『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話あらすじ・ネタバレ感想!相武紗季が「火曜日の君」としてゲスト出演

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式ページ

レストラン開店から1年。

『ロワン・ディシー』は変わらず足を運んでくれる常連さんと新しいお客様たちで賑わっています。

お店が落ち着いてきた頃に、真面目なサービスマンの伊賀くん(福士蒼汰)は、レストランの存在意義について考えるようになります。

常連客の様々な事情に向き合う中、伊賀くんは辿り着いた答えとは?

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話あらすじ


「ロワン・ディシー」開店から一年。

店は鱸(田口浩正)や小枝(矢柴俊博)といった常連客や新規のお客様で賑わっている。

そんな中、店でハプニングが発生。

仮名子(石原さとみ)の機転でこと無きを得るが、伊賀(福士蒼汰)は、サービスマンの存在意義について悩み始める。

一方、シェフの小澤(段田安則)は伊賀とは対称的にテンション高め。

なぜなら従業員たちが「火曜日の君」と呼ぶ美くしすぎる常連客・香宮(相武紗季)が来店する火曜だからだ。

仮名子は、特定のお客様だけをえこひいきするのは最高のサービスとは言えない。特別扱いはダメだ、と言うのだが…。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話あらすじ

ある夜、俳優の湯浅(丸山智己)が来店。

山縣(岸部一徳)に不躾な態度を取る湯浅に、常連客・古瀬(加賀まりこ)が物申すのだが、この行動が湯浅を怒らせてしまう。

しかも、古瀬をかつての大女優と思いこんだ湯浅は偵察をはじめ…。

すべてのお客様の笑顔のために。

「ロワン・ディシー」従業員たちによる絶対に譲れない戦いが始まる。

伊賀が葛藤の末にたどり着いたプロのサービスの仕事とはいったい…?
出典:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式ページ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を視聴できる動画配信サービス

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月21日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

火曜日の君

街はずれのフレンチレストラン『ロワン・ディシー』は、今日もお客様で賑わっています。

みんなが各々食事を楽しむ中、あるテーブルの女性が突然産気づいてしまいます。

慌てる伊賀くん(福士蒼汰)や店長(勝村政信)たち。

すると、オーナー(石原さとみ)がすくっと立ち上がり「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか!」と、店内で助けを求めました。

オーナーは、きっとこれが言いたかったのでしょう。張り切っています。

そんなに都合よく医者なんていないと思っていたら、常連客の小枝さん(矢柴俊博)が手を上げました。

オープン当初からの常連客の小枝さん。実は、お医者様でした。ただし耳鼻咽喉科ですが。

おろおろしてしまって結局何もできなかった伊賀くんは落ち込んでしまいます。

自分たちの仕事は緊急時には必要ない、余裕があってこそ成り立つ仕事なのだと思ってしまったのです。

それを聞いたオーナーは鼻で笑います。

「出た。現代人の劣等感!」

「無くて済むこと、役に立たないことの何が悪いの?」

嫌なら畑を耕すなり牛を飼うなりすればいい、とオーナーは伊賀くんの悩みを一蹴します。

極端な意見ではありますが、理解はできますね。サービス業だって立派な仕事です。

「役に立たないことは悪いことじゃない。文化や芸術とはそういうものだ」

シェフ(段田安則)が、珍しく良いことを言います。

いつになくテンションが高いシェフ。何か良いことでもあったのでしょうか?

「本日は火曜日ですから」

山縣さん(岸部一徳)は嬉しそうに言います。

毎週火曜日には、『火曜日の君』と呼ばれる女性が来店し、よく食べよく飲み、決して残さず、話題も豊富な彼女にスタッフはみんな癒されていました。

シェフは料理を自ら運ぶほどご執心です。

>>【30日間無料】Paraviで『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を視聴する

特別扱いはダメ

今週も、火曜日の君・香宮様(相武紗季)にメロメロのスタッフたちに、オーナーはさんざん張り合った挙げ句「どんなお客様にも特別扱いはダメよ!平等に、プロフェッショナルにね」と釘を刺します。

張り合ってはいますが、間違ったことは言っていません。

シェフは、来週は香宮様の好きな穴子を使った初夏の新メニューを出すことにしました。

翌日の水曜日、オーナーはシェフに命じてまかないで新メニューの試作を出させます。

「美味しいけど意外性がないかもね」

オーナーはきっぱり言い放ち、シェフは次の木曜日も迷っていたという別のメニューを出しますが、ここでもオーナーは「美味しいけど」の後に辛辣コメント。金曜日も土曜日も結果は同じでした。

