ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ・ネタバレ感想!横山専務の昇格を阻止できるのか!下克上リベンジの結末は?

出典:『集団左遷!!』公式ページ

横山専務(三上博史)の不正をかばったのは、味方だったはずの藤田頭取(市村正規)でした。

片岡(福山雅治)たちは、あと一歩横山専務を追い詰めることができません。

そんな時「銀行員として正しいことをしたい」という片岡の元へ、同じ志を持った元蒲田支店のメンバーが集まります。

三友銀行は巨大外資との提携が進められ、さらに大幅な人員削減を実行することが発表。銀行内に大きな衝撃が走ります。

クライマックスへ突入する第9話です!

ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ


懸命の調査でなんとか横山専務(三上博史)の裏金づくりを暴き出した片岡(福山雅治)。

しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠となるリストから横山の名前は消されてしまっていた。

ダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じた藤田頭取の真の狙いは?

ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ①

頭取に裏切られ憤る片岡。不正の新たな証拠を掴むべく、再び動き出す。

そこへ、巨大外資との提携による大規模な合理化とリストラの大波が押し寄せる中、滝川(神木隆之介)ら、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。

ドラマ『集団左遷!!』第9話あらすじ②

不正に築き上げられる会社の未来に、真正面から勝負を挑んでいく片岡たち。

そして、起死回生のチャンスが意外な人物からもたらされる…
出典:『集団左遷!!』公式ページ

ドラマ『集団左遷!!』の見逃し配信情報

『集団左遷!!』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて全話配信されています。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月17日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、ドラマ『集団左遷!!』はParaviによる独占配信となっています。

Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『集団左遷!!』第9話の感想

藤田頭取(市村正親)の思惑

片岡(福山雅治)と隅田常務(別所哲也)側についていると思われていた藤田頭取(市村正親)が、土壇場で横山専務(三上博史)をかばったことで、片岡たちの下剋上は失敗に終わってしまいました。

しかし、一体なぜ藤田頭取は横山専務をかばったのでしょうか?

隅田常務は、三友銀行にとってメリットとなる外資系ネット系通販会社「ダイバーサーチ」との提携を進めるために、会長たちを切り捨て、その話を持ってきた横山専務との取引に応じたのではないかと推測します。

「三友は生き残るために不正に目をつむる会社でいいんでしょうか?」

と片岡は憤ります。

横山さんはほかに不正をしている可能性があります。

それがあるとすれば、金のばらまきです。

他のメガバンクを出し抜いてダイバーサーチと資本提携するために、金融庁の認可を取り付けるべく横山さんが金を使った可能性は高いとみられます。

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

不正の証拠探し

片岡は、不正を働いている人間が、会社のために、そしてお客様のためにがんばっている行員の運命を決めるというのはおかしい、と真山(香川照之)と相談して不正の証拠を探し始めます。

真山は日本橋支店の支店長・鮫島(小手伸也)が怪しい動きをしているのを見ていました。

鮫島は支店長室のキャビネットに賄賂用の現金と、その金額が記されている手帳を隠していました。

金は、金融庁に顔が利く島津衆院議員に渡っていたのです。

片岡と真山は支店長室を探りますが、それを察知した鮫島に見つかってしまいます。

「やっぱりこんなことしちゃダメってことですよ」

「ですね。ほかの方法を考えましょう」

とことんお人好しの二人。

とことん冷たい横山さんとは対照的です。

2人の動きはもちろん横山さんの耳に入っています。

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

資本提携記者会見

藤田頭取は、ダイバーサーチとの資本提携記者会見で、新たに27店の統廃合と9,500人の削減を宣言しました。

銀行内に動揺が走ります。

血も涙もないリストラ計画はとどまることを知りません。

片岡は横山さんに直接疑問をぶつけます。

横山さんの計画は正しいのか?

大義名分のためなら何をしても許されるのか?

