『ルパンの娘』第7話あらすじ・ネタバレ感想!Lの一族と警察のカオスな結納、無事に成立するのか?

ドラマ『ルパンの娘』第7話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

華の正体を知っても、和馬の華への愛は変わらず、「一緒に運命を乗り越えよう」と、和馬(瀬戸康史)から正式にプロポーズを受けた華(深田恭子)。

しかし華の両親への挨拶や、結納などハードルはいくつもあります。

お互いの泥棒と警察だということ知られてはならないと、必死に取り繕う華と和馬。

そんな中、ついに華の祖父(麿赤児)まで登場して結納はカオスに!

『ルパンの娘』第7話あらすじ


三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。

和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。

華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。

しかし、華は反対。

まだ、マツ(どんぐり)以外で、桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。

一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。

だが、典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。

典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。

和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、滝に打たれに出かけてしまった。

ドラマ『ルパンの娘』第7話あらすじ

和馬が三雲家に挨拶に来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。

見送りに出た華は和馬に謝る。

和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。

華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。

渉(栗原類)は自室で爆睡中。

数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、二人を応援すると言う。

そこに尊と悦子が帰って来てしまった。

華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。

和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。

しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。

華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが…。
出典:『ルパンの娘』公式ページ

『ルパンの娘』を視聴できる動画配信サービス

『ルパンの娘』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月25日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ルパンの娘』第7話の感想

華さんを僕にください!

泥棒であることを隠していた華(深田恭子)の苦しみを思い、さらに華への愛を深めた和馬(瀬戸康史)は、一緒に運命を乗り越えようと正式にプロポーズします。

和馬との結婚を決めた華は両親に報告。

三雲母(小沢真珠)はもらった指輪が何カラットかということにしか興味がありませんが、三雲父(渡葉篤郎)は全て俺に任せろとやる気満々。

華は父が余計なことをしやしないかと心配で仕方がありません。

和馬が華の両親に挨拶をする日がやってきました。

「本当にいいのかな…」

と、まだ迷いがある華。なぜなら自分はLの一族。

刑事の和馬に泥棒に頭を下げさせるなんて気が引けてしまいます。

和馬は、「Lの一族は殺しても構わない」という上層部の命令から、華を守らなければいけないと心の中で意気込みます。

「どうか華さんを僕に下さい!」

そう言って三雲父に頭を下げる和馬。

父は大切な娘をどこの馬の骨とも知れないやつにあげるつもりはなかったのですが、和馬を心の底から愛する華を見て考えが変わったと結婚を許します。

「ところで和馬くん。公務員って仕事は退屈じゃないか?」

三雲父は、いずれ和馬に刺激的な仕事を紹介したいと言います。

その仕事が泥棒だと知っている和馬は苦笑い。

乾杯もタワマンの住人から「いただいた」シャンパンだったので、和馬は飲むことを躊躇してしまいます。

華は見かねてそれを奪い取り、飲み干します。

刑事の和馬に盗んだものなんて飲ませるわけにはいきません。

「ごめんね、頭まで下げさせちゃって…」

としょんぼりする華。

しかし和馬はそんなことよりも、お互いに嘘はつかない、もう華は泥棒はしないということを約束して欲しいと言います。

華は、二度と泥棒なんてしないと和馬に誓いました。

そして、ありのままの自分を見せるために、本当の家に来てほしいと和馬をタワマンに誘います。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

本物の自宅

華は、両親が出かけている間に和馬を本当の家に招きます。

家には、唯一和馬が警察官だと知っている華の祖母(どんぐり)だけがいました。

兄の渉(栗原類)は部屋で寝ています。

「何から突っ込んだらいいのか…」

ギラギラとお宝で埋められた部屋の中を見て戸惑いを隠せない和馬。

「家にあるのはみんな盗品や!」

と祖母は自慢します。

「ごめんね、かずくん。逮捕したくなったら言ってね」

華は変な謝り方をします。

すると、出かけていたはずの両親が帰ってきました。華は慌てて兄の部屋に和馬を隠します。

そして、華が両親に泥棒をやめようよと話をして両親の気をそらそうとしますが、華が不自然に渉の部屋の前にいることで父がいぶかしんでしまいます。

部屋のドアをしようとしたその時…。

「開けたらマジ怒る」

祖母が無理のあるモノマネでタブレットから声を出すと、なんと両親はそれを信じました。

ホッとしたのもつかの間、兄が目を覚まします。

しかし、和馬は近くにあった高濃度催眠スプレーを兄に吹きかけてなんとか見つからずに済みました。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

