『レッドアイズ 監視捜査班』第2話あらすじ・ネタバレ感想!罠にハマる伏見…「原点に返れ」の意味とは?

『レッドアイズ 監視捜査班』第2話

出典:『レッドアイズ 監視捜査班』公式ページ

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)に新たな事件が舞い込んで来ました。

伏見響介(亀梨和也)と湊川由美子(シシド・カフカ)は現場に急行し、倒れている男女を発見します。

倒れていた男性・蠣崎(忍成修吾)にはまだ息がありましたが、女性の方は亡くなっていました。

そして、その女性の上着のポケットから謎の暗号文が書かれたメモ帳を発見します。

一方、意識を取り戻した蠣崎は、事件の詳細を話し始めるのですが…。

伏見たちが捜査する中、事件は意外な展開を迎えるのです。

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

『レッドアイズ 監視捜査班』前回第1話のあらすじと振り返り

3年前、警察官だった伏見響介(亀梨和也)は、婚約者の結城美保(小野ゆり子)を失った後に警察を辞め、今は浮気調査専門の探偵業を営んでいました。

伏見探偵事務所には他に3人の優秀な人たちが働いています。

その頃、神奈川県警では新しい部署・KSBC(神奈川県警捜査分析センター)が発足しました。

そのセンター長を務める島原由梨(松下奈緒)は、かつての部下である伏見をKSBCの捜査官としてスカウトします。

条件を出してその申し出を受諾した伏見は、さっそく現場に向かいました。

犯人は誘拐した女性を殺して、その様子を動画配信しようとしています。

伏見はKSBCとの連携プレーで犯人を捕らえることができましたが、犯人の腕にある傷跡を見て怒りがこみ上げてくるのでした。

【ネタバレ】『レッドアイズ 監視捜査班』第2話あらすじ・感想


職場に向かうKSBCのメンバーたち

伏見探偵事務所には伏見響介(亀梨和也)がいました。

事務所にかかってきた電話は留守電になり、伏見は上着を着ながら3年前の事件の資料を見つめています。

その頃、島原由梨(松下奈緒)は夫・信嗣に見送られて家を出るところでした。

信嗣は朝食を片付けながら「信じてみるしかないよ。伏見くんのことを心配してるのかなって。3年前、あんな辛い目にあったから」と言いました。

KSBCにはすでに分析班の長篠文香(趣里)たちがいました。

長篠たちは、元犯罪者たちが仲間に加わったことに文句を言っています。

そこに、山崎辰二郎(木村祐一)と小牧要(松村北斗)と湊川由美子(シシド・カフカ)の3人がやって来ました。

湊川は息子の敢太(森島律斗)と電話をしながら、ポケットからお守りを取り出します。

それは敢太が母親のために作った、母親によく似たマスコットでした。

ミルトモ 編集部

島原は、伏見をきちんと管理できるか不安に感じているようです。そして、長篠たちも新たに加わったメンバーに不満があるようですが…。KSBCのメンバーたちは、うまくやっていくことができるのでしょうか?

犯人はKSBCの存在を知っている!

KSBCに、人を殺したという人物から連絡が入ります。

送られてきた動画には、黒い袋を被った人物が男女2人を襲っている様子が映っていました。

犯人は「国民を覗き見して監視するような最新システムが本当に役に立つのか確かめてみたい」と言っています。

発見された男女のうち、男性の方はまだ生きていましたが、女性の方は亡くなっていました。

そして、亡くなった女性の上着のポケットから手帳が見つかりました。

手帳には暗号らしきアルファベットが並んでおり、さらにその暗号文を午後4時に大手新聞社3紙に掲載するよう指示が書かれています。

山崎は犯人の姿や謎の暗号文を見て、ゾディアック事件の模倣犯の可能性を指摘しますが…。

現場に向かう湊川には、伏見を監視するようにとの指示がありました。

ミルトモ 編集部

また恐ろしい事件が起こりました。犯人はKSBCのことを知っているようです。ということは、犯人は警察内部の情報に詳しい人?