そして日曜日。とうとうシェフの料理が‟優しい味”になってきてしまいました。そう、塩気が足りなくなってきたのです。

塩気が足りないどころか、アバンギャルドに走るなど迷走してしまい、シェフはすっかり自信を失ってしまいました。

伊賀くんは重い空気を打破しようと、明日のまかないはお休みして外に食べに行きませんか?と提案します。

そして月曜日。青空の下で食べようと、グルメフェアをやっている公園を訪ねると、髪の毛ボサボサのジャージ姿で、頭をかきむしっては時折ゴミ箱を漁っている人がいました。

伊賀くんはその女性に見覚えがあります。

よく見ると、火曜日の君・香宮様が使っているスマホ―ケースを持っているではありませんか。と、いうことは香宮様!?

「決して気づかれてはいけない…」

そう思い、お互い気づかれないように色々と気を遣う伊賀くん。

香宮様は『先生』と呼ばれていて、食事を摂らない彼女を心配したアシスタントが自分のお弁当を差し出した時、こんなものを食べたら眠くなる!と、お弁当を投げようとしたその時…。

オーナーがそのお弁当を支えて間一髪阻止しました。

「食べ物の神様に叱られるわよ!」

みんなが唖然としていると、飲み物を買いに行っていた川合くん(志尊淳)が香宮さまの姿を見るなり「あ~!香宮さんだ~!」と大天然をかまします。

香宮様は肩を震わせ、悲しい表情を見せて去っていってしまいました。

もう香宮様は店には来られないだろう…そう考えて頭を抱えるスタッフたち。

真面目な伊賀くんは、たとえお店の外であってもお客様にあんな悲しい顔をさせるなんてと、自分を責めています。

「それは火曜日の君だから?私たちはたった1人のためにウジウジしてる暇なんてないのよ」

お客様なんて来たければ来るし、来たくなければ来ない。それは当たり前のこと。

「プロフェッショナルとして、今私たちがすべきことは何かしら?」

そうオーナーに発破をかけられた伊賀くんたちスタッフは、顔を上げお客様のために最善を尽くすことを誓い合います。

「もう誰にも悲しい顔はさせない」

伊賀くんは心に決めました。

>>【30日間無料】Paraviで『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を視聴する

幻の女優

火曜日がやってきました。

ロワン・ディシーは相変わらずの賑わいを見せています。

すると、飛び込みで男女のカップルが来店しました。2人ともサングラスをかけています。

入り口に近い席を案内すると、男性がサングラスを外して「俺のこと、知らないの?」と言い出します。

よく見ると、なんと俳優の湯浅浩一(丸山智己)でした。有名俳優の来店に沸き立つスタッフたち。

しかし、湯浅は通された席に着いたものの、山縣さんの出すワインにケチをつけたり、大きな声で俳優批判や監督批判を始め、とても嫌な感じでした。

それを聞いていたカウンター席の常連客のご婦人・古瀬様(加賀まりこ)は、店長に頼んで湯浅にあるメモを渡しました。

「澤木監督は、勘違いしたガキはお嫌いよ」

湯浅が振り返ってご婦人をよく見ると、数々の名作に出演し人気絶頂の最中に突然引退した幻の大女優・久世光代にソックリではありませんか。

湯浅はご婦人を久世光代本人だと思い込み、知り合いのカメラマンに大スクープだと言って連絡を入れます。

それを聞いていた伊賀くんは、古瀬様のお食事が台無しにならないように、隠し撮りを阻止しなければと店長らに協力を要請します。

オーナーは彼女がレストランに求めるものは静かに食事ができて特別扱いされないことだと言い、彼女にはバレないように撮影を阻止する作戦を取ることにしました。

いつになく大きなミッションに、やる気満々のサービスマンたち。

そこへ、カメラマンが来店しました。しかし、カメラマンはカメラを持っている様子がありません。

今はカメラが小型化しているため、彼は胸ポケットにペン型のカメラを仕込んでいました。

伊賀くんたちは、あの手この手で撮影を阻止しようと頑張ります。

オーナーはその間、カメラマンをどこかで見たことがあると頭をフル回転させ、ついに思い出しました。

「あなた、私の授賞式の時に来てたでしょ!」

よくもあんな酷い写真を撮ってくれたもんだとカメラマンに絡みまくるオーナー。

彼女も作戦に参加したのかと思いきや、純粋にカメラマンに対して腹を立てて文句を言ってるようです。さすがはオーナー。

