『レッドアイズ 監視捜査班』第1話あらすじ・ネタバレ感想!亀梨和也主演のサイバークライムサスペンスが始動!

『レッドアイズ 監視捜査班』第1話

出典:『レッドアイズ 監視捜査班』公式ページ

伏見探偵事務所には、伏見響介(亀梨和也)の他に3人の仲間がいます。

全員元犯罪者ですが、伏見はこれから一緒に仕事をする仲間として3人を選んだのです。

伏見がヤクザの浮気調査をしていると、そこに島原由梨(松下奈緒)がやって来ました。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)のセンター長である島原は、伏見を特別捜査官としてスカウトしに来たのです。

伏見はある条件を提示して、その申し出を受けることにしたのですが…。

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレ】『レッドアイズ 監視捜査班』第1話あらすじ・感想


3年前の事件

歩道を歩く結城美保(小野ゆり子)の後には、青いコートを着て黒いフードを被った男が付いてきていました。

一方、待ち合わせ場所で待っている伏見響介(亀梨和也)は、ポケットから指輪が入ったケースを取り出します。

伏見は美保にプロポーズするつもりなのです。

すると、美保から連絡が入ります。

「響介、助けて。急に襲われたの。今必死に逃げてきたの」

伏見は始め冗談だと思いましたが、携帯に映った美保を見て、美保に危険が迫っていることを察しました。

携帯から見えた倉庫を手掛かりに、伏見は美保の居場所を探します。

その頃、美保は犯人に追い詰められていました。

美保は犯人に見つかり、殺されてしまったのです。

ミルトモ 編集部

美保が息を殺しながら隠れる姿は鬼気迫るものがありました。うまく逃げれたと思ったのですが…。しかも、美保は妊娠していました。伏見の悲しみと犯人に対する怒りは想像に難しくないです。

伏見探偵事務所

浮気調査が専門の伏見探偵事務所。

そこには伏見を筆頭に、他に3人の仲間がいます。

山崎辰二郎(木村祐一)は心理学専攻の元大学教授、湊川由美子(シシド・カフカ)はシングルマザーの元自衛官、小牧要(松村北斗)は天才ハッカーです。

しかし、全員犯罪歴があったのです。

そして伏見は、元捜査一課刑事でした。

3年前、美保を殺された伏見は行き過ぎた捜査で懲戒免職になり、警察を辞めてしまったのです。

ミルトモ 編集部

探偵事務所には個性豊かで優秀な人材が揃っています。伏見だけではなく、3人の活躍にも期待したいです。

KSBC(神奈川県警捜査分析センター)

KSBCは、監視カメラや防犯カメラの情報を犯罪捜査に役立てる部門です。

そのセンター長に就任したのが、島原由梨(松下奈緒)でした。

KSBCには分析班として長篠文香(趣里)たちがいますが、まだ機動班となる人材が確保されていません。

島原は元部下である伏見に「捜査官として加わって欲しい」と頼みます。

実は、伏見は探偵業を営みながら、まだ犯人が捕まっていない3年前の事件を調べていたのです。

伏見はその依頼を受けることにしましたが、山崎と湊川と小牧の3人を捜査官として加えることが条件でした。

ミルトモ 編集部

島原は伏見の能力を買って声を掛けたようです。一方、伏見はKSBCのカメラ情報を使って3年前の事件を調べる気のようですが…。

システムが割り出した犯人は…

女性が誘拐される事件が発生しました。

事件を通報してきたのは、誘拐現場である公園の警備主任です。

長篠が事件発生時の防犯カメラの映像をモニターに映し出します。

犯人は右腕にギブスをし、青いコートを着た男でした。

山崎は、犯人の動きから「犯行に慣れた人物だろう」と推測します。

過去の事件から行く先に見当をつけた小牧は、すぐさま犯人の居場所を突き止めます。

伏見と湊川は、島原の指示に従って車を走らせました。

捜査一課刑事・長久手智亮(川瀬陽太)と姉川保(長田成哉)も後に続きます。

そして辿り着いた場所は、山間部にある元ホテルの廃墟でした。

さらに、長篠は不審者事前検知システムを使って怪しい人物を割り出します。

その人物は、事件を通報してきた警備主任でした。

ミルトモ 編集部

KSBCのシステムを使って不審者を特定できるなんて驚きです!とはいっても、犯人とは限りませんが…。

腕の傷跡

犯人はダークウェブ上で殺害の様子を中継しようとしています。

伏見たちは犯人がいる場所を探し回りますが、なかなか見つかりません。

長久手と姉川が仮面をつけた警備主任を捕まえますが、警備主任は犯人ではありませんでした。

警備主任は、娘を人質に取られて協力していただけでした。

そんな中、伏見が犯人を捕らえます。

その犯人には美保を殺した犯人と同じような傷跡がありましたが、傷の長さが違いました。

3年前の事件当時、今回の犯人にはアリバイがあったことも分かります。

ミルトモ 編集部

美保を殺した犯人がこんなに簡単に捕まってしまうのか?と思いましたが違いました。犯人の腕にある傷跡は長袖の服を着なければかなり目立ちそうです。

青いコートの男

男の部屋には青いコートが掛けられていました。

机にはたくさんの本が置いてあり、パソコンを操作している右腕には細くて長い傷跡があります。

男は、今回の事件の犯人のファイルをゴミ箱に捨てました。

部屋には、KSBCの捜査官たちとその関係者たちの写真が貼られています。

男の所に来た新着メールを開くと、そこには次の事件の映像が映っていたのです。

ミルトモ 編集部

部屋にいた人物が美保を殺した犯人と思われますが、顔は分かりませんでした。男は一体これから何をするつもりなのでしょう。美保は狙われて殺されたということでしょうか?

『レッドアイズ 監視捜査班』第1話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

婚約者を殺され警察を辞めた伏見が、再び捜査官として働くことになりました。

3年間、伏見は一人で美保を殺した犯人を捜していましたが、いまだに犯人は捕まっていません。

最後に登場した腕に傷のある男が犯人と思われますが、いったいどんな男なのでしょう。

大きな窓があり、部屋はきれいに整理されているように見えます。

年齢はどれくらいなのか?家族はいるのか?なぜ美保を狙ったのか?謎ばかりです。

今回の事件は、伏見たちの活躍で犯人を素早く捕まえることができました。

次回は、アメリカで起こった未解決事件・ゾディアック事件を模倣したようですが…。

伏見たちは事件を解決することができるのでしょうか?

\\『レッドアイズ 監視捜査班』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

▼次回第2話も続けて読む▼