ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』第2話あらすじ・ネタバレ感想!松見が恋をする中、変なカップルが現れて…

『でっけぇ風呂場で待ってます』第2話

出典:『でっけぇ風呂場で待ってます』公式ページ

経営難に悩む老舗の銭湯『おおとりの湯』。

ここで働く面々は、動画をバズらせて客を呼ぼうと近所に住む塹江(賀屋壮也)の力を借りて撮影を試みますが、全くうまくいきません。

そこに、女湯と壁を隔てていちゃつく客(ほしのディスコ)がやってきました。

そんなカップルを見て、梅ヶ丘(佐藤勝利)は妬み嫉みで性格が悪くなってしまいます。

梅ヶ丘や瀧(長谷川忍)が騒いでいると、女湯から上がって来たカップルの彼女(あいなぷぅ)の顔を見た松見(北山宏光)の顔色が変わりますが…。

\\『でっけぇ風呂場で待ってます』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』 前回第1話のあらすじと振り返り

創業150年江戸から続く老舗の銭湯『おおとりの湯』。

しかし、今の時代銭湯経営はとても難しく、苦境に立たされていました。

なんとか立て直そうと、経営を任されている松見(北山宏光)は朝風呂を始めますが、初日から一緒に働いている梅ヶ丘(佐藤勝利)とアルバイトの瀧(長谷川忍)は寝坊をして遅刻するという体たらく。

松見はそんな2人をりつけますが、梅ヶ丘が漁で稼いできた400万円が消えるという事件が勃発します。

そこへ牛乳屋の端本(平田敦子)、震える男(戸塚純貴)、宅配屋(じろう)がやってきて事態はさらに大混乱…。

結局、お金は梅ヶ丘が寝ぼけて枕カバーの中に入れていたことが発覚し、一件落着したのでした。

【ネタバレ】ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』第2話あらすじ・感想


動画でバズりたい

カメラの前でぎこちなく笑う梅ヶ丘(佐藤勝利)。

「今から1秒で牛乳を飲みたいと思います!」

しかし、結果は3秒。

これまで何本飲んだかわかりません。

客足が伸びない『おおとりの湯』をYouTubeでバズらせてPRしようと、梅ヶ丘の提案で始めたこの企画。

時間のある塹江(賀屋壮也)を呼びつけて面白動画を撮ろうと試みますが、全く上手くいきませんでした。

牛乳を雑に扱われたことを知った牛乳屋の端本さん(平田敦子)は「もう鵬の湯には牛乳を卸さない!」と激おこ。

しかし、ひょんなことから大好きな梅ヶ丘にハグされた端本さんは、機嫌を取り戻して逆に牛乳をタダにすると言ったのでした。

moyoko

梅はただ、牛乳を飲みすぎて吐きそうになってフラついたところ、端本さんの胸に飛び込んだ形になっただけです。でも、結果オーライですね!

イチャつくカップル

「お~い、聞こえる~?」

風呂場から声が聞こえます。

松見(北山宏光)たちがワチャワチャしている間に入って来た男性客(ほしのディスコ)が、壁の向こうの女湯の彼女といちゃつき始めたのです。

すると、梅ヶ丘の顔が凍りつきます。

そして、目につくもの全てに毒づき始めました。

「出禁だ…あんなヤツら出禁にすればいいんだよ!」

moyoko

突然、ブラック梅が現れました!どうしたのでしょうか?

「俺だって恋愛とかしてーんだよ!」

moyoko

単なる妬み嫉みでした。

1年間、漁船に乗っていた梅ヶ丘は、女っ気が全然ありません。

いちゃつくカップルが羨ましくて、口から毒があふれ出ます。

「いいね~ブラック梅ちゃんバズりそう!」

「うるせ~!クソロン毛!」

moyoko

好青年のイメージが強い佐藤勝利さんに毒を吐かせたい脚本家・賀屋さんの気持ち、わかりますよ!

