Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『集団左遷!!』他話のネタバレ記事一覧

ドラマ『集団左遷!!』第1話あらすじ・ネタバレ感想!福山雅治が21年ぶりのTBSドラマで“平成最後の下剋上”に挑む ドラマ『集団左遷!!』第2話あらすじ・ネタバレ感想!半年以内にノルマ100億円、片岡(福山雅治)はどうする? ドラマ『集団左遷!!』第3話あらすじ・ネタバレ感想!本部に情報を流していた裏切り者の正体が明らかに。 ドラマ『集団左遷!!』第4話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『集団左遷!!』第4話あらすじ・ネタバレ感想!本店とつながっているスパイが判明、泣くほど切ない別れも… ドラマ『集団左遷!!』第5話あらすじ・ネタバレ感想!命運を賭けた三嶋食品の融資が…まさかの結末に。 ドラマ『集団左遷!!』第6話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『集団左遷!!』第6話あらすじ・ネタバレ感想!蒲田支店の命運が決まる!生き残りか?廃店&リストラか? ドラマ『集団左遷!!』第7話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『集団左遷!!』第7話あらすじ・ネタバレ感想!本部へ異動しても片岡と真山のコンビは健在! ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ・ネタバレ感想!横山専務の昇格を阻止できるのか!下克上リベンジの結末は? ドラマ『集団左遷!!』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想! ドラマ『集団左遷!!』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!片岡と真山の執念は実るのか?下克上ここに完結!