『デス・プルーフ in グラインドハウス』あらすじ・ネタバレ感想!タランティーノの猛スピードスラッシャー映画!

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

出典:U-NEXT

キル・ビル』『パルプ・フィクション』のクエンティン・タランティーノ監督による、ガールズ・スラッシャー映画。

ロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラー in グラインドハウス』とともに2本立てで公開されたアンソロジー作品です。

ポイント
  • 映像や音の乱れはわざとという、本格的グラインドハウス仕様
  • ゾーイ・ベルの本格スタントやカート・ラッセルの怪演に注目
  • 女性にこそ観てほしいとっても爽快な物語!

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では『デス・プルーフ in グラインドハウス』について、ネタバレありでご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『デス・プルーフ in グラインドハウス』作品情報

作品名 デス・プルーフ in グラインドハウス
公開日 2007年9月1日
上映時間 113分
監督 クエンティン・タランティーノ
脚本 クエンティン・タランティーノ
出演者 カート・ラッセル
ロザリオ・ドーソン
ローズ・マッゴーワン
シドニー・タミーア・ポワチエ
ゾーイ・ベル
マイケル・パークス
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ヴァネッサ・フェルリト
ジョーダン・ラッド
クエンティン・タランティーノ
音楽 メアリー・ラモス

【ネタバレ】『デス・プルーフ in グラインドハウス』あらすじ


テキサス州オースティン編

テキサスで大人気の女性ラジオDJ、ジャングル・ジュリアは、親友のアーリーンとシャナとともに車ででかけます。

ガールズトークにひとしきり花を咲かせた彼女たちが売店に寄ると、アーリーンが怪しい車を見つけました。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

真っ黒な車はアーリーンの視線に気づいたかのように、その場を去っていったのです。

友人たちとひとしきり飲んで、3人は「テキサス・チリ・パーラー」というバーへはしごをします。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ここで繰り広げられる会話は特に意味はないのですが、その「意味のない話を延々と続ける」のがタランティーノ流。そして、バーの店主役を務めるのが我らがクエンティン・タランティーノ監督。本当に自分の作品に出るのが好きね。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

バーで再び恋人や友人と楽しい時間を過ごす3人でしたが、アーリーンは再び外に昼間見た怪しい車を見つけたのです。

その車に乗っていたのは、スタントマンのマイク。

マイクはまず、カウンターで飲んでいるアーリーンの幼馴染のパムに目をつけました。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

自宅まで送ってくれる人を探しているというパムに、マイクが送り役を買って出ます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、マイクはアーリーンにも目をつけていました。

アーリーンに絡んで、彼女が嫌がるにも関わらずプライドを刺激したマイクは、アーリーンにセクシーなダンスを踊らせます。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

出典:IMDB

それぞれが帰路につく時間になり、アーリーンたちは乗ってきた車に、パムはマイクの助手席に乗ることに。

マイクの車は通常の車と違い、スタントマンが専用に乗るための「対死仕様」(デス・プルーフ)になっているというのです。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

さらに、ボンネットにはドクロのイラスト、助手席はクラッシュボックスと言われるガラス張りのスペースになっていました。

マイクはパムを助手席に乗せたまま、猛スピードでアーリーンたちの車を追いかけ始めます。

乱暴すぎる運転に、打ち付けられるパムは助けを請いますがマイクは聞く耳を持ちません。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マイクの正体は、デス・プルーフの車を利用し、女性ばかりを狙う快楽殺人犯だったのです!
『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

パムは助手席で命を落とし、マイクはアーリーンたちの運転する車にターゲットを変え、猛スピードで追い越します。

そして、道路を逆走しアーリーンたちの車とクラッシュ!

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

デス・プルーフを施しているマイクは多少の怪我で済みましたが、とてつもないパワーで激突されたアーリーンたちは全員即死でした…。

マルコヤマモトマルコヤマモト

アーリーンたちが飲酒・麻薬をやっていたことと、事件性がないことによって、なんとマイクはお咎め無しとなったのです。

テキサス州レバノン編

凄惨な自動車事故から14ヶ月後、テキサス州レバノンにやってきたアバナシー、スタントウーマンのキム、女優のリーはオーストラリアからやってきたスタントウーマンのゾーイと合流します。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

4人は車の中でガールズトークで盛り上がります。

マルコヤマモトマルコヤマモト

車内での会話も、物語とはほとんど関係ありません。

4人がドライブの途中で売店に寄ったところで、再びマイクが現れゾーイたちに目をつけます。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

