『麒麟がくる』第13話あらすじ・ネタバレ感想!帰蝶が織田の命運を賭けた大勝負に出る

『麒麟がくる』第13話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:U-NEXT

道三(本木雅弘)が頼芸(尾美としのり)と戦をすると決断してからというもの、光秀(長谷川博己)は悩み続けます。

そして、身内同士が殺し合い国を亡ぼす戦をしたくないという旨を伝えると、道三から驚きの答えが返ってきました。

また、信秀(高橋克典)が死去したことで信長(染谷将太)が家督を継いだのですが、おかげで今川に加え、守護代や分家の親戚にも攻め込まれて大変な状態に。

そして、帰蝶(川口春奈)を通じて道三から信長に一度会って話がしたいという文が届くと、信長はこれを拒否。

すると帰蝶は、それなら同盟を解消し美濃に戻ると言います。

美濃のマムシと呼ばれた男が直接会おうという意図を考える信長。

そして帰蝶も、父が信長を気に入るように、策を持ち掛けるのでした。

身内同士のもめごとで頭を悩ませる中、帰蝶だけが父をどっしりと待ち受ける姿が素晴らしい!そう思える回です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『麒麟がくる』前回第12話のあらすじと振り返り

『麒麟がくる』第12話あらすじ・ネタバレ感想!光秀が煕子にプロポーズ。そして時代が大きく動く!

出典:U-NEXT

幼い頃に結婚の約束をした女性・煕子(木村文乃)との結婚を決めた光秀(長谷川博己)。

明智家はお祝いムードになっていましたが、土岐頼芸(尾美としのり)が鷹を使って道三(本木雅弘)を殺そうと動き出しました。

激怒した道三は息子の高政(伊藤英明)や光秀たち家臣を集め、土岐と戦をすると宣言するのでした。

一方の織田家では、信秀(高橋克典)から家の家督や領土に関する話をされると、戦の拠点となる城が自分に譲られず、信長(染谷将太)は苛立ちます。

何を言っても信秀が母・土田御前(檀れい)の言いなりであることから、どれだけ家のために尽くしても不遇な扱いしかされずに悲しむと、帰蝶(川口春奈)は病床の信秀に本音を聞きだします。

すると、信長が幼い頃の自分に似ていて可愛がっているという話を聞き、信長は織田家を継ぐ者としての決意を固めました。

それから数日後、信秀は東庵(堺正章)と双六ができるとわかるなり、起き上がって待ち、そのまま静かに息を引き取りました。

【ネタバレ】『麒麟がくる』第13話あらすじ・感想

道三(本木雅弘)は嫌いだが恩がある!身内争いをしたくない光秀(長谷川博己)の訴え

道三(本木雅弘)が頼芸(尾美としのり)と戦をすると宣言してからというもの、光秀(長谷川博己)は1人家にこもり、ぼーっと考え事をする日々。

煕子(木村文乃)が聞いても何も答えないので、彼女は義母の牧(石川さゆり)に相談。

しかし、3日くらいは放っておき、それが過ぎてもあの状態ならまた考えましょうと言われます。

KAMUIKAMUI

光安(西村まさ彦)は、母に言えないことも嫁になら言うだろうと思ってくっつけたわけですが、結局嫁にも言わないんですね。

数日後、鉄砲のことで話があると嘘をつき、光秀は道三と話す機会を手に入れました。

「戦をしてほしくない」「自分は守護代である頼芸につくかもしれない」と話すと、道三は「そんなにみんなわしが嫌いか!」と言います。

『麒麟がくる』第13話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:U-NEXT

「どちらかというと嫌いです!しかし、恩義があります。」

KAMUIKAMUI

上司だろうが主君だろうが、本人目の前にしてあんたが嫌いだと言い切りますか光秀様(笑)

美濃国内で、身内同士での争いはしたくない。

道三のことは嫌いだが、明智家を取り立ててくれたり、鉄砲を学ぶために京や堺に行く許可をくれたりしたことに恩を感じている光秀だからこそ、弓を向けたくないと言います。

KAMUIKAMUI

そのあと旅費を対象首二つで返せと言ったこともきっと忘れていない!

光秀の訴えを聞いた道三は、そもそも戦をする気はないと言います。

しかし、土岐頼芸には「美濃を出て行ってもらう」「手は打ってある」と道三は静かに光秀に言うのでした。

そして鷺山では、頼芸が鷹狩に出かけようと準備をしていた時のことです。

大好きな鷹が一匹残らず殺され、恐怖を覚えた頼芸は放心状態になり、美濃を去って行きました。

KAMUIKAMUI

「手は打ってある」の言い方がゾッとしましたが、その手がこれ!マムシの脅威、思い出すだけで背筋が今でもゾッとします。

頼芸(尾美としのり)が美濃を出ていったことで正気を失う高政(伊藤英明)

