映画『GANTZ PERFECT ANSWER』あらすじ・ネタバレ感想!原作ファンも必見!完全オリジナルストーリーの続編

出典:サンミュージック

動き出す新たな謎。愛する者を守る為に殺し合え。

残酷な対峙、戦いの末に彼らに残された最後の選択とは?

ポイント
  • 前編『GANTZ』と異なり、原作とは違う完全オリジナルストーリー
  • 地下鉄内での刀を使った戦闘シーンに圧巻!
  • 最後の選択とは、完全なる答えとは何なのか?

物語は想像を超えた結末へ!

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』作品情報

作品名 GANTZ PERFECT ANSWER
公開日 2011年4月23日
上映時間 141分
監督 佐藤信介
脚本 渡辺雄介
出演者 二宮和也
松山ケンイチ
吉高由里子
本郷奏多
夏菜
千阪健介
白石隼也
水沢奈子
戸田菜穂
綾野剛
伊藤歩
田口トモロヲ
山田孝之
音楽 川井憲次

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』あらすじ


死を迎えるその瞬間、黒い謎の球体“GANTZ”に呼ばれた男女たち。

幼なじみの玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)もまたGANTZに召集され、“星人”という異形の者との戦いを強いられていた。

玄野は戦いの中で生き抜くことを選び、加藤は暴力と戦いを否定する。

そして、終わりのない戦いの過程で、2人はある選択を迫られる。
出典:シネマトゥデイ

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』みどころ

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』みどころ

「週刊ヤングジャンプ」の奥浩哉の人気コミックを実写映画化したSFアクションムービー『GANTZ』2部作のクライマックスとなる後編。

死を迎えた男女たちが黒い謎の球体“GANTZ”に召集され、“星人”と呼ばれる強敵たちとの戦いを繰り広げる様をダイナミックに描く。

二宮和也と松山ケンイチの日本を代表する若手俳優が主人公を演じ、吉高由里子や田口トモロヲなどバラエティー豊かな俳優たちが集結。

激しいアクションと、原作とは異なる映画版オリジナルのラストは必見だ。
出典:シネマトゥデイ

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』を視聴できる動画配信サービス

『GANTZ PERFECT ANSWER』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月18日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年6月18日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】映画『GANTZ PERFECT ANSWER』感想レビュー

