『麒麟がくる』第14話あらすじ・ネタバレ感想!うつけと噂の織田信長。道三の答えは…

『麒麟がくる』第14話

出典:U-NEXT

聖徳寺で織田信長(染谷将太)を待つが、あまりにも遅くて苛立つ斎藤道三(本木雅弘)。

やっとのことでやってくると、帰蝶(川口春奈)のことを交え、信長の周りの家臣たちの問題から始まり、これからの戦のために自分たちも変わらないとならないと信長が言うと、道三は「見事なたわけ」と言って彼を好評しました。

その頃、東庵(堺正章)は今川義元(片岡愛之助)の軍師・太原雪斎(伊吹五郎)の治療をするため駿府を訪れたのですが、そこでも信長はうつけ扱い。

尾張を滅ぼすため、あと2年生かしてくれと雪斎は東庵に言うのです。

そして、今川と織田が戦を始めるも、身内からも攻められることを危惧した信長は道三に援軍を要請。

しかし、それはつまり今川を敵にすることになるからと高政(伊藤英明)に止められます。

それでも動かぬ道三。

すると高政は「光秀はどう思う?」と言い、光秀(長谷川博己)は道三の前で援軍を出すことは拙速かどうかを答えさせるのです。

そうして美濃の内輪もめも、また静かに始まりをみせます。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『麒麟がくる』前回第13話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第13話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:U-NEXT

頼芸(尾美としのり)と戦うと家臣たちに宣言した道三(本木雅弘)。

しかし光秀(長谷川博己)は、守護代である頼芸と戦と戦いたくないし、嫌いだが恩義がある道三とも戦いたくないと道三にはっきりと進言。

道三も本気で戦をする気はなく、頼芸が寵愛する鷹をすべて殺し、頼芸を震え上がらせ、美濃から逃げるように仕向けます。

これに激怒した高政(伊藤英明)は自分の真の父を失ったと道三に言うも、自分の父は道三と言われまた葛藤が始まります。

そして、尾張の守護代である織田彦五郎から、ともに信長(染谷将太)を討とうと声をかけられた道三は、これを機に信長と会見をし、どんな男か自分の目で確かめようとします。

この申し出に一度は拒否をした信長ですが、それでは同盟関係を解消され、帰蝶(川口春奈)を失うことになると思うと、会見をすることを決めます。

そして、道三が信長を気に入るよう、帰蝶はあれこれ手を尽くし、信長を通じて道三と闘うのでした。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第14話あらすじ・感想

道三(本木雅弘)の評価は「見事なたわけ」

織田信長(染谷将太)がつまらぬ男であれば会わずに帰ろうとしていた道三(本木雅弘)でしたが、予想以上の人数の兵を連れ、服装は武士とは思えぬもの。

そして、馬にまたがるどころか、馬の背で胡坐をかいて座り、野菜を頬張りながらやってきました。

予想だにしなかったその風貌に驚いた道三は、光秀(長谷川博己)が信長本人だと肩を叩いて合図を出すも、それに気づきません。

KAMUIKAMUI

このとき光秀様、もう一回肩を叩いたのですが、ちょっとお強めだったような。

しかも信長は、道三や光秀が潜む小屋を見つけると、にやりと目をやり、そのまま寺へと向かっていくのでした。

KAMUIKAMUI

これ、気づいていると思うとめちゃくちゃ怖いです。「父上ならやるかも」みたいな助言もあったりして…考えたら怖いです!

