『カーズ2』あらすじ・ネタバレ感想!メーターが主役のスパイアクション!隠された陰謀を暴け!

『カーズ2』

出典:U-NEXT

カーズ2』はディズニー・ピクサーが車を擬人化して人気を得た『カーズ』シリーズ第2弾!

前作『カーズ』に引き続き、『カーズ2』は2011年に公開されました。

ポイント
  • マックィーンとメーターがレースで世界中を巡る!
  • 実質的な主人公はレッカー車のメーター
  • 物語は意外なスパイ・アクション!

マルコヤマモトマルコヤマモト

この記事では『カーズ2』について、ネタバレありでご紹介しています。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『カーズ2』作品情報

『カーズ2』

(C)Disney/Pixar

作品名 カーズ2
公開日 2011年7月30日
上映時間 113分
監督 ジョン・ラセター
脚本 ベン・クィーン
出演者 オーウェン・ウィルソン
ラリー・ザ・ケーブル・ガイ
マイケル・ケイン
エミリー・モーティマー
エディ・イザード
ジョン・タトゥーロ
ボニー・ハント
トニー・シャルーブ
ポール・ドゥーリイ
音楽 マイケル・ジアッキーノ

【ネタバレ】『カーズ2』あらすじ


『カーズ2』はまさかのスパイもの!?

2006年に公開され、天才レーシングカー、ライトニング・マックィーン(オーウェン・ウィルソン)の成長を描いた『カーズ』。

マルコヤマモトマルコヤマモト

2011年に公開された続編となる『カーズ2』の物語は意外にもスパイ・アクションでした!
『カーズ2』

(C)Disney/Pixar

今作の内容はライトニング・マックィーンが出場する世界中の都市を舞台にした「ワールド・グランプリ」にチームとして同行したレッカー車のメーター(ラリー・ザ・ケーブル・ガイ)が、重大事件に巻き込まれるというもの。

そのせいか、冒頭からスパイ映画さながらのアクションが繰り広げられ、イギリスの諜報員を名乗るフィン・マックミサイル(マイケル・ケイン)という車も登場!

『カーズ2』

(C)Disney/Pixar

ミサイル攻撃やマグネット爆弾、変装装置を装備しており水陸両用!

そんなフィン・マックミサイルが東京で出会ったメーターをアメリカの諜報員と勘違いしてしまったことから、物語がどんどんややこしいことに。

マルコヤマモトマルコヤマモト

吹き替えを務めるマイケル・ケインは、イギリスを代表する俳優で『キングスマン』のアーサー役や、新作『テネット』を含むクリストファー・ノーラン監督の作品にも数多く出演している、言わずもがなな大御所です。

さらに、要人たちが集まる公の場でもその行動や性格を直さないメーターに怒ったマックィーンとの友情に亀裂が…!

『カーズ2』

(C)Disney/Pixar

マルコヤマモトマルコヤマモト

簡単に説明すると、どこでも田舎者丸出しのメーターのバカさ加減に対し、ついにマックィーンがキレたということです、

フィン・マックミサイルをサポートする最新スパイ技術を搭載した車、ホリー・シフトウェル(エミリー・モーティマー)も加わり、東京、パリ、イタリア、ロンドンと世界中を股にかけたマックィーンのレースと、メーターのドタバタ劇が繰り広げられます!

ワールドレースに隠された陰謀!

マルコヤマモトマルコヤマモト

今回ライトニング・マックィーンが出場するレースは、世界4都市で繰り広げられる「ワールド・グランプリ」。

ガソリンに代わる新燃料「アリノール」の発見者であるアクセルロッド卿(エディ・イザード)が主催するレースで、アリノールのプロモーションも兼ねており、出場者は全車アリノールを指定燃料として使用することが義務付けられています。

『カーズ2』

出典:IMDB

いよいよ東京を皮切りにレースがスタートしますが、レース中に出場車が次々に爆発を起こすという事故が発生!

