『ルパンの娘』第8話あらすじ・ネタバレ感想!Lの一族が解散、そして華がとうとう和馬に手錠をかけられる

ドラマ『ルパンの娘』第8話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:MANTAN WEB

幸せなはずの結納が一転、警察一家の桜庭家に自分たちが『Lの一族』だとバレてしまった三雲家は、ほとぼりが冷めるまで解散することになりました。

華(深田恭子)は一人町をさまよい歩き、とうとう行き倒れてしまいますが、とある女性が助けてくれます。

その女性は、ワケありの人が集まるスナックを経営していました。

和馬(瀬戸康史)たちは、華がその店に潜伏しているという情報を得て、華を捕まえるべく店に向かいます。

『ルパンの娘』第8話あらすじ


三雲華(深田恭子)の家族が“Lの一族”だということが警察に知られてしまう。

指名手配された華たち家族は落ち合う場所を決めて逃げていた。

一方、華と交際していた桜庭和馬(瀬戸康史)は針のむしろ状態。

典和(信太昌之)から“Lの一族”とは知らずに交際していたことを証明しろと言われてしまった。

警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。

そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。

一方、和馬や巻栄一(加藤諒)たち捜査三課は、三雲家が身を隠しそうな都内の宿泊施設をしらみつぶしに調べていた。

ドラマ『ルパンの娘』第8話あらすじ①

華は漫画喫茶に隠れていたが、尊からもらったなけなしの金を奪われてしまい出て行くことになる。

華と入れ違いに、和馬が聞き込みに来たが二人が会うことはなかった。

ドラマ『ルパンの娘』第8話あらすじ②

途方に暮れた華は、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった。

華は場末のスナックのソファで目を覚ます。

声をかけたのは店のママ、薄井佐知(遠野なぎこ)。

華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに店で働かないかと雇ってくれた。

和馬はなぜ警察の上層部が執拗に“Lの一族”を追うのかを元警視総監の孫、橋元エミリ(岸井ゆきの)に尋ねるのだが…。
出典:『ルパンの娘』公式ページ

『ルパンの娘』を視聴できる動画配信サービス

『ルパンの娘』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『ルパンの娘』第8話の感想

三雲家解散

桜庭家と三雲家の結納から一転、桜庭家に追われることになった三雲家。

「桜庭家が警察だとどうして黙ってたんだ!お前がやったことはLの一族を潰すことになるんだぞ」

三雲父(渡部篤郎)は華(深田恭子)をりつけ、ひとまずこのまま身を隠して、1週間後に再び集合することになりました。

和馬(瀬戸康史)たちは三雲家のダミーの家を家宅捜索しています。

「本当に知らなかったんだよな?」

巻(加藤諒)は和馬に確認します。和馬は肯定はしませんでした。

もし知っていたら犯人隠匿罪で警察官ではいられなくなってしまいます。

桜庭父(信太昌之)は知らなかったということを証明してみろと言います。

「三雲華をその手で逮捕するんだ」

和馬にとって厳しい条件がつきつけられました。

1週間後、三雲家が再び集合した時、三雲父はほとぼりが冷めるまで、みんな別々に暮らそうと新しい免許証と現金を渡します。

しかし、今まで人から“いただいた”もので暮らしていたため、現金はほとんどありませんでした。

引きこもりだった兄の渉(栗原類)も一人で暮らさなくてはいけません。

しかし、渉もいい歳なので、いつまでも親のすねをかじっているわけにも行かないのです。

三雲父は言います。

「何年、何十年先になるかわからないが、必ず迎えに行く。では、三雲家解散!」

5人はそれぞれの道を歩き始めました。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

ホームレス生活

華は変装をしてひとまずマンガ喫茶に身を潜めますが、そこでなけなしの現金を盗られてしまい、一文なしになってしまいます。

しばらく自販機の小銭を拾ったり、公園の水で飢えをしのぎ、公園の土管で寝る日々。

その生活にとうとう限界が来て、道端で倒れてしまいました。

渉は公園の遊具に住み込んでいました。

しばらくすると、子供たちに出ていけと石を投げられてしまいます。

しかし、その子供たちの一人が熱中症で倒れてしまいます。

渉はてんとう虫3号を使って、その子に水を浴びせてやりました。するとその子は回復しました。

「あいつスゲェ。てんとう虫の神様だ!」

渉はそこから子供たちの信仰の対象になり、お供え物をされるようになりました。

行き倒れてしまった華が目を覚ますと、そこは町はずれのスナックでした。

その店の店主とおぼしき女性は、食事を用意してくれました。華はそれをむさぼり食べます。

店主のサチ(遠野なぎこ)は、ここはワケありの客ばかりだからと華に何も聞かず、行くところがないなら働かないか?と言うので華はしばらくやっかいになることにしました。

渉は、公園での暮らしは少し楽になったものの、初めて独りぼっちになったので寂しくて泣きそうです。というか、もう泣いています。

気のやさしさから泥棒に向いていないと言われた子供時代のことなどが思い出されてしまい、余計に泣けてきます。

「泣クナ、男ダロ」

渉は自分にそう言い聞かせます。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

お互いを想う二人

和馬は、婚約者がLの一族だったことで査問委員会にかけられ、懲戒免職もありえるから覚悟しておくようにと言われてしまいます。

しかし和馬は自分の処遇もさることながら、警察上層部がなぜ執拗にLの一族を追うのかが気にかかり、エミリ(岸井ゆきの)に尋ねてみますが、エミリは彼女のことはもう忘れた方がいいと言います。