「不正を働いた人間は、人の上に立つべきではない」

それもひとつの考え方だが、私はあなたにそれを判断される人間ではないと反論されます。

片岡は負けじと、

「私たち行員は、あなたを選ぶ権利がある。私は不正の証拠を必ず見つけ出します!」

と、下剋上を宣言しました。

隅田常務も提携の裏にリストラ計画があったなんて聞いていないと、頭取に詰め寄ります。

横山専務は、三友銀行が生き残るためには”脱銀行”しかない。

古い考え方を捨て、新しい理念を持つしかないといいます。

改革については理解はできます。

しかし、いきなり足元をすくわれるようなことをされては、行員たちも納得ができません。

「我々には説明責任があるんです!」

「なら、あなたには何か秘策でもあるんですか?」

何も言い返すことができない隅田常務とほかの役員たち。

「全ての責任は頭取の私が取りますから、今は協力していただけませんか」

そういって頭を下げる頭取。

これ以上、打つ手はないのでしょうか?

リストラは仕方がないにしても、あまりに冷たい所業のような気がします。

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

元蒲田支店、集まる

久しぶりに元蒲田支店のメンバーが集まりました。

みんなリストラ計画のことで不安を隠しきれません。

「始まったんだよ、横山さんの集団左遷が」

片岡と真山は、この計画に横山専務が関わっていること、横山専務が不正を働いていることを説明します。

しかし、それについての確かな証拠はひとつもありません。

「僕たちでその証拠を見つけましょうよ。不正を働いた上司に人生を託したくないですよ」

と、滝川(神木隆之介)が立ち上がります。

「最後まで正しい銀行員であるために、三友を正しい会社にしましょう」

その発言を聞いた元蒲田支店メンバーは、協力して証拠を探すことにしました。

そんな様子を見ていた片岡と真山は、もし自分がリストラされたとしても彼らが胸を張れる会社にしたいと心に誓います。

そして、不正について現在横山さんの側近である梅原さん(尾美としのり)にもう一度聞いてみることにしました。

真山さんは横山さんに近すぎるのではないかと心配しますが、

「梅ちゃんは大丈夫です!」

片岡は梅原さんを信じていました。

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

横山専務(三上博史)が副頭取に?

片岡たちの想いとは裏腹に、三友銀行の役員たちのもとへ、横山専務の副頭取承認のための臨時役員会議の知らせが届きました。

梅原さんの胸中は複雑です。

そこへ鮫島から片岡たちが横山さんを探っているから、手帳を預かっていて欲しいと言われます。

もし、この情報が漏れたら、梅原さんが犯人ということになります。

「日本橋支店には手を出すなと言っただろう!横山さんに潰されるぞ!」

梅原さんは、片岡にそう詰め寄ります。

片岡はがんばっている行員たちのため、お客様のために、この悪しき習慣を俺たちの世代が止めないでどうするんだと説きます。

しかし梅原さんは、

「出向したことがないやつにはわからない。せっかく戻れたんだ。会社にしがみつきたいと思うのは当然だろう」

しかも、横山さんはもうすぐ副頭取になる人です。

うまく渡り歩いていけば、将来は安泰です。

「梅ちゃんの生き方としていいのか?それで」

片岡は核心を突きます。

梅原さんは片岡と仲が良いだけあって、根っから悪い人でなさそうなので気の毒でなりません。

これが銀行員の宿命なのでしょうか。

梅原さんから何も聞けなかったものの、横山さんが不正を働いていることは明らかになったので、片岡は今ではすっかり窓際族になってしまった宿利さん(酒向芳)に話を聞きます。