イギリスの諜報員フィン・マックミサイルは、新燃料であるアリノールとワールド・グランプリに陰謀が隠されていると直感で感じ、極秘に潜入していたのです…。

『カーズ2』

出典:IMDB

その裏には新燃料を廃止させようとするザンダップ教授(トーマス・クレッチマン)率いる「ペッパー・ファミリー」という欠陥車たちの存在がありました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

これはペッパー=胡椒→故障と掛けた洒落だそうです。ちなみに英語版はレモン・ファミリー。レモンには欠陥品という意味があるそうです。
『カーズ2』

出典:IMDB

アリノールには電磁波を当てると爆発するという作用があり、ザンダップ教授はアリノールを使用するレースカーたちに電磁波を当てるための疑似テレビカメラ装置を発明していました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

電磁波自体は目に見えないものなので、レースを見ている人たちはアリノールが危険であると思い込まされるのです。

東京、イタリアのレースでこの電磁波による多重事故が発生したため、ロンドンの最終レースではアリノール以外の燃料の使用が認められました。

『カーズ2』

出典:IMDB

しかし、マックィーンが最終レースでもアリノールを使用することを発表すると、怒ったザンダップ教授はマックィーンを次の標的に決めたのです!

『カーズ2』

(C)Disney/Pixar

ペッパー・ファミリーの会議に潜入していたメーターでしたが正体がバレ、フィン・マックミサイル、ホリー・シフトウェルとともに捕らえられてしまいます。

『カーズ2』の気になる真犯人は…

ロンドンの時計塔ビッグ・ベンの中に捕らえられたメーターたちは、マックィーンのピットに時限爆弾が仕掛けられていることを知ります。

『カーズ2』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

なんとか時計塔から脱出したメーターでしたが、なんと、時限爆弾はメーター自身に仕掛けられていたのです!

レース中のマックィーンがメーターの姿を発見し、ピットに入ってきます。

東京での自分の過ちに気づいたマックィーンがメーターに謝ろうとしましたが、時限爆弾が仕掛けられているメーターはマックィーンから離れようと高速でバック走行を始め、2台は市街へ向けて走っていきました。

マルコヤマモトマルコヤマモト

同時にペッパーたちが電磁波でマックィーンを狙いましたがアリノールを使っているはずのマックィーンが爆発しません…。

ザンダップ教授はメーターを爆破させ、マックィーンとまとめて始末しようと考えましたが、メーターが走り回ることから爆弾のスイッチがうまく起動せず、最後にはザンダップ教授がメーターに追われる羽目になってしまいます。

『カーズ2』

出典:IMDB

同じ頃、ホリーやラジエーター・スプリングスの車たちはイギリス軍を率いてペッパー・ファミリーを一網打尽!

マルコヤマモトマルコヤマモト

しかし、爆弾解除のために音声認証が合わず時限爆弾のタイマーが起動してしまいます。

正体不明のペッパー・ファミリーの黒幕だけが爆弾を解除できるのですが、メーターはふとしたことに気づき事件の黒幕がアリノール社のCEOであるアクセルロッド卿ということを突き止めます。

自分もペッパーであるアクセルロッド卿は、巨大油田を発見したのちに代替燃料であるアリノールを発明。

『カーズ2』

出典:IMDB

自分が発明した代替燃料の評判を落とすことで、再び石油を主流の燃料にしようと「ワールド・グランプリ」を企画したのでした。

アリノールがどうしても信用できないサージ(ポール・ドゥーリイ)が事前にオーガニック燃料にすり替えていたため、マックィーンは電磁波を当てられても爆発しなかったのです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

時限爆弾を無事解除したメーターは、イギリス女王からナイトの称号が与えられ、「ワールド・グランプリ」の仕切り直しとして、「ラジエーター・スプリングス・グランプリ」が開催されたのでした。

『カーズ2』感想

『カーズ2』はメーターが主人公のスピンオフ!

前作『カーズ』が公開された後、短編の『カーズ・トゥーン』として、メーターが主人公の物語がいくつか公開されました。


「世界つくりばなし」と称して作られた短編は、メーターがウソのような本当のようなウソみたいな話を繰り広げるという内容。

マルコヤマモトマルコヤマモト

カーズ2』はこの短編を経て、満を持してメーターを主人公に迎えた作品だったのかもしれません。

しかし、結果は賛否両論!スパイものという意外性が話題を呼んだものの、主人公がマックィーンでないことに対し、不満を持ったファンも居たようです。

『カーズ2』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

個人的にも、冒険のつもりでも大幅に路線がそれ過ぎたなぁという感じは否めなかったですが、楽しめたことは間違いありません!