結納旅行

桜庭家では、結納の段取りは自分たちに任せろと桜庭父は言います。

桜庭家が代々結納に使っている温泉旅館があり、そこで結納をするというのです。

華と和馬は困ってしまいます。

温泉旅館ということは泊まりなのです。

お互いの仕事がバレないとも限りません。

「何かいい方法を考えないと…」

「閃いたで!」

2人の仲を応援する祖母が名案を思いつきました。

和馬は両親に、華の兄の渉は中学生の時に痴漢冤罪で警察から高圧的な取り調べを受けたことで引きこもりとなってしまい、それ以来三雲家は大の警察嫌いなので、ウチが警察一家だということは伏せておいて欲しいと説明します。

結納当日。

辛気臭い温泉街に三雲母は、テンションがガタ落ちで文句ばかり言っています。

「庶民が移っちゃうわ」

そんな母のために建設中のリゾートホテルから家具をいただいてきた父。

母お気に入りの秘宝も持ってきていました。

桜庭家は桜庭家で、結納の後の食事会で逮捕術を披露するのだと練習をする父。

これでは警察だと言っているようなものです。

「警察だって絶対に言わないでよ!」

お互いとても心配です。

「ごめんねウチのせいで」

婚約が決まって、何度目かわからないくらいの「ごめんね」を言った華。

「俺たちは運命共同体だ。華の苦しみは華だけのものじゃない」

2人は頑張って乗り切ろうと励まし合います。

その後、少々ドタバタしながらも、どうにか結納を済ませることができました。

「幾久しく、よろしくお願い申し上げます」

と挨拶する両家。複雑な表情をする和馬。

「わかるよ、かずくんおかしいよね。泥棒と警察が幾久しくよろしくお願いしますだなんて」

ある意味、泥棒と警察は‟幾久しく”とも言えますが。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

Lの一族を頼んだぞ

食事会が始まると、とある人物が現れます。

「おじいちゃん!」

なんと、華の祖父(麿赤児)です。

てっきり亡くなっているのかと思っていましたが、家に寄り付かない祖父のために、祖母が仏壇を制作していたのでした。

伝説のスリ師であるレアキャラの祖父が現れたことで、和馬と華は両家を一緒にしておくわけにはいかないと、和馬は三雲父を風呂に誘います。

「Lの一族ってどう思う?」

唐突に和馬に聞く三雲父。

和馬は、悪い人ではないと思っている。義賊だという話で悪人からしか盗まないと聞いていると答えます。三雲父は満足げです。

「実は私たちがそれなんだよ。Lの一族なんだ」

三雲父は衝撃の事実を明かしたわけですが、それを知っている和馬はリアクションが取れません。

思っていたリアクションと違った父は少し拍子抜けしてしまいますが、華と結婚するからには和馬にはそれなりのテクニックを覚えてもらうと言います。

「Lの一族を頼んだぞ」

「はい…」

思わず返事をしてしまった和馬ですが、そんなことできるはずもありません。

宴会場では、酔った桜庭父が三雲祖父を相手に逮捕術を披露していますが、祖父にその術は通じません。

さすが伝説のスリ師。関節の使い方が半端ないです。

そんな祖父は祖母と2人きりになった時、祖母に問います。

「お前はいつから知っていたんだ?あいつがあの桜庭家の人間だということを」

桜庭家と三雲家は何やら因縁がありそうです。

きっと、桜庭の祖父と三雲の祖父の間に何かあるのでしょう。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

