『麒麟がくる』第9話あらすじ・ネタバレ感想!時期を考えぬ信長の行動が父・信秀を怒らせる

『麒麟がくる』

出典U-NEXT

ついに帰蝶(川口春奈)が信長(染谷将太)と対面。

武士らしくないその風貌に驚きます。

2人そろって信秀(高橋克典)の元を訪れると、斎藤家からは立派な松を。

そして信長からもあるものが信秀に送られるのですが…。

その頃、光秀(長谷川博己)は幼い頃にやって来たことがある妻木の屋敷を訪問。

そこで幼い頃に遊んだ煕子(木村文乃)との再会を果たし、新たな物語を紡いでいきます。

『麒麟がくる』前回第8話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第8話あらすじ・ネタバレ感想!帰蝶を信長に嫁ぐよう促す光秀。すると高政が激昂し、今川が動き出す

出典:U-NEXT

熱田の港で織田信長(染谷将太)と初めて対面をした明智光秀(長谷川博己)。

彼がうつけかどうか、帰蝶(川口春奈)の婿としてふさわしいかどうかを測ることはできなかったものの、尾張の賑わいを見たことで血を流さずに尾張の港を手に入れるのは、美濃にとって良いことだと判断しました。

光秀が言うのであればと納得した帰蝶は肩を落として稲葉城へと帰るのですが、そのおかげで帰蝶の兄の高政(伊藤英明)は激昂。

父・道三(本木雅弘)の望むままに動いた光秀を裏切り者と言うのでした。

そして、道三と信秀(高橋克典)が同盟を結んだことにより、駿河の今川義元(片岡愛之助)や松平広忠(浅利陽介)は、今こそ織田を攻めるべきだと動き出すのですが…。

『麒麟がくる』第8話あらすじ・ネタバレ感想!帰蝶を信長に嫁ぐよう促す光秀。高政は激昂し、今川が動き出す

【ネタバレ】『麒麟がくる』第9話あらすじ・感想

織田に向けて侵攻する松平広忠(浅利陽介)が何者かに暗殺。そしてついに菊丸(岡村隆史)が動き出す

駿河に身を寄せていた松平広忠(浅利陽介)は、織田攻めのためにさっそく行動を起こすのですが、三河へと帰る道中、何者かに殺され首を奪われてしまいました。

これを見つけた菊丸(岡村隆史)は、広忠の脇差を持って於大の方(松本若菜)の元へと走ります。

今川家から広忠が居なくなったということは、織田の元にいる竹千代(岩田琉聖)が危ないと察したことから、菊丸は竹千代を守るように命じられるのでした。

KAMUIKAMUI

このドラマ名脇役の即死が多すぎませんか!?浅利陽介だぁー!と驚いたのも束の間何もせずに殺されました。しかも何者かは不明。これは今川と織田の戦に影響が及びそうですね。
しかしおかげで菊丸の正体が一つ発覚。三河の人間ということが前から知られていましたが、やっぱり忍者っぽいですね。服部半蔵説かなり濃厚かと思えました。

ついに帰蝶(川口春奈)の前に織田信長(染谷将太)が登場!

織田信長(染谷将太)は、翌朝になってやっと帰蝶(川口春奈)の前に姿を現したのですが、どうやら近くでバケモノが出て、家臣たちが怯えているから見に行っていたらしいのです。

そのうえ、帰蝶の顔を見るなり「マムシの娘がやってくると聞いていたから、蛇のような女が来ると思ったが違った」というようにして帰蝶に笑みを見せます。

完全にペースを崩された帰蝶。

さらには家臣と思われる者達に嫁自慢をする信長にさらに驚きます。

一晩待たせたお詫びに欲しいものをやると信長に言われたことで、帰蝶は「お腹がすいた」と返すのですが、出てきたのは干しダコ。

見たことのない食べ物を差し出され、帰蝶は恐る恐る干しダコを食べると上機嫌になりました。

KAMUIKAMUI

これで帰蝶と信長がやっと出会ったわけなのですが、とにかく信長の恰好が武士らしくない!なんでしょ…浦島太郎かな?と言いたくなる風貌で、そこがもうある意味新しいかなという気持ちになりました。信長の元へとやって来たことで、帰蝶の視野がグッと広がるような気がとってもするのです。今後の2人に期待です!

