『おちょやん』第9週43話あらすじ・ネタバレ感想!岡安の命運が一平に託される中、徳利は万太郎一座に?

『おちょやん』

出典:『おちょやん』公式ページ

天晴(渋谷天笑)が戻ってきてくれたことで一平(成田凌)と漆原(大川良太郎)は上機嫌に。

一方、千代(杉咲花)は千之助(星田英利)を笑わせようとするも苦戦続きでした。

千代たちは徳利(大塚宣幸)を連れ戻そうと考えるのですが、あろうことか彼は万太郎(板尾創路)の劇団に入団。

しかし、そう簡単に馴染むことなどできるのでしょうか?

芝居茶屋として経営を続けていきたい岡安は、一平たちの舞台が成功することを心の底から応援しますが、お茶子の1人・富士子(土居志央梨)がシズ(篠原涼子)が何やら相談事をするのです。

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

『おちょやん』前回第9週42話のあらすじと振り返り

一平(成田凌)を座長とした新しい喜劇一座を作ろうとするも、千之助(星田英利)がいないというだけで、かつて天海天海一座で共に舞台に立った天晴(渋谷天笑)や徳利(大塚宣幸)は劇団を去ることに。

千之助を連れてくれば丸くおさまると思った千代(杉咲花)は、劇団に来てくれと頭を下げに行きます。

すると、千之助は「俺を笑わせてみろ」と言い出すのです。

「笑わすことができれば劇団に行く」

そう言われた千代は奮闘しますが、千之助はピクリとも笑いません。

足並みがそろわない一座。

「初舞台を踏めないなんてことになると、全員2度と道頓堀の舞台に立てない」と言われると、千代は千之助を笑わせるためにさらなる奮闘を見せます。

そのころ一平は、子供相手に商売をしている天晴の元を訪れ、芝居の台本を渡して戻ってきてほしいと頭を下げました。

最初こそ気乗りしなかった天晴ですが、一平の書いた本を読んでいるうちに「この芝居をやりたい」と思い始め、一座に帰還します。

【ネタバレ】『おちょやん』第9週43話あらすじ・感想

千之助(星田英利)は簡単に笑わない

天晴(渋谷天笑)が帰ってきたことで、雨の中でも上機嫌に喜ぶ一平(成田凌)と漆原(大川良太郎)。

その足で岡安へと戻ると、ハナ(宮田圭子)やシズ(篠原涼子)は彼らに一斉に頭を下げるのです。

岡安の存続は、今や「一平の一座にかかっている」と言っても過言ではありません。

だからこそ、無事に舞台を作り上げてほしいと期待を寄せられ、一平は一層気持ちを引き締めました。

そして、鶏や猫、タコのモノマネなどをして千之助(星田英利)を笑わせようと奮闘する千代(杉咲花)は、今日もつまみ出されてしまいます。

岡安に戻ってきて、一平たちが笑顔なのを見て大激怒!

「自分はこんなに頑張っているのに」と文句を言うと、「そもそも千之助はそう簡単に笑わない」と言われて、千代はもっと怒り出すのでした。

KAMUIKAMUI

まあ…無理でしょうね。

そんな中、彼らの耳に入って来たのは徳利(大塚宣幸)の行方。

何と彼は、自分たちが対立する相手である万太郎(板尾創路)の一座に入団していました。

劇場の前で彼を止めようと千代と天晴は待ち構えますが、それでも彼は劇場の中へ!

「芝居で食っていくなら天下の万太郎一座に入るのが良い」と、徳利は2人に豪語するのでした。

KAMUIKAMUI

人気だから入るって、それはそれで大変なことはたくさんありますよね。

お茶子・富士子(土居志央梨)はお暇を頂こうとシズ(篠原涼子)に相談

お茶子の1人・富士子(土居志央梨)は、シズ(篠原涼子)に「お暇を頂こうかと思います」と相談。

組見をいくつも断られていることを知った富士子は「このままでは経営がままならないのでは?」と思ったのです。

自分たちがシズの負担になる前に、自主的に去ろうと、富士子は考えました。

「岡安の台所、案じてくれてますのやな」と言葉を返すシズ。

そして、一平はその会話をこっそりと聞いてしまうのでした。

KAMUIKAMUI

シズが何と答えるかはここでは聞けません。しかし、これが一平の舞台を成功させなくてはという気持ちをアップさせるのでしょうね。

万太郎(板尾創路)の一座に入ったが、馴染めない徳利(大塚宣幸)に千代(杉咲花)が救いの手を…

万太郎一座に入ったものの、いまいち馴染むことができない徳利。

周りから日本酒を薦められるも、彼はビールの方が好きです。

しかし、断ったことで日本酒を頭からかけられて大騒ぎに…。

「どうして徳利を入れたのか?」と、団員が万太郎に聞くと「おもろいから」の一言しか返しません。

日本酒のせいでフラフラになった徳利を見つけた千代は「飲みに行きましょう」と誘い、天晴と3人で居酒屋に行きました。

そこで千代が注文したのは、冷えたビールやバッテラなど、徳利が好きなものばかり。

お茶子として彼らの好きなものを全て把握していた千代は、それらを注文するなど朝飯前です。

徳利が好物で胃を満たすと、千代は「不安なのでは?」と切り出しました。

新しい環境に身を置くということは不安だらけ。

それは千代が岡安に来た時も、京都に行ったときにも味わったからこそ、よくわかるのです。

今回、道頓堀に戻ってきて「劇団に入れ」と言われた時も、不安だった千代。

しかし、天晴や徳利、漆原がいると知って「自分は心の底から安心したのだ」と千代は話します。

そして、かつて共に舞台に立った思い出を話し「今度は同じ役者として舞台に立ちたい」と千代が自分の胸の内を話すと、徳利は心を動かされ、劇団に戻ってくる決意をするのでした。

KAMUIKAMUI

うわー、うわー。徳利さんお帰りー。千代ちゃんの人生経験があったからこそ説得できましたね!

みんなが戻ってきて雨降って地固まる、かと思いきや…

一平の一座に戻って来た徳利は、馬鹿にされた分、万太郎一座には目にもの見せてやろうと決意を新たにします。

これで出て行った団員は戻ってきてくれたので、後は千之助が来てくれれば…という話になりました。

KAMUIKAMUI

あれ?百久利(阪口涼太郎)はノーカウントですかね。

「雨降って地固まる」と喜ぶ天晴。

しかし、ここで一平がまた嵐を呼ぶ一言を言い出します。

何とずっと一平と共にしていた漆原に対し、辞めてもらいたいと言い出すのでした。

KAMUIKAMUI

「え?」とつい声が出てきましましたわ。なんで?え?どういうこと!?

『おちょやん』第9週43話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

問題は千之助だけかと思いきや…一平、突然の漆原解雇!?

「いやいや、漆原さんが一番ずっと一緒にいたじゃないですか?」と言いたくなりますよ。

「一体なんで?もしかして、万太郎一座の回し者だったりするの?」なんて思考もめぐりましたが、果たして一平の思惑とは一体何ですかね?

また、シズが富士子にどんな答えを出したのかも気になるところです!

気になることが多すぎる!

だから面白いんですよね。

\\『おちょやん』を見るならここ!!//

今すぐ無料でU-NEXTで見る

▼次回第9週44話も続けて読む▼