『糸』あらすじ・キャスト・感想まとめ!中島みゆきの名曲に乗せて描く菅田将暉&小松菜奈のラブストーリー!

『糸』あらすじ・キャスト・感想まとめ!中島みゆきの名曲に乗せて描く菅田将暉&小松菜奈のラブストーリー!

出典:『糸』公式ページ

平成10年(2009年)にリリースされ、今や多くのアーティストにカバーされ続けている中島みゆきの名曲「糸」。

この楽曲を基に『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久監督と平野隆がオリジナルストーリーを創り上げました。

主演には『溺れるナイフ』『ディズトラクション・ベイビーズ』に続いて3度目の共演となる菅田将暉小松菜奈

共演に山本美月高杉真宙馬場ふみか倍賞美津子永島敏行竹原ピストル山口紗弥加二階堂ふみ松重豊田中美佐子成田凌片寄涼太斎藤工榮倉奈々といった幅広い年代の豪華キャストが並びました。

物語は北海道から始まり、東京、沖縄、シンガポールへと拡がり、初恋から再会、そして新たな成長が描かれています。

村松 健太郎村松 健太郎

今回、一足先にマスコミ試写で作品を見る機会がありましたので、『』の作品紹介&レビューとしてまとめていきたいと思います。基本的にネタバレはありません。

『糸』作品情報

『糸』

(C)2020映画「糸」製作委員会

作品名
公開日 近日公開予定
上映時間 130分
監督 瀬々敬久
脚本 林民夫
原案 平野隆
出演者 菅田将暉
小松菜奈
山本美月
高杉真宙
馬場ふみか
倍賞美津子
永島敏行
竹原ピストル
山口紗弥加
二階堂ふみ
松重豊
田中美佐子
成田凌
片寄涼太
斉藤工
榮倉奈々
音楽 亀田誠治
主題歌 中島みゆき『糸』

『糸』あらすじ


北海道、美瑛の丘の花火大会で出逢った漣と葵は恋に落ちます。

13歳の初恋でした。

ただ、葵は義父からの虐待を受けていて、いつも怪我を抱え、学校も休みがちです。

中学を出たら、家を出て働き一人になる、それまでは我慢するしかないという葵。

それを聞いた漣は葵の手を取って駆け落ちをします。

しかし、中学生の逃避行は長続きせず、忍び込んだ山荘を出たところで警察官に見つかり離ればなれになります。

8年後共通の友人の結婚式で再会を果たす2人。

ただ、葵には交際中の若手企業家の水島がいて、漣にも美瑛のチーズ工場の同僚の恋人・香がいました。

(C)2020映画「糸」製作委員会

7年ぶりの再会もぎこちなさだけを残して、2人は別れてしまいます。

その後、漣は香と結婚し、娘を授かりますが、その一方で香の癌が発覚します。

一方、リーマンショックの影響で会社をつぶした水島を追いかけて沖縄まで行った葵ですが、結果として水島と別れることに。

そんな時、友人の玲子に誘われてシンガポールでネイリストとして働くようになります。

(C)2020映画「糸」製作委員会

やがて、会社を興した葵と玲子ですが、玲子の無茶な投資で会社は経営難に陥り、葵は周囲を整理すると日本に戻ってきます。

一方、チーズ職人として国際コンクールに挑み始めた漣は、病身の香を支えながら北海道で暮らしていました。

『糸』

(C)2020映画「糸」製作委員会

しかし、香りの病は悪化、漣と娘を残してこの世を去ります。

そして平成30年、2人に大きな転機が訪れます。

『糸』キャスト情報

菅田将暉 / 役:高橋漣

(C)2020映画「糸」製作委員会

  • 北海道生まれ、13歳の時に葵と運命的な出逢いをするものの、離ればなれに。
  • 成人してからは美瑛のチーズ工場で働くことになり、そこで後に妻となる香と出逢います。

村松 健太郎村松 健太郎

挑戦的な役柄が多かった菅田将暉が、今夏は等身大の青年を演じて、新しい顔を見せてくれます。

小松菜奈 / 役:園田葵

(C)2020映画「糸」製作委員会

  • 北海道美瑛で育ち、漣と運命的な出逢いをしますが、義父からの虐待を理由に北海道を去っていきます。
  • 頼るものがなく金銭的にも苦しい中で企業家と交際したり、シンガポールで起業したりと波乱に満ちた人生を送りますが、常に心の片隅は漣の存在がありました。

村松 健太郎村松 健太郎

小松菜奈菅田将暉とは3度目の共演となることもあって、息の合った演技を見せてくれます。

榮倉奈々 / 役:桐野香

(C)2020映画「糸」製作委員会

  • 漣の働くチーズ工場の先輩で、後に漣と結婚し、娘を授かります。
  • 一方で震災の年に腫瘍が見つかり闘病生活に。

村松 健太郎村松 健太郎

今作の榮倉奈々は漣と出逢ったばかりの頃は溌剌とした姿を見せる一方で、病に倒れてからは大幅に減量して撮影に臨んでいます。

斎藤工 / 役:水島大介

(C)2020映画「糸」製作委員会

  • 金融関係の社長を務める若き企業家
  • 年齢をごまかしてキャバクラで働く葵と出逢い、彼女と暮らすように
  • 大学の学費を出すなど全面的なバックアップをするものの…