うつけ者と言われ、父に殴られる信長(染谷将太)

結婚の祝いをするため、信秀(高橋克典)の元へとやって来た信長と帰蝶。

そこには信長の母・土田御前(檀れい)もいて非常にいい雰囲気でした。

斎藤家からのお祝いの品として織田家に立派な松が送られ、信秀も土田御前もこれに大喜び。

しかし、信長が持ってきたお祝いの品を見た信秀は帰蝶と土田御前に席を外させると激怒。

信長に対し「このうつけ者が!」と言って思い切り頭を扇で叩くのでした。

信長が祝いの品として父に献上したもの。

それは松平広忠の首だったのです。

KAMUIKAMUI

「犯人お前か!」が第一声でした!今川が織田に仕掛けてくるというのは誰もが目に見えていた事態で信長は先手を打ったわけなのですが、これが大きな間違い!同盟を結んでまだまだ日は浅いので、斎藤家が本当に助けてくれるかがまだ信秀の中で不確かだったのです。それなのに信長が闘いの火蓋を自ら切ってしまったわけですから。これは激怒されますわ。
しかし「父上に褒められたくて」と言った信長がちょっとカワイイと思えてしまいましたが、こうした信秀への恨みつらみで位牌に焼香の灰を投げつけることに繋がっていくんでしょうね。

帰蝶(川口春奈)、初めての鉄砲に感動する

父・信秀に散々怒られた信長は1人で鉄砲をたしなみます。

これを見ていた帰蝶にやってみるかと聞くと、彼女はやると言います。

信長に手を添えられながら鉄砲を撃つと、はじめてにして的をかすり、筋があると褒められるのでした。

「雷に打たれたようです」と言う帰蝶。

KAMUIKAMUI

目を丸くするその姿がとても可愛らしいです。そして何気にやっぱりこのふたりお似合いな気がとてもします。今更ですが、代役と言えど川口春奈さんが帰蝶役というのはちょうどよかったように思えるのです。しかもここで帰蝶は、光秀様のことを思い出すわけですが…。ここまで光秀様、出番ゼロです。

煕子(木村文乃)との再会。

美濃の妻木家の元へ米を届ける光秀は領主へ挨拶に行く途中、桜の花びらが風に誘われて入って来たのを目にします。

花びらを拾い続けていくと、物置小屋のような場所に到着。

そこでは一人の女性に「可愛い小鬼に見つかってしまうから戸を閉めてほしい」と言われます。

かごいっぱいに花を持つその女性は鬼に見つかったら花吹雪を浴びせると言うと、光秀は幼い頃のことを思い出します。

そして、目の前にいる女性がその時一緒に遊んだ煕子(木村文乃)だと気づくのでした。

幼い頃、妻木家の廊下を歩きながら光秀は「大きくなったら十兵衛のお嫁になれ」と言ったと話す煕子。

子供の頃の約束ですねと煕子は言いますが、光秀は子供に追いかけられながら花吹雪を咲かせる煕子を見て微笑むのでした。

KAMUIKAMUI

あー、これは…。帰蝶とも駒(門脇麦)とも違う癒し系!しかも、今回光秀様が妻木家に行かされたのは結ばれたら良いなぁという叔父・光安(西村まさ彦)の策略。光秀様が所帯を持ったときには明智の領地をお返しすると亡き兄に約束した光安。どうやら光秀様は叔父の思い通りになりそうですね。しかし、おかげで駒はスランプ。これはどうなるかまたなんだか悲しいエピソードが続きそうです。

『麒麟がくる』第9話まとめ

信長と結ばれた帰蝶はいわば人質。

織田家に捕虜になっている竹千代と同じと言えます。

そんな二人が一緒にいる光景も映し出されたのですが…ここも何か起きそうな予感です。

しかも、光秀様への想いをそのままに元気がない駒にも何かが起きるようなので、そこが今一番気になるところ。

とにかく波乱続き!しかし、それが戦国の世。

それぞれが今の立場で何を考えるか、これをじっくりと見ていきたいと思います。

※『麒麟がくる』次回第10話も続けて読みたい方はこちら

『麒麟がくる』第10話あらすじ・ネタバレ感想!今川と織田の人質交換、応じるか否かで揺れ動く斎藤家