愛鳥の鷹たちを殺されたことで裸足で逃げ出した頼芸。

高政(伊藤英明)が頼芸のために戦うと言いにくるも、肩透かしに遭ってしまいました。

頼芸を脅かしで追い出した道三に苛立った高政は、正気を失った状態で深芳野(南果歩)と楽しく酒を飲む道三の元へ行くと「安物の正気だ」と笑われる始末。

「真の父上がいなくなった」「私は土岐家の人間だ」と豪語すると、深芳野は高政を叱り、彼の頭を無理やり床に押し付け、謝らせようとしました。

KAMUIKAMUI

深芳野はとにかく高政に家督を継いでほしいという旨が時々見えていました。それが、ここで高政が反抗したことで計画が崩れると思うと必死になるわけです。

詫びよ詫びよと何度も言う深芳野。

反省をする気のない高政。

家督を継がせるにはまだ早いかと道三が言葉を残してその場を去ると、深芳野は泣き崩れるのでした。

KAMUIKAMUI

史実でも頼芸の子だという説があるのですが定かではないようす。しかし、この高政は頼芸より道三に似ていると思います。なんとなく。

字が読めない猿。木に登り、今川の元で一旗揚げると宣言する

伊呂波大夫(尾野真千子)の依頼で駿河へと足を運んでいた東庵(堺正章)と駒(門脇麦)が目にしたのは、織田に攻め入らんとしている今川の大群でした。

その大軍を眺めていると、1人の行商人・藤吉郎(佐々木蔵之介)が駒の元へと駆け寄って本を差し出し、何が書いてあるか教えてくれと言ってきました。

すると駒は、「初心の人 二本の矢を持つことなかれ」と読み上げると、男はこれをスイスイ理解します。

KAMUIKAMUI

とりあえずこの行商人、荷物が大きすぎて、ぶら下げている瓢箪が気になりますね。

信秀が亡くなり、たわけた息子が家督を継いだことで、今川は織田を叩き潰そうと動き出したと話す男。

そして、これからは今川の世。

だから自分は今川の元で一旗揚げるのだと、木に登って高らかに宣言するのでした。

KAMUIKAMUI

わー、まるで猿だ―。それもそのハズ、この男は戯けた織田の息子・織田信長(染谷将太)に猿と呼ばれる、後の豊臣秀吉なんですからねぇ。

四面楚歌の信長(染谷将太)。道三(本木雅弘)と会うことになり、帰蝶(川口春奈)が一計

信秀(高橋克典)から家督を継いだ信長。

すると、今川に攻められ、守護代の彦五郎からも攻め込まれ、四面楚歌状態となっていました。

重鎮の1人は事態を治めるために腹を切りましたが、それは早まった行為だと信長は呆れます。

そんな中、帰蝶(川口春奈)を介し、道三が信長と一度会いたいと言い出したのです。

同盟の解消であれば直接会う必要もない。

ということは、自分をそこで殺し、尾張を手に入れようという算段ではないかと信長は考え、これを断ります。

しかし、断れば和睦は消え、帰蝶も美濃へ帰ることになると言われ、信長は会うことを決意するのでした。

一方、道三も自分が信長ならば茶に毒を持って殺すことを警戒すると光秀に話します。

KAMUIKAMUI

そう思うというか、あなた過去にやってますから!

しかし、娘の婿にそんなことをする気はないという道三。

彼が信長に会いたいと言い出したのは、守護代・織田彦五郎から一緒に信長を殺そうと話を持ちかけられたからでした。

だからこそ道三は、どっちと手を結ぶべきかを考えるため、信長と会おうと思ったのです。

聖徳寺で会見をすることになった道三と信長。

しかし、道三は先に寺に入らず、富田の小さな小屋で信長を一度この目で見てから考えることに。

信長の顔を知らない道三は光秀を共につけ、本物かどうかを見極めさせ、連れている兵が少なく、信長がつまらない男だと分かれば会わずに帰ると考えます。

KAMUIKAMUI

どこまでも警戒心が強い道三。持ち掛けておいて待ち伏せますか。

いざ信長がやってくると、道三も光秀もその光景に驚かされます。

わずかな兵でやってくると思いきや、信長の前には300もの兵。

そして信長自身は馬の上に乗り、野菜にかぶりつぎながらやってくるのでした。

これこそが帰蝶の計りごと。

新しいものを好む道三の趣向を把握している帰蝶は、いつもの恰好で向かうよう言います。

そして、信秀の葬儀の際に舞を見せに来た伊呂波大夫が兵を集めることに秀でていると聞くなり、彼女の元を訪れ、お金を積んで兵を集めさせたのです。

兵を速やかに集めること、精鋭を集めること、鉄砲も用意することを依頼すると、伊呂波大夫からは「高くつきます」と言われますが、帰蝶はたじろぎません。

伊呂波大夫の前に高価な巾着を一つ、また一つと落としていくのでした。

KAMUIKAMUI

手付じゃと言ってほほ笑む帰蝶。道三と違ってケチではないが、人の心を動かす術をよくお分かりです。

『麒麟がくる』第13話まとめ

信秀が亡くなってうつけの信長が家督を継げば、どうにかして丸め込んで港を手に入れると言っていた道三。

美濃の身内戦争も精神攻撃で終了させ、次は尾張となったわけですが、マムシとうつけが会ったらどうなるのでしょう。

そして、光秀様がとう立ち回るのかも見どころです。

今回思ったのは、高政も帰蝶もしっかりと道三の血を受け継いでいることでした。

斎藤家の家督も、これからどうなっていくのか。

そして、ついに出てきました藤吉郎もこれからどうやって信長の元へとやってくることになるのか、すべてが楽しみです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第14話も続けて読む▼