『ランボー ラスト・ブラッド』あらすじ・ネタバレ感想!スタローン主演シリーズ完結!史上最強の頭脳戦に注目!

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:『ランボー ラスト・ブラッド』公式ページ

シルヴェスター・スタローン主演の大人気アクションシリーズ『ランボー』の第5作目にして完結編。

ランボー ラスト・ブラッド』が2020年6月27日に公開されました。

ポイント
  • ランボーは、シルヴェスター・スタローンが40年近く演じ続けている人気キャラクター
  • ランボー』シリーズを見たことがなくても楽しめる
  • 主人公ランボーの元グリーンベレーの知識を生かした頭脳戦にも注目!

今回主人公のジョン・ランボーが挑むのは、「家族」への愛を貫くための戦いです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では、シリーズ最新作『ランボー ラスト・ブラッド』について、ネタバレありでご紹介します。

『ランボー ラスト・ブラッド』作品情報

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

作品名 ランボー ラスト・ブラッド
公開日 2020年6月27日
上映時間 89分
監督 エイドリアン・グランバーグ
脚本 シルヴェスター・スタローン
マシュー・シラルニック
出演者 シルヴェスター・スタローン
パス・ベガ
セルヒオ・ペリス=メンチェータ
オスカル・ハエナダ
アドリアナ・バラッザ
イヴェット・モンレアル
ホアキン・コシオ
フェネッサ・ピネダ
パスカシオ・ロペス
リック・ジンゲール
ルイス・マンディロア
音楽 ブライアン・タイラー

【ネタバレ】『ランボー ラスト・ブラッド』あらすじ


ジャングルから帰還し平穏な生活を送るランボー

マルコヤマモトマルコヤマモト

物語の舞台は、2008年に公開された前作『ランボー/最後の戦場』の10年後。

ビルマのジャングルから帰還し、アメリカのアリゾナ州にある亡き父の牧場で旧友のマリア(アドリアナ・バラッザ)とマリアの孫娘のガブリエラ(イヴェット・モンレアル)とともに平穏に暮らしている主人公、ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

嵐の夜に山中で遭難したハイカーを発見するなど、今作ではランボーが地元のスーパーボランティアとして活躍している様子も見せてくれます。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

マルコヤマモトマルコヤマモト

スーパーボランティアの尾畠さんも、これにはびっくりではないでしょうか。

そんなランボーの活躍を誇りに思っているガブリエラですが、母親は亡くなり父親はメキシコへ逃亡という辛い過去を持っていました。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

しかし、メキシコに住むガブリエラの友人・ジゼル(フェネッサ・ピネダ)から父親を発見したという連絡を受けたのです。

父親に会うためにメキシコへ行きたい想いを抱えるガブリエラと、危険を察知し反対をしたランボーが衝突。

一度は和解をしたように思えましたが、ガブリエラはランボーとマリアに何も告げず、父親に会うためにメキシコへ旅立ってしまったのです…。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

マリアからガブリエラが帰らないことを告げられたランボーは、ガブリエラの後を追って単身メキシコへ向かいました。

最愛の娘ガブリエラがメキシコの人身売買組織に誘拐される!

親友のジゼルと再会したガブリエラはさっそく父親の元へ向かいますが、父親から「二度と来るな」と言われる最悪な再会に落ち込んでしまいます。

ジゼルは景気づけにとガブリエラをクラブへ飲みに連れ出しました。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

予告編を見ても分かる通り今回ランボーの敵となるのは、メキシコの人身売買カルテル。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ジゼルはこの人身売買カルテルと繋がりがあり、なんと自分の親友まで売ってしまうという相当タフな精神の持ち主。

しかもガブリエラの宝物である母親の形見のブレスレットまで奪ってしまう始末で、それに気づいたランボーはナイフで脅すのですが、その時も表情1つ変えないのです。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

なんとも肝の座った少女・ジゼルなのですが、彼女をこうしてしまったのも取り巻く環境のせいと思うと、ちょっと不憫かなとも思いました。

ジゼルの案内で人身売買カルテルを仕切っているマルチネ兄弟(セルヒオ・ペリス=メンチェータオスカル・ハエナダ)のアジトにたどり着くランボー。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、多勢に無勢であのランボーがボッコボッコに伸されてしまうのです…。

