ドラマ『レンアイ漫画家』第4話あらすじ・ネタバレ感想!清一郎があいこに惹かれ始める?

ドラマ『レンアイ漫画家』第4話

出典:『レンアイ漫画家』公式ページ

住む家がなくなったところに、刈部邸での居候を許してくれた清一郎(鈴木亮平)に「捨てる神あれば拾う神あり」と感謝するあいこ(吉岡里帆)。

しかし、人と暮らしたことがない清一郎は、慣れない共同生活に困惑します。

あいこは次なるミッション“友情から愛情へ変わる過程”を失敗してしまい、その後で清一郎が思いついた“格差恋愛”のミッションに挑むことに。

ターゲットの独身貴族とのデートにこぎつけたものの、あいこに“キュン”がなかったことに気がつきます。

その後、レン(岩田琉聖)の誕生日に清一郎と3人で行った水族館で事件が起きます。

\\『レンアイ漫画家』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

ドラマ『レンアイ漫画家』前回第3話のあらすじと振り返り

清一郎(鈴木亮平)があいこ(吉岡里帆)に課したミッションは“教師との禁断の恋”。

清一郎は、レン(岩田琉聖)の担任・大倉(稲葉友)をターゲットに選びました。

あいこはもうミッションはやらないと断りますが、そんな時アパートが倒壊の危機に瀕し部屋を追い出されることに。

崖っぷちのあいこは、細かいミッションクリアごとに報酬を支払われる契約に変更し、教師との禁断の恋プロジェクトが始動しました。

あいこは向後(片岡愛之助)のアドバイスを受けながら、清一郎の代わりに三者面談に挑みます。

そこで大倉の優しさや誠実さに惹かれます。

しかし、最初のデートで大倉から恋愛相談を受け、あいこの言葉に勇気づけられた大倉は恋人にプロポーズをして成功してしまったのでした。

その後、何の準備もなく家を出ていく羽目になったあいこは、清一郎の厚意で刈部邸に住まわせてもらうことになったのです。

【ネタバレ】ドラマ『レンアイ漫画家』第4話あらすじ・感想

捨てる神あれば拾う神あり

住む家をなくし、途方に暮れていたあいこ(吉岡里帆)に手を差し伸べてくれたのは、他でもない清一郎(鈴木亮平)でした。

運よく刈部邸で清一郎とレン(岩田琉聖)と共同生活をすることになったあいこ。

「捨てる神あれば拾う神あり!」と清一郎に感謝しながら、刈部家のルールである朝食の席に着きます。

moyoko

レンが用意してくれた朝食はホテルの朝食のようなとても豪華なものです。

しかし、人間嫌いの清一郎の方は、勢いであいこを呼び寄せたものの、慣れない共同生活に困惑の連続です。

清一郎はたまらず、偶数の時間帯は自分が、奇数の時間帯はあいこが共同スペースを使うというルールを追加しました。

新たなミッション

清一郎は、新たなミッションとして“友情から愛情に変わる過程”が見たいとあいこに伝えていました。

moyoko

ターゲットはもちろん二階堂(眞栄田郷敦)です。

あいこは二階堂には彼女がいるし、行きつけの店の店員なので気が引けると言いましたが、清一郎にとってはそんなことはお構いなしです。

清一郎は、あいこに3日後までにデートをするように言い渡しました。

その後、あいこは清一郎に言われて食材の買い物に出かけますが、彼が愛用しているものは高価なものばかり。

刈部家のルールとして、食材や生活費は実費の3分の1を支払うことになっているため、あいこは焦り始めます。

moyoko

1回の買い物でゆうに3万円を超えてしまいました。これをあいこが払い続けるのは到底無理です。

ミッション変更

あいこは自分とならデートできると言っていた二階堂に、出来レースを持ち掛けてみました。

「報酬は半々で!」

しかし、期待に反して二階堂の返事は「NO」でした。

moyoko

二階堂はあいこを意識するあまり、OKできなかったのです。

唯一の異性の友達を失ったあいこは、ミッションの変更を相談します。

あいこと清一郎の生活レベルが違うという話から、清一郎は“格差恋愛”のストーリーを思いつき、社会的地位のある男前の独身貴族と恋愛をしろとあいこに命じます。

期限はなんと5日後。

moyoko

これまた難易度高いミッションですね!

