『はめふら』第4話あらすじ・ネタバレ感想!ついに魔法学校へ入学!乙女ゲームのヒロイン登場!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第4話

出典:『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』公式ページ

ついに、乙女ゲームのヒロインであるマリア・キャンベルと出会ったカタリナ。

改めて「破滅フラグ」を回避するために奔走します。

しかし、さすがヒロインであるマリアはとても魅力的で可愛らしく、心優しい少女なのです。

そんなマリアに恋をしないはずがない、とすでにジオルドとキースは攻略されてしまったのではないかと勘違いします。

授業どころではないカタリナは、恒例の脳内会議を開くことになります。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』前回第3話のあらすじと振り返り

貴族社会では下世話なものだと言われているロマンス小説にどハマリしているカタリナは、どうしてもロマンス小説仲間が欲しいと考えます。

そんな時に王家主催のお茶会が開かれることになり、そこで小説仲間を探すことにします。

そこで出会ったのは、お人形のように美しい白い髪に赤い瞳のソフィアという少女です。

しかし、ソフィアはその見た目から呪われた子、と周囲から蔑まれていたのです。

それを心配していたのはソフィアの家族、特に兄のニコルです。

カタリナと仲良くなった様子を見たニコルは、カタリナに礼を言います。

それに「ニコル様は幸せものですね」とカタリナは笑いかけ、それにニコルも笑顔で応えます。

意図せずしっかりニコルを攻略していたカタリナは成長し、15歳の誕生日を迎えます。

周りの子たちは見た目はすっかりゲームのキャラクターと同じように美しく成長します。

【ネタバレ】『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第4話あらすじ・感想


魔法学校入学

いよいよゲームの本編が始まる魔法学校に入学することになったカタリナ。

両親に見送られて、キースとともに魔法学校へ向かいます。

魔力を持つ者は基本的に貴族から生まれるが、ゲームの主人公であるマリアは平民。

しかも、珍しい光の魔力を持った特別な存在です。

カタリナが破滅するかどうかは、マリアと4人の攻略対象にかかっています。

さっそく脳内会議を開始しますが、すでにゲームとの相違も出てきています。

婚約者であるジオルドは、本来カタリナに一切興味がありませんが、現在はすっかり仲良しです。

しゅりしゅり

明らかにカタリナに想いを寄せていますが、鈍いカタリナは全く気が付いていないようです。

義弟のキースは、カタリナの努力の甲斐あって女たらしにはならずに成長しています。

ジオルドの弟であるアランは、コンプレックスを抱えていましたがそれも解消済み、さらに音楽の才能を開花させています。

ちなみに婚約者であるメアリは、アランに惹かれてはいないようです。

アランは無口で無表情なところは変わっていませんが、魔性の魅力はパワーアップしているようです。

妹のソフィアとも仲良くなりました。

この違いがどう変化してくるのか…しかし、前に進むのみとカタリナは前向きです。

しゅりしゅり

この前向きさがいいですよね!あと鈍すぎですが可愛いのでOKです!

出会いイベント発生

お菓子に釣られてジオルドの部屋にお邪魔することになったカタリナ。

キースはカタリナに何かあればすぐに知らせるように使用人に言っていたため、当然のようについてきます。

そこで話題になったのは、ヒロインであるマリアのことです。

ジオルドは光の魔力を持つと噂の子が迷子になっていたので寮まで送り届けたとのことでしたが、それはまさにゲームの出会いイベントそのものだったのです。

スカートで木に登ろうとしたマリア。そこに声をかけるのがジオルド、というイベントです。

本来このイベントでジオルドはマリアに興味を持つというものなのですが、カタリナが普段から木登りをしているためジオルドは特に驚きはしなかったようです。

しかし、話を聞いていないカタリナ。

入学早々に勘違いが始まります。

しゅりしゅり

大事な話いつもこうやって聞いてないんだろうなぁって思いました(笑)

