『おじさんはカワイイものがお好き。』第4話あらすじ・ネタバレ感想!ケンタにお礼をしたい小路のサプライズ作戦

『おじさんはカワイイものがお好き。』第4話あらすじ・ネタバレ感想!ケンタにお礼をしたい小路のサプライズ作戦

出典:『おじさんはカワイイものがお好き。』公式ページ

猫は好きだけど好かれない鳴戸(桐山漣)は新しい友達ができたことで、社内でも上機嫌。

おかげで小路(眞島秀和)もたじたじです。

そして、ケンタ(今井翼)にいつもパグ太郎を貰っていることから、なにかお礼をしたいと思い始める小路は、あるものを発見し、サプライズを計画。

一方ケンタは、小路が元妻の武林(山本未來)を元上司と紹介したことが気になり、少しずつギクシャクした関係に…。

甥の真純(藤原大祐)は、漫画のコメントに傷つき、人知れず悩みます…。

ヒミツを持った4人の関係が、大きく動き出す回となりました。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『おじさんはカワイイものがお好き。』前回第3話のあらすじと振り返り

鳴戸(桐山漣)、ケンタ(今井翼)と共に出張が決まった小路(眞島秀和)は、キャリーケースの中にパグ太郎のぬいぐるみを詰め込んで仙台へとやってきました。

仕事が終わると、鳴戸を猫カフェに誘導し、小路とケンタはご当地キャラショップへと行こうとしたのですが、ここで元上司であり元妻の武林(山本未來)に遭遇。

小路は引きずられるように彼女と飲みに行くことになるのです。

思っていることを言えない小路に対し、武林はバンバン言いたいことを言います。

このすれ違いが離婚の原因になったと今になって分かった小路。

言葉で伝えないとダメだと聞かされてこれを理解すると、小路はケンタに対して「どこにいるの?」とか「今度お詫びを」と、自分の思いを伝えます。

一方ケンタは、自分は意外と小路のことを知らないと分かると、だんだんとモヤモヤした気持ちが沸き上がり、さらには鳴戸から武林が元妻だと聞かされ、またショックを受けるのでした。

小路はこの時、かわいいもの好きを元妻にカミングアウトしたのですが、知っていたとあっさり返されます。

離婚の原因もわかり、わだかまりがないとお互いに知ったことで、小路と武林は笑顔で別れるのでした。

その頃真純(藤原大祐)は、SNSで自分が連載している漫画が小路の職場で評判になってついつい笑顔になるのですが、少しずつアンチコメントもつくようになります。

さあここからどうなる!?

【ネタバレ】『おじさんはカワイイものがお好き。』第4話あらすじ・感想


同志・河合ケンタ(今井翼)に感謝の気持ちを示したい小路(眞島秀和)のサプライズ計画がスタート!

ケンタ(今井翼)と仲良くなってからというもの、小路(眞島秀和)のパグ太郎好きを隠す心に緩みが生まれてきました。

先日の仙台出張などでかわいいものを見つけて2人で喜んだ時間を振り返る度に幸せを感じる小路。

さらにケンタから、ご当地キャラショップで販売していたという政宗風パグ太郎のリストバンドを貰って大喜び。

色が選びきれずに二種類もらった小路は「盆と正月が一緒に来たようだ」と内心で喜びます。

そして、いつもケンタにもらってばかりだと思う小路は、なにかプレゼントをしたいなと思うようになるのです。

そこで発見したのは、パグ太郎ドリームショー先行体験の文字!一人で行くには気が引ける。しかし行きたい!

ケンタと一緒に行きたいと思った小路は、片っ端から応募のためのシリアルナンバーを入力します。

当選した時にはサプライズとしてケンタと一緒に行こうと考えるのでした。

KAMUIKAMUI

ケンタとなら楽しめますものね。目がキラキラとしている小路さん、いえ!眞島秀和さんが素敵です!

