『ケアニン』続編の完成報告!戸塚純貴「大切な方と見てほしい」、島かおり「優しい心になれる」

『ケアニン』続編の完成報告!

(C)ミルトモ

2020年3月4日、東京・日本消防会館(ニッショーホール)にて『ケアニン~こころに咲く花~』の完成報告会見行われました。

舞台には、キャストの戸塚純貴さんと島かおりさん、監督の鈴木浩介さんが登壇しました。

本作は2017年に公開された『ケアニン~あなたでよかった~』の3年後が舞台となっている続編です。

人と向き合うことを何よりも大事にする介護福祉士・大森圭(戸塚純貴)が、認知症の老婦人・美重子(島かおり)とそのご家族のケアに奔走する感動ストーリーとなっています。

『ケアニン~こころに咲く花~』完成報告会見

戸塚純貴「たまたま監督と同じホテルで濃密な時間を過ごした」

−−『ケアニン』シリーズ2作目を撮るというお話を聞いたとき、どういうお気持ちでしたか?

戸塚純貴「実際に介護職をされている方からの声をいただいて、もともとプロデューサーの山国さんと、鈴木監督とこういう作品を続けたいという想いがありました。なので第2弾のお話を聞いたときは本当に嬉しく思いましたし、その分しっかり責任を持って最後まで演じ切らなければいけないと身の引き締まる思いでした。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

−−実際に撮影に入られて、現場の雰囲気はいかがでしたか?

戸塚純貴「実はちょっと驚いたことがあって、地方の老人ホームをお借りして撮影していたんですけど、その期間中はホテルに泊まって作品に集中しようと思っていたら、たまたま鈴木監督も同じホテルにいたんです。」

島かおり「え?あれたまたまだったの?」

戸塚純貴「たまたまなんですよ。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

島かおり「あらっ、ずいぶん仲良いんだなぁと思ってたんだけど。2人で一緒に撮影に来るんですよ。」

戸塚純貴「たまたま鈴木監督も同じで、そこから毎日朝ごはんを一緒に食べて、鈴木監督の車に乗せてもらって現場に行ってました。」

鈴木監督「夕飯もね。実は夕飯を一緒に食べたおかげであるシーンができあがったんです。具体的なことは言えませんけれども。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

戸塚純貴「監督とこれだけ濃密に作品に取り組めることがなかったので楽しかったですね。」

−−前作は小規模のホーム、今作は大規模な施設が舞台になっていますが、(戸塚演じる)大森圭くんは成長を見せながらも慌てん坊な一面が残っていたり、戸惑っていましたね?

戸塚純貴「そうですね。3年後のお話なので、大森圭自身の介護士としてのスキルは少し上がっているんですけど、今まで学んできたことが大規模施設に行ったときに通用しなかった部分もあって、第2弾でもイチからのスタートという気持ちはありましたね。」

−−作中で戸惑っているシーンなんかは、本当に戸惑っているように見えました。

戸塚純貴「実際に施設にお邪魔させていただいた時に、美容師さんの多さであったり、食事も20人くらいの長テーブルにスタッフさんが1人付いていて、自分ではご飯を食べられず介護を待っている方もいらっしゃって。その光景がすごく印象的だったので、そういう部分が映画にもリアルに表れているんだと思います。」

島かおり「私がもし施設に入ったら圭くん(戸塚純貴)に介護してほしい」

−−島さんは、今作のオファーのお話を聞いたときいかがでしたか?

島かおり「私も高齢化社会の一員として【介護】や【認知症】には興味があるので、とても勉強になるなぁと思って楽しみにしながら撮影に入りました。」

−−夫役の綿引勝彦さんがまた昭和の不器用な方でした。共演していかがでしたか?

島かおり「そうなんです。面会にもスーツに来るような堅い人で、対面を重んじるような方でしたね。スーツで来るのは、ある意味奥さんへの愛もあるのかも?(笑)」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

−−島さんは今回セリフがほとんどなく、言葉以外で表現するのはどういったイメージで取り組まれましたか?

島かおり「セリフが「ありがとう」しか無かったのは女優生活で初めてです(笑)年齢を重ねてくると子どもに還ってくるところがありまして、私も子どもに還ったつもりで素直な気持ちで、ニュートラルに撮影に臨むことを意識しました。」

−−介護を担当された大森圭くん(=戸塚純貴)はちゃんとしたケアニンでしたか?

島かおり「えぇ、ちゃんとしたケアニンでした。私がもし施設に入ったら圭くんに介護してほしいと思いました。」

戸塚純貴「ありがとうございます。本当に嬉しい言葉です。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

−−何か印象に残っている戸塚くんのエピソードはありますか?