「来るな!疫病神!」

片岡はおびえる宿利さんをなだめて、横山専務の金の出所を聞き出します。

「そんな金があるとしたら、たぶん顧問料だ」

元蒲田支店メンバーは、密かに横山専務が顧問をしている会社を調べると、かなり高額の顧問料をもらっていることがわかりました。

しかし、これを政治家への賄賂として使われたという証拠が必要です。

片岡がそのことを隅田常務に報告していると、

「私の顧問料を調べて何か出てきましたか?」

と横山専務がやってきました。

「あなたのせいで真山さんたちが処分されてもいいんですか?」

と脅しをかけてきます。世にもわかりやすいパワハラです。

横山専務は、梅原さんに調査に関わったものを探し出すように命じました。

横山専務は調査に関わった行員は全員処分するつもりです。

横山専務の冷酷な行いに、じっと手帳を見つめる梅原さん。

「梅ちゃんの生き方としていいのか、それで」

片岡の言葉が頭を駆け巡ります。

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

梅ちゃん(尾美としのり)は大丈夫

横山専務の不正について、密かに調査をしていた元蒲田支店のメンバーたち。

出向になっている花沢さん(高橋和也)や横溝さん(迫田孝也)も加わってがんばっていましたが、片岡はここでストップをかけます。

これ以上、行員たちを巻き込むわけにはいかないのです。

今調査をやめなければ全員処分されてしまいます。

「ここからは僕と真山さんの仕事だ」

梅原さんは、みんなが集まるカラオケルームの前でその会話を聞いていました。

「みんな三友銀行が好きなだけなんですよね」

真山さんが立ち尽くす梅原さんに優しく語りかけます。

「片岡さん言ってましたよ。『梅ちゃんは大丈夫』だって」

その言葉を聞いて決心がついたのか、梅原さんは、

「お前はバカだと伝えてください。梅ちゃんはもっとバカだと」

そう言ってあの手帳を真山さんに渡します。

梅原さんは次世代のために、銀行員として正しいことをしたのです。

しかし、梅原さんの運命はガラッと変わってしまいますが。

手帳を手に入れた片岡と隅田常務は、副頭取昇格の決議の前に、横山専務が島津議員に賄賂を渡していたことを告発します。

ですが、横山専務はまったく動じません。

三友銀行の未来のために、必要なことをしたまでだと考えています。

片岡は改革は理解ができるが、その改革を不正をしてまで行っていることに問題があると訴えます。

「不正の上に成り立つ未来に生きていたくはありません。次の未来の行員たちに生きて欲しくない」

『三友の未来のために』という想いは片岡も横山さんも同じです。

しかし、その考え方は真逆で、片岡はとことん清廉潔白です。

やれることはやりました。

後は、役員の判断に任せるしかありません。

片岡は決議を外で待つことになりました。

しばらくして、片岡のところに横山さんから着信がありました。

走って横山さんの部屋まで行くと、横山さんは片岡の顔を見るなり、

「おかげさまで副頭取になることができましたので、あなただけには先にご報告しておきます」

>>【初月無料】Paraviで『集団左遷!!』を視聴する

ドラマ『集団左遷!!』第9話まとめ

まさかの副頭取昇格!

片岡の下剋上はまたしても失敗してしまいました。

あとはもうリストラを待つしかなくなってしまったのでしょうか?

次回は最終回です。

片岡たちのがんばりを信じて、大どんでん返しがあることを期待していましょう!

ドラマ『集団左遷!!』を視聴できるVODは?

u-next
Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ドラマ『集団左遷!!』他話のネタバレ記事一覧

ドラマ『集団左遷!!』第1話あらすじ・ネタバレ感想!福山雅治が21年ぶりのTBSドラマで“平成最後の下剋上”に挑む ドラマ『集団左遷!!』第2話あらすじ・ネタバレ感想!半年以内にノルマ100億円、片岡(福山雅治)はどうする? ドラマ『集団左遷!!』第3話あらすじ・ネタバレ感想!本部に情報を流していた裏切り者の正体が明らかに。 ドラマ『集団左遷!!』第4話あらすじ・ネタバレ感想!本店とつながっているスパイが判明、泣くほど切ない別れも… ドラマ『集団左遷!!』第5話あらすじ・ネタバレ感想!命運を賭けた三嶋食品の融資が…まさかの結末に。 ドラマ『集団左遷!!』第6話あらすじ・ネタバレ感想!蒲田支店の命運が決まる!生き残りか?廃店&リストラか? ドラマ『集団左遷!!』第7話あらすじ・ネタバレ感想!本部へ異動しても片岡と真山のコンビは健在! ドラマ『集団左遷!!』第8話あらすじ・ネタバレ感想!ついに本部と激突!日本橋支店に隠された裏を暴く ドラマ『集団左遷!!』第10話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!片岡と真山の執念は実るのか?下克上ここに完結!