オーナーは湯浅にも絡みます。

「あなたみたいなペーペーは、そこにいる久世光代さんの爪の垢でも煎じていっぱい飲みなさい!」

あっ!「終わった…」

>>【30日間無料】Paraviで『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を視聴する

楽しい夜をありがとう

みんなの努力が泡と化した瞬間、久世光代こと古瀬様が立ち上がり、湯浅たちに近づいていきます。

「私を撮影現場に連れて行ってくださらない?」

彼女は澤木監督の大ファンで、手紙を何度も書いているけど返事をもらえないから会わせてほしいというのです。

古瀬様は久世光代ではない…?

「嬉しい、よく間違われるの。でも残念ながらほくろの位置が逆なのよ」

人違いだと知った湯浅たちは、そそくさと帰っていきました。

伊賀くんたちも勘違いをしたことを古瀬様に謝ります。

古瀬様は、女優に間違われて悪い気はしないと気にしていない様子でした。

そして店から出る際、古瀬様は久世光代の代表作である『楽しい夜をありがとう』の名シーンでするポーズを取って帰っていきました。

「楽しい夜をありがとう」

そのチャーミングなふるまいにポーっとする伊賀くんたち。

もしかして、古瀬様は本当は久世光代本人だったのでは?

元女優ですから、そっくりさんを演じていたとしても不思議はありません。

すると、古瀬様と入れ違いに香宮様がやってきました。

今週もいつものように火曜日の君が来店したのです。

香宮様は穴子の新作を食べに来たと言いますが、シェフは新作のことをすっかり忘れていました。

「新作ならできてるじゃない。好きなのを出せば」

オーナーはシレっと言います。

確かに、新作はたくさんできています。

もしかして、オーナーは穴子の新作を色々食べたかっただけ…?

何はともあれ、香宮様は無事に穴子の新作を楽しむことができました。

「仕事も早く終わったし、本当に幸せ!」と嬉しそうに料理を食べワインを飲む姿を見た伊賀くんは、お客様はみんな楽しい夜を過ごすためにこの店に来る。この時間を共有できるのは、とても良い仕事だと実感します。

「人を美味しい料理で満たす仕事が悪い仕事なわけないじゃない」

オーナーはそう言いますが、伊賀くんの辿り着いた答えとは少しズレてはいるとはいえ、オーナーの言っていることもうなずけます。

伊賀くんや店長は、昨日香宮様を傷つけてしまったのではないかということを謝ります。

すると、香宮様はむしろ逆だったと言います。

「みなさん、ありがとうございました!」

香宮様はオーナーを見ていたらアイデアが降ってきたため、武者震いを覚えたとのこと。

肩を震わせていたのはそういうことでした。

「私って、いるだけで芸術的センス刺激しちゃうのよねぇ」と、ご満悦のオーナー。

そんな香宮様が描いた作品のタイトルは…。

『悪霊の屍狩り』

可憐な姿の香宮様は、有名ホラー漫画家でした。

よく食べ、よく飲み、決して残さず、話題も豊富そして作品を生み出す女性。

香宮様はオーナーとよく似たキャラクターの女性だということに気づいてしまったスタッフたち。

「それ気づきたくなかったな~」

何はともあれ、サービス業とはなんたるかということを改めて知ることができた伊賀くん。

しかし、彼にはまたもや新たな壁が立ちはだかるのでした。

>>【30日間無料】Paraviで『Heaven?~ご苦楽レストラン~』を視聴する

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話まとめ

いつもは冷静な伊賀くんがオロオロする姿を何度か見ることができ、とても可愛かったです。

今回も豪華ゲストが多数出演して楽しませてもらいました!

次回も楽しみですね!

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』をフルで見れるVOD一覧

u-next
Paravi

出典:Paravi

Paraviの特徴
  1. TBS、テレビ東京、WOWOWなどが共同出資して立ち上げた配信サービス
  2. TBSのドラマ、テレビ東京のビジネス番組がラインナップとして特に充実
  3. 月額925円が、初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』他話のネタバレ記事一覧