マックィーンの出番が少なかったのは少々残念でしたが、やはりレースシーンの迫力とクオリティは前作を凌ぐものでした。

また、今作では世界中の都市を舞台にレースが繰り広げられたわけですが、やはり日本の描写は特異!(笑)

『カーズ2』

出典:IMDB

衝撃的なのはメーターがパーティー会場で入った「トイレ」でした。

マルコヤマモトマルコヤマモト

「おトイレへようこそ!」アニメキャラのガイドでトイレがどんどんと進行していく様子にはもう爆笑。いやいや、こんなトイレないって!と思いつつ、現実の日本の町並みを彷彿させる描写もあり感動!

パーティー会場でかかっていたBGMはPerfumeの「ポリリズム」で、日本語版エンディングテーマにも起用されています。

東京タワーやレインボーブリッジ、皇居に歌舞伎座などなど、カーズ仕様に装飾された東京の街並みにもあっと驚かされるはず。

『カーズ2』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

また、最終レースに登場するロンドンの街並みはアニメ仕様にアレンジされているものの、本物と見間違えるほどリアルに再現されていたと思います。

1作目、『カーズ』の物語からは大きくそれたものの、スパイ・カーというワクワクするキャラクターの登場には多くの子どもたちが魅了されたはず!

『カーズ2』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちなみにフィン・マックミサイルは、今作の次に公開された『トイ・ストーリー3』のアンディの部屋に飾られているポスターの中に描かれています。

マルコヤマモトマルコヤマモト

次作『カーズ/クロスロード』から『リメンバー・ミー』へのリレーもされていたことに気づき、今になって「やるやん!」と感心している私なのでした。

SNSでのみんなの感想・評判

マルコヤマモトマルコヤマモト

カーズ』ファンだからこその『カーズ2』の違和感って絶対に感じるものなので、その気持は間違いないと思います。

ただ、大人が真剣に観てはいけない作品ってそこそこあるものなので『カーズ2』はもしかしたらそれに該当したのかもしれません。

もちろん万人が納得する作品が1番良いとは思うのですが、少々子ども向けな内容に楽しめる大人と楽しめない大人がいたということでしょう。

『カーズ2』

出典:IMDB

マルコヤマモトマルコヤマモト

また、東京の街の描写についてもツッコミ多数!

現実の東京はあんなにキラキラ、ごちゃごちゃしていないけれど、たしかに自動販売機やカプセルホテルなど車の世界でも日本人は日本人らしくしている描写も面白かったです。

マルコヤマモトマルコヤマモト

規制が厳しいようでロケの許可がなかなか下りにくいという東京の街ですが、アニメーションでも登場すると嬉しいものです。

『カーズ2』まとめ


マルコヤマモトマルコヤマモト

2011年に公開された『カーズ2』についてご紹介しました!

ディズニー公式のYou Tubeでは、「レーシング・スポーツ・ネットワーク」というテーマで、マックィーンや『カーズ』に関する情報が発信されています!

要点まとめ
  • メーターが実質的な主人公でファンの間では賛否両論が起こった
  • レース会場として登場する東京の描写はツッコミどころ満載だけどなんだか嬉しい
  • スパイ・カーの登場など、子どもたちをワクワクさせる展開がてんこ盛り!

マルコヤマモトマルコヤマモト

カーズ2』はシリーズの中で最も賛否両論を巻き起こした問題作でもあります。

しかしながら、アニメーションにしかできない迫力のアクションや魅力的な新キャラクターの登場にはワクワクした人も多かったようです。

『カーズ2』

出典:IMDB

カーズ』を観て今作で納得できなかった方も、次作『カーズ/クロスロード』では再びマックィーンの活躍が見れるので楽しみにご覧ください。

マルコヤマモトマルコヤマモト

ちょっとやりすぎ感が否めなかったですが、やはり愛くるしいメーターのキャラクターは『カーズ』シリーズに必要不可欠なのです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

▼あわせて読みたい!▼