大河ドラマ『麒麟がくる』第3話あらすじ・ネタバレ感想!苛烈な土岐氏と斎藤氏の権力闘争。その時光秀と高政は…

ドラマ『麒麟がくる』第3話あらすじ・ネタバレ感想!苛烈する土岐氏と斎藤氏の権力闘争。その時光秀と高政は…

出典:U-NEXT

田と結託して斎藤道三(本木雅弘)を討とうとしたことで土岐頼純(矢野聖人)は毒殺。

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)は父・道三のやったことはどうなのかを訪ねるため、光秀(長谷川博己)がいる明智荘へと馬を走らせます。

そして、土岐頼芸(尾美としのり)から頼純を殺したなと言われると、道三は知らぬ存ぜぬと言い、頼芸に守護になってもらいたいと懇願。

自分の愛妾であった深芳野(南果歩)の息子である高政(伊藤英明)を懐柔しようとする頼芸。すると高政は自分の父親は頼芸なのではないかと疑い始めます。

水面下で起きる道三と頼芸の権力争い。

そこに織田はまた引きずり出されようともします。

どうすれば国をよくしていくことができるかと悩む高政に対し、光秀は言います。

「麒麟がくる国に」

駒(門脇麦)に言われた麒麟の伝説を信じ、光秀は決意を固めます。

大河ドラマ『麒麟がくる』前回第2話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』

出典:U-NEXT

光秀(長谷川博己)が旅から帰ってくると、織田信秀(高橋克典)の大群が美濃へと侵攻。

斎藤道三(本木雅弘)は帰還したばかりの光秀に対し、旅の賃金の代償として侍大将の首を2人取って来いと無茶な命令を下します。

最初こそは劣性に立たされた美濃の軍でしたが、道三が稲葉山城での籠城を決意すると形勢は逆転。気を抜いた織田軍を音もなく襲撃し、信秀たちを撤退させたのでした。

勝利はしたものの虚しさが残る光秀。

そして、織田を裏で手引きした美濃の守護・土岐頼純(矢野聖人)は、道三の手によって毒殺されるのでした。

実の父の手により、夫を殺された帰蝶(川口春奈)の心中はいかに。

そして、守護を殺した道三、この蝮と対立しなくてはならない土岐家は、そして戦いのない平和な国を作りたい光秀のこれからはどうなっていくのでしょうか。

大河ドラマ『麒麟がくる』第2話あらすじ・ネタバレ感想!織田軍に攻められた美濃。心理を突いた罠で勝利を!

【ネタバレあり】大河ドラマ『麒麟がくる』第3話あらすじと感想

夫を亡くした帰蝶(川口春奈)が明智荘へ向かう

夫・土岐頼純(矢野聖人)が死んだと聞かされた帰蝶(川口春奈)は、父である斎藤道三(本木雅弘)が殺したとすぐに察します。

自身の夫を父に殺された複雑な想いを整理しきれない帰蝶は、その足で光秀(長谷川博己)がいる明智荘へと馬を走らせます。

明智荘にいる光秀は、刀ではなく鍬を持ち、農作業に励むもあまり上手ではなく、以前に命を救った菊丸(岡村隆史)に笑われていました。

命を救われたお礼と言って薬草やみそなどを貰うと、ちょうど通りかかった駒(門脇麦)がその薬草に目を付け、なんだか良い感じに…。

KAMUI

何が面白いって、菊丸がまんざらじゃない顔をしていることですよ!春が来たのかなぁ~?そして駒と菊丸が良い感じすぎて、光秀様の温かくも冷めた視線。現代風に言うならリア充爆発しろなのでしょうか?そんなふうにみえました。

途中でリスを捕まえるために木に登り、足を怪我した帰蝶は、光秀の家で手当てを受けることになるのですが、そこでは帰蝶の口から光秀との昔話が語られるのでした。

KAMUI

帰蝶と光秀様は親戚みたいなものなので、この明智荘での思い出もたくさんあるみたいです。そのエピソードのひとつとして、双六で一度も勝てたことがない光秀様。それを笑い話として語る帰蝶。なんというか…光秀様、そこも弱いのか!彼の人生を双六に例えれば、家康や秀吉に先にゴールされ、自分は振出しどころかリタイア。優しすぎる故に、天下を勝ち取る力には恵まれなかったのかもしれません。

ひとしきり思い出を語ると、帰蝶は光秀に頼純と道三の話をします。

「どう思うか」と尋ねると、光秀は「致し方ないこと」と返したうえで、2人の板挟みにあっている帰蝶様の心中もお察しすると付け加えました。

KAMUI

土岐氏と斎藤家の権力闘争は起こるべくして起こったと誰もが思うので仕方がありません。確かにそうです。しかし、そこの二つが仲良くするために人柱になったはずの帰蝶のことを思うと本当にツライ状況としか言えません。もうこれ以上の言葉がないですからね。

