『ファンファーレが鳴り響く』特報、笠松将コメント、場面写真解禁!

『ファンファーレが鳴り響く』 特報、笠松将コメント、場面写真解禁!

©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

『されど青春の端くれ』で2019年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019でグランプリ&シネガーアワード(批評家賞)の二冠を受賞した森田和樹監督の待望の最新作『ファンファーレが鳴り響く』が10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ(神奈川)、名古屋シネマスコーレ(愛知)、第七藝術劇場(大阪)などでの上映が決定し、特報、場面写真、チラシ裏、主演の笠松将のコメントが解禁されました。

『ファンファーレが鳴り響く』 特報、場面写真解禁


このたび『ファンファーレが鳴り響く』の特報、場面写真、そして主演の笠松将のコメントが解禁されました。

特報ではいきなり「死ね!」と叫ぶ主人公・明彦(笠松将)と近寄ってくる光莉(祷キララ)から始まり、どん詰まりの2人の逃避行が描かれます。

また場面写真にも衝撃的なカットがあり期待値が高まります。

Galleryギャラリー

主演・笠松将コメント

『ファンファーレが鳴り響く』

©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

吃音でいじめられている主人公が殻を破るのに、血を見たいという女の子との出会いがきっかけになっていて、スプラッター映画になっているけれどスプラッターは過程です。

殺人シーンもありますが彼らなりの正義もあり、突き抜けているこの作品が結構好きで、一度見ていただきたいです。

『ファンファーレが鳴り響く』概要

『ファンファーレが鳴り響く』

©「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

商業作品デビューとなる森田監督の人生を投影するスプラッター青春群像劇。

主演は『デイアンドナイト』、『』、『花と雨』などの話題作に次々と出演する笠松将、ヒロインに『左様なら』『アイネクライネナハトムジーク』『楽園』など、存在感のある役柄を演じることに定評がある祷キララ

その他、川瀬陽太黒沢あすか大西信満日高七海上西雄大木下ほうかなど、日本映画を支えてきた役者たちが脇を固めます。

2020年9月18日から開催されるゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020の特別招待作品となることが決まっている本作は、10月17日(土)より新宿K’s cinemaを皮切りに、横浜シネマジャック&ベティ、名古屋シネマスコーレ、第七藝術劇場などでの上映が決定しています。

『ファンファーレが鳴り響く』作品情報

出演者:笠松将、祷キララ、黒沢あすか、川瀬陽太、日高七海、上西雄大、大西信満、木下ほうか
監督・脚本:森田和樹
製作:塩月隆史、人見剛史、小林未生和、森田和樹
プロデューサー:小林良二、鈴木祐介、角田陸、塩月隆史
撮影:吉沢和晃
録音:西山秀明
助監督:森山茂雄
特殊造形:土肥良成
主題歌:「美しい人生」sachi.
制作・配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:「ファンファーレが鳴り響く」製作委員会

あらすじ

高校生の明彦(笠松将)は、鬱屈した日々を過ごしている。

持病の吃音症が原因でクラスメイトからイジメられ、家族にその悩みを打ち明けられないどころか、厳格な父親(川瀬陽太)からは厳しく叱咤され、母親(黒沢あすか)からは憐れんで過度な心配をされ、脳内で空想の神を殺しなんとか自身を保っている状態だ。

そんなある日、明彦はクラスメイトの才色兼備な女子生徒・光莉(祷キララ)が野良猫を殺している現場に偶然居合わせてしまう。

光莉は、生理の時に見た自分の血に興味を駆られ、他者の血を見たい欲求を持っていた。

光莉は「イジメてくる奴らを殺したいと思わない?」と明彦に問いかける。

その日から明彦の中で、何かが変わったのだった。

明彦は、自身が学校でイジメられていることをホームルーム中に訴える。

そのせいで明彦はさらにイジメグループから追い回されることになり、街中逃げ回るが、ついに追いつめられる。

しかしそこで、光莉がまた野良猫を殺していた。

そしてそのナイフで、光莉はなんと明彦をイジメている同級生を殺してしまう…。

二人はその現実から逃げるように都会へと向かう。

その最中に出会う、汚い大人たちをさらに殺していき、二人の血に塗れた逃亡劇は確実に悲劇に向かっていくのだった…。

ファンファーレが鳴り響く』は2020年10月17日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開!

▼あわせて読みたい!▼