犯人の本当の目的は…

長篠たちは、現場周辺にいた不審者や不審車両をしらみつぶしに調べています。

一方、小牧は手帳の暗号文をあっという間に解いてしまいます。

人を小馬鹿にしたような小牧の態度に怒りながらも、長篠は黙々と仕事を続けました。

長篠が不審者を調べている時、犯人から連絡があります。

「俺の望みは何か分かるな。この世界に俺の存在を知らしめたい」

犯人のメッセージと共に送られてきたのは設計図でした。

島原は新聞社への掲載はせず、午後4時までに犯人を捕らえるよう指示しました。

山崎は犯人の人物像に違和感を感じているようですが…。

ミルトモ 編集部

送られてきた設計図は何を意味しているのでしょう?

蠣崎(忍成修吾)の証言

被害者・蠣崎(忍成修吾)の意識が戻り、伏見と湊川が話を聞きに行きました。

  • 犯人は黒い布を被っていた
  • 彼女と歩いていたら犯人に銃で脅された
  • 犯人に縛られて、上に乗られて、ナイフで刺された
  • 犯人が逃げる時、バイクの様な音がした

でも何より伏見の心を捉えたのは、蠣崎の境遇でした。

「プロポーズしようと思ってたんです。どうして彼女のこと守ってあげられなかったんだろう」

伏見はそう言って泣く蠣崎の姿を見て、3年前の自分の姿を思い出していました。

ミルトモ 編集部

蠣崎はまるで3年前の伏見のようですが…。

犯人の罠にはまる伏見(亀梨和也)たち

蠣崎の証言から、犯人の行方を突き止めた長篠。

捜査一課と協力して、伏見は潜伏先の建物に向かいました。

伏見たちが建物の中で凶器を見つけた時、上の階から奇妙な音が聞こえました。

伏見と長久手智亮(川瀬陽太)と姉川保(長田成哉)が音のする方へ向かうと、そこには爆弾を背負った猿のおもちゃが置いてあったのです!

その頃、湊川は蠣崎の手術経過報告書を見て、蠣崎の証言と食い違いがあることに気づくのですが…。

ミルトモ 編集部

蠣崎の証言の食い違いは、何を意味しているのでしょう?

蠣崎(忍成修吾)の正体

危機一髪、爆弾から逃れた伏見は屋上でバットを振り回す犯人を捕らえました。

ミルトモ 編集部

事件は解決したように思えたのですが…。

湊川が伏見と電話しているところを蠣崎が襲ってきます。

気を失った湊川から電話を奪った蠣崎は「恋人を失った俺に同情したんだな。これはお前の弱さが招いた失態だ」と言って電話を切りました。

小牧は、長篠に指示を仰ぎながら蠣崎の居場所を探し始めました。

ミルトモ 編集部

事件を早く解決するには、いがみ合わずにお互い協力し合う必要がありますね。小牧はそれに気づいたようです。

KSBCに送られてきた動画には、袋に入った男をバットで殴る蠣崎の姿が写っています。

さらに湊川を人質に取り、警察の失態を記者発表するよう要求してきました。

その頃、青いコートを着た人物が島原の妹・大塩はるか(髙橋ひかる)が働いている姿を見つめていました。

ミルトモ 編集部

蠣崎は警察に何らかの恨みがあって犯行に及んだ気がしました。「原点に返れ」とはどういう意味なのでしょう。伏見が過去に関わった事件と関係あるのでしょうか?

『レッドアイズ 監視捜査班』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回の事件は、3年前の犯人と何らかの繋がりがあるのでしょうか?

島原の妹・大塩はるかを見つめていた人は青いコートを着ていました。

その人物こそが、本命の青いコートの男?

警察の内部事情にも詳しいようなので、犯人は身近な人なのかもしれません。

今回の事件はまだ未解決です。

蠣崎の犯行は、KSBCに対する挑戦状のようにも思えます。

伏見たちは蠣崎を捕え、湊川を無事に救出できるのでしょうか?

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

▼次回第3話も続けて読む▼