『炎炎ノ消防隊』第18話ネタバレ感想!森羅とアーサーが修行のため紅丸と再び会う!

アニメ『炎炎ノ消防隊』第18話ネタバレ感想!

出典:『炎炎ノ消防隊』公式ページ

伝道師の件がまた一段落したことで、第8と協定を結んでいる隊が一堂に会しました。

今の第8に足りないのは新人の実践の経験だとわかると、森羅とアーサーは修行と称し浅草の紅丸の元へ!

ひたすらに組手を交わすも、紅丸に手も足も出ない新人2人。

必殺技を持てと言われると、森羅は目を輝かせます。

浅草にやって来たリヒトは、森羅に新しい炎の使い方を助言。

そして森羅は、紅丸の戦い方を見て、一つのヒントを見出すのでした。

『炎炎ノ消防隊』第18話「発火の極意」あらすじ

アニメ『炎炎ノ消防隊』第18話「発火の極意」あらすじ

アニメ『炎炎ノ消防隊』第18話「発火の極意」あらすじ

激化していく白装束一味との闘いへの対応を協議する為、「第8」の桜備のもとに集まった火華、紺炉、カリム。

シンラとアーサーのレベルアップのため二人の最適な修行の相手として、紺炉は「第7」の大隊長にして最強の消防官・紅丸を提案する。

かくして、再び浅草に赴いたシンラとアーサーは、修行を成功させ新たな力を得ることは出来るのか。

アニメ『炎炎ノ消防隊』第18話「発火の極意」あらすじ出典:『炎炎ノ消防隊』公式ページ

【ネタバレ】『炎炎ノ消防隊』第18話「発火の極意」感想レビュー

第8に信頼のおける人たちが一堂に会する。

皇国ではDr.ジョヴァンニは偽物だったと会見を開いたものの、彼の素顔を知っているヴァルカンは会見の男こそ偽物だと確信を持って言います。

より一層警戒を深めるため、第8の基地に第1のカリム・第5の火華、第7の紺炉が訪れ、情報の共有を図るのです。

伝道師が天照の鍵を求めていたことや森羅を捉えようとしていたことなどの情報を共有したうえで、自分たちに足りないものは何かを話し合います。

すると、目下の課題としては新人二人のスキルアップだという結論に至るのです。

確かに、アーサーと森羅はまだ実戦経験が少ないため、戦力と呼ぶにはまだ難しいところがあります。

たくさん活躍しているように見えて、実はまだまだなのです。

すると紺炉は、二人を第7で預かろうと進言するのです。

最強の消防士と呼ばれた紅丸のもとで修業をさせる流れになるわけです。

KAMUI

紅丸再び登場!ありがとうございます!

森羅・アーサーは浅草で修行開始!命を感じてかかってこい

浅草を救ってくれた恩を返すと思い、紅丸は森羅とアーサーの育成に手を貸すことを渋々承諾。

森羅たちがさっそくやってくると、紅丸は背後を取り気を抜かないことを徹底させます。

しかし、そのせいで紅丸のちょっとした動作も警戒するようになり、ひどく疲れるようになるのです。

「そいつは命がかかってねぇからだ。戦場では命を感じろ。命を意識すれば緊張感にそうそうのぼせることはない」

命が取られると思ってかかって来いという紅丸に立ち向かう2人ですが、歯が立ちません。

表情ひとつ変えることなく淡々と攻撃を返し、油断すると吹っ飛ばす紅丸。

KAMUI

強すぎますねー。最強と言われるだけありますよ。

「騎士は負けない」と言いますが、もう何回吹っ飛ばされたかアーサー。

どうやっても勝ち目が見えません。

森羅に必要なのは必殺技。リヒトの提案に乗る森羅は、紅丸のある動きにヒントを得る

必殺技が必要だと紅丸に言われると、森羅は目を輝かせます。

といっても、どうやって必殺技を生み出せばいいかなんてわかりません。

そこで現れたのは、第8の押しかけ化学班のリヒト。

リヒトは森羅に炎を圧縮させて、ジェット噴射のようにして瞬間的に速度を上げることを提案。

火を圧縮させようと奮闘する森羅ですが、生み出されるのは顔芸ばかり。

おかげでヒナタとヒカゲに馬鹿にされ続けます。

考えても埒が明かないので、とにかく炎を出し続ける森羅。

その時ふと目に入ったのは、アーサーと闘う紅丸の姿です。

紅丸は炎を操るとき、手の形を変えることに気づいた森羅は、似たように中指と人差し指を伸ばしてみたり、狐の顔のようにしてみたり試行錯誤をします。

すると一回だけ!屁をしたかのように炎が爆発。

やっぱり手の型で変えられるということを森羅は察することができたのです。

実は紅丸、古武術の手の型を用いて炎を操っていたのです。

そして、そのひとつ「虎拉ぎ」は足の力を増す型。

手の型によって気の流れを操作することを教えてもらうと、森羅はすぐにこれを会得しました。

最初はイヤイヤだった紅丸ですが、教え甲斐が出てきたことで彼も非常に楽しそうだと…紺炉だけがわかります。

「必殺技の名前を決めたのか?」

「蹴りマンキック!」

「却下だ」

KAMUI

森羅、レベルアップです。

森羅とアーサーが頑張る中、ヴァルカンも新アイテム開発に励む!

晴れて第8に仲間入りしたヴァルカンは、森羅とアーサーが修行で浅草に行っている間、負けじと新しいアイテムの開発に励みます。

そこで生み出されたのは炎を消すアイテムや、茉希の炎を使って動かす空飛ぶハンマーです。

前者は炎を出すことができない桜備にとって画期的なアイテムですし、後者は火に耐性がある相手に物理攻撃をすることができるため大変有効。

こうしてヴァルカンは2人に負けじと頑張りつつ、家族と思える第8のために力を尽くそうと思ったのでしょう。

KAMUI

この柔軟な発想と開発されるアイテムの力は、今後の展開に相当影響を及ぼす気がしました。

『炎炎ノ消防隊』第18話まとめ

浅草での修業が終わった夜、森羅とアーサーはヒナタとヒカゲと共に花火を堪能。

それを縁側に座ってスイカを食べながら眺める紅丸と紺炉。

なんだこの幸せ家族。どこにあるんだとちょっと暴走し掛けましたが、森羅がレベルアップする重要な回だと思えました。

象を守るため、自分は強くなると決めた森羅がどこまで伸びるのか、これからが楽しみです。

ついでに私は、紅丸の使う古武術の手の型をもっと詳しく知りたい!

要点まとめ
  • 情報共有のためにやって来たカリム、火華、紺炉。必要なのは新人二人の経験値とわかると、第7が森羅とアーサーを請け負う
  • 新門紅丸から闘いの基礎と技のヒントを得たアーサーと森羅。気を張るのではなく命を感じることを教えられてレベルアップ
  • ヴァルカンの新兵器がすごい!第8のレベルアップを感じる

個人的にはもう少し浅草で修行をしてほしいと思う所存ですが、最後に最後で森羅の足にまたアドラリンクがあったようなのですが、これは次回に繋がる何かなのでしょうか?続きが楽しみです。

『炎炎ノ消防隊』他話ネタバレ記事一覧