『完全なる飼育 étude』本シリーズ歴代俳優・監督からの応援コメント到着!今作も出演の竹中直人が見どころを語る!

『完全なる飼育 étude』本シリーズ歴代俳優・監督からの応援コメント到着!今作も出演の竹中直人が見どころを語る!

©SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

1999年の第1作目以来、劇映画として数々の衝撃作を送りだしてきた『完全なる飼育』シリーズが、いよいよ9作目となる最新作、『完全なる飼育 étude』として誕生し、11月27日(金)に公開されます!

この度、これまでの『完全なる飼育』シリーズの出演俳優より応援コメント及び、本シリーズ7作品に出演する竹中直人より本作の見どころコメントが到着!

そしてこれまでの『完全なる飼育』シリーズにてメガホンをとった監督たちからもメッセージが寄せられました!

あわせて今回見どころコメント寄せた竹中直人の新場面写真も解禁となります。

『完全なる飼育 étude』本シリーズ歴代俳優・監督からの応援コメント到着

俳優・映画監督/竹中直人(11月27日公開『完全なる飼育 étude』出演、シリーズ1~5,7,8作目出演)

今作は台湾での撮影だけど、ロケ場所の無国籍感に驚いた。

今であり今じゃない、いつの時代かわからない、別空間のような不思議な映像が撮れたんじゃないかと思う。

映画は一つの絵である。

絵作りがとても楽しくできている不思議な日本映画になった。

Galleryギャラリー

俳優/緋田康人(シリーズ2作目『完全なる飼育 愛の40日』出演)

人の心の闇に光をあてて

女性ならではの

恐怖の香りがする様な

気がする。

俳優/佐野史郎(シリーズ6作目「完全なる飼育 赤い殺意」出演)

全編台湾ロケのシリーズ最新作は、国を、宗教を、入れ子にして俳優に託し、日本の現在を赤裸々に突きつけた。

劇中劇の向こうから、宝塚歌劇団の身体をめくり返した月船さららが近代芸能史を纏って身を晒し、シリーズを司る竹中直人に問い直す。

「なぜ演じるのか!?」と。

映画監督・演出家/深作健太(シリーズ7作目『完全なる飼育 メイド、for you』監督)

人と人の距離が問われる時代。

いまカルトな映画を作る事は難しい。

シリーズの伝統にのっとりながらも美しく、女と男のdrama〈芝居〉を解き明かしてゆくétude〈即興劇〉。

これは、最も新しい『完全なる飼育』だ。

映画監督/片嶋一貴(シリーズ8作目『TAP 完全なる飼育』監督)

霞んだ海と浜辺、クルクル回る風力発電のプロペラ、そして光る十字架…何気に切り取られた風景が、人生という舞台でアタフタする人間たちの業と贖罪と赦しを象徴しているようで、妙に落ち着きを失って息が荒くなる自分がいました。

いよいよシリーズも深い領域へと…。

女優/有森也実(シリーズ8作目『TAP 完全なる飼育』出演)

舞台は狂った人がたくさんいます。

狂っていないと狂え狂えとけしかけられます。

演出家も役者も一緒になって、狂おしい世界に突入していきます。

だから、この映画は生々しくてリアル。

飼育するもされるも、私たちが自由を求めるための、愛の交歓なのかもしれません。

『完全なる飼育 étude』概要

『完全なる飼育 étude』情報解禁!今度は女が男を「飼育」!月船さらら×市川知宏が体当たりで挑む!

©SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

監督・和田勉×脚本・新藤兼人による1999年の第1作以来、劇映画として数々の衝撃作を送りだしてきた『完全なる飼育』シリーズ。

ノンフィクション作家・松田美智子の小説『女子高校生誘拐飼育事件』を原作に、孤独な少女と孤独な中年男との歪んだ純愛を描いてきた究極のラブストーリーが日本国内だけでなく、アジア各国をはじめ全世界で公開し、話題を呼んできました。

7年ぶりになるシリーズ待望の新作は、劇中の舞台「完全なる飼育」の物語の中で繰り広げられる“飼育”と、その舞台に挑む若手俳優を演出家が稽古という名の“飼育”をする二重構造。

また、これまでのシリーズ作品とは異なり、女性が青年を飼育するかつてない斬新な試み。

『完全なる飼育 étude』

©SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

オール台湾撮影が行われ、映倫よりR-15指定を受けた俳優たちの生々しく激しい体当たり演技と、台湾ならではの美術セット、艶やかで美しい極彩色に彩られた舞台照明および衣装が、男女の間のサディスティックな世界感をより一層際立たせます。