新たな謎が動き出す

モデルとして活躍する鮎川映莉子(伊藤歩)は、自宅の郵便受けに白い立方体の箱を見つけます。

部屋に入り中を開けると手のひらに収まるほどの真っ黒なボールが入っており、鮎川はそれをゴミ箱に捨てました。

夜、マネージャーからの留守電を聞き流して布団に入り、照明を消して眠る鮎川。

明るくなって目を覚ますと、ルームウェアで布団に入ったはずの鮎川は外出するときの服装で靴も履いたまま、左手には黒いボールを持っていました。

ボールに表示される意味深なメッセージ“きのうの夜はおつかれさま。1つめの鍵は受け取りました”。

鮎川はボールに操られて、自分の知らないうちに「鍵」として表示される人物を夜な夜な殺していました。

公安の刑事・重田(山田孝之)は玄野計(二宮和也)と加藤勝(松山ケンイチ)が“消失した”地下鉄での事件を追っていました。

同じようにして、死んだはずの人間が消失し行方不明になることが多発していることと、一晩のうちに建物や街の一部が破壊される事象について捜査していたのです。

おこりんぼう星人との戦闘でめちゃくちゃになった上野国立博物館に集まった大勢の野次馬の中に加藤の姿を見つけましたが、人ごみに紛れて見失ってしまいました。

加藤の死後、玄野は自分に好意を寄せている小島多恵(吉高由里子)と一緒に、加藤の弟・歩(千阪健介)の面倒を見ていました。

玄野は飲食店でバイトをして加藤家の家賃を賄い、多恵は歩の宿題を見てあげたりしました。

歩には“加藤は仕事で遠くへ行っているだけで、そのうち戻ってくる”と言ってありました。

バイト帰りに歩の元へ行った玄野でしたが、GANTZ部屋に転送される気配を察知して、急にバイト先に呼ばれたと加藤の家をあとにします。

多恵が引き留めても聞かず、閉まったドアを開けたけれど、もうそこに玄野の姿はありませんでした。

時を同じくして地下鉄のホーム。

電車を待っていた女子高生が、背後から何者かに押されて線路に飛び込み命を落とします。

ほどなくして女子高生は玄野、鈴木(田口トモロヲ)、桜井(白石隼也)たちのいる部屋に転送されました。

女子高生を線路に突き落としたのは鮎川でした。

車の中で眠ってしまっていた鮎川は駐車場を出ようとしたところで、待ち伏せしていた重田にあれこれ尋問されます。

重田は独自に捜査を進めていくなかで、黒いボールとそれがある部屋についての噂に辿りついていました。

鮎川が何か関係していると知っての尋問だったのですが逃げられてしまいます。

その後、薄暗い地下にある一室を訪れ、長髪でスーツの男・壱(綾野剛)に鮎川のデータを渡して取引します。

壱はデータの報酬として「4つだけ質問していいよ」と言います。

重田の質問に対して壱は「黒いボールを探している。それがあればゴキブリの巣に行ける」と言いました。

加藤(松山ケンイチ)が生きている?

戦い続ける玄野は、得点を94点まで伸ばしていました。

新たに部屋に転送されてきた美容師の男がきっかけで自己紹介をしていくなかで、どうして玄野はそんなに強いのかと一人のメンバーが問うと、玄野は「生き返らせたい人がいるからだ」と言いました。

そして、全員で解放されて自由になろうと言います。

同じころ、鮎川の持っている黒いボールに表示されていたのは、GANTZ部屋に転送されてきた美容師の男。

“3つめの鍵は受け取りました。あとひとつで戻れるよ”というメッセージのあと、次の鍵とされる人物が表示されます。

“こじま たえ”

玄野のことを想っている、多恵のことでした。

翌日、現実世界に戻った玄野は多恵を遊園地に誘います。

多恵は一緒に遊園地に行く代わりに、今から自分のことを下の名前で呼んでほしいとお願いします。

玄野は照れて、次に会う時から呼ぶと言いました。

納得しない多恵に対して、遊園地に行くときは絶対、と約束しました。

玄野が自宅に帰るとドアの前に加藤がいました。あの日死んだはずの加藤が。

GANTZからどうやって生き返ったのかと問えば、何人いるのかと聞かれます。

玄野は最近のGANTZ部屋のことを答えます。

加藤は「GANTZを終わらせたい」と言い、小さな黒いボールのことを聞きました。

玄野が知らないと言うと、また来ると告げてどこかへ去って行きました。

夜、加藤の家に訪れたのは加藤勝。突然の帰宅に多恵は自己紹介をして、歩は不機嫌に問答をしました。

気まずくなった多恵は加藤家をあとにし、兄弟二人になったところで歩は冷蔵庫から“おかえり兄ちゃん”と書いたプレートの乗ったケーキを出しました。

復讐だ。お前たちは私の仲間をたくさん殺した。絶対に許さない

多恵は帰り道の途中で玄野の留守電に電話をかけますが、途中でノイズが入ってしまいます。

同じころ、鮎川の持った黒いボールが反応して多恵の居場所を知らせます。

そしてまた同じころ、壱が鮎川の動きを察知。

壱の仲間である黒服一味の動きを重田が追っている間、さらにGANTZ部屋ではラジオ体操のテーマが流れます。

GANTZに表示された次のターゲットは黒服星人。

まぎれもなく壱のことでした。

転送されたのは電車の中。突然動き出した電車は地下鉄で、重田・壱・鮎川の待つホームへと停車しました。

これまでと違い、現実世界に転送されてしまったらしいことに違和感を覚える玄野たち。

黒いボールを探し移動する黒服一味は、先頭車両にGANTZ部屋から転送されてきた者たちがいると察知して向かいます。

黒いボールに表示された「鍵」であるターゲット、“こじま たえ”を探して車両間を移動する鮎川は、多恵を見つけました。

玄野たちを見つけた黒服一味は、一般人がいることなどお構いなしに銃を発砲していきます。

異状に気が付いた人々は後方車両へ走ります。

混乱の中、逃げ惑う人々に逆走して重田が前方車両に辿りつくと、たくさんの死体が転がる先に黒服の一人を見つけました。

その頃、黒服を撃った反動で駅のホームに投げ出された玄野は、地下鉄の車内に多恵がいるのを発見します。

止まらない電車の窓を突き破って戻ると、その車両は重田と黒服がいる車両でした。

銃を持っているだけではなく、自らの手を刀に変化させたり、切ったはずの腕を再生させたりする黒服たちに苦戦するGANTZメンバーたち。

しかし、ここ数日の間に転送されてきた面々は、過去に戦闘を経験している感覚を思い出します。

頭部または胴体への攻撃が有効だと気づき黒服を倒していくなかで、女子高生のような出で立ちの黒服星人・参が死ぬ間際に「復讐だ。お前たちは私の仲間をたくさん殺した。絶対に許さない」と言いました。

