『この世界に残されて』12月18日(金)公開決定!ホロコーストを生き延びた“残された者たち”の絶望と再生を描く

『この世界に残されて』12月18日(金)公開決定!ホロコーストを生き延びた“残された者たち”の絶望と再生を描く

©Inforg-M&M Film 2019

ホロコーストを生き延びた16歳の少女クララと、42歳の医師アルドの二人が、年齢差を超えて心をかよわせ人生をふたたび取り戻す感動作『この世界に残されて』の公開日が、2020年12月18日(金)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショーと決定しました。

『この世界に残されて』概要


ナチス・ドイツによって約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われるハンガリー。

終戦後の1948年、ホロコーストを生き延びたものの、家族を喪い孤独の身となった16歳の少女クララは、ある日寡黙な医師アルドと出会います。

言葉をかわすうちに、彼の心に自分と同じ欠落を感じ取ったクララは父を慕うようにアルドになつき、アルドはクララを保護することで人生を再び取り戻そうとします。

彼もまた、ホロコストで大切な人たちを喪った犠牲者だったのです。

だが、ソ連がハンガリーで権力を掌握すると、世間は彼らに対してスキャンダラスな誤解を抱き、二人の運命は、時代のうねりによって再び激しく翻弄されていきます。

癒えることのない心の傷を抱えた者たちが年齢差を超えて出会い、痛みを分かち合いながら寄り添う。

彼らが再び人生と向き合う姿を、節度をもって叙情的に描く名作が誕生しました。

少女クララを演じたのは、これが映画初主演となるアビゲール・セーケ

16歳にして家族を失ったクララの悲しみや怒り、諦念をリアルに表現し、「アルドの心の翳りに寄り添い続ける彼女の演技は感動的」(バラエティ誌)「心に傷を負った思春期の少女を演じるセーケが素晴らしい」(ハリウッド・レポーター誌)と高く評される名演を披露しました。

また、ハンガリーを代表する名優カーロイ・ハイデュクが、クララを支え無償の愛を注ぐアルドに扮し、ふとした仕草やまなざしに思いやりを感じさせる繊細な演技で、ハンガリーアカデミー賞およびハンガリー映画批評家賞で最優秀男優賞を受賞しました。

これまでおもに短編映画を手がけ高い評価を受けてきたバルナバーシュ・トートが監督を務め、ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作『心と体と』のモーニカ・メーチとエルヌー・メシュテルハーズィが製作を手がけ、孤独な男女の心の結びつきを丁寧に描く名作をふたたび世に送り出しました。

Galleryギャラリー

『この世界に残されて』作品情報

『この世界に残されて』

©Inforg-M&M Film 2019

監督:バルナバーシュ・トート
製作:モーニカ・メーチ(『心と体と』)エルヌー・メシュテルハーズィ(『心と体と』)
出演:カーロイ・ハイデュク、アビゲール・セーケ、マリ・ナジ、カタリン・シムコー、バルナバーシュ・ホルカイ
2019/ハンガリー/ハンガリー語/88分/シネマスコープ/5.1ch/カラー
英題:Those Who Remained
原題:Akik maradtak
日本語字幕:柏野文映
後援:駐日ハンガリー大使館、ハンガリー文化センター
配給:シンカ
公式サイトsynca.jp/konosekai/

この世界に残されて』は、2020年12月18日(金)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー!