『ひとくず』待望の東京・大阪ほかでの再上映を前に、応援コメントが続々と到着!

『ひとくず』待望の東京・大阪ほかでの再上映を前に、応援コメントが続々と到着!

(c) YUDAI UENISHI

映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげているのを見て育った、「居場所のなさ」「弱者」を身をもって知っている監督・脚本・編集・プロデューサーの上西雄大が、30年以上児童相談所に勤務している児童精神科医師の楠部知子先生から「虐待してしまう大人もまた傷ついている」という実態を耳にし、傷ついた子供だけでなく、虐待をしてしまう大人にも眼を向けてあげてほしいと制作した感動のエンターテイメントです。

映画『ひとくず』再上映決定!

『ひとくず』

(c) YUDAI UENISHI

ロンドン国際映画祭で外国語部門最優秀作品賞(グランプリ)と最優秀主演男優賞(上西雄大)を受賞した本作は、渋谷・ユーロスペースにて3月14日より公開され、満席でスタート。

口コミが広がり、新型コロナウィルスの感染拡大後も客足の激減はなく、元々2週の予定だった上映期間が延長されたが、4月7日に緊急事態宣言が発令され、4月10日からの公開が決まっていたシネ・リーブル池袋も休館。

その間に、上西監督の新作『ねばぎば 新世界』(赤井英和と上西のダブル主演作)が、第8回ニース国際映画祭で外国語長編映画部門の最優秀作品賞および最優秀脚本賞を受賞し、『ひとくず』の東京での再上映が期待されていました。

そんな中で、この度『ひとくず』が、テアトル梅田にて10月16日(金)より、シネ・リーブル池袋にて10月30日(金)より公開されることが決定!

その後、名古屋シネマスコーレ(愛知)で再上映することが決定している他、京都みなみ会館、元町映画館(兵庫)、イオンシネマ茨木(大阪)、別府ブルーバード劇場(大分)、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、イオンシネマ富士宮(静岡)などで上映が決定しています。

『ひとくず』再上映に向けて多くの応援コメントが到着!

『ひとくず』待望の東京・大阪ほかでの再上映を前に、応援コメントが続々と到着!

(c) YUDAI UENISHI

また今回は、『ひとくず』の再上映に向けて俳優の奥田瑛二松原智恵子小沢仁志、奈美悦子、尚玄のほか、映画プロデューサーの奥山和由、脚本家の江良至、藤平ちゃこ、およびヨガ&瞑想講師のシュミッツ千栄子よりコメントが到着しました!

奥田瑛二(俳優・映画監督)

深層に揺れ動く善と悪。

それは誰しもが内包しています。

どれくらいの比率で陰陽が表面化するかが善人と悪人の違いであると思っています。

この映画は観て側である観客、一人一人の物語です。

人として生きていくか、人ではなく生きていくか…。

「ひとでなし!」と呼ばれたことのある人にはわからない映画になっています。

松原智恵子(女優)

映画を見てるうちに何度も何度も涙が湧き出てきました。

そしてラストシーンでは大泣きしてしまいました。
「ひと(人間の)くず」

くずにもくずになる理由がありました。

主人公と同じような環境に育ち虐待を受けている女の子、そして幼少期に親から愛情を受けずに育ち、人の愛し方を知らない女の子の母親。

偶然出会った母娘に愛情を感じながらも、乱暴な言葉と不器用な感情しか出せない主人公。

みんな不器用すぎます。

そんな3人を力いっぱい抱きしめたいと思わせる映画を作り上げた上西監督。

演技も演出もすばらしい作品です!

奥山和由(映画プロデューサー)

天才的な女の子を見つけ出したこと、そして彼女の才能をピンセットで正確につまみ出すように生かした演出力には感心させられました。

また、上西さんに在りし日の金子正次に重なる気迫を感じ、こんな時代でもまだこんな方がいることを嬉しく思いました。

最近の私はグダグダで思うような仕事ができず、もう終わっているなとさえ思うほどに自嘲的になります。

上西さんの根性をすえた映画稼業に刺激を受けました。

小沢仁志(俳優)

映画『ひとくず』いわゆる、人でなし

つまり、人でない。

悲しい映画だよ…

現代が抱える闇とは言わず、この映画みたいに人との絆はシンプルだと思います。

奈美悦子(タレント・女優)

あまりにも悲しく、切なく、苦しく、痛く、熱く、優しく

観終わったあとしばらく立ち上がる事もできないほどの感動!

涙がとまりませんでした。

江良至(脚本家)

リアルな児童虐待の連鎖の世界、それでも全編を貫く愛の物語に最後まで心を惹きつけられました。

本当に見事な脚本です!

藤平ちゃこ(脚本家)

不器用で真っ直ぐな愛が、暗くて切ない世界を仄かに照らして、夜明けのラストへと、一気に導かれました。

涙が止まらなかったです。

尚玄(俳優)

終始、少女マリから目が離せませんでした。

ここまで少女に寄り添い感情移入できたのも、ご自身も同じような境遇にあった上西さんが脚本を書き、自らが監督をし、そして主演”かねまさ”として体現したからこそだと思います。

かねまさの時の裏腹で、飾り気のない優しさに心を打たれました。

誰しもが胸に抱えている幼い頃の自分。

その自分を抱きしめて赦してあげたくなるような映画でした。

シュミッツ千栄子(ヨガ&瞑想講師)

虐待の連鎖を解き消す本来の人間の善なる力が心の奥底まで染み渡る傑作です。

いつまでも切なさは込み上げてきます!

『ひとくず』作品情報

『ひとくず』作品情報

(c) YUDAI UENISHI

監督・脚本・編集・プロデューサー:上西雄大
出演:上西雄大、小南希良梨、古川藍、徳竹未夏、城明男、税所篤彦、川合敏之、椿鮒子、空田浩志、中里ひろみ、谷しげる、星川桂、美咲、西川莉子、中谷昌代、上村ゆきえ、工藤俊作、堀田眞三、飯島大介、田中要次、木下ほうか
公式サイトhttps://hitokuzu.com/
公式Twitter@hitokuzu_movie
公式Facebookhitokuzumovie

あらすじ


生まれてからずっと虐待される日々が続く少女・鞠。

食べる物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされた鞠のもとへ、犯罪を重ねる破綻者の男・金田が空巣に入る。

幼い頃に虐待を受けていた金田は、鞠の姿に自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出す。

そして、鞠の母である凜の恋人から鞠が虐待を受けていることを知る。

虐待されつつも母親を愛する鞠。

鞠が虐待されていると確信した担任教諭は、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母の元を離れようとせず、保護する事ができずにいた。

金田は鞠を救うため虐待をする凜の恋人を殺してしまう。

凜を力ずくで母親にさせようとする金田。

しかし、凜もまた虐待の過去を持ち、子供の愛し方が分からないでいた。

そんな3人が不器用ながらも共に暮らし、「家族」の温かさを感じ本物の「家族」へと近付いていくが…。

Galleryギャラリー

10月テアトル梅田、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開!

▼あわせて読みたい!▼