ドラマ『桜の塔』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!それぞれの正義が行き着く先は…

ドラマ『桜の塔』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!それぞれの正義が行き着く先は…

出典:『桜の塔』公式ページ

富樫(岡田健史)のおかげで蒲生(森崎ウィン)のアリバイが証明されました。

捜査一課の刑事たちは刈谷(橋本じゅん)の事件を洗い直すことにしますが、そんな時、優愛(仲里依紗)が警察に出頭して来るのです。

水樹(広末涼子)は優愛の事情聴取をして、あることに気づき…。

一方、上條(玉木宏)は優愛のおかげで千堂(椎名桔平)を追い詰める証拠を手に入れます。

警察のトップを狙う千堂と千堂を引きずり落そうとする上條。

最後に警視総監の座を手に入れたのは、誰だったのでしょうか?

\\『桜の塔』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ドラマ『桜の塔』前回第8話のあらすじと振り返り

千堂(椎名桔平)を襲った刈谷(橋本じゅん)が、銃で撃たれ亡くなりました。

捜査一課の水樹(広末涼子)たちは、刈谷が殺された事件を捜査することになります。

吉永(光石研)と権藤(吉田鋼太郎)は、千堂が刈谷殺害に関わっていたのではないかと疑っていました。

一方、千堂は警察内で孤立している富樫(岡田健史)に近づき、ある頼みごとをするのですが…。

上條(玉木宏)は刈谷と吉永が繋がっていた証拠を突き付け、吉永は今の職から身を引く決心をしました。

刈谷殺害に使われた銃から蒲生(森崎ウィン)の指紋が検出され、蒲生は容疑者として追われます。

発見された証拠品が捏造だと知っている富樫は、屋上から転落した蒲生を見て呆然とするのでした。

【ネタバレ】ドラマ『桜の塔』第9話(最終回)あらすじ・感想

正義を成すため奔走する富樫(岡田健史)

警察は、蒲生(森崎ウィン)が刈谷(橋本じゅん)殺害の犯人と考えていましたが、富樫(岡田健史)がある証拠を持って駆け込んできます。

それは、犯行時刻に蒲生が24時間営業のスーパーにいた証拠でした。

富樫は蒲生が意識不明の重体になってからの3日間、蒲生のアリバイを見つけるために奔走していたのです。

富樫のおかげで事件を洗い直すことになり、水樹(広末涼子)は富樫の背中を叩き「でかした」と言います。

「あんたには感謝している。自分の正義を取り戻せた」

水樹は隣にいる富樫にそう言いました。

ミルトモライター

富樫は責任を感じ落ち込んでいたのかと思いましたが…。富樫は警察官としての責務を果たしていたのです。そんな富樫に警察官としての成長を感じました。

刈谷(橋本じゅん)を撃った犯人は…

「自首したいの。私が刈谷を殺した」

そう言って優愛(仲里依紗)が警察に出頭してきました。

副総監・千堂(椎名桔平)の娘が容疑者であることが分かり、警視庁内は大騒ぎです。

そんな中、水樹は上條(玉木宏)が刈谷の事件に関わっているのではないかと疑っています。

上條の日記には、刈谷が優愛の傷害事件の件で強請っていること、上條が刈谷を殺したいほど憎んでいることが書いてありました。

優愛は水樹の事情聴取に対し、「身の危険を感じたからです。あいつはストーカーでした」と答え、自分一人の犯行だと主張します。

ミルトモライター

優愛が刈谷を撃った犯人だなんて信じられません。銃はどうやって手に入れたのでしょう。

千堂(椎名桔平)を引きずり降ろす証拠を手に入れた上條(玉木宏)

千堂が部屋に入ると、そこには上條がいました。

「説明してもらおうか。どこからがお前が描いた絵だ」

「全部ですよ」

上條は結婚してから5年の間に優愛をマインドコントロールし、自分に強く依存するよう仕向けていたのです。

優愛が使った銃は、上條が父・勇仁(岡部たかし)の墓の横に埋めておいた改造銃でした。

しかし、千堂は上條の話を聞いても警視総監になることを諦めてはいません。

千堂は「俺は警察を使って、この腐りきった国を変えたいんだよ」と言います。

しかし、上條がSDメモリーカードに記録された音声を再生すると、千堂は顔色を変えます。

そのSDメモリーカードには、千堂が蒲生に罪を擦り付けた証拠が入っていたのです。

そして、その証拠のSDメモリーカードを上條に渡したのは優愛だったのです!

