『ルパンの娘2』第5話あらすじ・ネタバレ感想!9年ぶりに美羽が登場し、華と和馬の愛を試す

『ルパンの娘2』第5話あらすじ・ネタバレ感想!9年ぶりに美羽が登場し、華と和馬の愛を試す

出典:『ルパンの娘2』公式Twitter

華(深田恭子)がボディスーツ姿で逃亡する姿が何者かに撮影されてしまいました。

Lの一族は尊(渡部篤郎)が放ったてんとう虫調査隊の調査で、その犯人のアジトを突き止めます。

てんとう虫から送られた映像に映っていたのは、かつて対決し、和馬(瀬戸康史)が逮捕した女泥棒・双葉美羽(田中みな実)でした。

美羽はある目的のために脱獄していたのです。

尊はLの一族が生きている証拠を消すためにアジトへの潜入を計画しますが、美羽に顔が割れている華と尊は潜入できません。

そこで尊は、渉(栗原類)に作らせた新しい秘密道具を華たち家族に装着させます。

しかしそれが原因で大変な事態に陥ってしまいます。

Lの一族と美羽一派の対決の行方やいかに?

ドラマ『ルパンの娘2』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

『ルパンの娘2』前回第4話のあらすじと振り返り

Lの一族が狙っていたある悪徳歯科医が所有していたお宝が何者かに横取りされてしまいます。

同じ頃、華(深田恭子)は娘の杏杏(小畑乃々)が通う学校の親が窃盗被害に遭ったと聞き、被害に遭った家が悪徳歯科医と言われていることを知って、尊(渡部篤郎)たちの犯行ではないかと疑います。

親のことが娘にバレては大変です。

華は日々悩み続けていました。

杏から華が元気がないと聞いた渉(栗原類)は華の悩みがLの一族を継ぐことができない自分にあると思い、結婚してLの一族を継ぐと決意。

再び婚活を始めます。

ところが、渉がマッチングした相手はお宝を奪った女泥棒(矢島舞美)でした。

女泥棒は杏を狙っていたため、華はもちろんLの一族は総出で杏を守ります。

しかしその事件でLの一族が逃亡する姿を何者かに写真に撮られてしまったのでした。

【ネタバレ】『ルパンの娘2』第5話あらすじ・感想


交際宣言

前回の事件での活躍をきっかけに、和馬(瀬戸康史)に捜査一課へ戻ることができるチャンスがやってきました。

しかし、それには署長の娘とお見合いをすることが条件。

それを知った美雲(橋本環奈)は、とっさに和馬と付き合っていると宣言し、和馬はお見合いを回避することができました。

しかし、美雲はそこから和馬との交際を本格的にスタートさせたと思っています。

和馬は慌ててもう誰も愛せないのだと説明しました。

美雲はまだ心に秘めている人がいるのではと尋ねますが、和馬はそんな人はいないとはぐらかします。

moyokomoyoko

美雲は付き合ったと思った瞬間、即フラれてしまいました。本人は気がついていませんが、落ち込んでしまっています。

ドロンジョ再び

Lの一族の三雲家では警報が鳴っていました。

前回の事件で華がボディースーツで逃げる姿が写真に撮られてしまったのです。

一体誰がどうやって?

尊は、写真が撮られたであろう位置からてんとう虫の調査隊を派遣し、犯人のアジトを突き止めました。

moyokomoyoko

このてんとう虫調査隊、てんとう虫がズラッと並んでとても可愛いです!

てんとう虫が送って来た映像を見ると、なんとそこに9年ぶりの顔が現れました。

「ドロンジョ様のおでましだ」

犯人は9年前、華と戦い、和馬に捕らえられた女泥棒の双葉美羽(田中みな実)です。

彼女は服役していましたが、看守を誘惑して脱獄していました。

Lの一族が生きていることを知られた以上、美羽にそのことを忘れさせる必要があります。

前回はアジトに忍び込む際、無数に張り巡らされたレーザーセンサーに苦しめられました。

今回も簡単ではないだろうと尊は言います。

しかも、尊と華は美羽に顔が割れているため、忍び込めるのは悦子(小沢真珠)と祖母のマツ(どんぐり)しかいません。

moyokomoyoko

この2人では少し不安が付きまといますね。しかもマツは85歳と高齢すぎます。

新たな秘密道具

尊には秘策がありました。

渉(栗原類)が新しい秘密道具を開発中なのです。

尊は新しいてんとう虫を家族の首につけさせました。

「とんでもないことが起きるぞ」

一方、美雲はまた胸がチクチクすることに悩んでいました。

執事の猿彦(我修院達也)は失恋の胸の痛みだと言います。

しかし、美雲はあくまでも目的はLの一族の居場所を突き止めることです。

なんだか和馬に振り回されてるようで悔しくなってきた美雲は、和馬が本当に二度と人を愛せない人物なのか、またはまだLの一族と関わりがあるのか調べることにしました。

翌朝、渉は徹夜で新てんとう虫のシステムを作り上げました。

「でも、俺、もう限界」

渉はバタンキューとキーボードの上で眠りこけてしまいます。

すると、システムが動き出しました。

moyokomoyoko

これは、厄介なことになりそうですよ!