令和版シンデレラストーリーのことを聞いた向後(片岡愛之助)は「さすが刈部くん!」と喜び、このミッションを進めるように言いました。

あいこ(吉岡里帆)を尾行する影

あいこは、近頃誰かに尾けられているような気がしていました。

moyoko

もちろん、それを気のせいだろうとスルーしてしまいます。

その時、刈部邸の門の前であいこは声をかけられます。

呼び止めたのは、金條可憐(木南晴夏)と麻央(星乃あんな)でした。

姪が世話になったお礼を言いたいという可憐に、あいこはあの手この手で言い訳をしてその場を凌ごうとしますが、可憐は麻央が持っていたペン先を出して、ここには漫画家がいるのではないかと言い出しました。

「刈部まりあ先生のお宅なんでしょう?」

万事休す!と思ったその時、清一郎が玄関からヌッと顔を出します。

「あの強面の鬼瓦みたいな人が刈部さんです!」

moyoko

まさか清一郎が刈部まりあだと思わない可憐は、ガッカリして帰っていきました。

あざと可愛い

次の日からあいこは、清一郎とレンとは生活費を分けることにしました。

食事も、もちろんあいこだけ質素な食事になります。

moyoko

でも、レンは「いい匂いがする」とあいこの料理に興味を示しています。

食事のことより、大事なのはミッションの成功です。

セレブの知り合いなどいないあいこは、マッチングアプリに頼ることにしました。

しかし、誰一人声をかけてくるどころか「いいね」をつける人さえいません。

見かねた向後があいこのプロフィールを確認すると、マッチング成功にはほど遠い出来栄えでした。

向後は、年収2千万円、帰国子女のITベンチャーの社長である独身男性をゲットするために必要なキャラクターは“あざと可愛い”であると断言しました。

moyoko

向後さんはすぐに決めつけますが、これがまた的を射ているのです。

あいこは向後の言う通りに、あざと可愛いルックスとポーズで盛りに盛った写真をアップすると、途端に「いいね」がつくようになりました。

moyoko

あざと可愛いあいこ、めちゃくちゃ可愛いです。あひる口をしてみる清一郎も可愛いです。

リムシャン

期限まであと3日となった日。

あいこはマッチングしたとある独身貴族から食事に誘われます。

それを聞いた二階堂は、そんな相手はあいこには合わないし、ワンチャンなど狙ってはいけないと必死で止めます。

「君は過保護の父親か!」

moyoko

二階堂が断ったせいでこうなっているんですけどね。あと、彼女の前でそんなに必死になるのはいかがなものかと。

次の日、あいこがあざと可愛い服装で待ち合わせ場所に行くと、相手の八代はリムジンで迎えに来ました。

そして、車内でシャンパンで乾杯し、夜景の見える高層階のイタリアンで食事をします。

次のデートの約束をして、その夜は別れました。

キュンがない

「それで、キュンは?」

清一郎にそう言われた時、あいこはデートは楽しく過ごしたものの、どこにも“キュン”を感じなかったことに気がつきます。

いつものように人生の相方かも!とも思いませんでした。

「私のキュンが枯れた…?」

しかし、つい先日もレンが熱を出した時に、清一郎がうちわであおいでくれた時、不覚にもキュンとしてしまった自分がいるのです。

moyoko

ということは、八代に何か引っかかるものがあるか、セレブ男性が好みではないかですね。

翌日、あいこが買い物をしていると、財布からレンの診察券が出てきました。

その診察券で、あいこはレンが今日誕生日であることに気がつきます。

水族館へ

あいこはさっそく学校から帰ってきたレンにリクエストを聞き、水族館に行くことになりました。

「おじさんも一緒に行きませんか?」

レンは清一郎も誘います。

あいこは不要不急の外出はしないという彼が来るとは思いませんでしたが、清一郎は誰よりも先に玄関を出ました。

「俺が行きたいから行くんだ」

moyoko

ちっとも素直ではない清一郎ですが、レンに対してはとことん優しいのですね。

水族館で海の生き物たちの姿を楽しむあいことレン。

清一郎は、一心不乱に水槽の中をスケッチしています。