ミルトモライター

優愛は上條に操られて刈谷を撃ったのでしょうか。もしそうだとしたら、優愛があまりにも気の毒です。上條が自分の復讐のために優愛と結婚したとは思いたくないです。

勇仁(岡部たかし)が亡くなった日の防犯カメラのテープ

上條が優愛を実家に帰したのは、千堂を監視するためだけではありませんでした。

本当の目的は、千堂の家を家宅捜索するためです。

上條は酔って口を滑らせた刈谷から、矢上(尾美としのり)が28年前の勇仁の事件に関係していることを知り、その証拠が千堂のコレクションルームにあると睨んでいました。

優愛が実家にいる間に事件を起こしたせいで、千堂の家に警察官たちが押し寄せます。

そして、見つかった防犯カメラのテープには、押収品横流しの主犯が矢上であることを話している勇仁の姿とその話を聞く千堂の姿が映っていました。

矢上は権藤(吉田鋼太郎)、新垣(馬場徹)、馳(渡辺大知)の3人に呼ばれ、28年前の押収品横流し事件に関わっていた証拠を突き付けられるのでした。

ミルトモライター

上條は念願だった復讐を果たすことができました。しかし、それによって犠牲になった人のことを考えると、もっと違うやり方をして欲しかったと思いました。

上條(玉木宏)を復讐の呪縛から救ったのは…

上條は優愛がいる取調室に入って来ました。

「俺の事、話さなかったんだって」

「実際にやったのは私だから。刈谷を殺して、パパを追い詰めることで漣が復讐から解放されるならそうしてあげたかった」

ミルトモライター

優愛は、上條の手のひらで踊らされている振りをしていたんですね。優愛の言葉を聞いて切なくなりました。

富樫は蒲生の意識が戻ったことを水樹に伝えました。

クラブSにはお酒を飲む上條と小宮(高岡早紀)の姿があります。

水樹はそんな上條を、実家の中華料理店に呼び出しました。

水樹は上條に銃を突きつけ、自分の復讐のために刈谷を殺し優愛を利用した上條を責めます。

「あんたの信じた道は間違っている。あんたを裁けるのは私しかいないでしょ」

水樹が撃った弾は、上條の内ポケットにあったスキットルに命中しました。

「これでサッチョウの悪魔は死んだ」

上條は水樹のその言葉に泣き崩れました。

ミルトモライター

上條に意見する水樹はかっこ良かったです。もしかすると、勇仁の影響を一番受けたのは水樹だったのかもしれませんね。

最後に笑ったのは…

警視総監の椅子には権藤が座っています。

千堂は警視庁を追い出され田舎の本部長になりましたが、警視総監の地位を諦めたわけではありません。

轟(駒木根隆介)は権藤の息子に始末書の書き方を教えています。

千堂派にいた警察官たちは改革派に入り、改革派を率いる上條は警視長となっていました。

水樹の左手の薬指には指輪が光っています。

「あんた、改革派に入ったの?」

水樹に声を掛けられた富樫は「早く出世して、上條さんより豪華な結婚式を挙げてみせますから」と言いました。

ミルトモライター

まさか、水樹と富樫が結婚?もしそうであるなら、2人には幸せな家庭を築いて欲しいです。

ドラマ『桜の塔』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想まとめ

「お前にとって、正義とは何だ」

上條が富樫にそう問いかけたところでドラマ『桜の塔』が終わりました。

水樹が言っていたように、警察官としての正義は人を助けることだと思います。

しかし、上條や千堂だけでなく同期のメンバー達も野心に燃え、昇進争いに火花を散らしていました。

結局、警視総監になったのは、途中でトップ争いを抜けた権藤です。

警視総監の椅子に座る権藤の姿は、満更でもない様子でした。

警視長となり、順調にトップの座に近づいている上條。

これからも、上條が警察のあるべき姿を忘れずにいてくれることを願っています。

\\『桜の塔』を見るならここ!!//

31日間無料のU-NEXTで見る

ドラマ『桜の塔』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介