これまでの『完全なる飼育』シリーズ作品よりも一段と「美」と「エロス」が見事に融合した、唯一無二の『完全なる飼育』になりました。

『完全なる飼育 étude』

©SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

本作のメガホンをとったのは加藤卓哉監督。

東映東京撮影所に所属し、『劔岳 点の記』(木村大作監督)、『あなたへ』(降旗康男監督)、『くちびるに歌を』(三木孝浩監督)などの助監督を経て、TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015準グランプリ受賞企画『裏アカ』(2021年春公開予定)で長編映画デビューし、本作が2作目の長編映画となります。

本作の主演として、近寄りがたい孤高の存在であり強さと妖艶さを兼ね備えた女性演出家・小泉彩乃役を務めたのは、月船さらら

元宝塚歌劇団月組男役スターとして活躍し、退団後は映画祭で最優秀新人賞を獲得するなど映画や演劇等で幅広く活躍する実力派女優が、今回はサディスティックに自らの表現をとことん追求しながら、どこかに脆さを抱えた演出家を見事に演じ上げました。

若手俳優・篠田葵役を務めたのは2008年『第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で過去最多の15,000人の応募者の中からグランプリを受賞した市川知宏

銀の匙 Silver Spoon』(14/吉田恵輔監督)『好きっていいなよ』(14/日向朝子監督)などの実写化作品に出演。

初主演映画となる今作に懸ける思いは強く、過激な稽古に耐え自らの限界に挑む俳優という難しい役どころを地でいくような壮絶かつ迫真の演技を見せました。

『完全なる飼育』の第1作に主演し、これまでのシリーズ全8作中、7作に出演する竹中直人も今回出演します。

『完全なる飼育 étude』作品情報

『完全なる飼育』

©SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

出演:月船さらら、市川知宏、金野美穂、寺中寿之、永井すみれ、松井るな、竹中直人
監督:加藤卓哉
原作:松田美智子
脚本:山本浩貴
企画:中沢敏明
プロデューサー:厨子健介、柘植伊佐夫、花田聖
音楽:石川潤
撮影:池田直矢
照明:舘野秀樹
録音:高島良太
美術:神田諭(A.P.D.J)
スタイリスト:橋本ゆか
ヘアメイク:会川敦子
編集:菊池智美
VFX:鹿角剛
助監督:山口晋策
挿入曲:Theatrical Odyssey of BALLET APOLLOアルバム「幻想連鎖 fantasmagoria」
挿入歌:ドクロズ「とんでって」「ちょっと死ぬ」
特別協力:樊賜生文教基金會、嘉義大林萬國戲院、德旺商旅
制作・製作:セディックインターナショナル、SEDIC-DILON
配給:「完全なる飼育 étude」宣伝委員会

あらすじ


イギリスの演劇界で名を成した後、日本に凱旋帰国。

その前衛的な作風で演劇界の寵児として一世を風靡した女性演出家・小泉彩乃(月船さらら)。

しかしながら、ここ数年は観客動員が伸び悩み、とことん追い込むその演出スタイルは俳優からも敬遠されている。

新作舞台「完全なる飼育」の公演初日を2日後に控えている中、サディスティックな演出についていけなくなった主演俳優が突如降板してしまう。

代役のオーディションがすぐさま行われたが、なかなか決まらない。

もはや中止にするしかない。

諦めた彩乃が劇場を後にしようとした時、一人の⻘年・篠田蒼(市川知宏)がやってくる。

演技が上手いとは到底見えない蒼に、もうオーディションは終わったと言い、追い返そうとする彩乃。

だが、蒼は、何とかオーディションを受けさせて欲しいと懇願する。そのすがるような眼差しに血が騒ぐ彩乃。

そして、二人きりの過酷な舞台稽古が始まる──。

舞台「完全なる飼育」は、実際に起きた女子高生誘拐監禁事件に着想を得た、江戶時代、藩主の娘・菊姫を貧しい鍛冶職人が拉致・監禁し、次第に二人に恋愛感情が芽生えるという前衛時代劇。

蒼に対して、稽古という名の容赦ない“飼育”をしていく彩乃。

“飼育”を経て、やがて、蒼の演技は徐々に凄みを増し…ついに、二人の関係は逆転するのだった。

完全なる飼育 étude』は2020年11月27日(金)ヒューマントラスト渋谷他公開決定!

▼あわせて読みたい!▼