『ひとくず』で話題の上西雄大監督最新作映画『ねばぎば 新世界』予告編、場面写真、田中要次らのコメント解禁!

『ひとくず』で話題の上西雄大監督最新作映画『ねばぎば 新世界』予告編、場面写真、田中要次らのコメント解禁!

(c) YUDAI UENISHI

国内外で話題を呼んだ児童虐待を題材にした映画『ひとくず』の上西雄大監督の最新作『ねばぎば 新世界』は、大阪・新世界を舞台に、かつての大映映画、勝新太郎・田宮二郎の『悪名』シリーズを彷彿とさせる痛快アクションドラマ。

新世界・西成に棲む人間味溢れる個性と、今も残る浪速の人情を織り交ぜ、社会の明と暗、善と悪、表と裏の世界観の中、展開します。

主演は『どついたるねん』の赤井英和と、上西雄大のW主演。その他、小沢仁志、西岡德馬、有森也実、菅田俊、田中要次、堀田眞三、徳竹未夏、古川藍、神戸浩、坂田聡など豪華キャストが集結。

本作は、2020年ニース国際映画祭で外国語部門最優秀作品賞(グランプリ)と最優秀脚本賞(上西雄大)、2021年WICA(ワールド・インディペンデント・シネマ・アワード)で外国映画部門最優主演男優賞(赤井英和・上西雄大)を受賞しました。

7/10(土)~新宿K’s cinema他にて公開されるほか、7/16(金)~なんばパークスシネマ(大阪)、MOVIX堺(大阪)、京都みなみ会館(京都)、7/17(土)〜第七藝術劇場(大阪)、8/6(金)〜名古屋センチュリーシネマ(愛知)など順次全国で上映されます。

この度、公開を前に、予告編、場面写真、および出演の田中要次、菅田俊、有森也実のコメントが届きました。

映画『ねばぎば 新世界』予告編、場面写真コメント解禁!


カメレオン役 田中要次 コメント

ねばぎば 新世界

(c) YUDAI UENISHI

この業界に入ったばかりだった頃、僕は赤井英和さん主演の映画『王手』で照明助手として参加しておりました。

あれから30年が経ち、再び大阪で赤井さんと今度は役者として共演できている事の興奮をカメレオンのごとく抑えながら、カメレオン役を演じました。手の中に宇宙のエネルギーをイメージしてw

鷲尾正吉役 菅田俊 コメント

ねばぎば 新世界

(c) YUDAI UENISHI

八尾の朝吉に若い時に憧れて、映画の世界へ、リアル朝吉、浪速のロッキー赤井英和さん主演、大阪の街を暴れまくる。

笑って泣ける映画は上西監督の得意とする所、是非映画館へ。

医者の役でちょこっと出てます。

須賀田琴音役・有森也実 コメント

ねばぎば 新世界

(c) YUDAI UENISHI

善の皮をかぶった悪を、赤井さん演じる勝吉と上西さん演じるコオロギの二人が、人情と心意気で暴いていく痛快な作品。

コロナに翻弄されている私たちに、“ネバーギブアップ”と言うメッセージと共に、人を想う気持ちこそが希望なんだと教えてくれる映画です。

私が演じる琴音は闇を背負ってしまった人。

不条理に抗う強さと弱さ、両面が一緒に表現ができたら琴音になれるかな…と思いながら演じました。

Galleryギャラリー

映画『ねばぎば 新世界』作品情報

ねばぎば 新世界

(c) YUDAI UENISHI

出演:赤井英和、上西雄大、田中要次、菅田俊、有森也実、小沢仁志、西岡德馬、坂田聡、徳竹未夏、古川藍、金子昇、神戸浩、長原成樹、リー村山、堀田眞三、伴大介、谷しげる、剣持直明、國本鍾建、上山勝也、柴山勝也、草刈健太郎
監督・脚本・プロデューサー:上西雄大
撮影:前田智広、川路哲也、下元哲
照明:小山田勝治
録音:廣木邦人
音楽:ナ・スンチョル
編集:目見田健、ナ・スンチョル
制作:徳竹未夏、中村秀哉
助監督:山中太郎、上林大地
題字:小林良二
アクション監修:リー村山
ヘアメイク:山畑里奈、南原彩
衣装:中谷昌代、西川莉子
主題歌:吉村ビソー「comme ca de大阪」
制作:10ANTS
配給:10ANTS、渋谷プロダクション
2020/JAPAN/Stereo/DCP/107min
公式サイトhttp://nebagiba-shinsekai.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/nebagibamovie

あらすじ

舞台は大阪新世界。

かつてヤクザの組を潰して廻っていた村上勝太郎(通称・勝吉=赤井英和)は、自身のボクシングジムを営んでいたが、練習生がジムで覚醒剤取り引きをし逮捕されたことでジムを畳む。その後、元犯罪者の更生プロジェクトを運営している幼馴染み・沢村源蔵の経営する串カツ屋で働き出す。

ある日、勝吉は刑務所の慰問に誘われて訪れた刑務所で、かつて、共にヤクザを潰して廻った弟分・神木雄司(通称・コオロギ=上西雄大)と再会する。

コオロギは悪い女に引っかかり、覚醒剤所持で服役していたが、間もなく沢村の協力で出所し、勝吉と共に串カツ屋で働き出す。

勝吉はある日、少年・徳永武が逃げ出した宗教団体に捕まるところに居合わせ、武を助けるが、武は洗脳されており、また、母親が入信し、父親と別れさせられたショックから、口がきけなくなっていた。

失読症で文字が読めないコオロギは、筆談で会話をしようとする武が書く文字が読めず、悔しい思いをする。

また、その宗教団体には、かつて勝吉にボクシングと”Never give up(ねばぎば)”という言葉を教えた恩師・須賀田元(西岡德馬)の娘・琴音(有森也実)も入信していた。

武と恩師の娘を助ける為、見返りを求めない人情の男・勝吉とコオロギは再びコンビで立ち上がる。

7月10日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開