『劇場』あらすじ・キャスト・スタッフ情報まとめ!又吉直樹のベストセラーを山崎賢人&松岡茉優で映画化!

『劇場』あらすじ・キャスト・スタッフ情報まとめ!又吉直樹のベストセラーを山崎賢人&松岡茉優で映画化!

出典:『劇場』公式ページ

芥川賞作家又吉直樹の長編第2作にして、初の恋愛小説「劇場」を『世界の中心で愛を叫ぶ』『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』の行定勲監督が映画化。

行定勲監督とは『ピンクとグレー』ですでに組んだ経験のある劇団モダンスイマーズの主催で、岸田國士戯曲賞受賞者の蓬莱竜太が脚本を担当。

共に舞台演出を多く手掛ける行定勲・蓬莱竜太のコンビが正面から演劇が題材の映画を作りました。

山﨑賢人松岡茉優がW主演として出演するほか寛一郎伊藤沙莉浅香航大、KingGnuの井口理など注目の若手キャストが揃っています。

村松 健太郎村松 健太郎

今回、一足先にマスコミ試写で作品を見る機会がありましたので、『劇場』の作品紹介&レビューとしてまとめていきたいと思います。原作が発売されていることもあり一部ネタバレ要素を含みます

『劇場』作品情報

(C)2020「劇場」製作委員会

作品名 劇場
公開日 2020年7月17日
上映時間 136分
監督 行定勲
脚本 蓬莱竜太
原作 又吉直樹
出演者 山﨑賢人
松岡茉優
寛一郎
伊藤沙莉
上川周作
大友律
井口理
三浦誠己
浅香航大
音楽 曽我部恵一

『劇場』のあらすじ【ネタバレなし】


自分の居場所がないことを感じていた永田は高校時代に知り合った野原の影響で演劇に目覚めます。

高校卒業後、上京してすぐに野原と劇団“おろか”を立ち上げた永田、しかし、その評判は宜しくなく、ネット上では酷評の荒しとなります。

どうしようもない苛立ちと焦りを抱えながら都会を彷徨う永田、そんな時ふと立ち止まった画廊の前で専門学校生の沙希と出会います。

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

同じスニーカーを履いていることを口実に、いつにない積極性で沙希に話しかけた永田。

演劇のことだけを考え続ける永田と女優を志して上京してきた沙希はあっという間に意気投合します。

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

永田の純粋さと不器用さを見抜いた沙希は自分の部屋に永田を迎え入れ“ここが一番安全な場所だよ”と言い聞かせます。

生活面だけでなく舞台関係の小道具や衣装の製作も買って出る沙希にすっかり依存していく永田は今までにない安らぎを感じます。

(C)2020「劇場」製作委員会

しかし、思うように演劇活動が行かなくなると沙希との関係もギクシャクしていきます。

専門学校をやめ、昼夜にバイトを詰め込み働き続ける沙希。

永田はその姿を見て“一番安全な場所”なはずの沙希の部屋に居心地の悪さを感じるようになります。

その態度は沙希も伝わり、徐々に沙希の心も陰りが見え、そして酒に溺れるようになっていきます。

映画『劇場』のキャスト情報


山崎賢人 / 役:永田

(C)2020「劇場」製作委員会

  • 高校時代に演劇に出会い、上京して劇団を立ち上げる。
  • しかし、評価は悪く、自身の理想が世に通じないことに苛立ちを覚えていく。
  • そんな中で沙希に出逢い、半ば依存するように同棲生活を始めていく。
  • 健気に一生懸命に自信を支える沙希の姿にやがて奇妙な苛立ちと焦りを感じ距離を取ろうと考え出す。

村松 健太郎村松 健太郎

原作以上に、理想と現実と表現しがたい焦りを感じる役を山﨑賢人が熱演。外見的にはどんどん行定監督に似てくるように思うのは気のせいでしょうか?