玄野は多恵を見つけて別車両へ逃がし、壱と一騎打ちになります。

玄野がぶん回した刀によって電車は分断、後方車両に取り残されかけましたが、スーツの力で壱のほうへ飛び移りXガンで撃破しました。

玄野(二宮和也)の最後の選択とは?

部屋に戻されたメンバー、騒然とする地下鉄の駅。

救急隊員に介抱される怪我人の中に多恵はいました。

鮎川は駅の通路をふらふら歩きながら何かを思い出していきます。

黒いボール、部屋、GANTZ。すべてを思い出した鮎川の背後に、加藤がいました。

しかし加藤は黒服星人・参の言っていた言葉と同じことを言い、鮎川の頭を撃ち抜きます。

そして鮎川が落とした黒いボールを拾いました。鮎川はGANTZ部屋に転送されました。

黒服星人との戦闘で得点が101点になった鈴木でしたが、鈴木は自分の解放ではなく、過去に戦闘で死んだ加藤を生き返らせようと提案します。

部屋に転送される加藤。

本物の加藤はおこりんぼう星人との戦いで死んだきりになっていたのです。

死ぬ間際、自分の姿を模した千手観音にとどめを刺されたことを覚えていました。

重田が国立博物館で見かけた加藤、玄野の家の前にいた加藤、鮎川の頭を撃ち抜いた加藤は偽物、つまり星人でした。

鈴木と同じく100点を超えた玄野は西(本郷奏多)を生き返らせます。

そしてGANTZの異変を伝えました。

鮎川を含め部屋を卒業した人間たちが再び集められていること、ミッションに巻き込まれて一般人が殺されていること。

西は電池切れだと言いました。

GANTZは中にいるスキンヘッドの男性のエネルギーで動いている。

中にいる男が死んでしまったら、すべて消滅してしまう。

その前にラスボスを倒すことが目的なのではないか、と。

部屋に鳴り響くラジオ体操のテーマ。

緊急ミッションとして表示されたターゲットは、“こじま たえ”。

星人でもなく一般人の多恵が標的となり、殺した人には100点。それ以外の者は得点没収。

GANTZの命令には従うしかないと言うメンバーたち。

玄野は一人、多恵を守ることを選びます。

そして自宅に転送され、ドアを開けると多恵がいました。

「あとでちゃんと説明するから今は一緒に逃げよう」と言います。

そこへ加藤星人が現れ、多恵を背負って逃げる玄野。

追う加藤、それを追う重田。重田は公安に応援を要請しました。

星人からも仲間たちからも追われる玄野。鈴木、桜井は玄野に加勢しました。

そのころ加藤は自宅へ向かい、歩を守ろうとしましたが、すでに歩は何者かに殺されていました。

たった一人の大切な家族を失った加藤。

加藤星人と対峙した玄野は、多恵を鈴木に託して一対一で戦います。

加藤星人にとどめを刺されそうになった玄野のもとへやってきたのは加藤でした。

多恵と鈴木はGANTZ卒業生に追われることとなります。

どうにかやり過ごした鈴木は、身を隠しながら一瞬だけ魔がさして多恵を撃ってしまいそうになります。

GANTZの寿命がきてしまう前に、死んだ妻を生き返らせたいと。

しかし、撃つことができずに多恵を逃がします。

走って走って玄野のもとに辿りつく多恵、多恵を守ろうとして玄野は正面から加藤星人に撃たれます。

多恵も加藤星人に斬られ、何度も斬られて息絶えてしまいました。

多恵の頬を撫でながら玄野はGANTZ部屋に転送されます。

一方、現実世界で加藤星人は西の死体に剣を突き立て、西の姿を模し黒いボールを媒体にGANTZ部屋へやってきます。

部屋の座標を突き止めたと集結する黒服星人一味。

真っ向からの派手な撃ち合いの末、全員が倒れ部屋は大破。

星人がGANTZに聖水のようなものをかけると大爆発とともにすべてが吹き飛びます。

瓦礫の中から這い出た加藤は、玄野がGANTZと何か話しているのを聞いて近寄ります。

GANTZに表示されたのは“まんてんめにゅ~”。

途中でバグが起きて何が書いてあるのかよくわからなくなりますが、玄野はGANTZの要求を飲みました。

それは自分がスキンヘッドの男の代わりになるということでした。

もう誰もこの部屋に呼ばない、という決意とともに。