信長・道三それぞれが寺へと入ったが、待てど暮らせど信長が来ない。

するとどうやら正装に着替えるのに手間がかかったらしく、それで道三を待たせる形となったのでした。

黄色い着物に袖を通してやって来た信長は、これは帰蝶(川口春奈)が道三はこの色が好きだと話したからと話しはじめ、そこから帰蝶の話になります。

帰蝶は道三が自分を討とうとしていたら困るなぁと話していたと伝えれば、300もの鉄砲を持つ相手の首をどうやって獲ることができようかと返す道三。

すると信長は、あれは帰蝶が連れて来た寄せ集めだとあっさり暴露。

つまり自分は、帰蝶の手の上で踊るたわけだと言いきり、道三は家臣とともに笑います。

KAMUIKAMUI

笑ってるのに…笑顔じゃない!怖いっ!しかも信長は一切笑わず。光秀様も笑える状況じゃないと察してます。

しかし、連れて来たのは兵のみで、信秀(高橋克典)から仕えていた織田家の重鎮と呼ばれる者たちは誰もいないのかと聞くと、自分には必要ないの一言。

そして、信長が佐々成政(菅裕介)と前田利家(入江甚儀)を呼ぶと、連れて来た重鎮はこのふたりだけだと言います。

土豪の三男、四男である彼らは家を継ぐことはできません。

しかし、戦となれば一騎当千の強さをもつ家臣たちだと言うのです。

そうして自分は新しい世を作る気構えで戦っていると話します。

KAMUIKAMUI

前田利家!?過去大河ドラマで主人公になった利家がここに!個人的にはこの利家の甥の前田慶次が好きなので、今後出てきてほしいなぁ…という思いも。

織田家はもともと越前で神主をしていた成り上がり。

そういう男は手ごわく、美濃にもそんな男がいると、信秀から聞かされていたと信長は語ります。

戦は変わる。だから人も変わらねばならない…信長が道三にそう進言すると、道三は言うのです。

「帰蝶ははいいところに嫁いだ、見事なたわけじゃ」

信長をいたく気に入った道三は、信長を門まで見送り、寺を後にするのでした。

KAMUIKAMUI

美濃にもそんな男が…道三のことなんですね。信秀の若い頃に似ているとも言われましたが、道三も信長は自分に似ていると感じます。みんな揃って野心家!しかし、信長は相当…賢くたわけなので奇妙。光秀様が誰のもとに行っても苦労しそうです。

商人へのあたりのきつさ。藤吉郎(佐々木蔵之介)が復讐心を燃やす

駿府の豪商の元に治療に来てくれれば100貫をくれると伊呂波大夫(尾野真千子)に言われてやって来たはずなのに、スギナを煎じて飲ませていたら治ったと言われ、まったくお金をもらえなかった駒(門脇麦)と東庵(堺正章)。

仕方がなく、あちこちを回ってお金を稼ぎます。

その途中で薬が切れたので、駒は薬の買い出しに。

すると、味噌を売っていたハズの菊丸(岡村隆史)がそこで新人として働いているではありませんか。

またも再会できたことで、「不思議なご縁ですね」と運命を匂わせる菊丸。

その時です。藤一郎が男2人に追いかけられ、捕まると殴られ、背中に背負っていた売り物の草履と荷物をボロボロにされてしまいます。

お金も出さずコソコソと商売をしていたことが原因ですが、憎しみが消えない藤吉郎はいつか出世してこの仇をとってみせると言うのでした。

KAMUIKAMUI

この時、字を教えてくれた駒に再会してテンション高い藤吉郎。そんな二人にジェラシーいっぱいの菊丸。なんだこの三角関係は!

