『麒麟がくる』第19話あらすじ・ネタバレ感想!朝倉に頼まれ京へ行く光秀。信長を狙うものは…

『麒麟がくる』第19話

出典:『麒麟がくる』公式ページ

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に言われ、京へと戻って来た足利義輝(向井理)に謁見へと向かうことになった光秀(長谷川博己)。

藤孝(眞島秀和)や三淵(谷原章介)と再会するのですが、そこには義龍と名前を変えた高政(伊藤英明)も…。

そしてその義龍が、上洛する信長(染谷将太)に刺客を出し、暗殺しようとする噂が…。

これを聞いた光秀は、ある人の元へと向かいます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『麒麟がくる』前回第18話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第18話

出典:U-NEXT

美濃を離れた光秀(長谷川博己)たちは、駒(門脇麦)、菊丸(岡村隆史)、そして伊呂波大夫(尾野真千子)に導かれるまま北の越前へ。

朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の許しを貰い、光秀たちはここで暮らすこととなりました。

その頃、尾張では信勝(木村了)が兄の信長(染谷将太)をまたも暗殺するとの噂を聞きます。

信長は病と偽って信勝を呼び寄せると、兄のためにと持ってきた酒を飲めと迫り、弟を死に至らしめました。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第19話あらすじ・感想

信長(染谷将太)、尾張を平定するも涙

謀反を起こそうとしていた弟・信勝(木村了)が死んだことで、信長(染谷将太)は尾張を平定させました。

しかし、信勝が死んだことで土田御前(檀れい)は涙し、「満足ですか?弟を手にかけ、尾張を手中に収めて、私はこの先何にすがって生きていけばいいか」と嘆きます。

自分も母の子だと信長は言いますが、土田御前は信長を遠ざけて来た理由を話すのです。

「そなたは、いつも私の大切なものを壊す。小鳥を死なせ、茶器を割り、幼いころから私を傷つけた。そばにいるだけで穏やかではなかった。それを癒してくれたのは信勝であった。そなたはまた私の大切なものを壊したのじゃ。弟を殺しただけではない。この母も殺したのです。」

帰蝶(川口春奈)の元に戻って来た信長は、「終わった…わしは父も、弟も…母も失った」と言って、むなしい気持ちを語ります。

KAMUIKAMUI

尾張を平定したとはいえ、なんとも悲しい終わり方。ぽっかりと穴が開いたような信長の心が魔王にするのでしょうか。

浪人・明智光秀(長谷川博己)に朗報。

道三(本木雅弘)の死から2年。

越前に身を寄せていた光秀(長谷川博己)は、子供たち相手に読み書きを教えるようになっていました。

光秀に教えてもらうと読み書きはもちろん、行儀作法も身につくと評判に!

そんな日常を過ごしている中、光秀は朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に呼び出され、京へ行ってくれと頼まれます。

どうやら足利義輝(向井理)が三好長慶(山路和弘)と和解をしたことで京に戻り、諸大名は挨拶に来るようにと書状を出したのです。

面倒なことに巻き込まれたくない朝倉は、立派な鷹を献上して様子を見ようと考え、それを光秀にやらせようとするのでした。

KAMUIKAMUI

どこまでも面倒事に巻き込まれたくない朝倉殿。しかし、様子見という言葉は気になりますねぇ。

久しぶりに義輝に会うことができるとわかると光秀は喜びます。

煕子(木村文乃)もそんな光秀の姿を見て喜びますが、なにやら顔色が悪い様子。

実はこの時、煕子のお腹には光秀のややこが…。

これに光秀は大喜びで、夜遅くだというのに「母上ー!母上ー!」と大声で報告しに行くのでした。

KAMUIKAMUI

子供大好きな光秀様にこの朗報は嬉しいでしょうね。

義輝(向井理)を始め多くの人との再会を喜ぶ中、斎藤義龍に名を変えた高政(伊藤英明)とも再会

京へと到着した光秀は、さっそく義輝へ謁見。

藤孝(眞島秀和)や三淵(谷原章介)と再会を喜びます。

献上された鷹を見て、ふたりはたいそう喜ぶも、朝倉が上洛しなかったことを残念がるのです。

能を見に行くからと同行すると、そこで義輝と再会を果たす光秀。朽木で会ってから9年が経ちました。

「時が変われば人も変わる。いつ見ても人の胸をうつのは能だ」と言い、義輝は二条の館へと向かいます。

すると光秀は、そこで高政(伊藤英明)と再会。

次に会ったときは首を撥ねると言われたことを思い出す光秀でしたが、高政は何も言わずその場を去り、義輝たちと共に能を鑑賞するのでした。

KAMUIKAMUI

義龍に改名した高政。ひげも生やしてずいぶんご立派に。まるで父を見ているようです。

義龍(伊藤英明)が信長(染谷将太)を殺そうとしている?光秀(長谷川博己)はある人の元へ

藤孝から妙な噂を聞いた光秀。

その噂とは、尾張平定の報告をするため、信長が京へ上洛しようとしているが、その信長を義龍の刺客が狙っているというものです。

将軍のお膝元でそんな狼藉があっていいはずがないと思う光秀は、義輝に行って止めてもらおうと言います。

しかし、今の義輝にはそんなことはできないのです。

というのも、義輝が戻って来たとは言え、実権を握っているのは三好長慶(山路和弘)。

KAMUIKAMUI

つまり今の義輝様はお飾り状態。そのせいか、前のような輝きがあまりありません。なんてことをしてくれたんだ!