島かおり「明るいんです、すごく。スタッフ・キャストの方たちをとても大事になさるし、現場でのやり取りだけではなくて戸塚くんが他の番組に出てたら見たいなって思っちゃうくらい興味のある人です。」

戸塚純貴「島さんから「何に出てるの?」って聞かれて教えたら、次の日本当に見ててくださって。島さんも本当にいつも明るいんです。」

−−鈴木監督、お二人の話から現場の雰囲気がすごく良かったのが伝わります。

鈴木監督「そうですね。本当に軽やかな感じでやらせていただきました。場所も非常に良くて、景色もキレイでしたし、場所にも助けられた部分は大きいと思います。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

島かおり「この映画を見て、ケアニンになりたいっていう人が増えたら嬉しいです。」

戸塚純貴「本当にそうですね。」

−−家族愛にしっかりと向き合う大森圭くんは今回も良かったです。

戸塚純貴「施設内のお話ではあるんですけど、関わる家族のお話にもかなり強くフォーカスを当てているので、色々な人の目線から共感できるポイントがたくさんあると思います。まだまだ介護や福祉のことを知らない方が多いなと思うので、作品を通じてイメージや印象が大きく変わって、僕と近しい気持ちになってくれたら嬉しいですね。」

−−鈴木監督から見て、戸塚くんは3年前と変わりましたか?

鈴木監督「宿泊先が一緒でいる時間が長かったので、このシーンはどうとかいろんな話ができたんです。それは戸塚くんが前作の25歳から今年で28歳になって、色んな経験をしてきたことで、こういうディスカッションができるような人になってるのかなと思って成長を感じましたね。」

戸塚純貴「ありがとうございます。これからも精進して参ります。」

『ケアニン~こころに咲く花~』の見どころ

−−ここは注目してほしい見どころがございましたら教えてください。

戸塚純貴「色々な目線や色々な立場から人間的にグッとくるポイントがたくさん散りばめられています。大森圭を通してもそうですし、みんなやりたいことはあるんだけどできない現実にもがいていく姿が、それぞれ形は違うけど想いは一つなんだと感じられるシーンがたくさんあるので、色々な人間ドラマとして楽しんでほしいです。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

島かおり「認知症の妻と介護する夫の夫婦愛です。夫が病気になって、長くは生きられないかもしれないけど妻にサプライズをしてくれるんです。その気持ちも妻は分かってるんだか分かってないんだか不明で、そこがすごく切なくて注目してほしいです。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

鈴木監督「施設にいる人全員から笑顔が出るんです。シーンに必要な笑顔も当然あるのですが、そうではなく自然に発生した笑顔があるんです。台本には書かれていない各々からふと出る笑顔がリアルで、見ていただきたい部分です。」

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

−−最後に一言ずついただけますでしょうか。

戸塚純貴「この場を設けていただいて大変嬉しく思っております。ありがとうございます。この映画が持っているパワーをたくさんの方々に伝えたいという想いが強いです。ぜひ、劇場には大切な方とお越しいただければなと思っています。よろしくお願いいたします。」

島かおり「映画を見て優しい心、温かい心になってくれれば嬉しいと思います。よろしくお願いいたします。」

取材・構成 / 佐藤 渉

『ケアニン~こころに咲く花~』作品情報

『ケアニン~こころに咲く花~』

(C)ミルトモ

出演者:戸塚純貴、島かおり、綿引勝彦、赤間麻里子、渡邉蒼、秋月三佳、中島ひろ子、浜田学、小野寺昭、吉川莉早、鰐淵恵美、島丈明、坂本直季、牧口元美、松本若菜、細田善彦、小市慢太郎
監督:鈴木浩介
企画・原作・プロデュース:山国秀幸
主題歌:香川裕光「Wedding Day」
音楽:遠藤浩二
製作:「ケアニン2」製作委員会
配給:ユナイテッドエンタテインメント
共同配給:イオンエンターテイメント
(c)2020「ケアニン2」製作委員会

公式サイトhttp://www.care-movie.com/2/
公式Twitter@care_movie

あらすじ


小規模施設から大型の特別養護老人ホームに転職した介護福祉士の大森圭。

しかし、「多くの利用者に対応するため」という目的の元に、効率やリスク管理を優先する運営方法に、大きな戸惑いを隠せないでいた。

そんな中、認知症の老婦人・美重子が入所してくる。

美重子を自宅で介護してきた夫の達郎は、施設を信用できず、担当の圭にも厳しくあたる。

それでも、友人の美容師を施設に呼んで美容サロンを開催するなど、美重子や利用者のために奔走する圭。

しかし、その行動も職場のチームワークを乱していると上司や理事長から叱責されてしまう。

そんな折、圭は達郎のある「願い」を知ることになる―。

4月3日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開!

【戸塚純貴インタビュー】『ケアニン~こころに咲く花~』を演じる想い「介護のやりがいを知ってもらいたい」