窃盗事件

桜庭母が温泉に入るために脱衣所に入ると、そこには三雲母の服が脱ぎ捨てられていました。

見ると、以前自分も身に着けたことのある秘宝が落ちています。

慌てて自分の部屋に戻り桜庭父を叩き起こしますが、その時貴重品ボックスに入れてあった貴重品が無くなっていることに気づきました。

空っぽの貴重品ボックスにはカードが置いてあり、

「財布はいただいた。 Lの一族」

とメッセージが書かれていました。

「Lの一族がそんなダサいことをするはずがないでしょう」

緊急招集を受けた三雲家は不快感をあらわにします。

もちろん、Lの一族は財布を盗むなんていうダサいことはしません。

「奴らはすぐ近くにいる」

三雲祖父はそう意味深なセリフを吐いてどこかへ行ってしまいました。

桜庭家は自分たちで捜査しようと意気込んでいます。

三雲家は三雲家でLの一族の沽券に関わる問題だから、Lの一族を語った奴らを懲らしめてやろうと画策を始めました。

華には心当たりがありました。

この旅館の若女将が誰かと電話で話をしていて、何かトラブルを抱えている様子だったのです。

女将に事情を聞いてみると「私があの人のことを愛したりしなければ…」と告白を始めました。

とあるリゾート開発企業がこの旅館一帯を開発し始め、買収を断ると、その企業から嫌がらせを受けるようになったということです。

そのリゾート開発企業は闇組織のフロント企業だったのです。

しかし、その悩みを聞いてくれたのは社長の息子でした。

いつしか2人は惹かれ合うようになっていました。

敵対組織の人に恋をしてしまい、諦めなければと思っても諦められなかった。

その想いは華には痛いほどよくわかるものです。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

弱きを助け強きをくじく

なんとか女将を助けたい華ですが、和馬との約束に挟まれて悩んでいました。

そんな時、女将が何者かにさらわれたようです。

早く助けに行かなければ…しかし、足が動きません。

「華、早く着替えろ」

どこからともなく祖父がボディスーツを持ってきました。

「弱きを助け、強きをくじく。それが三雲一族の風習だ」

そう祖父に言われて、華はボディスーツを受け取りました。

旅館では捜査会議が開かれています。

刑事気取りの桜庭父の姿に三雲父は、「お父さんは公務員ですよね?」と聞きます。

しかし、桜庭母はすかさず「いいえ。私たちは家族全員、警察官です」。

言ってしまった…。一同静まり返ってしまいました。

華と祖父は女将が監禁されている場所で様子を伺っています。

そこでは社長の息子が男たちから暴行を受けていました。

まずは祖父が出て行って、男たちに立ち向かいます。

しかし、祖父はすぐに捕まってしまいました。

「その薄汚い手を離しな!」

華は祖父を助けに入りました。

「ここで会ったが運の尽き。あんたが犯した罪悔い改めな!」

華は次々と男たちを倒していきます。

祖父が最初に捕まったのはトラップでした。祖

父も伝説のスリ師らしく攻撃を華麗にかわして男たちを翻弄します。

無事女将たちを助けて旅館に戻ると、三雲父が深刻な表情をしています。

「お前、どうして今まで黙っていたんだ」

三雲母は、秘宝のネックレスがないことに気づき、「バレたかもしれない、私たちがLの一族だってこと」と不安そうです。

三雲家はここからズラかることにしました。

桜庭父率いる地元警察は、Lの一族を追いかけてきます。

逃げる三雲家、追う桜庭家。

数時間前に「幾久しくよろしくお願いいたします。」と挨拶をし合った仲です。

和馬はなんとか会うことができた華にフェンス越しに言います。

「必ず迎えに行く。待っていてくれ」

何も言わず首を振る華。

2人で運命を乗り越えようと約束したのに。

華は、そのまま走り去ってしまいました。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

『ルパンの娘』第7話まとめ

とうとう両家の正体がバレてしまいました。

2人の運命はどうなるのでしょうか?

この現状を打破できる手立ては?

ドラマもクライマックスが近づいています。ますます目が離せませんね!

『ルパンの娘』をフルで見れるVOD一覧

u-next
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ルパンの娘』の他話ネタバレ記事一覧