次の守護には頼芸(尾美としのり)をという道三(本木雅弘)。穏やかな顔をしつつも煮えたぎる権力闘争

守護である土岐頼純が亡くなると、道三は次の守護に叔父の頼芸(尾美としのり)を推薦します。

しかし、頼芸はすでに政治にかかわる気はなく、鷹の絵を描き続けます。

そう言いながらも、頼芸の本心では、道三の操り人形になりたくないという思いがあるのです。

そして改めて道三に、頼純を殺したのはお前だなと尋ねると、驚きの言葉が…。

「わたくしが、頼純様を?誰がそんな世迷言を」

KAMUI

えー。やったじゃないですかー。見事にお茶に毒盛って殺したじゃないですかー。頼純メチャクチャ苦しがって死んでいたの、唄いながら見ていたじゃないですかー。初耳みたいな驚きの表情、嘘くさすぎてびっくりですよー。

会合が終わり、高政(伊藤英明)が部屋を出ようとしたとき、女中に引き留められると、頼芸が彼に話しかけてきます。

高政の母であり、自分の元愛妾であった深芳野(南果歩)は元気かと。そして高政のことは自分の息子のように慕っている。道三は信頼しているがお前は信用できると…。

この言葉を聞いて以来、自分の本当の父親は頼芸なのではと疑うようになりました。

深芳野がこれを否定したとしても…。

KAMUI

この時何が怖いって。高政と頼芸がヒソヒソ話しているのを後ろからじっと見ている道三ですよ。ゾッとしました。ストーカーの距離!
そして、頼芸としても、道三を放って置くことができませんからね、隣の部屋に控えさせていた家臣たちに、また織田と結託して斎藤を潰せと命じる頼芸。
美濃の中だけでこんな争いしてたらそりゃ平和なんて訪れませんって。って、戦国時代なので仕方がないことなのですが…。

鉄砲を光秀(長谷川博己)に丸投げ。次世代を担う者達が美濃の行く末を語る

高政に呼ばれて城へと来た光秀。

道三から鉄砲が戦で使えるかどうか試してほしいと言われたので、高政もそれを光秀にやらせようと至ったのです。

これからの戦に必要になる代物だからと言ってなんとか入手した鉄砲なのにと、扱いの悪さに激怒する光秀。

すると高政は、父・道三に未来はないと言い出します。

先見の目がないという道三の時代は終わり、いずれは自分たちの時代がやってくる。その時に、美濃をどう変えればいいか、どうしたら良い国を作ることができるのかと高政は光秀に問いかけます。

ドラマ『麒麟がくる』第3話あらすじ・ネタバレ感想!苛烈する土岐氏と斎藤氏の権力闘争。その時光秀と高政は…

出典:U-NEXT

その答えとして光秀は、気にぶら下げた瓢箪を鉄砲で打ち抜き、こういうのです。

「麒麟が来る国に」

「麒麟?」

「そうだ。麒麟が来る国にだ」

光秀も高政も、道三にも土岐氏にも美濃をよくすることはできないと考えるのです。

KAMUI

戦の形も変わっているのに、新しいものを受け入れようとしない時点で先見の目がないと思うならそうでしょう。ならば、自分たちがどうするのかを考える。流されるままではないというところが、見習うべきところですね。
そして、気につるした瓢箪を一発で打ち抜く光秀様!素晴らしすぎます。高政ビックリですが、見ているこっちもビックリです。初めて触った鉄砲で迷いなく打ち抜く。真っ直ぐな信念を持っている現れでしょうかね。素敵です!

大河ドラマ『麒麟がくる』第3話まとめ

土岐氏と斎藤家、美濃での内輪もめはまだまだ続いて行きそうです。

しかも頼芸はまたも織田に斎藤を叩いてほしいと言う気満々です。

そんな織田の前には今川が…。

桶狭間の闘いよりももっと前から対立していた織田と今川。

これが斎藤家、そして光秀様にどんな影響を及ぼすことになるのでしょうか。

また、美濃の古いお話しを聞いた駒が、昔自分を救ってくれた侍からも同じものを聞いたことがあると言い出したのです。

駒を救った人は美濃にいるのでしょうか?

犯人探しをするように、駒の命の恩人探しも見ていきたいところです。

※『麒麟がくる』次回第4話も続けて読みたい方はこちら

大河ドラマ『麒麟がくる』第4話あらすじ・ネタバレ感想!織田の領土・尾張に潜入する明智光秀。その理由とは…