スタントウーマンのゾーイはオーストラリア出身で、アメリカでのやりたいことの1つに「440エンジンのダッチチャレンジャーに乗ること」を候補に上げていました。

さらに、事前に情報を調べていたゾーイは、目当ての車が売りに出されていることもリサーチ済みで、ほかの3人を誘って車の主である農夫にかけあって試乗させてもらおうと提案します。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ゾーイが乗りたがっていたダッチチャレンジャーは、1971年に公開された『バニシング・ポイント』という映画に登場していました。スタントウーマンのゾーイとキムにとってはあこがれの車だったのです!
ダッチチャレンジャー

出典:Wikipedia

しかし、良からぬことを考えているゾーイに気づいたキムは、試乗を反対しました。

なんとかキムを説得して試乗にこぎつけるも、今度はメイク係のアバナシーが一緒につれて行けとごねるのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

結局、リーだけを置いて3人は憧れのダッチチャレンジャーでドライブに出かけます。

そして、ゾーイはベルトをロープ代わりにしてボンネットに乗り、そのままの姿で高速道路を走り出したのです!

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

出典:IMDB

その様子を遠目から見ていたスタントマン・マイクは、さっそく彼女たちの車を追いかけ始めます。

後ろからぶつかられましたが、ゾーイは落ちることなくマイクの攻撃をなんとか交わして逃げ切ります。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

出典:IMDB

「君たちは最高だったよ!」と言って去って行こうとするマイクの肩を、キムがとっさに銃で打ち抜きます。

マルコヤマモトマルコヤマモト

そして、ゾーイたちの堪忍袋の緒が切れました。正直ここから作品のエンジンが急激にかかります!シートベルトをお締め下さい。

「あいつぶっ殺してやる…!」と言って3人は去っていくマイクの車を猛スピードで追いかけ、追い詰めていくのです。

まさかの展開にマイクも驚愕し、自分が追い詰められる恐怖を隠しきれません。

ついに追い詰められたマイクの車は横転。

3人が中でもがいているマイクを引きずり出し、気持ちいいくらいにボコボコにします。

マルコヤマモトマルコヤマモト

マイクが「ごめんなさい~」と泣きを入れてもお構いなし!

最後、ゾーイが回し蹴りを食らわせてマイクがダウン、アバナシーが踵落としを食らわせて3人は勝利の雄叫びを上げました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「THE END」の字幕が出て物語は終わります。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』感想:前半ハラハラ後半爽快!最後まで見るべし

タランティーノ節復活の爽快スラッシャー・アクション!

マルコヤマモトマルコヤマモト

1作品の中でも前半・後半に分かれており、それぞれ違った雰囲気が楽しめます。

前半はクエンティン・タランティーノ監督特有の「意味のない話を延々と続ける」という演出も復活し、少々間延びする感じもあったのですが、後半はスピード感が倍増!

前半は、カート・ラッセル扮するスタントマン・マイクが徹底的に女性たちを追い詰めるスラッシャー・ムービー。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

こちらではカート・ラッセルの狂気が前面に描かれており、ホラームービーの側面も持ち合わせています。

後半は、逆に女性たちの怒りが爆発し、スタントマン・マイクが徹底的にボコボコにされるバイオレンス・ムービー。

マルコヤマモトマルコヤマモト

今作に本人役で登場しているゾーイ・ベルは、スタントマン兼女優として活躍しており、『ヘイトフル・エイト』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』などのタランティーノ監督作品に多く出演しています。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

特にゾーイたちがスタントマン・マイクを追い詰め始めてからのカーアクションは最高。

ゾーイ・ベルが、車のボンネットに貼り付けられたまま猛スピードで走る&ぶつかり合う様にハラハラが止まりません。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「やられているだけじゃ気が済まない!」と復讐を誓った女性たちが繰り出す爽快なアクションと結末には、思わず一緒に両手を挙げてしまうこと間違いなし!

あの突如終わるエンディングも、香港映画『酔拳』のエンディングを彷彿させるものがありました。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

マルコヤマモトマルコヤマモト

エンディング曲も映像も最高で「とにかく女が強いのサイコ~…カッコイイ!」と感じる作品なので、女性にこそ観てほしい作品です。

そもそも「グラインドハウス」とは

タイトルにも付いている「グラインドハウス」とは、1960~70年代にアメリカに数多くあったB級映画を2~3本立てで上映する映画館のこと。

マルコヤマモトマルコヤマモト

生々しい予告編とともに、主にマカロニ・ウエスタン、スラッシャー、カーアクション、香港映画などが上映されていたようです。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

明らかにB級映画を意識したポスター!部屋に1舞貼っておきたいですね…!