松岡茉優 / 役:沙希

(C)2020「劇場」製作委員会

  • 女優志望で上京してた専門学校生、偶然であった永田に惹かれ、彼を迎え入れることに。
  • 実は自分の中で東京での生活・女優の夢へのあきらめを抱いていたものの、それを振り払うように永田に尽くしている。
  • 徐々に心身のバランスを崩し始めお酒に逃げるように…。

村松 健太郎村松 健太郎

最初の登場シーンからどこか危なっかしさ・不安定さを漂わせ、それを振り払うように必死にポジティブに動いて回る松岡茉優の演技から目が離せません。

寛一郎 / 役:野原

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

  • 永田に演劇を筆頭にあらゆる文化・芸術を教えた高校時代の同級生。
  • 高校卒業後、永田と共に劇団を立ち上げる。
  • 永田ほどの理想家思考でもなく現実と折り合いをつけることもできるタイプで、時に永田をいさめることも

伊藤沙莉 / 役:青山

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

  • 永田と野原の劇団「おろか」の劇団員だったものの方向性の違いから退団。
  • 後に演劇系のライターとなって、収入の無い永田に仕事を回すことに。
  • 永田の沙希への態度を改めるようにアドバイスすることもしばしば。

井口理 / 役:小峰

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

  • 注目の劇団「まだ死んでない」の主催として注目を浴びる存在で、永田の嫉妬の対象に。

村松 健太郎村松 健太郎

人気ミクスチャーバンドKingnuのボーカル井口理が人気劇団の主催者を演じています。

ちなみにメイン以外で、小劇場に訪れる観客役でケラリーノ・サンドロヴィッチや吹越満、映画監督の白石和彌、アナウンサーの笠井信輔、演劇評論家の萩尾瞳がカメオ出演しています。

『劇場』監督・行定勲の世界

2004年の『世界の中心で愛を叫ぶ』のイメージが強いせいか爽やかなイメージが強い行定監督ですが、『パレード』や『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』などドロドロした人間ドラマリアルな濡れ場のある映画も多くあります。

2020年公開予定の大倉忠義&成田凌主演『窮鼠はチーズの夢を見る』では同性同士の濡れ場も含めてリアルなエロティックな場面がたっぷりあります。


村松 健太郎村松 健太郎

『窮鼠はチーズの夢を見る』はバリバリのR15指定作品でもあります。

その一方で、『劇場』は恋愛劇でありながら、表立った形での濡れ場のようなわかりやすいエロスは控えめです。

だからと言って物語が薄くなることはなく、むしろ“精神的な部分でのドロドロと鬱屈した部分”強烈に伝わってきます。

特にヒロイン沙希を演じる松岡茉優の演技は、相変わらずと言えば相変わらずですが、さすがと唸らされます。

明るく健気所から徐々に心身のバランスを乱していくキャラクターなのですが、最初の登場シーンからの少し不自然にも感じるハイテンションさなど、危うさと不安定さを感じさせて、いつ彼女が破綻してしまうのかとハラハラしてしまいます。

『劇場』

(C)2020「劇場」製作委員会

特に山﨑賢人=永田が受け身且つ内側に感情をため込むキャラクターと言うこともあってか、松岡茉優=沙希の変化に目が行きます。

村松 健太郎村松 健太郎

永田の目線とモノローグで映画は進みますが、実際に映画を見て見ると松岡茉優から目が離せなくなります。

(C)2020「劇場」製作委員会

舞台演出も手掛ける行定勲監督と劇団モダンスイマーズの主催で劇作家の蓬莱竜太による映画ならではの脚色も面白いです。

原作とは違った形のエンディングによってほろ苦い、行定勲&蓬莱竜太自身の体験も含むであろう、遅めの青春の終わりをより濃く感じることができます。

『劇場』あらすじ・キャスト・スタッフ情報:まとめ

以上、ここまで『劇場』について各情報をまとめてきました。

劇場公開は新型コロナウイルスの影響で延期になってしまいましたが、2002年7月24日に公開されました。

そして同日からAmazonプライムビデオでも配信されています。

必見の青春ラブストーリーです。

▼ネタバレ感想はこちら▼