入れ替わってる!?

翌朝、マツがぬか漬けをかき混ぜようと目を覚ますと、隣で和馬が寝ていました。

和馬は華にキスをしようとしてきます。

「ウチはマツやで!?」

戸惑っていると、マツが部屋に入って来るではありませんか。

「えーーーー!!」

なんと、華とマツは中身が入れ替わってしまったのです。

渉は、システムにバグが起きて元に戻らないかもしれないと言います。

華は困り果てていますが、マツは和馬との距離感にときめいてしまい、しばらく本当のことは言わずにおこうと欲を出していました。

尊は新システムを欠陥品だとして廃盤にすると言いますが、渉は絶対に完璧なものを作ると必死で修正をしています。

しかしなかなか元には戻りません。

moyokomoyoko

突然中身が入れ替わるというトリッキーな展開。これぞ『ルパンの娘』ですね!

謎の手紙

一方、美雲は和馬を調べるために、密かにウソ発見器をつけて和馬を質問攻めにします。

「お付き合いしている女性はいますか?」

「その女性は世間を騒がせたことがありますか?」

和馬はいずれも反応を見せました。

美雲がいよいよ核心に迫った質問をした時、にわかに署内が騒がしくなりました。

美羽の脱獄が発覚したのです。

和馬たちはすぐに捜査に入ることになりました。

すると、和馬のデスクに謎の手紙が置かれています。

「初めて会った駐車場に来い」

手紙と一緒に杏杏(小畑乃々)の写真が入っています。

和馬は慌てて手紙を隠しました。

moyokomoyoko

手紙はドロンジョからのものです。またしても杏が狙われてしまいました。

学校からの呼び出し

その頃華たちは、杏が男の子に意地悪をされて怪我をしたと学校から呼び出しを受けていました。

華とマツは一緒に学校に行くことになります。

「おばあちゃんは何もしなくていいからね」

しかしマツはさっそく防犯のために閉まっている校門をピッキングで開けて入ってしまいます。

「おちゃのこさいさいやー!」

moyokomoyoko

この入れ替わりですが、深田恭子さんもどんぐりさんも素晴らしい演技を見せています。中身がマツおばあちゃんになった深田さんとても可愛いです!

先生の話を聞いている間も、マツはついつい余計な口を挟んでしまいます。

でも、見た目は華なので、奇天烈な親のようになっています。

華はそんなマツを1人置いて保健室に杏を迎えに行きました。

その時、美羽の手下がやってきて、マツはさらわれてしまいます。

moyokomoyoko

手下はもちろん華だと思ってさらったのですが、中身はマツ。これは大変です!

隠れ家へ

和馬は美羽の呼び出しに応じました。

「おとなしく私についてきな!愛する人を守りたければね」

すると、そこに様子のおかしい和馬を疑ってつけてきた美雲が現れました。

周りを見ると和馬しかいません。

和馬は脱獄犯を追ってここに来たとごまかします。

その時美雲は背後から襲われ、失神させられてしまいました。

その頃三雲家でもマツがさらわれたと騒ぎになっていました。

美羽の隠れ家を確認すると、和馬が捕まっています。

「どれだけ捕まれば気が済むのよ!」

和馬は華が監禁されている部屋に入れられました。

和馬は倒れている華を抱きかかえます。

目を覚ましたマツはまた和馬との距離感に誘惑されてしまいます。

「ホレてまう!」

moyokomoyoko

悦子もそうですが、三雲家の女性は皆和馬がタイプなのです。

愛って何?

美羽はかつて華と対決してから、愛とは何かを探し続けていました。

しかしいくら本を読んでも神に祈っても愛というものが何だかわかりません。

そんな時、獄中でLの一族のドキュメントを観たのです。

その時涙が止まらず、この愛が欲しくなってしまった美羽。

2人の愛を盗むために、美羽は脱獄したのです。

「始めるわよ!」

部屋には毒ガス装置が置いてあり、3時間で死ぬようになっています。

ただしガスマスクが一つだけ置いてあります。

どちらか1人だけ生き残ることができるのです。

「愛を見せなさい!」

華と和馬に命の危機が迫っています。

てんとう虫調査隊は攻撃手段を持っていません。

助けに行く以外選択肢はないのです。

華は、老体に鞭打ってでも助けて行くことに決めます。

「絶対に2人を助けてみせる!」

moyokomoyoko

マツの85歳の身体で華はどこまで動けるのでしょうか?

お互いの愛

駐車場に残された美雲は猿彦によって助けられました。

和馬につけたGPSはまだ反応しています。

美雲は和馬の元へ向かいます。

和馬は華にガスマスクを付けようとしますが、華は和馬がつけろと引きません。

「どうせすぐにお迎えが来るやろ…」

moyokomoyoko

中身はマツでも身体は華です。諦めてはいけません!