村松 健太郎村松 健太郎

斎藤工がスマートな企業家と、ある事がきっかけでがらりと変わる二つの顔を見せてくれます。

成田凌 / 役:竹原直樹、二階堂ふみ / 役:山田利子

(C)2020映画「糸」製作委員会

  • 竹原は漣の幼馴染で、葵とも親しい友人関係を築く
  • 利子はバツイチとなった竹原の新たな恋人として登場

村松 健太郎村松 健太郎

他にもシンガポールで葵とともに起業する仲間に山本美月高杉真宙。メインキャラクターを囲む大人として永島敏行竹原ピストル山口紗弥加松重豊田中美佐子が登場します。

『糸』感想

約30年の平成という時代の終わりは、物語の作り手の創作意欲を掻き立てるのかもしれません。

今年の2020年3月に公開された波瑠成田凌主演の『弥生、三月-君を愛した30年-』も同じ構造の映画でした。

(C)2020「弥生、三月」製作委員会

村松 健太郎村松 健太郎

両作品を見比べてみるのも楽しいと思います。

本作『』でも平成元年に生まれた二人の男女が30年間を悩み、傷つき、恋をしながら生き抜いていく姿を描いています。

時代時代の出来事としてアメリカ同時多発テロ、リーマンショック、東日本大震災などが描かれ、細かいところで言えば携帯電話がガラケーからスマホに変わっています。

『糸』

(C)2020映画「糸」製作委員会

どの時代もふりかえってみれば同じことが言えるのかもしれませんが、平成の約30年は大きな事件が多く、それに翻弄される人も多かったと思います。

村松 健太郎村松 健太郎

令和の時代も始まって早々新型コロナウィルスの感染拡大という大きな出来事の真っ最中ですが、いずれは振り返る形で語られる日が来るのかもしれませんね。

『弥生、三月-君を愛した30年-』あらすじ・キャスト/監督まとめ!『同期のサクラ』脚本家が描く30年間の物語

『糸』だけじゃない楽曲から生まれた映画

今やスタンダードナンバーとなった感のある中島みゆきの「糸」。

過去にも総セールス以上に世間に世代を超えて広く愛された楽曲を基にした映画が作られてきました。

おすすめを紹介します。

『涙そうそう』

森山良子が作詞し、BEGINが作曲した楽曲を2001年に夏川りみがカバーしたことで一気に知名度が上がり、結果として150週以上もオリコントップ100位以内に入る大ヒット曲となりました。

もともと、森山良子が若くして亡くなった自身の兄を思って作った歌詞と言うこともあって、妻夫木聡長澤まさみによる兄妹の物語になっています。

『涙そうそう』が見れるサービス一覧

『ハナミズキ』

一青窈の代表曲からインスパイアされて製作された新垣結衣の純愛ラブストーリー。

生田斗真向井理井浦新薬師丸ひろ子らが揃った男女の別離れと再会の物語で『』に近い映画になっています。

『雪の華』


中島美嘉の大ヒットバラードで徳永英明のカバーバージョンも知られている「雪の華」。

病を抱え残り少ない人生を過ごすことになった中条あやみが最後の望みである、恋人のとの日々を過ごそうとする物語で相手役には登坂広臣が出演しています。

『雪の華』が見れるサービス一覧

『雪の華』あらすじ・ネタバレ感想!登坂広臣×中条あやみ、珠玉のラブロマンスに胸キュンと感涙必至

『キセキ -あの日のソビト-』


『糸』にも出演している菅田将暉成田凌が出演した覆面バンドGReeeeNのの誕生の物語

菅田将暉、成田凌以外にも松坂桃李横浜流星杉野遥亮、忽那汐里など豪華メンバーが揃い、劇中でバンドを組んだメンバー(菅田、成田、横浜、杉野)はグリーンボーイズ名義で現実の世界でもCDデビューも果たしました。

『キセキ -あの日のソビト-』動画フル無料視聴!松坂桃李、菅田将暉主演!名曲「キセキ」誕生までの実話を見る

『小さな恋のうた』


かつては琉球王国という国であり、その後占領され、今も米軍基地があったり独特の文化と音楽性が形成沖縄からもう一作品。

MONGOL800の代表曲から作られたこの映画は現在の基地問題などの沖縄の事情を背景に友との別れ、淡い初恋などが描かれた青春劇に仕上がっています。

村松 健太郎村松 健太郎

今回は5作品を挙げましたが、他にも楽曲から生まれた映画が多くあります、色々探して見比べるのも楽しいのではないでしょうか?
『小さな恋のうた』が見れるサービス一覧

『糸』まとめ

以上、ここまで『』についてまとめてきました。

コロナウイルスの影響で公開は延期になってしまいましたが、必見の壮大なラブストーリーです。