松見の恋

「でも、芯さんは恋愛とか興味ないか。鵬の湯一筋ですもんね!」

梅ヶ丘が言うと、松見は明らかに挙動不審に。

「まさか彼女ができた!?」

梅ヶ丘の顔色がまた悪くなります。

「彼女?そんなんじゃないって!」

恥ずかしそうに風呂桶をかぶる松見。

moyoko

梅ヶ丘は自分が漁船で働いているうちに松見が好きな人を作っていたことで「クソがっ!」と荒ぶっています。

松見は、行きつけの喫茶店で働く女の子に恋をしていると言いました。

会話は注文時と会計時のみ。

でも、たまに「また来てくださいね!」と声をかけてくれると松見は嬉しそうに話します。

「これはもう俺のこと好きとしか思えないだろ!」

moyoko

松見、ヤバイやつですね。

そんな状態なので、デートをしたことがないのはもちろんのこと、連絡先さえも知らないと言います。

「なんだ!驚かさないでくださいよ。全然何もないじゃないですか~」

moyoko

何気にひどいことを言う梅ヶ丘です。

声かけドキドキスペシャルトレーニング

恥ずかしくて声をかけられないという松見に、瀧(長谷川忍)と塹江は声をかける練習をすることにしました。

名づけて「芯さんのドキドキ声かけドキドキスペシャルトレーニング」です。

moyoko

タイトルに「ドキドキ」が多すぎますね。

塹江はロン毛を2つに結び、喫茶店の店員に扮します。

「いらっしゃいませご主人様!」

塹江は梅ヶ丘を巻き込んでメイド喫茶ごっこを始めました。

moyoko

若干1名店員がキモいのですが、松見は意外と喜んでいます。

見かねた瀧が梅ヶ丘に耳打ちし「アイスコーヒーと君の連絡先、もらえる?(ウィンク)」という作戦を提案。

しかし、松見にそんなことができるはずもありません。

その時、塹江が「ジャストアイデア」を思いつきます。

女湯の客

ジャストアイデアとは、500円のコーヒーに1,000円渡し、お釣りを受け取らずにそのお金で銭湯に来て欲しいと誘うというもの。

もし銭湯に来てくれなくても、インパクトは残せると言います。

「この発想マジヤバイ!バラ色の未来が見えるぜ!」

moyoko

松見は1人興奮しています。なんでもないこの作戦がお気に召したようです。

「そんなに可愛いなら見てみたいな~」

瀧がそんな話をしていると、女湯から上がって来たいちゃつきカップルの彼女の方(あいなぷぅ)が、男湯に入ってきました。

そして、松見の顔を見て驚きます。

松見も女性を見て驚きました。

なんと、女性は松見が好きな喫茶店の女の子だったのです。

「すげぇ可愛いって聞いてたけど、こんな浮世絵みたいな顔してるとは…」

moyoko

瀧も梅ヶ丘に負けずひどいですね。でも、浮世絵とはよく言ったものです。

これは松見にとってチャンス。

松見は勇気を振り絞って告白しようとしたその時、彼氏が現れました。

たっくん&まいまい

彼氏の“たっくん”は、銭湯が素晴らしかったと褒め讃え、お願いがあると言います。

「実は僕らYouTuberで…」

そこで塹江は、2人が大人気カップルYouTuberの『たっくん&まいまい』だということに気づきました。

彼らの登録者数は100万人を超え、彼氏のたっくんがアーティスト気取りで歌などを歌って人気なのだそうです。

moyoko

実際、ほしのさんはYouTubeで綺麗な歌声を披露していますが、悪意のある説明ですね!

たっくんは、ぜひ自分たちのチャンネルで『鵬の湯』を紹介したいと言います。

これは、願ってもないチャンス。

梅ヶ丘は一応トップである松見に確認を取ろうとしますが、松見は失恋のショックで風呂桶をかぶったまま使い物になりません。

松見はそのまま放置し、残った3人で動画の撮影をすることになりました。

moyoko

塹江は関係ないと思いますが…まぁ欠員が1人いるので仕方ありません。

バズり動画

3人は鵬の湯の魅力などを質問されますが、緊張してしまってうまく答えられません。

「では、他の銭湯にはないものは?」

梅ヶ丘は『鵬の湯』のテーマソングがあると答えました。

moyoko

テーマソングは、実際にドラマで使われているものです。

梅ヶ丘たちは、テーマソングを歌い始めました。

最後は、松見もヤケクソになって歌に参加します。

「絶妙にダサくて昭和って感じでいいですね!」

moyoko

たっくんもひどいことを言っています。みんな毒吐きまくりです。

まいまいは、編集が終わったら責任者に連絡すると言って、一応責任者である松見に連絡先を渡しました。

「芯さん、連絡先ゲットできてよかったですね!」

「お前、最低だな…」

連絡先をゲットできても、ちっとも嬉しくない松見は、ヤケクソになって風呂に飛び込みました。

それを面白がったカップルはカメラを回します。

ついでに瀧と梅ヶ丘も風呂に引きずり込まれ、後日アップされた動画は、150万回再生を突破し見事バズったのでした。

めでたし、めでたし。

ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』第2話あらすじ・ネタバレ感想まとめ

今回は『かが屋』の賀屋壮也さんが脚本を担当しました。

皆さん笑顔でそこはかとなく毒を吐きまくるという、第1話のじろうさんの作品とはまた違うアプローチのお話で、とても面白かったです!

ゲストには、カップルYouTuber役で『パーパー』の2人が出演し、いかにも2人らしいウザカップルを見事に演じました。

番台のそばにあるポスターには、今回Kis-My‐Ft-2のメンバー二階堂高嗣さんが『嵐を呼ぶ天然』という映画の広告として登場しています。

サブタイトルは『木綿をゆどうふと読む男』と書かれていました。

次回は『ハナコ』の秋山寛貴さんが脚本を担当。

ハナコのメンバーも登場しますので、どんなものになるか楽しみですね!

\\『でっけぇ風呂場で待ってます』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

▼次回第3話も続けて読む▼