ランボー ラスト・ブラッド』では、そんなランボーを助けるフリージャーナリストのカルメン(パス・ベガ)という女性が登場します。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

ランボーを助けたり情報を与えるだけのキャラなのですが、カルメンもまた自分の妹をマルチネ兄弟の人身売買カルテルに奪われたという過去を持っています。

そんなカルメンのもとで4日もの間昏睡状態に陥っていたランボーは驚くほどの回復を見せてくれるのですが、その間にガブリエラが大変なことになっていました。

ランボーの存在を知ったマルチネ兄弟により、ガブリエラは集中的に麻薬漬けにされ売春宿に売られ酷い目に遭わされていたのです…。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

マルコヤマモトマルコヤマモト

女性を「モノ」としか見ていないマルチネ兄弟。日本語吹き替え版では兄・ウーゴ役を武田真治さん、弟・ビクトル役をケンドーコバヤシさんが務めています。

ランボー再びメキシコへ!

その後、ランボーは売春宿を襲撃しガブリエラを奪還します。

ガブリエラを車に乗せて走り出したランボーでしたが、メキシコとアメリカの国境を超えた付近で薬物を過剰摂取したガブリエラが命を落としてしまうのです…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここで結構びっくりしたのは国境ってそんなに簡単に超えられるんだ…ってことです。さすがランボー、車でバリケードぶち破ってました。

アリゾナの農場へ戻り、ガブリエラの死をマリアに伝えるランボー。

農場の隅にガブリエラを葬ったランボーは激怒し、マリアを安全な場所へ避難させたのち、農場周辺に罠を仕掛けてマルチネ兄弟に対決を挑むことを決意します。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

マルコヤマモトマルコヤマモト

「XXXX」と爆弾の位置を示す結構ざっくりしたトラップの地図がランボーらしくてとてもいいな…と思いました。あと、罠を仕掛けたり戦いに向けての準備をするシーンは見ごたえがあり!ここでランボーが仕掛けた罠が、敵にどのように襲いかかるのか、注目してほしいところです!
『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

そしてまたまた危険を犯してメキシコへやってきたランボーは、カルメンの力を借りてマルチネ兄弟のアジトを襲撃し、弟のビクトルを殺害!

マルコヤマモトマルコヤマモト

発見されたビクトルの死体は見事に首から上が無い。このあたりからグロ注意です。

これに怒った兄・ウーゴは傭兵軍団を集め、アメリカとメキシコの国境の壁を地下からやすやすと乗り越えて、ランボーの農場までやってきたのです。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

いわゆる「国境の壁」というものを初めて見たのですが「こんなにも簡単に超えられるんだ!!」とある意味感動すら覚えます。

元グリーンベレーの知識を生かしたランボーの反撃が始まる!

そしてランボーの仕掛けたトラップにまんまとハマっていくウーゴ一行。

マルコヤマモトマルコヤマモト

最初の爆破が始まってからが今作の見どころ!ここからラストまで一気にアクションで駆け抜けます!
『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

10年間実家である農家の地下にトンネルを延々と掘り続けていたランボー。

まさに迷路の中をランボーは自由自在に行き来し、敵を翻弄します。

地下からまるでもぐらたたきのように登場するランボーの罠にハマったウーゴ一行は、ランボーのテリトリーである地下壕へ入っていったのです…。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

そこから始まるランボートリップの応酬の数々!『ホーム・アローン』も真っ青の罠!罠!罠!
『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

自身がベトナム戦争で経験した北ベトナム軍やベトコンのトラップでスッパスッパと、サックサックと悪人どもを罠にかけて退治していくランボー。

ついに生き残りがウーゴのみになったところでランボーは全てのトンネルを爆破!

ランボーは間一髪で納屋に逃げ込んだウーゴの四肢を矢で射抜き、生きたまま彼の心臓を素手でえぐり出し殺害したのです…。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここまでやるか?!と思いつつも、ここまでやるランボーの有言実行精神、見習いたいです…。

戦いを終え、負傷したランボーは実家のポーチにある父親のロッキンチェアーに座りました。

そして、愛する人たちとの思い出をそのままにしておくために、これからも戦い抜くことを誓ったのです…。

エンドロールでは、過去の『ランボー』シリーズの映像がフラッシュバックし、現在のランボーが馬に乗って夕日へ向かって走りゆく映像が映し出されます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

まさに『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』のラストさながら、過去のランボー映像とランボーのテーマ曲が重なり感動もひとしお。

『ランボー ラスト・ブラッド』感想

映画史に残るアクション・ヒーローの集大成を目撃せよ!

