アニメ映画『ヘラクレス』あらすじ・ネタバレ感想!ギリシャ神話を題材に制作されたディズニー黄金期の名作

出典:ビデオパス

ヘラクレス』はディズニー黄金期と呼ばれる90年代に制作された長編アニメーション作品。

主人公ヘラクレスの成長と戦いにフォーカスしたアクションエンターテイメント的な要素と、ミュージカル的な要素がどちらも高い水準で描かれ、今でも根強い人気を誇るディズニー映画です。

ポイント
  • 神話を題材とした異色の作風にディズニーらしさも盛り込まれた親しみやすい作品
  • ゴスペルを基調としつつソウルやR&Bを上手く融合させた上質な楽曲群
  • 物語を彩る癖が強く魅力的なサブキャラクターたち

それではさっそく『ヘラクレス』をレビューしたいと思います。

アニメ映画『ヘラクレス』作品情報

作品名 ヘラクレス
公開日 1997年7月26日
上映時間 93分
監督 ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
脚本 ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
ボブ・ショウ
ドナルド・マッケンリー
アイリーン・メッキ
出演者(声優) テイト・ドノヴァン
ジョシュ・キートン
スーザン・イーガン
ダニー・デヴィート
リップ・トーン
ジェームズ・ウッズ
音楽 アラン・メンケン

アニメ映画『ヘラクレス』あらすじ


天界の支配者ゼウスに、息子ヘラクレスが誕生した。

みなが彼を祝福する中、たった一人喜ばない黄泉の国の王ハデス。

彼は、ゼウスを倒す計画を成長したヘラクレスに阻まれるとの予言を受けていたのだ。

ハデスにより、人間世界に落とされたヘラクレス。彼は生まれた世界に帰るため、真の英雄となるべく旅立った……。
出典:allcinema

アニメ映画『ヘラクレス』を視聴できる動画配信サービス

ヘラクレス』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月7日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】アニメ映画『ヘラクレス』感想レビュー

神話を題材にした異色の作風!しかし随所に散りばめられたディズニー的要素

ディズニー映画といえば、童話を題材とした作品というイメージを持っている方も多いかと思いますが、本作『ヘラクレス』の題材はなんと“ギリシャ神話”です。

一方で、神話を題材としつつもストーリーはほぼディズニーオリジナルということもあって、公開当時はかなり賛否両論あったようですが、個人的には発想が面白くて好きです。

挑戦的なストーリーではありますが、デフォルメされた神話の登場人物たちのビジュアルはディズニーらしさ全開で楽しいです。ペガサスかわいい!

また、ヘラクレスが「真のヒーロー」を目指して愛に目覚めていく成長物語は、ディズニー作品として王道的な側面もあり、親しみやすく観やすい作品でもあります。

ゴスペルを基調としつつソウルやR&Bを上手く融合させた上質な楽曲群

本作『ヘラクレス』は、音楽でも他のディズニー作品とは一線を画す異彩を放っていると思います。

作曲は90年代ディズニー黄金期を支えた稀代の作曲家、アラン・メンケン。

90年代には『リトル・マーメイド』の「Part of Your World」、『アラジン』の「A Whole New World」、2010年代以降も『塔の上のラプンツェル』の「I See The Light」など挙げればキリがないほどディズニーの名曲を生み出してきた作曲家です。

ヘラクレス』においても“作品の顔”といえる曲「Go The Distance」は上に挙げた名曲たちと同じ路線にありますが、ここでは「Go The Distance」以外の曲に注目していきましょう。

ハイテンションなオープニングナンバー「The Gospel Truth」からラストシーンの「A Star Is Born」まで、他のディズニー作品にはないタイプの高揚感!

題材がギリシャ神話ということでほんのりゴスペル風ですが、全体的にはソウルやR&Bの色が強く、映画『天使にラブ・ソングを…』の楽曲に近い質感が気持ちいいです。

ちなみに私は中盤に流れる「I Won’t Say(I’m In Love)」が一番好きです!

物語を彩る癖が強く魅力的なサブキャラクターたち

本作『ヘラクレス』を語る上で、個性的なキャラクターたちの魅力を欠かすことはできません。

主人公ヘラクレスはもちろんかっこいいのですが、注目すべきは濃いサブキャラクターです。

まず、先ほど紹介した楽曲「I Won’t Say(I’m In Love)」を歌うメグ(メガラ)。

ディズニー映画に登場する女性キャラといえばプリンセス!という圧倒的なイメージがありますが、メグは恋人に裏切られた過去があり、色仕掛けで男たちをおとしめるミステリアスな美女、という珍しい設定を持っています。

ヘラクレスとの恋に落ちて心を開いていく彼女にきっとあなたも惚れるはず!

ヘラクレス』のヴィランズ、死者の国を統べる神ハデスも最高に良い味を出しています。

ヘラクレスの父、ゼウスを倒して神の世界を乗っ取ろうという企みは悪質ですが、ドジな部下を切り捨てない優しさとひょうきんな性格で悪役だけど憎めないキャラクターに仕上がっています。

持ち歌はないですが、そのユーモラスな存在感に惹かれること間違いなし!

『ヘラクレス』のキャラクター

出典:Dlife

キャラクターも音楽も題材も、あまり他のディズニー作品が持っていない特徴を揃えていながら、ディズニー映画としてしっかり見応えのある本作『ヘラクレス』、皆さんもぜひ観てみてください!

アニメ映画『ヘラクレス』まとめ

アニメ映画『ヘラクレス』まとめ

出典:Pinterest

以上、ここまで『ヘラクレス』について感想を述べさせていただきました。

要点まとめ
  • 挑戦的な題材とディズニーらしい親しみやすさ
  • 他のディズニー作品では体感できない高揚感を得られるハイクオリティな楽曲
  • 主人公ヘラクレス以外にも強烈で魅力的なサブキャラクターあり

アニメ映画『ヘラクレス』を視聴できるVODは?

u-next

dTV

dTV

出典:dTV

dTVの特徴
  1. 月額500円で12万本以上の動画が楽しめる
  2. 安くて作品数が多いコスパ最強のサービス
  3. 31日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

auビデオパス

auビデオパスの特徴
  1. ビデオパス会員なら映画館がお得にある「auマンデイ」対象
  2. TOHOシネマズで毎週月曜日1,100円ユナイテッドシネマでいつでも1,400円と安く利用可能
  3. 月額562円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

ビデオマーケット

ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

出典:TSUTAYA TV

TSUTAYA TVの特徴
  1. 32,000タイトル以上の洋画・邦画が中心に楽しめる
  2. 宅配レンタルの「TSUTAYA DISCUS」とのセットプランもあり
  3. 月額933円が、30日間は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です