東庵は、今川義元(片岡愛之助)の右腕の太原雪斎(伊吹五郎)の治療へとやってくるのですが、こんな取引をされました。

駿府で暮らしやすい生活ができるよう義元に言うので、あと2年自分を生かしてほしい。あと2年あれば、尾張を討てる。

信長は油断できないが、織田家を潰すことが自分の仕事だと言う雪斎。

しかし、自分も信秀同様暴れまわるタイプなので、いつ死んでもおかしくないと思うからこそ、東庵をできるだけで手元に置いておきたいと思うのです。

KAMUIKAMUI

東庵先生も言っていますが、奇妙なお坊様だこと。

織田に援軍を送るのは拙速か。問われる光秀(長谷川博己)の答えは…

今川がまた尾張に攻め込んでくると信長はこれを迎え撃とうとしますが、まだまだ内紛に困らされる信長。

すると彼は、道三に那古野城を守ってほしいと救援の申し出を出します。

道三はこれに応じると、光安(西村まさ彦)に守護代織田彦五郎を見張らせ、光秀は信長に付き添うよう指示。

しかし、ここで高政(伊藤英明)が反対をしに登場。

織田に味方すれば、今川とこれから敵対関係になる、だから今ここで信長に救援を出すのは拙速だと進言します。

同意できないなら家で寝ていろ、と聞く耳を持たない道三。

これだけ言えるのは、自分自身の目で織田信長を見て話をしたからです。

甘く見るとみんな信長にひれ伏すことになる。

したたかで無垢、底知れぬ野心を持った昔の自分によく似ているからこそ気に入り、味方をしようとします。

高政は光秀にどう思うかをこの場で尋ねると、光秀もこの援軍はいささか拙速だと進言。

すると道三はハッキリと「今川は敵じゃ」と言い、光安とともに姿を消しました。

KAMUIKAMUI

この蝮の目に狂いはないのでしょうね。自分と同じ匂いをするからこそ。彦五郎なんて本気になったら3日で潰せると言っちゃいますし。くわばわくわばら。

美濃に守護がいなくなった今、この国を守るものがいないと国が潰れると思う高政は、自分が早く家督を継ぐべきだと思うようになります。

そうなれば国衆はついてくるだろうか?

「光秀、どう思う?」

光秀は、いつかは継ぐと思っていたと答えました。

KAMUIKAMUI

あのさー高政。光秀様に聞きすぎじゃない?光秀様さえ味方してくれればこっちのもの感スゴイんですけど!自分と意見違うとめちゃくちゃ怒るし。友達だったらめんどくさいです。そこまで聞くなら摂関政治させるぞ!って言いたくなります。

今川軍と織田軍が衝突した村木砦の戦いは、信長が鉄砲を使って戦をしたことが功を奏し、織田軍が勝利をおさめました。

しかし、死んだ家臣の亡骸一人一人見ては「お前もか」と嘆き、快勝とはいきませんでした。

KAMUIKAMUI

延暦寺焼き討ちなど、織田信長は魔王と呼ばれるような殲滅戦が多く、血も涙もないというイメージがなんとなくありました。もしかしたらこのドラマ、織田信長のイメージも覆すのではという期待を感じます。

深芳野(南果歩)が逝き、高政(伊藤英明)に家督を譲る

高政が干し柿を持って深芳野(南果歩)の部屋へと行くと、彼女の姿はありません。

部屋には貝合わせをした痕跡と、大量に酒を飲んだ跡があるだけでした。

急いで探すも、深芳野は川辺で息を引き取っていたのです。

深芳野の亡骸を抱いて嘆く道三。

すると高政は、母はずっと1人だったと言い始めます。

この部屋で来る日も来る日も道三を待っていたが、小見の方ばかり目をかけるから深芳野は飼い殺しにされたのだと訴えるのでした。

そして申し訳ないと思うなら、喪に服す前に母の望みであった自分に家督を譲れと迫り、道三はこれに応じるのでした。

KAMUIKAMUI

家督は前から高政にと思ってたはずなのに聞いてないと言う高政。しかし、本妻の方ばっかりいってこっちに来ないって文句言われても…。そして深芳野の一番の原因は高政だったような気も…。父親違うっていうのによく言ったなこの息子。

『麒麟がくる』第14話まとめ

こんな形で家督を継がせて良かったのでしょうか?という気持ちになってしまった。

高政は信長が噂でうつけ、たわけていると思うだけで、もっと深いところが見えていません。

しかも、今川を敵に回したくないという気持ちでいっぱい。変わろうとしていないのです。

戦国大名って、この変化を察知してのし上がることができたからこそ、守護大名を押しのけて上に立つことができる、出る杭であろうとも国を豊かにしようとするのです。

これが高政にできるのだろうか…ちょっと疑問です。

そして国同士の争い、親子喧嘩、身内喧嘩が白熱しすぎて光秀様の存在が若干薄い。

セリフ、そんなあったっけ?くらいに思えるくらいに薄いです!

帰蝶が光秀様のこと好きでしたものねーと嫁の煕子(木村文乃)に笑われたくらい。

もうそろそろ光秀様自身も何か動きがあってもいい気がするので、それを期待したいです!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第15話も続けて読む▼