黄色とオレンジでパグ太郎の加護を受ける小路(眞島秀和)

ある日、会社の後輩たちが青やピンクに身を包んでいるのを発見した小路。

どうやらそれは彼女たちの推しの担当カラーらしく、そうやって加護を受けているというのです。

会社では「そうなんだ」と流す小路ですが、ある日の休日にはソファーを黄色とオレンジの布やクッションで覆ってみるという行動に。

いざ完成してみると、パグ太郎味あふれるソファーになって興奮する小路さん。

さらに、ドリームショーの当選確率を上げるため、黄色い浮き輪やヒマワリをもって散歩。

そうして小路は、パグ太郎の加護を全身で受けようとするのでした。

KAMUIKAMUI

ソファーはわかります。が、小路さんが浮き輪にヒマワリの花束持ってあちこちウロウロはどうなんでしょう。

友達に憧れる鳴戸(桐山漣)の前に現れた真純(藤原大祐)

少女漫画を描いてSNS上でたくさんの人から喜ばれることを喜びとしている真純(藤原大祐)。

しかし最近になって、アンチコメントが増えてきたのです。

「鍵垢でしてほしい」「つまらなくて死にそう」など、そのどれもが真純の心を傷つけます。

気落ちした真純が1人野良猫を撫でていると、遠くから猫じゃらしやちゅーる(キャットフード)を持ったワンレンメガネの男が…。

鳴戸(桐山漣)です。

自分に全くなついてくれない猫になつかれている真純を見て嫉妬するのですが、真純が気さくに話しかけてくれたことで、鳴戸もちょっと話をすることに。

猫なんて好きじゃないと言いながらも、どうやったら好かれるかを聞く鳴戸。

すると真純は、自分が履いている短パンを猫が見ている気がすると言い出すのです。

短パンを履けば猫が来るのかと思う鳴戸は、それはどこに売っているかとさらに追及。

しかし言われた先は足を踏み入れにくいと思っている「原宿」。

鳴戸がぐぬぬぬと悩んでいると真純は今度一緒に行こうというのです。

初めて友達というものができた鳴戸は、会社でも上機嫌。

小路課長を敵視をしていたハズなのに、この日は1人1人にお菓子を配り、小路のことを「小路先輩」と笑顔で呼ぶように…。

さすがの小路もビックリです。

KAMUIKAMUI

同志の力は素晴らしい。

後日、原宿に行って色々な服を試す真純と、とにかく色々な短パンを試す鳴戸。

KAMUIKAMUI

表情豊かな真純に対し、ずーっと仏頂面の短パンお兄さん鳴戸君。このギャップの面白さ!

どの短パンがよかったのか結局わからず、鳴戸は試着した短パンを全部購入。

気合いを入れて猫カフェに行きますが、相変わらず猫は全く彼を相手にしません。

一方、真純は猫になつかれてなでなで。

それを羨ましそうに鳴戸が見ていると、「触ってみますか?」と言って、真純が鳴戸の膝に猫を一匹。

「猫ちゃ~ん」と言う鳴戸に猫は逃げ気味でしたが、真純が「大丈夫。鳴戸さん怖くないよ~」と言って安心させてくれます。

猫を愛でたい自分に協力してくれる真純に、鳴戸は感謝の気持ちを抱くのでした。

KAMUIKAMUI

良い教育をされてきたんだなと鳴戸も納得。その一端は、小路さんなんですけどね!

「好き」を大事にすること

改めて鳴戸は自分が猫が大好きだということを真純にカミングアウト。

KAMUIKAMUI

何を今さらと誰もが思う瞬間。

しかし、自分が好きでも猫の方が自分を好きになってくれない、なついてくれないことでずっと気落ちしていたのです。

すると真純は「好き」という気持ちを大事にしていいと思うと、鳴戸に言います。

さらに真純も、自分の好きなものをカミングアウト。

小さい頃から母親が持っていた少女漫画を読んで惹かれてきたという真純。

漫画の中のキラキラした景色に憧れ、自分も少女漫画家になりたいと思い東京へとやって来たと話します。

そして時には自分の気持ちが届かないといい、あのアンチコメントを思い出すのです。

KAMUIKAMUI

ああいうアンチコメント、ほんといらないと思う。気にしないと思っても気にしますよ。

そう簡単に嫌いになることができないならば、好きという気持ちを大事にするべきだと、真純と鳴戸は思うのでした。

自信を持って猫が好きだと思えるようになった鳴戸は、買い物帰りに野良猫を手懐けようと奮闘。

その姿を小路に見つかるのですが、自分はニュー鳴戸だと言い、上機嫌で帰っていくのでした。

KAMUIKAMUI

好きに自信を持つと、人って強くなれるもの。なんかわかります。そして鳴戸さん、上機嫌すぎて小路さんが黄色いものたくさん持って歩いていることに何の違和感も抱かないんですよね~。