5年ぶりに京へ戻ったからといって治める力はないと言われるも、この状況を放って置くことはできないと考えた光秀は三好の腹心である松永久秀(吉田鋼太郎)の元へ。

11年ぶりに再会する松永は道三の死を悲しみ、光秀のことをずっと心配していたそうです。

KAMUIKAMUI

第6話以来の再会!松永殿が一番変わらない気がしました。

三好と共に助けられた松永には光秀に借りができたと話すと「その借りをここで返してほしい」と光秀は話すのでした。

信長(染谷将太)暗殺を阻止された義龍(伊藤英明)は、再び光秀(長谷川博己)と対面する

光秀から頼まれた久秀はさっそく義龍の元へ。

公方様が戻ってきて京が静かになるはずなのに、織田信長を何者かが狙っているようなので厳しく取り締まらねばならないと言うと、共に取り締まろうと久秀は言います。

義龍は近く将軍家の要職に就くからこそ黙らせておきたいと言う久秀。

すると義龍は、光秀を呼ぶよう言います。

「松永久秀を担ぎ上げるとは考えたな。」と光秀の策を称える義龍。

しかし、遅かれ早かれ信長は自分の手で討つと言います。

KAMUIKAMUI

信長を討って尾張を手中にしたいのでしょうが…難しいですよ。相手が悪い。

そして、義龍は改めて光秀に家臣にならないかと言います。

今さら仕える気はないと断るも、そもそも次に会ったら首を撥ねると言ったのにどうしたと光秀は尋ねるのです。

「今まで血を流しすぎた。弟、父、従うものは数多があるが、わしを恐れ、表向きにそうしている。腹の中では何を企んでいるのかわかったものではない。悔いておる。と申したら、わしについてくれるか?」

「お主にはつかぬ」

今はまだどうしたらいいかわからない光秀ですが、その胸の内には道三が言った「大きな国」を作るという言葉が刻まれています。

「大きな国。父上が…。美濃よりもか」

「そうだ」

「分かった、行け」

「…」

「さらばだ。もう会うこともあるまい」

そして義龍はこれより2年後、病によりこの世を去るのでした。

KAMUIKAMUI

え!?ここで2年後の義龍の話!ということはもう出てこない?光秀様とはこれがきっと今生の別れなのでしょう。

ため息をつく義輝(向井理)を信用できない信長(染谷将太)は…

ついに京へたどり着いた信長は義輝の前にやってくると、尾張平定を報告。

「何かしてほしいことはあるか」と義輝が言うと、「尾張に攻めようとする今川と斎藤に兵を引くよう言ってほしい」とお願いをします。

すると義輝は、今川義元(片岡愛之助)よりも高い役職である左京大臣の座を信長に授けようとしますが、「それで今川は引くだろうか?」と返されます。

ため息をついた義輝は、ならば相伴衆しょうばんしゅうになれば手は出せないだろうと言いますが、結局信長はこれを断りました。

光秀が追いかけると、今川を止めてほしくて上洛したものの、将軍も苦しんでいると知ってがっかりします。

「今の世はどこかおかしい」

信長はそう言って、急いで尾張へと帰っていきました。

しかし、光秀と会う前に信長は久秀の元にも足を運んでいました。

なんと信長、戦は疲れたから尾張と三好の領土である摂津を交換してほしいと言いに来たのです。

KAMUIKAMUI

とんでもないことを言いだしたなぁ!織田信長。後に魔王と言われる男だって、本当は戦なんてしたくないんですね。

松永も信長を奇妙な男だと思い、うつけとは聞いているがただのうつけではないと光秀に話します。

そして、亡き道三も目をかけていたと言えば、久秀はより信長を気にかけます。

信長は義輝にガッカリしたと言い、久秀としてはそのうち将軍らしさが出るだろうと思うのですが、光秀はこれに賛同できなくなっているのです。

「このままでは武士を束ね、世を平らかに出来るのは誰かわからなくなってきました。」

「それはわしにもわからぬ。また戦になるかもしれぬし、ならぬかもしれぬ。」

久秀と光秀は、信長が持ってきた酒を交わしながら語るのでした。

『麒麟がくる』第19話まとめ

久しぶりの義輝様と思いきや、輝かしいオーラがなくてため息ばかり。

そんな将軍を見て「あ、これはダメだと」思った信長公。

だから自分でどうにかしようと考えるのかもしれませんね。

しかし、旧知の仲の義龍がナレ死とは…親子でなんだこの差はと思わされました。

久秀は最後に「また戦になるやもしれぬ。ならぬかもしれぬ。」と言いましたが、まぁそろそろガッツリ戦国時代らしく戦三昧になっていきそうです。

今川と織田の戦いがこれから苛烈しそうな予感。ということは、そろそろ桶狭間の戦いとかやってくるのでしょうか。

今川の元へ下ったふりをしている徳川家康がどう動くのか、そこが見どころです。

しかも時が経ち、家康役は風間俊介さんに!またイケメンかつ良い俳優が増えるというのはとても楽しみです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第20話も続けて読む▼