夜が明け、現実世界ではこれまでのメンバー全員と被害者たちすべてが生き返り、記憶を消去された状態で元の生活に戻っていました。

多恵は、誰からもらったのか記憶にないチケットを手に遊園地を訪れます。

ベンチに座りスケッチブックを開くと、右下に“ここに観覧車の絵を描いて”と書いてあるのを見つけました。

そして観覧車を見ると、文字が流れるメッセージボードに「たえちゃんへ すきです くろのけい」と表示されました。

GANTZの部屋は以前のような状態で健在ですが、人間は誰もいません。

中にいる玄野以外は。

そして表示されるメッセージ“みなさん どうかおしあわせに”。

ざっくりと感想を

前編『GANTZ』は、星人対GANTZメンバーでしたが、後編となる今作は星人対GANTZメンバー対GANTZ卒業生対反GANTZ勢力みたいな、もうしっちゃかめっちゃかです。

何回GANTZってワードを書くの私。ゲシュタルト崩壊するよ。

その勢力図というか関係性は単純なんですが、物語上の絡まり方が複雑で、あらすじを書くのが難しかったです。

単に私の語彙力のなさが原因かとも思いますけど。

途中で読むの面倒くせー!ってなってしまった人は、ぜひ映像でご確認ください。

いや途中で面倒になってたらここまでたどり着いてないか。

それはそれとして、前編はこの世のものではない形をした星人とのバトルが主で異世界感がありましたが、今作は黒服星人が人間の形をしているからか現実感があります。

地下鉄での派手な戦闘も見ごたえがあるし、あの狭い中で刀を使って戦ってる躍動感もすごいです。

ちなみにスタントはほぼ使わず、演者本人がアクションに挑戦しているようなので、そのあたりも注目ポイントかなと思います。

結局、GANTZって何だったんでしょうね。

スキンヘッドの男は玄野くんと同じようにしてあの座についていたのかどうか、というところも謎が残ります。

あっ、私は原作は読んでいない人です。

そしてPERFECT ANSWERとは。直訳すれば完璧な答えってことですけど。

もう犠牲者を出さない、戦わない、星人とも干渉しないということのために玄野が自分を犠牲にするということが完璧な答えなんでしょうか。

ともすれば、完璧な答えなんてない、という逆説的なメッセージなのかなとも思ったり。

基本的に私は深読み厨なので個人的な思い込みでしょうけど。

好きな場面とセリフ

この作品に関してはピンポイントでココ!っていう強烈な場面があるというよりは、全編通しての雰囲気だったりストーリーが好きなのですが、強いて言うなればというところでいくつか挙げます。

緊急ミッションで加藤星人と対峙したとき、多恵ちゃんを鈴木に託す玄野に対して「玄野くんと一緒にいたい」と言う多恵ちゃんに、ここで初めて玄野が「多恵ちゃん」って下の名前で呼ぶところ。

次に会うときは下の名前で呼ぶっていう約束をちゃんと守ってるんです。律儀…可愛い…。

でも、そう呼べば言うことを聞いてくれるってわかっているズルい玄野くんでもあって。

どうしても多恵ちゃんを守りたいっていう気持ちから下の名前で呼んだというのもわかるから、切なくなる場面です。

多恵ちゃんと鈴木が去った後、その後ろ姿を見ながら「遊園地、絶対行こうね」って言う玄野くんも好きです。

フラグたったぁ!とか無粋なことを思ってしまってごめん。だけど好きです。

もうひとつ、加藤星人と商店街で戦っている最中に、コンビニの中に吹っ飛ばされた玄野が「全然効かないんだけど」って言う場面。

ここ本気でかっこいいです。ヒュ~!ってなります。

割とボロボロになっているのに敵を煽る、というのが個人的に刺さりました。

映画『GANTZ PERFECT ANSWER』まとめ

以上、ここまで『GANTZ PERFECT ANSWER』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • 映画オリジナルの結末、ここにしかないGANTZの結末に括目せよ
  • スタントを極力使わなかったというアクションにも注目!
  • あなたが感じた“PERFECT ANSWER”はどういうものですか?