「そんなことはわかってるんです。でも、どうしようもなく会いたいんです」

それは、華も同じでした。

2人は星を見つめてお互いを想います。

ある日、スナックの従業員がテレビのニュースでLの一族の手配書を見て、華に気がついてしまいました。

しかし、サチは「誰にも言うんじゃないよ」と従業員に口止めをし、パトロールに来た警官にも知らないと嘘をつきます。

ママは、華がLの一族だと分かっていてかくまっていたのでした。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

Lの一族再集結

ある日、スナックにワケありの女がクダを巻いていました。

「私は男のおもちゃじゃないわよ!」

派手な格好をしたその女の顔を見ると、それは三雲母(小沢真珠)でした。

嫌な予感がした華は、今日は具合が悪いと仕事を休もうとすると、流しの演歌歌手に扮した父が入ってきました。

しばらくすると、どんな役どころかはわかりませんが、白塗りをしてヒラヒラの洋服を着た祖母(どんぐり)も現れます。

期せずして、ほとんどの三雲家メンバーが集結してしまいました。

3人は自ら考えた設定に忠実に話を進めていきます。

父はトラックの運転手から演歌歌手に、母は政治家の愛人、祖母は謎の貴婦人になりきっていました。

その茶番をあきれ顔で眺める華。

しかし、ママのサチは彼らの波乱万丈な人生に共感し、涙を流しています。

ママは、自分の波乱万丈話を話し始めます。

自分には愛し合った男がいたが、その男は闇社会の人間で、組を抜けようとしたら仲間に騙されて捕まってしまった。

彼からは手紙がきて、待っててくれるなら一枚の黄色いハンカチを店の前に出しておいてほしいと言われたが、彼が出所してもハンカチは出さなかった…。

と、少しどこかで聞いたことがあるような話ですが、ママはそれが間違いだったと今さら気がついたと言います。

「その男を盗んでほしいんだ。できるだろう?あんたらLの一族なら!」

ママは出所してもまだ組を抜け出せないでいる彼が、これ以上犯罪に手を染めないように盗み出して欲しいと言います。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

Lの一族の恩返し

ある港で、組の奴らが麻薬取引をするというので、Lの一族は華が世話になった恩返しをするべく、張り込みをしていました。

ボディスーツがない今、どうやって乗り込むか考えているところへ、父がド派手なデコトラで港に入ってきました。

「ここは俺に任せろ」

そう言って、母、祖母と共にチンピラ共をやっつけ始めます。

華は、その隙にママの彼を救い出しに行きます。

そこで組の若頭らしき男と格闘になり、華はピンチを迎えますが、そこへ兄のてんとう虫が総動員して加勢してくれたため、華は形勢を立て直すことができました。

「ここで会ったが運の尽き。あんたの犯した罪、悔い改めな!」

こうして、ママの彼は無事に組を抜けることができ、ママは黄色いハンカチをたくさんはためかせて彼を待っていて、2人は再び結ばれました。

ハッピーエンドを見届けた三雲家は、警察に追われていることを思い出し、再び解散することになりました。

華はスナックを出ていく決心をします。

荷物をまとめていると、外には和馬たち警察が店を取り囲んでいました。

従業員が懸賞金欲しさに通報し、華の指紋付きの瓶を警察に渡したのです。

和馬は、自分1人で行かせて欲しいと願い出て、店に入っていきます。

数日ぶりのに顔を合わせた二人は、たまらず抱き合います。

「すまない華…」

和馬は、華の両手に手錠をかけました。

「やめとくれよ!そいつは悪い奴じゃないんだよ!」

ママの叫びもむなしく、華はあれよあれよという間にパトカーで連行されてしまいました。

>>【1ヶ月無料】FODプレミアムで『ルパンの娘』を視聴する

『ルパンの娘』第8話まとめ

とうとう捕まってしまった華。二人の運命はどうなるのでしょうか?

今回は再集結した時の茶番と、最後に華が手錠をかけられるシーンとのギャップがすごかったです。

しかし、渉が少しだけ成長したのは解散して良かったことですね。

次回からは最終章に突入し、それぞれの道を選んだ二人の姿が描かれるようです。

放送時間も15分拡大とのことで、盛り上がりを見せそうです!

『ルパンの娘』をフルで見れるVOD一覧

u-next
FODプレミアムの特徴
  1. フジテレビ好きのための動画配信サービス
  2. 月額888円で、過去のフジテレビドラマや『人志松本のすべらない話』『笑う犬の冒険』『あいのり』などの人気番組が楽しめる
  3. 1ヶ月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『ルパンの娘』の他話ネタバレ記事一覧