『35歳の少女』第6話あらすじ・ネタバレ感想!結人と同棲を始めた望美が突きつけられた真実…

『35歳の少女』第6話

出典:『35歳の少女』公式ページ

望美(柴咲コウ)は結人(坂口健太郎)と一緒に暮らし始めました。

自分の夢を実現するため前向きに頑張っている望美。

結人はそんな望美を応援し、自分も先生になるため、就職活動を開始します。

愛美(橋本愛)と進次(田中哲司)も新しい仕事を探していましたが、思い通りにはいきませんでした。

望美は、25年前のように家族みんなが笑顔になって欲しいと思っていました。

そんな望美が家族を集めてお願いしたこととは…。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『35歳の少女』前回第5話のあらすじと振り返り

望美(柴咲コウ)は結人(坂口健太郎)と付き合っているつもりでいましたが、結人はそう思ってはいませんでした。

一方、愛美(橋本愛)は会社を辞める決心をし、早期退職を辞退した進次(田中哲司)は地方に異動になってしまいます。

気持ちを伝えるだけではダメだと気づいた望美は、結人の話をたくさん聞いてあげることにしました。

想いを通じ合えた望美は結人と付き合うことになりますが、多恵(鈴木保奈美)から交際を反対され、結人と一緒に家を出ていく決心をしました。

【ネタバレ】『35歳の少女』第6話あらすじ・感想


結人(坂口健太郎)と一緒に暮らし始めた望美(柴咲コウ)

ベッドで目を覚ました望美(柴咲コウ)は、床に寝ている結人(坂口健太郎)を見つけます。

望美は結人が作った朝食を食べていました。

「末永くよろしくお願いします」

望美は正座をして頭を下げ、結人とキスをしようとします。

しかし、結人は「その前に、ママたちに認めてもらわないとまずいんじゃないか」と言いました。

ミルトモライターミルトモライター

望美は結人と結婚する気でいるようですが、結人はそこまで考えていないようです。一緒に暮らし始めた2人はこれからどうなっていくのでしょうか?

アナウンサーを目指す望美(柴咲コウ)

望美は結人と一緒に買い物をしながら「望美も働かないとな。早くアナウンサーになりたいし」と言います。

結人は前向きに頑張ろうとする望美に、それが無理な夢だとは言えませんでした。

結人は就職活動に必要なスーツを望美に買ってあげました。

ミルトモライターミルトモライター

アナウンサーは現役の大学生でもなるのが難しい職業です。35歳の望美を採用してくれるところはあるのでしょうか?望美は珍しい経歴を持っているので、もしかすると採用するところがあるかもしれないですね。

人生を後悔する進次(田中哲司)と後悔しない多恵(鈴木保奈美)

進次(田中哲司)は会社をクビになり、家からも追い出されてしまいました。

そんな進次が頼った場所は、かつて望美たちと暮らしていた場所でした。

「この写真を撮った時は、世界で一番幸せだったのに」

進次は、財布から幼い望美たちが映った写真を取り出して、多恵(鈴木保奈美)に愚痴りました。

多恵が望美に見捨てられたことを知った進次は、多恵が今までやって来た努力を笑いますが、多恵は「私はあなたみたいに、自分の選んだ人生に後悔したことはありません」と言います。

ミルトモライターミルトモライター

進次は人が良く優しい人ですが、強さが足りないですよね。多恵は逆に自分の信念を曲げない強さがあります。2人を足して2で割ったくらいがちょうどいい気がしました。

それぞれの優しさ

結人は再び先生を目指して活動しますが、なかなか採用してくれるところが見つかりません。

「大丈夫だよ。結人君の良さを分かってくれる学校が絶対あるって」

望美は結人を励まします。

そんな望美もタレント事務所などに面接に行きましたが、うまくはいきませんでした。

結人に誘われ、愛美(橋本愛)が結人の家にやって来ました。

望美がアナウンサーになる夢を諦めていないことを知った愛美は「無理でしょ。お姉ちゃん、専業主婦にでもなった方がいいんじゃないの」と言います。

現実を分かっていない望美とはっきり事実を言わない結人。

愛美は2人の態度にイラつき「こんなおままごとみたいな生活、いつまでも続くわけないじゃない」と言って、家を出ていきました。

ミルトモライターミルトモライター

結人がはっきり事実を言わないのは望美を傷つけないためです。でも、望美が現実に直面する日はやってくるのです。愛美の言葉は一見きつく感じますが、望美を想って出てきた言葉なのだということが分かります。

望美(柴咲コウ)の願い

望美がアナウンサーになりたい理由は、世界中の人と友達になりたいからです。

アナウンサーは、色んな人と会って、たくさん話を聞いて、それを世界中の人たちに伝えることができます。

望美は世界中の人に幸せになって欲しいと思っていました。

望美は豆腐を買って多恵がいる家にやって来ました。

そこには、望美に呼ばれた進次と愛美もいます。

望美は豆腐を取り出し「ここで3人で暮らしたら?」と言います。

望美は、25年前と同じように家族みんなが幸せになって欲しいと思っていたのです。

ミルトモライターミルトモライター

「世界中の人に幸せになって欲しい」だなんて、望美の夢は壮大ですね。でも、夢だけを追っていても生活はできません。現実を目の当たりにしたとき、望美の願いは変わらないままでしょうか?

事実を知って苦しむ望美(柴咲コウ)

結人からもアナウンサーになるのは無理だと言われ、望美はショックを受けました。

「そうか。やっぱり気を遣ってたんだ。私、結人君を幸せにしてる?」

望美は目覚めてからずっと時間泥棒に自分の時間を盗られたと思っていましたが、それが違うことに気づいたのです。

「本当は、私がみんなの時間を盗んでたんだね」

望美は、昔のようにみんなを笑顔にできないことを知り、苦しんでいました。

「俺には何もできない。けど俺は、これから何があってもお前の傍にいる。どんなことがあっても離れない」

結人は望美の唇にそっとキスをしました。

ミルトモライターミルトモライター

みんなが笑顔になれない原因が自分だと知ったら、すごくショックですよね。純粋な心を持った望美を結人は支えることができるのでしょうか?

『35歳の少女』第6話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

結人は望美にキスをしていましたが、実際のところ結人は望美をどう思っているのでしょう?

自分を励まし勇気づけてくれた感謝の気持ちで付き合うと言ったのなら、それは間違いではないかと思います。

一方、望美の気持ちはどうでしょう。

小学生の頃の初恋の気持ちを引きずっているようにも見えるのですが…。

結人は「これから何があってもお前の傍にいる。どんなことがあっても離れない」と言っていましたが、気持ちが変わることもあるかもしれませんよね。

これから2人の関係がどうなっていくか、引き続き見守っていきたいと思います。

ドラマ『35歳の少女』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第7話も続けて読む▼