キースのフラグ

さらに翌朝、登校中にキースから光の魔力を持つ子に会ったと聞かされ、動揺するカタリナ。

ゲームではキースがマリアをナンパしますが、今回純粋一直線に育ったキースはナンパの意味を聞いただけで顔を真っ赤にして否定します。

ハンカチを落としたので、それを拾ってあげたようです。

それもゲームのイベントであるようで、ハンカチと引き換えに遊んでよ、と詰め寄るイベントです。

しゅりしゅり

しかし、キースは普通にそのままハンカチを返してあげたようです。

で、恋しちゃったの?と聞いて恥ずかしがるキースの様子から勘違いをするカタリナ。

邪魔するつもりはないとはっきり言われてショックを受けるキースなのでした。

しゅりしゅり

あまりにもキースかわいそうですね(笑)

魔力について

ソフィアとメアリと下校するカタリナ。

調子が悪そうなカタリナに2人は心配します。

そこにニコルが現れます。

ここで魔力の話になり、ソフィアとニコルは風、メアリは水ですが、ジオルドとアランが魔法を使うところはみんな見たことがないようです。

ジオルドは火、アランは水のようですが、王族は無闇に魔法を使わないそうです。

さらに開かれた脳内会議では、光の魔力を持つマリアに負けそうなのはカタリナぐらいのものだ、と結論づけます。

とりあえず畑をつくろう、ということで脳内満場一致のようです。

しゅりしゅり

カタリナは本当に魔力少ないですね…(笑)

生徒会

生徒会には成績の上位者が入るようで、ゲーム通りジオルド、マリア、アランの3人は生徒会に入ることになったようです。

本来ならこの順位を見たアランがマリアに敵対心を抱くようですが、ここではそうはならなかったようです。

しゅりしゅり

カタリナの無自覚攻略の賜物ですね。

さらに演奏会を開く予定をカタリナが聞きたいかどうかで決めてしまうあたり、かなり落ちてる様子です。

生徒会に入った友人たちの影響で、カタリナも生徒会室に遊びに行くようになります。

ゲームにはほぼ登場しない物腰柔らかな生徒会長も出てきます。

しゅりしゅり

えッ…一番好みのタイプです…!(笑)

入り浸るようになったカタリナは、マリアとも仲良くなります。

そこでカタリナはつい「お菓子を作ってこないの?」と聞いてしまいます。

手作りお菓子が好きであることを伝えてみれば、マリアは快く「作って持ってきます」と答えてくれます。

しゅりしゅり

優しくて可愛くていい子ですね!さすがヒロインです!

イベント横取り

後日、カタリナはマリアが令嬢に囲まれているところを目撃します。

作ってきたお菓子を叩き落されてしまって地面に落ちてしまいますが、カタリナはあまりに美味しそうなお菓子につい口に運んでしまい、全て食べきってしまいます。

呆然とするマリアに謝るカタリナ。

美味しかったと伝えればマリアは「ありがとうございます」と可愛らしい笑顔で答えます。

そこに現れたジオルドに、何をしているのですか?と聞かれて、慌てて言い淀んでしまうカタリナなのでした。

そして、ゲームでは本来マリアをいじめていたのはカタリナなのだと思い出します。

それを助けに来るのはジオルドだったのです。

恋愛対象として意識するための大切なイベントだったようですが、カタリナは意図せずイベントを横取りしてしまったようです。

2人がくっつくとカタリナは破滅してしまうので、破滅フラグを回避でき、この調子で頑張るぞ!と意気込むカタリナなのでした。

しゅりしゅり

イベント横取り前もしてましたね!アランに続いてジオルドまでも…!

『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』第4話まとめ

学校生活に慣れてきたカタリナと攻略対象たちの生活がいよいよ見えてくるでしょうか?

無自覚に攻略しまくっているカタリナですが、果たして誰とくっつくのでしょう…?

個人的には女子組にも頑張ってもらいたいですね!

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼次回第5話も続けて読む▼