デス・プルーフ in グラインドハウス』と『プラネット・テラー in グラインドハウス』の監督を務めたクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが、少年時代にグラインドハウスに入り浸っていたからこそできた企画。

アメリカでは、上記2作品が監督たちの企画どおり、予告編を挟んだ2本立てで公開されましたが、日本ではこの興業スタイルがハマらないため、分けて公開・上映されました。

タランティーノ監督とロドリゲス監督は親友同士ですが、2人の違った作風に注目です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

さらに、映画の前と合間に上映される「存在しない映画の予告編」5作も製作されました。

  1. 『マチェーテ』ロバート・ロドリゲス監督
  2. 『ナチ親衛隊の狼女』ロブ・ゾンビ監督
  3. 『Don’t / ドント』エドガー・ライト監督
  4. 『感謝祭』イーライ・ロス監督
  5. 『ホーボー・ウィズ・ショットガン』ジェイソン・アイズナー監督

マルコヤマモトマルコヤマモト

監督の名前を見ると意外と豪華!

もともとはフェイク予告でしたが、『マチェーテ』と『ホーボー・ウィズ・ショットガン』がリアル長編映画として製作が決定するという奇跡も起こります!

『マチェーテ』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

さらに、『マチェーテ』は続編まで公開される人気っぷり!

予告編から映像・音楽・何から何まで徹底的に本気でやった、タランティーノ監督とロドリゲス監督の名コンビぶりが存分に発揮された企画なのでした。

爽快!ゾーイ・ベルの「アクションつなぎ」に豪華女優たちが参戦!


新型コロナウイルスにより外出自粛が余儀なくされるなか、ゾーイ・ベルの呼びかけでハリウッドを代表する女優やスタントウーマンたちが大集結した豪華映像です。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「ギャグつなぎ」「歌つなぎ」ならぬ「アクションつなぎ」でしょうか?それにしてもつながりが良くできている!

ゾーイ・ベルを始め、ロザリオ・ドーソンが今作ラストのキックを決めたり、クエンティン・タランティーノ監督作品『キル・ビル』に登場するダリル・ハンナの演出にはファンは超歓喜!

他にも、フローレンス・ピュースカーレット・ヨハンソンゾーイ・サルダナに加えて『ハーレイクインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のマーゴット・ロビーまで登場し、バットを振り回す始末。

マルコヤマモトマルコヤマモト

最強ヒロインたちのアクションによるつながりを見て、私も勇気づけられました。2020年の目標である「ボクシングを習う」を絶対に実現させたいと思います。

SNSでのみんなの感想・評判

マルコヤマモトマルコヤマモト

爽快すぎる結末のためだけにあるような作品で、何度も見返したくなる作品ですよね!

正直、女子たちの会話は同性の私でも疲れちゃうくらいなのですが、それがクエンティン・タランティーノ監督作品の醍醐味ということで…。

グラインドハウス的演出だけでなく、70年~80年代のファッション、車、楽曲にもオマージュを捧げた、ちょいレトロな演出がファンの心をぐっと掴みました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

出てくる女優さん達がみなカワイイ&カッコイイのも、さすがタランティーノ監督!

『デス・プルーフ in グラインドハウス』まとめ:タランティーノのB級映画愛溢れる作品

マルコヤマモトマルコヤマモト

要点まとめ
  • タランティーノ監督節炸裂!B級映画愛に溢れた作品だった
  • 前後半の雰囲気が全く違うので2度楽しめる&女子たちがカワイイ
  • 後半、ゾーイ・ベルの体を張ったスタントに痺れまくる!

クエンティン・タランティーノ監督自身のルーツにもなっている「グラインドハウス」の雰囲気がたっぷり楽しめる作品でした。

あえて施している音や映像の乱れなどの演出は、意外と気にせず見れてしまい、むしろカッコイイとすら思ってしまうほど。

『デス・プルーフ in グラインドハウス』

(C) 2007 The Weinstein Company

圧巻のカーアクションからの殺人鬼に待ち受けるどんでん返しの結末は、溜まりまくってるストレスを発散したい時におすすめ!

マルコヤマモトマルコヤマモト

グラインドハウスシリーズに興味を持った方は、ロバート・ロドリゲス監督の『プラネット・テラー in グラインドハウス』も合わせて2本立てでご覧ください。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