お互いを思いやる姿を見せつけられ、美羽はイライラしてきました。

3時間も見ていられないのでタイマーを早めることにします。

しかし、部屋の充電が切れてしまいます。

建物に電気が通っていないので、手下たちが自転車で発電しているのです。

しかし装置には大量の電力が必要なので、手下2人だけでは限界があります。

そこで美羽も一緒に自転車を漕ぐことに。

moyokomoyoko

これは完全に『タイムボカン』シリーズのドロンジョ一派のオマージュです。

部屋にはガスが充満し、和馬は必死に華にガスマスクをつけようとします。

華がいない世界なんて生きてる価値もないと訴える和馬。

「あかん!キュン死してまう!」

moyokomoyoko

マツは完全に和馬にメロメロです!

2人で死のう

「ダメ、和くんが付けて…」

マツがそう言うと、和馬はそれならいっそここで2人で死のうと言います。

「最後に顔をよく見せてくれ」

和馬はマツを見つめます。

和馬が接吻するつもりだと思ったマツは、行くか行かないか迷い続けます。

「瞳、綺麗すぎるやろ!」

moyokomoyoko

どこまでも、和馬を絶賛するこのドラマ。異論はありません。

マツが冥途の土産やと和馬を受け入れようとしたその時、和馬は華を気絶させ彼女にマスクをつけました。

その頃Lの一族はアジトに到着していました。

アジトは電気が通っていないためレーザーはありませんが、周囲には無数の地雷が埋まっています。

それを避けながら潜入するには時間がかかってしまいます。

そこで尊は女泥棒をおびき出すことにしました。

円城寺登場

尊は円城寺(大貫勇輔)の歌の力を借りることにしました。

「俺は歌の力を信じてる」

円城寺が歌いだすと、美羽たちが外に出てきました。

そして歌を聴くうちに、次第に美羽たちも歌い始めます。

moyokomoyoko

映画『ラ・ラ・ランド』のような壮大なミュージカルシーンが繰り広げられます!

そして盛り上がった3人は円城寺と共にどこかへ行ってしまいました。

尊は3人の記憶を消しに、悦子と華が渉の指示で地雷を避けながら建物に潜入することになります。

しかし、てんとう虫の充電が切れてしまい、焦った渉は2人が地雷を踏む前にてんとう虫を自爆させました。

爆発の威力は大きく、悦子と華は失神してしまいます。

しかしその衝撃で華とマツの中身が元に戻ったのです。

そこで爆発の音を聞きつけて、正気に戻った美羽たちが戻ってきました。

愛は奪えない

華と美羽が9年ぶりに対峙します。

華は、愛は奪うものではなく、たくさんの時間を使って育てていくものだと美羽に言います。

「男を手玉にとって手下にしているあんたには一生かかったって掴めやしないよ!」

「あざとくて何が悪いのよ!」

moyokomoyoko

これは、田中みな実さんの番組『あざとくて何が悪いの?』のオマージュですね。

美羽はガス砲を華に向けて撃ちます。

そこに和馬が飛び出してきて華を守りました。

「言ったろ、愛は誰にも奪えないって」

2人は口を揃えます。

「お前が犯した罪、悔い改めな!」

2人は華麗に踊りながら美羽を倒しました。

moyokomoyoko

なんと、ここにきて初めての2人の共同作業です!

君の名は?

一方で悦子はなかなか目を覚ましません。

尊は悦子を抱きかかえ涙を流し名前を呼び続けます。

すると、悦子とマツは同時に目を覚ましました。

今度は、2人が入れ替わってしまっています。

渉は、新システムはもう廃盤でいいと諦めました。

現場に到着した美雲は、脱獄犯を1人で捕らえた和馬を見て、疑ったことを反省しました。

「男らしおすな」

警察に連行されるまでの間、美羽はどこで覚えたのかわからない歌を口ずさんでいました。

歌を歌うと、胸がキュッとなるのです。

どうやら美羽は円城寺に心を盗まれてしまったようです。

その時、美雲は和馬が写真を落としたのに気がつきます。

そこには、かつてデジタル誘拐された少女が写っていました。

美雲はすぐに杏に会いに行き、和馬の写真を見せます。

「パパだ!」

杏は、無邪気に答えます。

その時、華の家では警報が鳴っていました。

『ルパンの娘2』第5話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回はいかにも『ルパンの娘』らしいトンチキ展開のお話でした。

前シリーズでも、田中みな実さん演じる美羽が登場した回はよりふざけた感じでしたが、今回はそれ以上で面白かったです!

そして華とマツが入れ替わった時の2人の演技は今回の見どころです。

どんぐりさんが完璧に華の話し方をマスターしていて、どんぐりさんの実力を見ました!

最後はついに杏と美雲がコンタクトしてしまい、いよいよ美雲がLの一族に迫ってきました。

次回からは早くも最終章に突入するということで、絶対見逃せませんね!

ドラマ『ルパンの娘2』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで無料で見れる配信サービスをご紹介

▼次回第6話も続けて読む▼