『炎炎ノ消防隊』第17話ネタバレ感想!森羅の弟・象が現れる、そしてヴァルカンがついに第8へ!?

アニメ『炎炎ノ消防隊』第17話ネタバレ感想!

出典:『炎炎ノ消防隊』公式ページ

Dr.ジョヴァンニによって戦闘不能にされていた森羅はプリンセス火華によって救われると、超特急でヴァルカンの元へと向かいました。

リサの炎を何とか対処し、窮地に一生を得たかと思えば伝道師側に援軍。

それは、森羅がずっと探していた弟の象でした。

騎士の鎧に身を包んだ象は森羅やアーサーに刃を向け、アドラバーストを持つ兄・森羅を連れて帰ろうとしますが、ここでリヒトやジョーカーが乱入!

誰が敵か味方か、まったくわかりません。

ジョヴァンニが求めていた鍵も思わぬところから見つかると、それは伝道者の手に。

そして、第8が明らかに他の消防隊と違うとわかり、まるで家族のような隊だとわかるとヴァルカンはある決意をするのでした。

『炎炎ノ消防隊』第17話「黒と白と灰色」あらすじ

アニメ『炎炎ノ消防隊』第17話「黒と白と灰色」あらすじ

アニメ『炎炎ノ消防隊』第17話「黒と白と灰色」あらすじ

森ではシンラが拘束され、工房でもDr.ジョヴァンニの魔の手によってヴァルカン達は危機を迎えていた。

動きを封じられたシンラは、戦線離脱寸前。

まさにヴァルカンにとどめを刺そうとするDr.ジョヴァンニを阻止することはできるのかーー。

劣勢の戦場。〝天照のキー〟なるアイテムを巡り、さらなる混戦を極める中、突如白き装束をまとった「少年」がシンラ達の前に現れる。

アニメ『炎炎ノ消防隊』第17話「黒と白と灰色」あらすじ出典:『炎炎ノ消防隊』公式ページ

【ネタバレ】『炎炎ノ消防隊』第17話「黒と白と灰色」感想レビュー

プリンセス火華に救われた森羅は急いでヴァルカンの元へ。そして「天照」の鍵は思い出の中に

Dr.ジョヴァンニがヴァルカンの宝物であるグラフィックを映し出す機会を壊すと、その中からUSBの形をしたものが出てきました。

実はこれこそ、伝道師やジョヴァンニが求めていた「天照」の鍵だったのです。

これが手に入ったのであれば、もうヴァルカンに用はない。

始末してしまおうとしたその時です。

アイリスに仕掛けられた盗聴器を頼りにやって来たプリンセス火華に助けられた森羅が、超特急で帰還!

動けないことを良いことに持って帰ろうかとも言われましたが、火華の戯言にかまっている暇など森羅にはありません。

帰ってくるなりジョヴァンニの頭の仮面を一蹴。

「クソマスクの鼻っ柱へし折るマンだ。うちの機関員になにしやがる」

ヒーローよ、今回の名前はなかなかダサいぞ!

そして、もうすでに森羅の中ではヴァルカンは第8の機関員らしいです。

アイリスの活躍により形成は逆転。しかし、森羅の弟・象 日下部が現れまたも窮地!

森羅がジョヴァンニに近づこうとしても、リサの炎によって阻まれてしまいます。

彼女の炎は、人間の中にある「磁気」に反応し、相手を捉えるのです。

おかげで森羅がどれだけスピードを出しても、リサの炎に捕まえられてしまうのです。

磁気に反応するなら…そう思ったヴァルカンはアイリスに言って、壁のスイッチを片っ端から押すように指示。

好奇心のまま押しまくるアイリス。

するとあちこちから動物の頭の形の機会が飛び出してきます。ある意味恐怖映像です。

大した攻撃力はありません。むしろ全然ありません。

外に飛び出した人形の一つは、工場の外でガンガンと熱を上げて高笑いする火華の頭にクリティカルヒットしたくらいです。

大量の機械が出て来たことで磁気が発生すると、リサの炎は制御不能。

そこで森羅がジョヴァンニの仮面を一発蹴り上げました。

これで解決かと思いきや、外に出ると伝道師の援軍が登場。

森羅の目の前には子供のころに行き別れた象の姿が現れました。

白い髪に赤い目。騎士の格好をした弟は、自称騎士と違ってなんとかっこいいのだろうと喜ぶ森羅でしたが、象は敵です。

アドラリンクの影響により、象も目の前にいるのが兄だとわかりますが、彼が森羅を連れて行こうとする理由はアドラバーストを持つ人間だからです。

見えない太刀筋により、アーサーは斬られて倒れ、森羅も太刀打ちが出来ません。

強すぎる弟によってまた不利な状況に追い込まれてしまったと思えば、リヒトが登場。

車にヴァルカンや重症のユウ、森羅やアーサーが乗り込むと象が立ちはだかります。

また足止めをされるのかと思えば、今度はジョーカーが象の足止めをするのです。

リヒトがいるところにはジョーカーもいておかしくはありません。

自分たちの目的のため、伝道師にも第8の面々にも自由に動いてもらうわけには行かないというジョーカーは森羅たちを伝道者から遠ざけ、これでやっと事態は終息したのです。

灰島関係者のリヒトとジョーカー。

どんな目的を持っているのか未だにわかりません。謎が深まるばかりです!

第8を間近で見たヴァルカンが仲間入り

病院に搬送されたことでユウは一命をとりとめました。

さらに森羅が続けます。

「残念ながらアーサーの傷は浅かった」

幸い浅かったじゃないんです。

どんだけ死んでほしいんだヒーローよ。

裏切者のジョヴァンニから守るため、ヴァルカンを特殊消防隊の基地に置くことを提案する森羅。もちろん、桜備も賛成。

来客が来るということもあり、第8では火縄が豪華な夕飯を作ってくれます。

これは誰もが大喜びですが、女子力で圧倒的敗北を認めざるを得ない環、アイリス、そして茉希。

森羅とアーサーがおかずを取り合って喧嘩をしていると、桜備がこれを制止ます。

特殊消防隊というよりも「家族」に近い雰囲気がすることで、最終的にヴァルカンは「特殊消防隊に関わるな」という親の言葉に逆らい、第8に加わることになるのでした。

『炎炎ノ消防隊』第17話まとめ

リヒトやジョーカーが何を考えているのかがいまいちわかりませんが、正直面白いことになってきましたね!

最初は森羅達特殊消防隊の妨害として現れたはずなのですが、今回は森羅を逃がすために象と衝突。

ということは、第三勢力と考えるべきなのでしょうか?それとも…謎が謎を呼びます。

そして今回の件でヴァルカンが第8に加わると決めたことで、また面白いことになりそうですね。

しかし、リサのことを忘れることはできないヴァルカン。

ジョヴァンニも消えたわけではないですし、この闘いはまだ続きそうです。

要点まとめ
  • プリンセス火華に助けられ、クソマスクの鼻っ柱へし折るマンとして登場する森羅
  • 一件落着と思えば弟の象と再会。しかし状況は悪化。ジョーカー乱入で窮地に一生
  • ヴァルカンが求めた家族の姿がここにもあった。ヴァルカン第8入り決定

やっと兄弟の再会を果たしたものの、さらなる衝突の予感。

この先どうなる!第8の明日はどっち!?

『炎炎ノ消防隊』他話ネタバレ記事一覧