『邪神ちゃんドロップキック’』第8話あらすじ・ネタバレ感想!魔界のお祭りが開催!邪神ちゃんは人間界に残り…

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

メデューサたちが魔界のお祭りに行っている間、人間界で一人寂しく過ごす邪神ちゃん。

魔界のみんなは、自分のことなんてどうでもいいのだとネガティブになっていました。

そんな邪神ちゃんに元気を出してもらおうとゆりねがお小遣いを渡します。

しかし、金にがめつい邪神ちゃんがそれを断るほど傷心していました。

『邪神ちゃんドロップキック’』前回第7話のあらすじと振り返り

『邪神ちゃんドロップキック’』第7話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

前回第7話では、ぴのが天界お菓子作りコンテストのグランプリであることが判明しました。

邪神ちゃんたちにアップルパイをおすそ分けしますが、そこで振舞われた邪神ちゃんチーズケーキのおいしさに震え、対抗心を燃やしながら負けじとお菓子をつくっていました。

一方、邪神ちゃんはフリマアプリで本物のゴミを売っていました。

【ネタバレ】『邪神ちゃんドロップキック’』第8話あらすじ・感想

邪神ちゃん、ミノスとの出会い

邪神ちゃんの幼少期の記憶からスタート。

邪神ちゃんのクラスに、ミノスが転校してきます。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

ミノタウロス族は力持ちで狂暴な一族だと認知されており、クラスメイトはミノスを怖がって避けるようになります。

クラスに馴染めず、一人で遠くからクラスメイトを眺めているミノスの元へ、邪神ちゃんはメデューサを連れて話かけます。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

ミノスは自分といると他の友達がいなくなるぞと邪神ちゃんに忠告しますが、邪神ちゃんはそれを否定します。

「ミノタウロス族は、力持ちの心優しい一族と私は聞いていますの。みんな勘違いしているだけで、一緒に遊べば誤解も解けますの」とミノスを遊びに誘い、その後クラスメイトに混じってドッジボールをして遊びます。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

羽目を外した邪神ちゃんとミノスと、巻き添えをくらったメデューサは担任の先生に叱られ、バケツを持って廊下に立たされてしまいます。

そんな状況を自分たちで笑い飛ばし、こうして3人は仲良くなりました。

merikomeriko

こんな風に友達になったのですね!邪神ちゃんがメデューサを親友だと言ってミノスに紹介したのが個人的にはグッときました。メデューサのこといじめてばかりだけど、親友という認識をしているんですね…!

邪神ちゃんが珍しくナイーブに…

「なーんてこともあったなぁ」と、時は現在へ。

邪神ちゃんは、このアニメ始まって以来の元気のなさ。

邪神ちゃんの元気のない原因は、メデューサたちが魔界の祭りで1ヶ月ほど人間界に来ていないこと。

本人は否定していますが、ゆりねがズバリと当てて見せました。

邪神ちゃんは現状、魔界に帰ることができないので、人間界で一人寂しく待っているしかないのです。

ゆりねが電話してみればと提案しますが、邪神ちゃんは祭り中に電話なんて野暮なことはできないと、我慢します。

ネガティブ思考になっている邪神ちゃんは、「私なんていないも同然ですの」などと言い出し落ち込んでいます。

話題は邪神ちゃんの両親の話へ。

なんと、邪神ちゃんは日本でいう財閥の娘だということがわかりました。邪神ちゃんはお嬢様だったのです。

祭りに帰ってこない娘のことを心配してるかもしれないからと、ゆりねが邪神ちゃんに携帯電話を貸します。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

邪神ちゃんは期待で目を輝かせながら両親に電話をかけますが、一瞬で切られてしまいます。

元気を出してもらおうと、ゆりねはお小遣いを渡しますが、傷心した邪神ちゃんはそれを断って散歩に出掛けます。

ゆりねはお金を受け取らない邪神ちゃんを見て、相当落ち込んでいるのだと気に掛けます。

merikomeriko

邪神ちゃんがいいとこのお嬢様!ゆりねも視聴者もびっくりの情報です。しかし、なぜか邪神ちゃんは『お嬢様』ということをかなり否定していました。

孤独を感じる邪神ちゃん

パチンコに負け、お昼に安いカレーを一人で食べる邪神ちゃん。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

すると、ミノスとメデューサの幻覚が見えます。

静かな神保町でドロップキックを連発する邪神ちゃんは、コンビニでアイスを買って、ベンチで休憩することに。

そこに、アルバイト中のぽぽろんが通りかかります。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

雑談をしたのち、ぽぽろんは邪神ちゃんの元気がないことに気が付きます。

すると邪神ちゃんは、「もしぺこらが天界に帰っちゃって自分だけが人間界に残されたら寂しいか」という質問を投げかけます。

ぽぽろんは「全然寂しくないけど」と答え、邪神ちゃんは素っ気ない態度でその場を去ります。

邪神ちゃんの質問を反芻したぽぽろんは、ぺこらをからかってから帰ろうとその場をあとにしました。

merikomeriko

ぽぽろんも口では寂しくないと言っていますが、考えてみたらやっぱり少し寂しいな、と思い至ったんでしょうね。ぽぽろんは強がりだけどそこが可愛いですね。

邪神ちゃんを元気づけたいゆりね

邪神ちゃんが家に帰ると、ゆりねがパーティーグッズ売り場に置いてあった安っぽいコスプレをしていました。

ゆりね曰く悪魔の衣装なのですが、邪神ちゃんは悪魔じゃなくて虫歯のイラストのばい菌だろを馬鹿にします。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

本物の悪魔である邪神ちゃんは、「それで悪魔だなんて、悪魔を侮辱していますの!」と怒り出します。

それに対し、ゆりねは「だったらあんたが作ってみなさいよ」と挑発します。

邪神ちゃんは張り切って衣装を作り始めました。

完成した悪魔の衣装をゆりねに着せて大満足の邪神ちゃん。ゆりねも気に入った様子。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

2人でわちゃわちゃしている間に、メデューサたちが魔界から帰宅しました。

邪神ちゃんは「お前が魔界に帰っている間、静かで良かったのに残念ですの」とツンツンした態度を取りますが、メデューサは「素直じゃないなぁ」と、邪神ちゃんの本心を見抜きます。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

その夜、邪神ちゃんとメデューサとミノスで、夕飯を作ることに。

邪神ちゃんは口には出しませんが、とても楽しそう。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話

(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック’製作委員会

そんな邪神ちゃんを見て、ゆりねも安心したように微笑みます。

merikomeriko

邪神ちゃん、よかったね!寂しがり屋の邪神ちゃんと優しいゆりねのコンビ、とてもいいですね。日頃から殺し合いをするような仲なのに、なんだかんだ仲良しですね。

『邪神ちゃんドロップキック’』第8話まとめ

邪神ちゃんは普段が人使いが荒くクズな分、他人に対する愛が垣間見えると何倍も綺麗に見える魔法にかかる気がします。

今回も邪神ちゃんの心の弱い部分がちらりと見えて、可愛いところもあるということを確認できました。

次回はキョンキョンのお話でしょうか…?

人間になりたいキョンキョンと、パンダになってしまったランランの呪いのことが掘り下げられるといいですね!気になります!

▼次回第9話も続けて読む▼