すると、あいこは八代が女性と腕を組んで歩いてくるのを目撃します。

八代はあいこに気がついたようでしたが、そのまま通り過ぎていきました。

モラハラ男

ところが、八代はメールであいこを呼び出してきました。

あいこが呼び出された先に行くと、八代は開口一番「あれ、誰?」と清一郎のことを聞いてきました。

「なんで男と来てんの?裏切り行為だよ」

moyoko

たった一度デートしただけなのに、この言いよう。かなりヤバイ男ですね!

あいこは八代も女性といたことを指摘すると、八代は自分には何人も女がいると開き直ってきました。

「顔が可愛いだけの空っぽなやつは、せめて貞操くらい守ってくれないと」

あいこは、ここでなぜ八代に対して“キュン”がないのか理解しました。

それは、彼が地位もお金もあるけど、愛がない見掛け倒しの男だったからです。

八代は、あいこが暴言を吐いたと言って謝罪を要求してきました。

「俺は気の強い女が一番嫌いなんだよ!」

八代があいこに手を上げようとしたその時、大きな手が彼の腕を掴みました。

moyoko

清一郎さん、待ってました!

俺の役に立っている

「貞操っていうのは、お互いが純潔を守るもので、彼女だけに押し付けるのは間違っている」

清一郎は八代を掴んだ手に力をこめます。

「それに彼女が何の価値もないと言っていたが、そんなことはない。俺の役に立っている!」

moyoko

キュンポイント入りました!!あいこは思わず感激の涙を流します。

八代は、舌打ちしながら去っていきました。

「君は、本当にダメ男ホイホイだな!」

moyoko

確かに、凄まじい吸引力です。

あいこが怒っているであろう清一郎の顔を見ると、その顔は笑顔でした。

あいこも思わず笑ってしまいます。

帰り道、たまには外食でもしようとあいこがレンに食べたい物を尋ねると、レンはいつもおいしそうな匂いのするあいこの料理が食べたいと言いました。

3人で誕生日会

その夜、あいこは渾身の節約料理をレンと清一郎にふるまいます。

moyoko

2人はそれを美味しそうに食べています。

レンは、明日からあいこの朝ご飯が食べたいと言い出しました。

清一郎は決まった高級食材しか食べないので2人分を用意しようとすると、清一郎も「付き合ってやってもいい」と言います。

moyoko

あいこの料理がお気に召したみたいです。

そして、ついでに時間帯ルールも撤廃されました。

あいこは、ついに清一郎と対等になれたのかもしれないと期待しました。

「さぁな!」

一方、向後からレンの誕生日会を3人でやっていると聞いた二階堂は、清一郎があいこに気があるのではないかと焦り始めます。

向後も、近頃変わってきた清一郎に対して一抹の不安を感じていました。

彼が遠くに行ってしまうような気がしているのです。

そんなことは露とも知らない清一郎は、あいこが用意したホットケーキのバースデーケーキで揺れるロウソクの火を見て、穏やかな顔を浮かべるのでした。

ドラマ『レンアイ漫画家』第4話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回は、共同生活を始めた清一郎とあいこの心の距離がグッと近づき始めるというお話でした。

清一郎本人はまだ気がついていないことですが、彼はあいことレンのためなら外に出ることも厭わないようになっています。

しかし、彼は孤独が原動力になっている漫画家。

この穏やかな生活が彼の仕事に支障をきたさないか、向後は心配しています。

一方、別の心配をしているのが二階堂。

彼は恋人がいながらあいこのことが気になって仕方ないようですが、まだ恋愛感情にはハッキリと気がついていないようです。

もしかしたらこのことが大きなトラブルを招くかもしれません。

あいこの恋愛は一体どうなるのでしょうか?次回も要チェックです!

\\『レンアイ漫画家』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

ドラマ『レンアイ漫画家』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回第5話も続けて読む▼