この時の小路は、真純にできたメガネの友達が鳴戸なのかどうかを確かめたかったのですが、そのタイミングを失うのでした。

KAMUIKAMUI

鳴戸くん、「仁井君」って呼んでるから真純といってもピンとこなさそうですよ。

一方真純は、怖くて見ることができなかったSNSのDMを意を決して開きます。

するとそこには出版社からの掲載ご相談のメールが。

想いが届いたと、真純は驚くのでした。

KAMUIKAMUI

真純の作品が出版社の目に留まるって…すごいことですよこれは!

言葉が少ない小路(眞島秀和)に不信感を覚え始めるケンタ(今井翼)

ケンタに対してサプライズを用意したりなど、一緒にいる時間を楽しむ小路に対し、ケンタの中には小路への不信感が高まり始めます。

武林(山本未來)が元妻だということを教えてくれなかったこと、さらにはコラボカフェの予約の連絡をしようとラインを開いた時、小路がメッセージを消去したのを目撃したこと。

真純に間違って送ったんだと小路は言いますが、これにまた違和感を覚えるのです。

そんな最中、ケンタの元に大学の同期から飲み会のお誘いがかかります。

久しぶりに会うのもいいなと思い、飲み会に参加することを決めました。

しかし、大学時代ケンタは自分が作った「くまのがっこう」のドールハウスを当時の彼女に見せたところ号泣され、彼女が周囲にこのことを言いふらしたという苦い過去があるのです。

そしてその話は飲み会の最中にも登場。

ドールハウス事件と言って笑われると、ケンタは見栄を張るようにしてこんなことを言ったのです。

「あれはギャグ」

「俺がかわいいもの好きだなんてありえないでしょ」

ケンタはロリコンだという当時のうわさをぶり返させないために言った言葉ですが、タイミングが悪く、ケンタの飲み会の席の近くで小路が一人で飲んでいたのでした。

KAMUIKAMUI

これは…なんというバッドタイミング!同志だと思っていたのに…。

同志がいる喜び、同志がいたという悲しみ

かわいいものなんて好きじゃないというケンタの発言はあの場の嘘だと分かりながらも心を痛める小路。

追いかけて来たケンタが何かを言おうとしても、小路は話をそらして謝らせません。

小路が何を思っているのかがイマイチつかめないケンタ。

ついには、しばらく会えないと言い、小路の元を去っていくのでした。

仕事が忙しいからという理由を告げられたことで、小路は社会人だもんなと自分に言い聞かせます。

KAMUIKAMUI

ケンタの気持ちがわかるからと謝らせないけれど、ケンタからすれば怒っていると思われても仕方がない空気!言わせてあげなよ~。言ってあげなよ~って言いたくなります。

気落ちしている小路の元に一通のメール。

このタイミングで、パグ太郎ドリームショーの当選通知が。

喜ぶ小路は、今すぐにでもケンタを誘おうと思いますが、すでにケンタの姿はありません。

「さすがパグ太郎。ちゃんと推しカラーのご加護はあったな」

「大丈夫だよパグ太郎。これまでずっと一人で推してきたんだもん」

「こんな気持ちになるなら、ずっと一人の方がよかったのかもなぁ」

KAMUIKAMUI

ぐぬぬぬぬぬ…次回『おじさんはカワイイものがお好き。』最終話!え?今なんて。最終話!?

『おじさんはカワイイものがお好き。』第4話あらすじ・ネタバレ感想

こんなに面白いのに。

おじさんはカワイイものがお好き。』、5話にして最終回!?

早すぎやしませんか。

確かに、原作のエピソードをギュッと詰め込んだ感はありますが、もっともっと見たいですよパグ太郎。そしてそのパグ太郎にキュンキュンする小路さんを!

しかもケンタも疲れたと言って「くまのがっこう」のドールハウスをまた棚の中にしまっちゃうし…。

好きって気持ち、大事にしたいですよね。

その点で先に進化を遂げてしまったっぽい鳴戸さん。

そして思いが届いたと喜ぶ真純。

大きく動き出したこの4人にどんな結末が待っているのか、今からすごく楽しみです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第5話(最終回)も続けて読む▼