ランボー ラスト・ブラッド』公開初日初回。

マルコヤマモトマルコヤマモト

新型コロナウィルスの影響で劇場の座席数が半分ほどに間引いてあるにも関わらず、ほぼ満席だったことに驚きました。

劇場にはおそらく主人公ジョン・ランボーとともに40年近く歩んできたであろう、リアル『ランボー』世代の方が多かったです。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

その方たちと時間を共にできたことも、いい経験になったと思っています。

アクション映画の良いところは、なんといっても観終わった後に自分が強くなっていること。

マルコヤマモトマルコヤマモト

物理的な問題でなく、ヒーローの力を借りて精神的に強くなった気がして前向きに生きられるようになる気がするのです。

もちろん、『ランボー ラスト・ブラッド』を観た後にも同じ気持ちを感じました。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

マルコヤマモトマルコヤマモト

かといって、シリーズ全作を観ていないと楽しめないというわけでもない、『ランボー』初心者もウェルカムな姿勢に感謝!

もちろん、ジョン・ランボーという男の過去を知っていたほうが深みが増すと思うのですが、今作は単品としても十分に見ごたえあり。

導入や説明がなくわかりにくいということもなく、サクサクとスピーディーに進んでいく展開にいつの間にかのめり込んでいました。

『ランボー ラスト・ブラッド』

(C)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.

『ランボー ラスト・ブラッド』をみて興味を持ち、過去の『ランボー』シリーズを見るという方も、これから増えると思います。

また、映画史に残るアクション・ヒーロー、ランボーの完結作品としても、見る価値は高い作品です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

機会があれば、ささきいさおさんがランボー役を務める日本語版も観てみたいです!

SNSでのみんなの感想・評判

字幕版・日本語吹き替え版ともに、すでに何度も鑑賞した方が居るようで、『ランボー』シリーズが根強い人気を誇っていることもわかります。

「何度観ても心がスカっとする」という感想や、1作目から劇場で観ている方の感想もたくさんありました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

また、ランボーが自宅に仕掛けた数々のトラップも高評価!

ホーム・アローン』さながらとは私も思いましたが、年を取ったから戦い方が変わったという考え方もできます。

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

もちろん強靭な肉体はそのままですが、ベトコン・トラップを駆使した頭脳戦を見せてくれたランボーの新しい戦い方もファンを沸かせていました!

マルコヤマモトマルコヤマモト

2019年のアメリカ公開時は脚本や生々しい暴力描写、そして敵の描写がメキシコ人への差別や人種嫌悪に繋がるとして非難を受けましたが、全世界で9,100万ドルの興行収入を得るヒット作となりました。

『ランボー ラスト・ブラッド』まとめ

マルコヤマモトマルコヤマモト

シルヴェスター・スタローン主演のシリーズ最新作『ランボー ラスト・ブラッド』についてご紹介しました!
要点まとめ
  • ランボーが繰り出す攻撃が爽快すぎてコロナ疲れのストレス発散にピッタリ!
  • 新しいファンも獲得可能!単体で楽しめる作品としてのレベルも高い
  • 本当に完結するのか、その真相は定かではないらしい…

マルコヤマモトマルコヤマモト

作品を観ているうちにランボーの怒りに共感して、ランボーのように険しい顔をして観ている自分がいました。全然男向けじゃなくむしろ、主婦の私でも楽しめたことはとても大事なことです。

ランボー ラスト・ブラッド』は新型コロナウィルスの自粛疲れでストレスが溜まっている方におすすめ。

勧善懲悪なストーリーはシリーズ初心者でも問題なく楽しめ、豪快に爽快!

『ランボー ラスト・ブラッド』

出典:IMDB

サックサクと悪人を退治していくランボーに誰もが勇気をもらえるはずです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

お時間がある方は、『ランボー・ラスト・ブラッド』鑑賞前・鑑賞後にシリーズ4作品もぜひご覧ください!

▼あわせて読みたい!▼